FC2ブログ

処方食の諸注意

 動物病院から出される食事、特別療法食は、処方食と呼ばれることが多いです。一般のお店で購入できるフードと違って治療を目的として原材料を選び栄養成分をきっちりと調整してあるフードです。栄養組成はその病気に特有の事象を改善できるように作られています。昨今誤った使い方をされている飼い主さんも多いのですが、その使い方により治療目的が果たせないばかりかかえって病気を引き起こしていることさえ認められます。もう一度処方食のことについて知ってくいただきたく、お話をすることにします。
先月のハートニュースと同じ内容ですが、少し内容は濃いです。

7521438212_5f456717b7.jpg

<処方食の特性>

処方食は病気の治療に役立つように設計されています。健康的な動物に必要とされる栄養成分とは組成が大きく異なっています。そのため別の病態の犬や猫に食べさせると良くないことが起こります。診察を受けずにネットや量販店で購入するのは間違っています。本来は販売してはいけないことになっている商品なのですが困ったことに流通しています。また本来的には処方されるもので、飼い主さんが選択して購入するものではありません。あやまった使い方をされると、病気の犬や猫にさらなる被害が生じるということを認識してください。

 

<私たちが危惧していること>

病態が変化しているのに気づかないまま同じ食事を与え続けていて体調を悪くさせてしまった犬や猫を診察した経験は、どこの動物病院の獣医師も持っています。「獣医師の推薦商品」ということに安心しきって同じ処方食を処方なしに動物病院以外で購入し続けている場合が最も多く、「少し違うものも味は変わって嗜好性が高まるかもしれない」と、まるで柔軟剤の香りの種類を変えるくらいの感覚で気安く変更している場合も見受けられます。処方には有効期間があることをご承知いただき、少なくとも2か月に1回のウェルネス来院で食事の再確認をさせてください。食事で病気と向かっていることを忘れないで。何でもいい食事だったらわざわざ処方食を推奨していません。

 0812102425.jpg

<こんなご質問>

良く承るご質問に「同居の別の犬や猫に同じものを与えても良いか」というものがあります。全く同じ病気であれば大丈夫ですが、そういったケースはまれです。食事のときは別の部屋を用意する、ケージに入れるなどして、該当した疾患の動物にだけ与えるようにしてください。病気の犬猫がしっかり食事を食べられないと、病気の悪化を防いだり治したりという処方食本来の目的を果たすことができなくなってしまいます。

<いくつかの病気を持っている>

異なる2つ異常の病気があるとき、いくつかの処方食を混ぜて与えるのは好ましいことではありません。それぞれの食事の特性を壊すことになります。優先されるべき処方食を推薦しています。たとえば膵炎と腎臓病というとき、片方は低脂肪になるように調整され、もう一方は高脂肪になっています。この場合膵臓疾患を優先させた食事を処方しています。「うちの子は腎臓も悪いのに、こっちは放っておいていいの?」と思われるかもしれません。ですが勝手に腎臓のための食事を用意してブレンドしてはいけません。そうすると膵炎を悪化させる食事に変化させてしまうからです。

おやつは少しならいい?>

処方食を食べている間はおやつにも制限があります。処方食中のおやつは別にあります。ご相談ください。おやつを特におすすめする獣医師はいませんから、処方食と一緒におやつを処方することはありません。しかし、疾患によってはきちんと調整されたおやつも存在します。ご希望の場合は「うちの子はおやつが食べられませんか?」というご質問をいただくと「ありますよ」とお答えできる場合があります。お気軽にご相談ください。誤ったものを内緒で与えてもらうのは病気の犬猫に好ましくないので、遠慮なくお申し出ください。

 0812101640.jpg

<処方食が嫌い?>

「処方食を食べてくれない」という困りごとがあります。処方食に切り替えるときには、これまでのフードからいきなり変更するとうまくいかない場合があります。たいていの食事変更は1週間くらいかけて行います。一般的に知られているのは、少しずつ混ぜ、徐々に新しいフードの割合を増やしていくという方法です。このほかにも二皿法というやり方があります。別々の食器に2種類の食事を置いて徐々に用意する食事の割合を処方食に変更していくやり方です。はじめはちょっとした興味をそそるくらいの分量を与えてみる感じです。

<食欲がないときに>

食事は電子レンジで温めてもらうと風味が増し、よく食べる場合があります。温める温度は人肌くらいで、温めすぎで焦げ臭い匂いが発生しないようにご注意ください。この方法は冷蔵庫に保管したウェットフードに限らず、ドライフードでも応用していただけるやり方です。残念ながらキッチンにフードの匂いが立ち上りますが、愛する犬や猫のためですので、このくらいはご容赦ください。

<トッピングしてもいい?>

療法食に好物を混ぜて与えるのは初期のうちは仕方がないと思われるかもしれませんが、好物から抜け出せないと困ります。栄養組成を変えてしまうこともあって、おやつと同じでトッピングもNGです。処方食の中には腸内環境を整えるサプリメントのトッピングを別売しているメーカーもあります。このようなサプリメントの添加であれば(一部原材料にアレルゲンが含まれないことを確認してあれば、アレルギー疾患の場合でも)大丈夫です。

 3384888065_7b40a855b0.jpg

<どれだけやったらいいだろう?>

処方食の給与量はパッケージに記載されています。体重ごとに大まかな目安が出ているので体重欄を見れば良いことが分かります。肥満の場合は理想体重を想定して現体重ではないことにご注意ください。また記載量は1日の目安です。12回食であれば1回量はその半分になりますので分量を間違えないようにお願いします。そして記載された量はあくまでも目安ですので、身体の代謝具合や個々の運動量によって適正量の微調整が必要です。2週間くらいで体重測定をし、体重の変化に気をつけてください。

<水分以外の栄養素が入っている>

フードには水分以外の栄養素がバランス良く、過不足なく含まれています。ドライフードを与えるときは新鮮な水を十分ご用意ください。フードによっては飲水量が増える場合があります。不足しないようにしてください。変化が大きく心配な場合にはご連絡ください。

<開封後の保管>

ウェットフードはパッケージをあけたら、そのまま密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し2日で使いきってください。冷蔵庫から出して与える前には温めてください。

ドライフードはチャック付き袋などに小分けして、冷暗所で保管し、1か月以内に食べきれるようなサイズのものを選ぶようにしてください。ドライフードは基本的にポテトチップスと同じような扱いをしていただけると要領をつかみやすいと思います。

 
<療法食のメーカーさん>
メーカーさんによってはフードによってマイナスな事象が発生したことを受け、ネットからの購入ができないように切り替えたところもあります。これまでの経緯から残さざるを得ないけれど、新商品は購入できないようにするということでラインナップを整えたところもあります。そんな動きによってネットショップでは「在庫がありません」になり、動物病院でお渡しできる値段の倍以上の価格になってしまったものもあるらしいです。正規のルートであればそんなこともないのにと思います。動物病院でも「ネットで出回っているメーカーさんのものは取り扱いをしない」方針のところも多数あるようです。私たちは単に商品を紹介している窓口ではありません。フードも通して犬猫の健康を管理しているつもりでいます。全く知らないところで道を外れてしまっているのは残念です。

0812110532.jpg 
昨年末の流行語大賞に「ワンチーム」が選ばれましたが、病気を治すのもワンチームだと思います。病院での治療、家庭での看護、そして良い薬や療法食を研究し提供してくださるメーカーさん、もちろん治療に協力的になってくれる当の本人(本ワン、本ニャン)たちを含めたワンチームです。スタンドプレーで迷惑を被るのは病気の犬猫たちでしょう。

「今のからだに最適なフード」は診察を通してわかってきます。ネット等で処方食の流通が始まり、これまで動物の健康を増進するための大切な処方食だったのに、ただのドッグフード、キャットフード、デイリー食品並の扱いを受けるようになってしまいました。残念です。処方食には科学的根拠を持って研究し作ってきたメーカーさんたち、そしてその食事の良さを理解しご紹介した獣医師が存在してこそ生かされるものです。今は処方箋がどこかに行ってしまっています。困った事象が発生してからでは遅すぎます。何はともあれ、病院へいらしてください。

スポンサーサイト



テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

大豊神社

 なんだか、年に1回の神社ブログになっていますが。
今年も年の初めに干支にちなんだ神社さんを。

京都の大豊神社です。哲学の小道から少々歩きます。
DSC_2355.jpg 
ご本社は少彦名命(すくなひこなのみこと)・医薬関連の神さまと、菅原道真公・ご存知学問の神さま、応神天皇をお祀りしています。
DSC_2365.jpg 
末社である大国社にお祀りされているのは大国主命・因幡の白ウサギの皮膚炎を治してくださった、あの獣医さんの祖である神さまです。大国主命が火攻めにあったとき、ネズミが洞窟にかくまってくれ、その危機を救ったと古事記にあるらしいです。ここではネズミが狛犬の代わりに大国主命を守ってくれているのですね。
DSC_2373.jpg 
巻物を持っているネズミさんは学業成就を、丸い球を持っているネズミさんは無病息災とご長寿を、そして子だくさんのネズミさんですから子孫繁栄というご利益をもたらしてくれるそうです。

 DSC_2371.jpg 

椿の花の時期が良いらしいですが、草花にも造詣の深い神社さんのようで、四季折々の草花も楽しめそうです。
DSC_2360.jpg 
凪の木がありました。大波立たず、常に凪いでいることを願います。












テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

ごあいさつ

つつしんで
新春のお慶びを申し上げます

 

旧年中は当院をご利用いただきまして
大変ありがとうございました。

本年もご家族皆さまが健康を得られ
幸多き年となられますよう

こころからお祈り申し上げます

 DSC_2502.jpg
毎年布製の干支の置物を作っていただいています。
ありがとうございます。
地味な秩父銘仙がこんなにかわいらしく変身してくれました。




 さて、当院は病気予防を中心にした診療を目指しています。いわゆるワクチン接種やフィラリア予防などはいわゆる1次予防になるのですけれど、このほかにも予防獣医療はいろいろあります。乳腺腫瘍や子宮蓄膿症を予防するための女の子の避妊手術、ずっと先になるかもしれないけれど前立腺過形成や会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫の予防を考えて男の子の去勢手術も適正な時期に行なうことも予防です。不妊手術のおすすめはもうかれこれ20年くらい前からお話ししてきました。さらになかなか実践継続が難しいのですが歯周病になる前の歯科ケアも大切なことです。高齢になって重度の歯周病になってからでは全身麻酔下での歯周病治療のハードルはとても高くなってしまうからです。子犬の時から、できれば猫も、おうちでのデンタルケアに関心を持っていただけると嬉しいです。

病気になる前の一次予防も大切ですが、健康診断で目に見えていない病気を見つけ出し早期治療に繋げることも大切です。2次予防です。そのために年に1回の健康診断があります。そうは言ってもなかなか受け入れていただけないだろうと、ワクチンの追加接種をしている犬猫を中心にワクチン時の健康診断をおすすめしてきました。これももう20年近くになります。残念ながらワクチンを定期的に接種しに来てくださっていないと、診察以外の機会に受けていただけることも無く残念な気がします。仕方ないですかね。健康なときに実施してこその健康診断ですからね。

何かの病気になっていて定期的に検診に来ていただいている犬猫さんもいます。見た目は健康です。「来なきゃだめ?」なんて思われることもあるでしょう。これらの犬猫は現状の病気に合併症を作らないこと、今の病状をひどくさせてしまわないことという広い意味の病気予防の来院になっています。これが3次予防です。少しの変化を見逃さないように、1か月に1回程度です。(変化が早いときはもう少し密度を高く診察させてください。)

そしてすべてのウェルネス訪問の中で、待合室の至る所からいろいろな情報を手にしていただけると、また次の病気予防のことを知る機会にもなることでしょう。これも大事なことです。

 DSC_1974.jpg
実はチンチラネズミを飼育しております。
専門外で診察はできないのですが。
チンチラファンの皆さんいらっしゃいますか。
「てやんでぇ!」なんてして見せてくれると
うひょ~、かわええ~ってなりますね。

今年は、これまでお伝えしてこなかったかもしれないのですが、ひとつの病気の進んでしまった先にある「怖い事態」についてお知らせすることを目標にしていこうかなと思います。「肥満は良くないことだよね。でもさぁ~。痩せるって大変。」というときに、「でも何割かの子はこんなことになってしまうことがあるんだよ~」って知ってもらっていたら、もうちょっと努力してもらえたのかなって気がしたからです。一つの病気が連続した「その先」を意識して伝えていこうと思います。合併症とか併発症に当たるかもしれません。

それから、高齢の犬や猫が増えてきまして、飼い主さんからは「病気認定」してもらえていないのですが実は苦しんでいる犬猫がいます。そういう私たちからするとごく当たり前の病気だけれど知ってもらえていないことも、繰り返しお伝えしていきたいです。

というわけで、

今後とも変わらぬお付き合いのほど
よろしくお願いいたします

    

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

改正された動物愛護管理法

 今年は動物愛護管理法改正の年でした。今回の改正で注目されるところは「マイクロチップ装着の義務化」です。内容をご紹介します。なお、公布から施行までには時間差がありますので、今すぐこれが実行されてくるわけではないのでご注意ください。

 

<マイクロチップ>

マイクロチップは飼い主さんの情報を得ることができます。動物の頸背部の皮下に埋め込まれます。これにGPS機能が付くと迷子になったときにどこにいるのかわかって大変都合が良いのですが、今のところ、情報を読み取る機械(リーダー)をかざして得られたバーコードからは「迷子さんはどこの誰のうちの子なのか」だけを知ることができる仕組みです。(マイクロチップを挿入したら、「私のうち」の情報を登録しなければただのバーコードだけで終わってしまうのでご注意ください。)それでも、首輪に連絡先を付けた名札よりはずっと進んだシステムです。何かの拍子に首輪が取れてしまっては何も判断するものはないのですから。

 

<これまでは任意>

これまでマイクロチップの挿入は義務化されていませんでした。ただ、災害に遭ったときに離ればなれになってしまった飼い主さんと再会できるという素晴らしい前例がありました。そして、「不要犬」として捨て去った飼い主(ここには、さん、を付けたくないですね!)を特定するために必要性が高まってきました。

 pet_microchip_dog.png

<今回の義務化>

今回、マイクロチップ装着が義務になったのは「犬猫等販売業者」さんです。犬や猫を取得したときには取得した日から30日以内に(子犬や子猫では生後90日から数えて30日を経過する日までに)マイクロチップを挿入しなければならないことになりました。ですので、4か月齢以上になった幼犬幼猫をショップで購入するときには既にマイクロチップは挿入されていることになります。この義務化が施行されるのは3年後です。が、すでに挿入されている個体も販売されています。今後順次変わっていくと思われます。

ご家庭では、付帯されたバーコード情報を登録する手続きを行なってください。

 

<努力義務>

一般の飼い主さんに対しては、努力義務ということになりました。「できるだけ装着するよう努力してくださいね」というレベルです。とはいえ、これまでは全くの任意で、飼い主さんの中には知らなかった方もいらっしゃるでしょうし、関心のある方だけが実施されていたわけですから、これも進歩です。

何かがあってからでは遅いので、皆さんに挿入を検討していただきたいです。特にするっと外出してしまう恐れのある認知機能低下がありそうな犬や、中外自由に活動している猫では、挿入に向けての第一候補群であることをお伝えしておきます。挿入による害は考えるに何も見当たりません。

 

<チップの挿入と登録>

マイクロチップの挿入は動物病院で行ないます。病院で発行する「マイクロチップ装着証明書」をお渡しします。ここにはバーコードのシールを貼ってあります。飼い主さんは、氏名、住所、電話番号、犬や猫の所在地を申請書に記入し、マイクロチップ挿入証明書と共に環境大臣宛に提出します。宛先の書かれた封筒も一緒にお渡ししますので、困ることはないだろうと思います。登録が完了すると、識別番号が記載された登録証明書が交付されます。もし、この登録証明書を紛失してしまった場合でも、再交付を受けることが可能です。犬猫を飼育できなくなって養子に出すことになったときは、一緒にこの証明書を渡します。新しい飼い主さんは変更登録をする制度ができました。譲り受けてから30日以内に行ないます。

 

<狂犬病のときの登録>

新しくマイクロチップで登録をすると、その情報は市町村にも通知されます。これまでマイクロチップを挿入しても、狂犬病予防法に則った登録が必要でしたが、この法律が施行されるときには、マイクロチップの登録がそのまま市町村から交付された鑑札代わりになります。(狂犬病予防注射は毎年接種が必要です。)

book_law_hou.png 

改定内容をもう少しご紹介しておきます。

 <動物を虐待したときの罪>

数年前に動物に対する残虐な行為の映像をSNS上に流した悪質な犯罪がありました。このときの判決は執行猶予付きでした。この事件を巡ってSNSでは「軽すぎる」という声が多く上がりました。今回の法改正で、殺傷に対する罪は「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」、虐待や遺棄に対する罪は「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」に引き上げられました。動物愛護の気持ちが高い方たちからは「まだ軽い」という声が上がるかもしれませんが、弁護士さんによるとこれまでの刑に比べ2.5倍という急激な厳罰化は過去に例のないことだそうです。

「遺棄」というのは開業当初結構見られました。今なら予防が可能な「フィラリア症」にさせてしまうだけでも避難が飛びそうですが、フィラリア症の認知度が低く予防も苦い裸錠を毎日投与する方法で予防を訴えてもなかなか難しい時代でした。体調不良の原因がフィラリアだとわかると「もう何をやってもだめ」というのがそれまでの診察の主流だったようで、フィラリアのために手術が必要だとなると診察後の帰り道に山に捨てられるということもあったのです。「捨てるなら病院に捨てていってね」「もし元気になったら連絡するからお迎えに来てね」ということもありました。(ボランティア手術です。)これからはこんな理由で犬を山中に捨ててしまうと懲役刑の実刑になることもあり得ます。

「虐待」の中には、からだに外傷が生じるおそれのある暴行、そのような行為をさせること、飼養密度が著しく適正を欠いた状態で愛護動物を飼養したり保管したりすること、それによって動物を衰弱させることなどが盛り込まれています。このような例を挙げてもらうと虐待行為が具体的に想定できます。こころを痛めたあの姿は今回決められた「虐待」の定義に当てはなるかもしれません。

そして「勧告に従わない動物取扱業者の公表制度」というのも改正により実現されます。悪質な業者に関する情報を得ることもできるようになります。

 

「愛犬家」「愛猫家」の方から期待されていた悪質な動物虐待に対する罰則の強化もなされました。そして私たち獣医師は虐待であると判断した場合、「通報の義務」も設けられました。交付が本年618日ですので施行は1年後からということになります。ほんとに少しずつですが動物の愛護に関する法律も進歩しています。まだまだ見るに堪えない現実を目の当たりにすることもあるでしょうが、法改正の年(やその前年あたり)にはパブリックコメントを受け付けている期間もあります。こうした時を利用して私たちの意見をきちんと伝え、次へのステップにつながるようにできるといいと思います。

 今年ものこすところ今日1日となりました。事故なく健やかに新しい年をお迎えください。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

腸内細菌のこと・つづき

蛋白漏出性腸症の治療のために腸内細菌を整えることは、過剰になっている免疫系に対しステロイド療法に頼らずにブレーキをかけることになります。もう少し、お話しを続けます。 



<腸内細菌が作り出す物質>

活性化された腸内細菌が作り出す産物をポストバイオティクスといいます。「post:あとに、biosis:生物」なるほど、わかりやすい言葉です。しかしポストバイオティクスはバイオジュニックスとかバイオジェニックスといわれることの方が多いです。バイオジェニックスとして酪酸や酢酸、プロピオン酸などの短鎖脂肪酸やポリフェノールなどが知られています。今後研究が進むとさらにいろいろな成分がわかってくると思います。

ビフィズス菌やラクトバチルス菌などから作られたバイオジュニックスは商品化されていて、こうした製品からはこれまでのプロバイオティクスなどで得られていた有益な効果、便の質の改善、規則的で健康的な便の維持や免疫に良い作用なども同様に得られています。

 DSC_2241.jpg
新しいフードです。
名前がそのまま腸内バイオーム。
急性下痢にも効果有りです。

<バイオジェニックス>

腸内細菌の機能的最終産物が生体のどこにどのように作用するのかということも徐々にわかってきています。酪酸は粘膜細胞に栄養を与えますので、傷ついた腸粘膜上皮の再生作用が得られます。またポリフェノールからは抗炎症、抗酸化作用が得られます。そのほか、機能的物質は血管、膵臓、脳、末梢神経、脂肪細胞など多くの組織にも影響を与えることから、糖尿病やメタボリックシンドローム、アルツハイマー病などの治療の一つの面として期待されています。

 

<腸内細菌と免疫>

免疫というのは、外から侵入した細菌やウイルスなどを撃退し、病気を発生させないようにする自己防衛システムです。がん細胞の発生に備えて常に監視も行なっており、新生のがん細胞への攻撃も行なっています。

ときに自分自身を異物と誤解して攻撃をしてしまうこともあります。この誤爆ともいえる事態は自己免疫性疾患で見られます。またアレルギーは病原性を示していない花粉や食品などに対して過度に攻撃してしまうわけですが、こちらは過剰防衛に当たります。炎症性疾患では必要以上に兵士が現場に駆り出されて集まっている状態とも言えます。これらの病気はすべて免疫の異常から発生する病気です。

身体には免疫応答にブレーキをかける細胞が存在しています。制御性T細胞(Treg)です。この細胞がしっかり働いてくれると、免疫系の病気、アレルギー性の病気、炎症性疾患などを抑制してくれます。(過剰に働き過ぎるとがん細胞の成長に荷担してしまうという悪い結果にもなります。)

免疫応答に異常のある病気ではこの免疫にブレーキをかける細胞Tregが減少していることがわかっています。炎症性腸疾患のある患者さん(人)、慢性腸症になっている犬では減少しています。

腸内細菌が産生した短鎖脂肪酸は大腸のTregを増やすことに関係しています。過剰な免疫にブレーキをかけるTregが増えることで、正しい免疫応答ができるようになります。

 DSC_2242.jpg
猫用もあります。
下痢だけでなく排便困難な猫ちゃんにも効果有りです。
猫ではフードのほかにサプリメントでシンバイオティクスを
加えることが難しいのでフードに入っていると好都合です。



<期待される病気>

腸内細菌の話題ですが、犬の慢性腸症、ことに炎症性腸疾患に対して期待されるため、蛋白漏出性腸症の続きとしてお話しを続けてきましたが、その他にもミニチュアダックスの大腸にできるポリープ、膵外分泌不全症の治療に期待が持てそうです。さらに、肥満、糖尿病、胆肝系(胆汁酸の組成変化による肝疾患)、加齢、認知障害、感情機能に関する問題(これまで抗うつ薬を使用してきた攻撃性などの行動学的な困った案件)にもぜひ使いたい治療です。

腸内細菌のバランスを整えて腸の健康をもたらすことがからだのために大切であると言われています。「善玉菌を増やしこれを維持すること」は昔から健康に良いこととされてきました。今も変わりがありません。バランスの取れた腸内細菌叢を維持することは健康のために必要です。が、腸内細菌の作り出す世界と可能性はまだ無限にあります。

腸内細菌が作る最終産物は腸に限らず全身の各所(脳や膵臓、脂肪組織そのほか)に効果があることがわかってきました。これまでざっくりと「免疫力が強くなる」といわれてきたことの実態もわかってきました。病気により腸内細菌の中で増える菌群と減少する菌群が明らかになり、病気が治癒するとその細菌群も健康な動物と同じ組成になっていくというようなこともわかってきました。腸内細菌の安定化は「腸の健康のため」だけにとどまらず、身体全体に良い効果をもたらしていることがわかります。病気を管理し治癒に導くために、腸内細菌の構成比を整えることが大切なようです。腸内細菌は補助的でも有効に働いてくれそうです。

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード