鳥インフルエンザ

 14日と6日に西尾市で回収された野鳥(それぞれホシハジロ1羽とスズガモ1羽)は鳥取大学で検査を受け、どちらも高病原性鳥インフルエンザウィルス(H5N6型)が検出され、確定診断されました。

 ニワトリの足跡ライン

現在、環境省の野鳥における高病原性鳥インフルエンザの対応はレベル3、国内複数箇所発生時のときの対応になっています。そのため、リスクの低い種類でも、同じ場所(見渡せる範囲を同一場所とします)での合計死亡羽数がまとまった数あれば調査を実施することになっています。(詳しくは鳥の種類によって数の規定があります。)

西尾市内でも近隣の地域でも、養鶏を営んでいらっしゃる事業所は多数あります。そこへ感染が発生することはなんとしても避けたいです。もしお近くの同じ場所で沢山の野鳥が死んでいるのを見かけられた場合は、西三河県民事務所環境保全課へご連絡ください。

また、万が一ご家庭で飼育されている鳥(ペットの鳥)に異常が見られた場合は、愛知県動物保護管理センターへご連絡ください。

ニワトリとヒヨコのライン 

先日のお話(ハートのブログ11日号http://heartah.blog34.fc2.com/?editor)と重なりますが、以下の点にご注意ください。

1、高病原性というのは、家禽に対する毒性が強いという意味で、人に感染して高い病原性を示すという意味ではありません。

2、鳥に感染した後、鳥の体外に出たウィルスは乾燥や紫外線に対してきわめて弱いため、比較的短時間で消失します。

3、そのため、多くの鳥が存在し次々に感染が起こる場合を除いては、ウィルスがその場にとどまって悪さをすることはありません。

4、飼い鳥は沢山の鳥と絶えず接触しているわけではないので、普通にしていて感染する危険度は低いです。

5、それでも、ウィルスを持ち込まないように飼い鳥と野鳥との接触は止め、日常の健康観察も怠らないようにお願いします。

6、死亡している野鳥を見かけた場合、素手で触らないでください。日常生活でもし野鳥の排泄物に触れた場合はしっかり手洗いしてください。

7、野鳥の糞が靴の裏や車両(タイヤ等)に付着し、鳥インフルエンザウィルスが他の地域に運ばれることがあります。野鳥の地域に近寄らないようにしてください。

8、バードウォッチング程度で感染する可能性は低いと考えられていますが、野鳥の糞を踏まないように注意してください。もし靴の裏に付いてしまったら塩素系の漂白剤で消毒してください。

9、くわしくは「高病原性鳥インフルエンザから愛玩鶏を守るために」を参考にしてください。

 http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/pdf/aigan_pamphlet.pdf

tearai_girl.png
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード