猫のリンパ腫・治療・悩むとき

猫のリンパ腫についてのおはなし、3回目。

今回は治療についてです。

 

<ローグレードなら>

猫のリンパ腫では発生部位によりある程度の悪性度が決まってきますが、細胞検査から間違いなくローグレードと判断されれば、キツい抗がん剤を入院または外来で実施しなくても、家庭で内服薬を投与していくだけでよい場合があります。

 

<ハイグレードだと>

 残念ながら高悪性度の結果が出た場合は、犬のリンパ腫の時と同じように複数の抗がん剤を組み合わせたコンビネーションプロトコールが必要になります。もし検査のために試験開腹をしたのであれば、術後2週間くらいしたところから開始します。

 IMGP8701.jpg

<抗がん剤の予定>

 お勧めするのは多剤のコンビネーションプログラムです。約2カ月間、毎週同じ曜日に抗がん剤の投与を行います。そしてその後は2週間に1回の予定で約4か月半継続する方法です。内服薬も11回の投与を続けてお願いします。複数の抗がん剤を併用して使うことの利点については犬のリンパ腫のところでお話ししました。25週を一区切りとして、安定していればしばらくお休みに入ります。

 このようなポロトコールのほかにも、毒性の強い抗がん剤を使用しないプロトコールがあります。2種類か3種類くらいの抗がん剤を使うやり方です。高齢の猫で治療に耐えられるかどうか不安なとき、無理に進まない、けれど手放しであきらめたりはしたくないというようなときは話し合って、多くのポロトコールの中から納得できる方法を選ぶことができます。

 注意したい副作用は白血球数の減少による発熱事象です。白血球は細菌をやっつける兵隊細胞ですから、白血球数が減少すると細菌感染を起こしやすくなるのです。抗がん剤によって最も白血球数が少なくなると予想される日がありますので、まめに血液検査を行い、少ないと判断された場合は白血球を増やす薬や予防的な抗菌薬の投与を行います。また歯周病があれば先に治療しておきます。下痢も腸内細菌のバランスに影響を与える因子ですから、整腸剤などであらかじめ体を整えておくのも有効です。菌が体に入らないようにすることが大切なのです。

IMGP8702.jpg 

<補助療法>

 リンパ腫の治療の中心は抗がん剤による化学療法です。しかしがん治療はがんをなくすことだけを目標にしているわけではありません。がん患者である猫のQOLを考えたトータル管理が重要です。

 脱水があれば点滴で改善させます。点滴と同時にビタミン剤を投与したり、低ナトリウム血症などがあれば電解質の補正も行います。痛みがあるようならば疼痛管理、気持ち悪そうにしていたりおう吐することがあれば制吐剤の投与をします。この中には食欲を低下させる要因をコントロールしていくことにもつながっています。食欲刺激剤を使用しなくても、総合的な対応で猫は食欲を回復してくれます。

消化器型リンパ腫の場合なら間違いなく、またそのほかの部位にできるリンパ腫でも食欲がそがれています。それなりに食べていても「痩せてきた」という場合、慢性的な栄養の代謝異常が起こっています。「食べているのに痩せが目立ってきている」のは食べた栄養ががん患者である猫の体に十分に回らず、がん細胞がこの栄養を奪っている状況です。「がん性悪液質」と呼んでいます。十分な栄養補給のために行う補助療法は不可欠です。栄養療法を充実させると栄養状態が良くなるだけでなく、抗がん療法の成績も上がりますし、好ましくない副作用も減少します。

 栄養チューブを設置することもあります。

IMGP8703.jpg 

<栄養療法>

 栄養療法はがんと立ち向かう治療チームの中でも、とくにご家族の方の活躍が功を奏する部分です。積極的なご協力をお願いしたいです。

犬のリンパ腫のところでもお話ししましたが、がん細胞は炭水化物が好物です。栄養素としてたんぱく質の利用はふつうで、脂肪は栄養素として使うことができません。そのため高脂肪、とくにω3脂肪酸を多く含む青魚などはリンパ腫の猫向きの食事です。

 処方食であればhill’sa/ds/dがこれに相当します。とくにa/dは粒子が細かいためポンプ投与ができ、栄養補給には好適です。

 炎症性腸疾患との絡みで下痢がある場合は、高脂肪食だと消化が悪く、がんのことを考えると適切な食事になりますが下痢症状を悪化させてしまうことも考えられます。この場合は消化の観点から下痢を起こさないものを選びます。

 「あまり先がないのなら」と嗜好性に重点を置いた食事を与えたくなるかもしれませんが、下痢をすると栄養として利用できないことも考え、症状に合わせ、好適な食事を選んでください。

 食事内容のほか、食事を人肌程度に温めてより興味をそそるにおいを出させることや、鰹節などの香りの高い食材のトッピングをするのも食欲を高める工夫です。高齢猫で関節症が考えられるときは食器を台の上に乗せ、首をたくさん曲げなくても食べられるようにしたり、同居猫がいれば関係性を考えて食事を与えることもプラスの作用があります。

 IMGP8704.jpg

<悩むとき>

 診断のための検査の段階でも、どうしようかと悩む場面があるだろうと思います。さらに治療となると、どう選択したらよいのか考えることも多いだろうと思います。病院に連れてこられる人とは別にご家庭に今後のことを決める立場にある人がいる場合、ご来院くださった方が家に資料を持ちかえって説明するのも大変でしょうし、説明を受ける方もわからないことが多いだろうと思います。やはり複数の方に来院していただいて、皆さんに同時にお話を聞いていただくのが好ましいと思います。質問などもその場で受けることができます。もちろん院内で決定することができない場合は、ご家庭でさらに検討を重ねていただき、そのうえでまた疑問点が沸いて来たらメモしてきてもらって再度話し合いをします。このようにして納得できる方法を探すのが一番だと思います。

 治療方法に関しては時間的な制約や経済的な問題も関与してきますから、十分に話し合う必要があります。

 もし積極的に治療をしていきたいとお考えの場合、高次病院での治療も考えられます。病猫がまたはじめから検査を受けなおさなくても済むように紹介病院への資料添付を行いますので、遠慮なくお申し出ください。

 また、プランした治療が順調にすすまないこともあります。予定が変更になることもあります。魔法の薬があればいいのに、そうはいかないのが抗がん治療です。使える薬があるうちは細く長く続けることができます。猫さんの体調さえしっかりしていれば継続することは可能です。

 IMGP8705.jpg

<緩和ケア、終末期ケア、延命治療>

 緩和ケアというとがんに対しては何もせず、自然体でいるように思われがちですが、前述したような総合的な補助療法はすべて緩和ケアです。

 終末期になった時には痛みやおう吐を取り除くことに主眼を置いた治療に入ります。腫瘍に対して抗がん剤で応戦するようなことはしません。ただ、この時期に飼い主さんの気持ちの整理がついていないと、嫌がる猫に「食べないと死んでしまう!」と強く食事を与えようとしたり、苦しむ猫に気づかず抱きしめたりしてしまうことも見受けられます。落ち着いて現状を受け止め、冷静に対応できるように、ご自身も静かに過ごす時間を作っていただくとよいかと思います。飼い主さんの心の安定は患者である猫さんの望みだろうと思います。

 延命治療というのは先がないものにチューブをつなぐようなこと。交通事故の救急搬送でもないのにがんの終末期に気管挿管をして酸素療法に入るようなことはしません。緩和ケアも終末期ケアもケアであって、患者のことを考えて行うものです。はじめから抗がん治療を延命療法だと考えるのは残念な気がします。

IMGP8706.jpg 

 どんな病気でも、永遠の命はないので終末期がやってきます。とても苦しく、辛そうになってきたときにどうしようかと考える日がきっと来るだろうと思います。積極的な治療を選択すれば「抗がん治療は辛くなかっただろうか」と悩み、消極的な治療を選んだ場合も「寿命を縮めたのではないか」と考え、治療を選択されなかった場合も「何もしてやれなかった」と肩を落とすのです。

愛猫が病気になると、いろいろ調べては「こんな治療法があるみたい」、「あんな治療法があるみたい」と振り回されがちです。おうちの方があれこれ試してみたくなるのも愛情ですが、それにばかり目が行くと、いつもの、あなたの家族の生活そのものが失われ、そういったものばかりに左右されてしまいます。むしろがんのことを忘れて生きていく方が心にゆとりを持つことができ、アップダウンしがちな気持ちも平穏になれます。もちろんいつもポジティブでいる必要はありません。悲しい気持ちはいつだって襲ってきます。

だからいろいろ思い迷うこともおありでしょう。けれどご家族の選ぶ方法はどれも間違いではないのだろうと思います。患者である猫の気持ちを思い、寄り添い、大切にしてあげることが一番です。ほかの病気に比べて腫瘍はより未来が見えやすいかもしれません。期限付きの命であればこそ、今を大切にしてほしいです。治療の合間の楽になる時ならなおさら、思い出作りのためのあれこれをするのもご家族のためにいいのではないでしょうか。

 

猫のリンパ腫についてのおはなし、今回で終了です。 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

猫のリンパ腫・検査

猫のリンパ腫のお話、2回目です。

診断への道のり、とくに増えつつある消化器型リンパ腫の診断について、もう少し詳しくお話ししようと思います。

 

<いろいろ検査>

 どのような病気でも輪郭がはっきりしないときや、身体の状態が優れていると思えない状況では、最小限度の検査が必要になってきます。

    血球の検査(顕微鏡で細胞を確認することまでを含めたもの)、 

    血液の生化学的検査、

    X線検査、

    超音波検査

などは必須です。

そして腫瘍性の病気が疑われるときは、塊状になった部分に針を刺し細胞を採取して

    病理学的な検査

を実施することになります。ここでリンパ系の腫瘍細胞が認められると確定です。

病理学的な検査は大変デリケートなもので、明らかな悪者の顔をしている細胞とそうでもない顔をしている細胞があります。炎症により多数出現しているように見える場合も出てきます。複数回の採取と検査を必要とすることがあります。

さらに病理学的な検査では、リンパ腫であることのほかに、さらに詳しく悪性度をみることができます。細胞の分化の程度が悪性度の指標になります。細胞は分化を繰り返すうちに、だんだんと元の細胞の性質を外れて違う細胞に変化していきます。元の細胞に近いものは高分化型で分裂スピードは比較的遅く、悪性度からいうと「低」になります。ローグレード、低悪性度といいます。元の細胞からかけ離れた性質を持つようなものは低分化型で、悪性度でいうと「悪」になります。ハイグレード、高悪性度といいます。高悪性度のものは発症も進行も急で、深刻な症状を出していきます。猫のリンパ腫では低悪性度の高分化型のものと、高悪性度の低分化型のほかに「大顆粒性リンパ腫」として非常に急速に悪化していくタイプのものがあります。こちらは「極悪」な経過をとります。

 IMGP8670.jpg

<消化器型リンパ腫の症状をもう一度>

前回もお話ししましたように、経過が慢性的です。いつから調子が悪くなったのか、その日の特定ができないことがほとんどですし、どこがどんなふうに、といっても「なんとなく食べる量が少ない」。たいていは1か月から3か月くらいは経っていて、「なんとなく食べが悪い」し「体重が減ってきた」のに近頃気がついた、ということです。そのほかの症状は「寝ていることが多い」「元気がない」です。「おう吐」や「下痢」を問題にされて来られる方は少ないです。

 IMGP8671.jpg

<診断のきっかけ>

 おなかを触診したときに、ソーセージみたいに腫れた腸か、腫瘤(腫れもの、塊)を触ることができる猫ではここから消化器型リンパ腫を強く疑い、血液検査のほか、X線や超音波検査などの画像検査へと進みます。

 X線検査は欠かせません。腫瘤の大きさ、腸管の位置関係を読み取ります。場合によっては食べ物がスムーズに流れるかどうかを調べるためにバリウム造影の検査を実施したいところです。しかし猫ではこれがなかなか大変です。

 それから、細かな構造を見るために超音波検査も必要です。胃や腸の壁が厚くなってはいないか、正しい構造をしているのか、腫瘤の大きさ、内部の様子、腹水はないだろうかなど見ます。

IMGP8689.jpg 

<細胞の採取>

細胞を採取するために超音波検査を行いながら腫瘤に針を刺すこともあります。腹水があれば腹水をとって細胞を集め、細胞を病理学的検査に回すこともあります。内視鏡の検査で腸管側から細胞を採取することもありますが、リンパ腫を疑う場合には不十分です。間違いなく診断できるだけの細胞の分量、できればある程度の塊を持ったものが正確な診断へ導くことができます。

 超音波検査の途中で細胞を集めるのが困難だと思われる場合は腹部の手術を行い、とれる部分を切除して組織学的な検査を行います。

IMGP8690.jpg 

<こんなにも検査>

 おなかにしっかり触れる腫瘍が出来上がっていると画像検査から病理学的な検査に進みますが、主な症状が

①「元気消失」

②「体重減少」

③「食欲の低下」

だけで、腹部の画像検査ではっきりわかるほどの腫瘤が見つからないようなとき、診断をつけるのが難しいことがあります。

「そんなに心配はしておりません」など言われた日にはお手上げです。「なんで検査なんですか」「食べれるようにしてくれたらいいんです」では次に進めません。というのも、これらの病態は「高齢だからこんなもの」と思われるようですが、このような症状を出す病気の中にはしっかり向き合って治療していかないと命にかかわる怖い病気もあるし、逆に個性的な治療を行うことにはなるけれど治療したら好転する病気もあるからです。

あまたある病気の中の何なのかを捜査し、たどり着いたら状況に合わせて個別の治療を行うこと、そしてその後も追跡援護をすることを目指しています。これは当院だけでなく、今の獣医学というものは、です。

 高齢猫で①②③のような症状がみられるのは、消化器型リンパ腫のほかに、炎症性腸疾患(IBD)、猫伝染性腹膜炎ドライタイプ、慢性膵炎、腸の他の腫瘍(肥満細胞腫とか)を心配します。「猫のリンパ腫」であるとストレートに決めるにも検査は必要ですし、よく似た仲間の病気と見間違えないようにするためにも深い検査が必要になります。そしてこのほか、食欲の減少した高齢猫を診る場合、いつも頭の隅においておかねばならないのが慢性腎臓病、甲状腺機能亢進症などで、「この病気ではない」という打消しをするための検査も行います。

 IMGP8693.jpg

<外科的な開腹手術>

ときには「おなかを開けてほかの臓器も観察しつつ病気を詳しく調べ、探るために行う手術」に入ることがあります。試験開腹術とか試験切開とか呼ばれます。

とくに炎症性腸疾患との関連では、正確な病理学的検査のための材料採取が必要なため、腹部手術が一層強く期待されます。これはリンパ腫と炎症性腸疾患が一つの猫で同時に別の部位にできていたことがあるという報告や、はじめに炎症性腸疾患があってそれによってリンパ腫が引き起こされると考えていらっしゃる多くの先生の意見などからも、きちんと調べ、細胞特性を調べるため複数の検査を実施するに足りる組織を採取することが望まれます。

試験開腹術から組織を切除して大きな塊で病理組織検査を実施することの利点が二つあります。一つは消化管の壁が薄くなっている場所がないかどうかをあらかじめチェックできるので、その後の抗がん剤治療によって腸管に穴が開いてしまうかもしれないというリスクを避けることができる点です。もう一つは腫大したリンパ節の影響で通過が悪くなっている部分があればここを切除するので症状が改善される可能性が大である点です。オプションで外科的な検査がある、というよりは、様々な状況から外科的な検査を選ばざるを得ない場合があると考えてください。

IMGP8695.jpg 

<予後を決める因子>

消化器型リンパ腫についてはこんな条件だと比較的長生き、というデータがあります。

「長い>短い」

で示します。

    メス>オス  メス猫のほうがオス猫よりも長生きできそうです。

    食欲あり>食欲なし  栄養状態の良いほうが長生きできます。

    貧血なし>貧血あり  貧血は消化管からの出血を表しているのかもしれません。

    血清ナトリウム値が正常>低ナトリウム血症  消化吸収の良し悪しを表しています。

    腹水なし>腹水あり  吸収不良からくる低アルブミン血症やがん性腹膜炎を表します。

こうした悪い因子が検査で見つかった場合、残念ですが余命は短くなってしまいます。

 

 

 IMGP8697.jpg

猫のリンパ腫のおはなし、今回は診断のこと、とくに検査の重要性についてお話ししました。

次回は治療についておはなしします。

 

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

猫のリンパ腫・概要

 猫のリンパ腫についてのおはなし。

 

<はじめに>

猫にもリンパ腫が発生します。むしろ、猫は犬以上に発生件数が多いのです。人で1万人に1人、犬では1万頭に1~3頭の発生率と言われていますが、猫では1千頭あたりおおよそ1~2頭と言われていますので、1万頭では1020頭の発生になります。人や犬の約10倍の発生率ということになります。

 

猫のリンパ腫は猫白血病ウィルスとの関連性が高く、ここ西尾地区では猫白血病ウィルス感染が急激に広まった1980年代の後半にはウィルス感染を伴った猫のリンパ腫の縦隔型が大変多く発生しました。比較的若い猫で呼吸困難を特徴として来院し、抗がん剤による治療を行わないと呼吸が苦しいまま食事もとれず亡くなっていきました。

現在は猫白血病ウィルス感染の陽性率は低くなってきました。猫白血病ワクチンが普及したこと、また猫の飼育が屋外飼育から屋内飼育になってきたことと関連があるのかもしれません。けれど猫のリンパ腫は減少していません。

猫のリンパ腫は発生部位によって特徴があり、縦隔型リンパ腫(前縦隔リンパ腫)は猫白血病ウィルス陽性の幼若猫に発生が多く、消化器型リンパ腫は猫白血病ウィルス陰性の中高齢の猫に発生が多い傾向があります。現在多く診るのは、この中高齢の猫に発生する消化器型リンパ腫です。

 IMGP8662.jpg

<ウィルス感染と猫のリンパ腫の発生>

西尾地区では猫白血病ウィルス感染の陽性率は減少していますが、猫免疫不全ウィルスの感染率は依然高いままです。猫免疫不全ウィルスも猫白血病ウィルスと同じ「レトロウィルス」の仲間で、猫免疫不全ウィルスも猫のリンパ腫の発生に関係があります。猫のリンパ腫発生率は、両方とも陰性の猫の発生を1とすると、猫白血病ウィルス陽性の猫で60倍、猫免疫不全ウィルス陽性の猫で5倍、両方とも陽性の猫で80倍の発生率になっています。あまり知られていませんが、猫免疫不全ウィルスは単独でもリンパ腫を引き起こさせます。もちろん自然でも(ウィルス感染とは関係なく)発症します。

IMGP8664.jpg 

<猫のリンパ腫の臨床型。特徴、症状など>

リンパ腫がからだのどの部分に発生するかをもとに「臨床型」という名称の分類をしています。このような分類をするのは、できる部位によって病気の様子が違うからです。飼い主さんにとっては全く違う病気のように感じられるでしょう。それから腫瘍細胞の細かな分類や抗がん剤に対する反応も、臨床型ごとに特徴があり、どのくらい生きられるのかということにも違いが出てきます。

    縦隔型・Mediastinal lymphoma 

比較的若い猫(2歳とか3歳、もしくはそれよりももっと若い猫)で、猫白血病ウィルス感染陽性の猫に多いタイプです。

「いきが苦しそう」「食べれない」「食べても吐いてしまう」という内容で来院されます。胸の中に腫瘍ができ、胸水も溜まるため肺が圧迫されて呼吸が苦しくなります。

    消化器型・Alimentary lymphoma / Gastrointestinal lymphoma

 近年増加傾向にあるのが消化器型です。中高齢の猫(かかった猫の年齢の平均は10歳から12歳)で、検査をすると猫白血病ウィルスの感染は陰性であることが多いです。

「なんとなく」「いつからとははっきりわからないけれど」「だんだんと」「歳のせいかもしれないけれど」という前置きに「食べる量が減ってきている」「いよいよ食べなくなった」「体重が減ってきた」「調子が悪くなってきた」という言葉が続いて来られます。「なんかおかしい」「元気がない」などの、あやふやな感じですが、「調子のよかった頃と違う」様子を伝えてくださいます。「おう吐」や「下痢」があることもあります。

おなかを触ると腸が厚みを増している様子やリンパ節が腫れて大きくなっているのに触れることがあります。

IMGP8710.jpg

    鼻腔型・眼窩型・Nasal orbital lymphoma 

猫白血病ウィルスや猫免疫不全ウィルスの感染に関連していることも、いないこともありますが、若い猫で見られる場合は感染が陽性であることが多いかもしれません。高齢猫では、猫白血病ウィルス感染が陰性のことが多いです。このタイプもよくみられます。

 「鼻カゼがなかなか良くならない」ということで来院されます。見ると鼻汁や鼻血のために鼻が詰まっていて、口を開けて息をしています。涙が多くて目やにがついています。腫瘍が大きくなり、鼻や目のあたりの顔が変形していることもあります。

    多中心型・Multicentric lymphoma

 このタイプにはウィルス感染陽性猫も陰性猫もいます。

「なんとなく元気がない」「食欲がない」「痩せてきた」ということで来院されます。体表から触れることのできるリンパ節が一つ、または身体の内部のリンパ節も含めて複数腫れていたりします。犬の多中心型リンパ腫とはちょっと違った様相です。

    そのほか

 ・脾臓型・Splenic lymphoma

 ・腎臓型・Renal lymphoma

 ・肝臓型・Hepatic lymphoma

 ・中枢神経型・Central nervous system lymphoma

 ・皮膚型・Cutaneous lymphoma

 ・咽喉頭型・Pharyngo laryngeal lymphoma

 ・骨格筋型・Skeletal muscle lymphoma

 あげたらきりがないほど、リンパ腫は身体のどこにでもできる腫瘍です。

 ある報告によると、①縦隔型は全リンパ腫のうち12%を占め、②消化器型が52%、③鼻腔型15%、④多中心型9%、⑤その他は合わせて12%になっていました。やはり消化器型が多いようです。

 IMGP8666.jpg

<どのくらい生きられるのか>

予後についての数字ですが、治療をした場合の大まかな目安です。発見時のステージによってはこれよりも短くなってしまうこともあるでしょう。どれも中央生存期間で、治療する立場からするとこの数値が目標になります。

    縦隔型リンパ腫  143

    消化器型リンパ腫 低悪性度113日、高悪性度67

    鼻腔型リンパ腫  135

    多中心型リンパ腫 95

 

 

猫のリンパ腫について概要をお話ししました。

次回は診断についてお話しします。

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード