FC2ブログ

新型コロナウイルスとコンパニオンアニマル・WSAVAの提言から

 2020年2月18日、WSAVA世界小動物獣医協会から、新しいコロナウイルスとコンパニオンアニマルというタイトルで、メンバー向けのアドバイスがありました。

昨年12月に中国で発生したコロナウイルスの大発生は世界中で大きな懸念を巻き起こしており、飼育者がウイルスを運搬する恐れがあるからと動物を放棄したり殺害したりという報告もみられました。メンバーは動物の福祉を心配しています。

ウイルスが人や動物に広がっていることについての多くの疑問は未解決のままですが、WHO世界保健機関によると、「新型コロナウイルス感染症は人の間で感染する可能性はありますが、現時点では動物が感染やウイルスを拡散したという証拠はありません」という見解を示しています。

WSAVAは、伴侶動物の飼育者さんのの恐怖と混乱を和らげるよう、わたしたち獣医師に提言をしました。

このウイルスはペットを介して伝染する可能性は非常に低いです。決してパニックにならないように。」そして次のようなアドバイスを飼い主さんに提供するよう勧められました。

・ご自身が健康体でいる場合はペットを飼育してください。

・猫は常に屋内で保管してください。

・新型コロナウイルス感染により家族や友人が入院した場合は、ペットを家の外で世話するように手配してください。

・疑問や心配があるときにはいつでも獣医師にご連絡ください。

 hakase_book_dokusyo.png

以下は詳細な緊急提言の中からの抜粋です。

 

コロナウイルスはコロナウイルス科に属します。アルファコロナウイルスとベータコロナウイルスは通常哺乳類に感染し、ガンマコロナウイルスとデルタコロナウイルスは通常鳥類と魚類に感染します。軽度の下痢を引き起こす可能性のあるイヌコロナウイルスと、ネコ伝染性腹膜炎(FIP)を引き起こす可能性のあるネココロナウイルスは、どちらもアルファコロナウイルスです。SARS-CoVMERS-CoV、そして今回のCOVID-19はいずれもベータコロナウイルスです。

★現在、ペットや他の家畜がこの新しいコロナウイルスに感染しているという証拠はありません。さらに、ペットやその他の家畜が新しいコロナウイルスの感染源になる可能性があるという証拠もありません。(これは急速に進化している状況であり、情報が利用可能になり次第更新されます。)

★飼い主さんが新型コロナウイルスに感染したときはペットや他の動物を扱わないでください。COVID-19によりペットが病気になるという報告はありませんが、いくつかのタイプのコロナウイルスは動物に病気を引き起こし、動物と人の間で広がる可能性があります。病気が伝染する可能性からペットを守るために、動物の周りにいる場合やペットの世話をしなければならない場合は、詳細がわかるまで動物との接触を避け、フェイスマスクを着用してください。

★新型コロナウイルスに感染した人の周りにいたペットの具合が悪くなった場合は、動物病院に電話して、「新しいコロナウイルスに感染した(かもしれない)ペットを連れていきたい」ことを知らせてください。クリニックのスタッフと話し合うまで、動物をクリニックに連れて行かないでください。COVID-19に感染した人と動物が接触した可能性があることを伝えてください。

★ペットが新型コロナウイルス感染の人と接した場合について。ペットが感染する可能性があるかどうかはまだわかりません。また、ペットがこの新しいコロナウイルスで病気になる可能性があるかどうかもわかりません。ペットが他の人に病気を広めることができるかどうかも分かりません。(ただしこれは急速に進化している状況であり、情報が利用可能になり次第更新されます。)

★ウイルスに感染した人と接触したペットの心配事項。このウイルスは動物から発生したように見えますが、今では人から人へと広がっています。人から人への広がりは、主に感染した人が咳やくしゃみをしたときに生じる呼吸器の飛沫を介して起こると考えられています。現時点では、このウイルスがどの程度簡単に、または持続可能に人々の間で拡散しているかは不明です。重要なのは、これまでに「犬と猫が新型コロナウイルスに感染する可能性がある」というデータはでていないことです。

★新型コロナウイルス感染でペットや他の動物が病気になるという報告はありませんが、いくつかのタイプのコロナウイルスは動物に病気を引き起こし、動物と人の間で広がる可能性があります。さらに詳しく知るまで、動物の周りにいる、またはペットの世話をしなければならない場合は、動物との接触を避け、フェイスマスクを着用してください。ただし、新型コロナウイルス感染症と診断された人は、病気の蔓延の可能性からペットを保護するために、ペットに近づかないでください。

 medical_doctor_suwaru_man.png

さて、飼い主さん向けの提言の他、私たちにもワクチンに関する注意が示されました。日本は犬のコロナウイルスワクチンが利用可能で、腸のコロナウイルス感染症から保護することを目的に使用しています。(呼吸器感染の保護目的には認可されていません。)しかし、新型コロナウイルスに対して何らかの保護作用があるかもしれないという希望から(交差防御目的では)使用しないように、とのことです。なお、猫のコロナウイルス感染症に対するワクチンはありません。

 

 

今日は緊急にWSAVAからの提言についてご紹介しました。(WSAVAの本文中では2019-nCoVとなっていましたが、新型コロナウイルスと書き換えてあります。)

とにかく、新型コロナウイルスに犬や猫が感染する可能性は今のところ示されていません。犬にも猫にもコロナウイルス感染症はありますが、それぞれ種特異性で、犬には犬の、猫には猫の、人には人の、という境目があり、それは今のところ破られてはいません。

スポンサーサイト



テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

大豊神社

 なんだか、年に1回の神社ブログになっていますが。
今年も年の初めに干支にちなんだ神社さんを。

京都の大豊神社です。哲学の小道から少々歩きます。
DSC_2355.jpg 
ご本社は少彦名命(すくなひこなのみこと)・医薬関連の神さまと、菅原道真公・ご存知学問の神さま、応神天皇をお祀りしています。
DSC_2365.jpg 
末社である大国社にお祀りされているのは大国主命・因幡の白ウサギの皮膚炎を治してくださった、あの獣医さんの祖である神さまです。大国主命が火攻めにあったとき、ネズミが洞窟にかくまってくれ、その危機を救ったと古事記にあるらしいです。ここではネズミが狛犬の代わりに大国主命を守ってくれているのですね。
DSC_2373.jpg 
巻物を持っているネズミさんは学業成就を、丸い球を持っているネズミさんは無病息災とご長寿を、そして子だくさんのネズミさんですから子孫繁栄というご利益をもたらしてくれるそうです。

 DSC_2371.jpg 

椿の花の時期が良いらしいですが、草花にも造詣の深い神社さんのようで、四季折々の草花も楽しめそうです。
DSC_2360.jpg 
凪の木がありました。大波立たず、常に凪いでいることを願います。












テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

ごあいさつ

つつしんで
新春のお慶びを申し上げます

 

旧年中は当院をご利用いただきまして
大変ありがとうございました。

本年もご家族皆さまが健康を得られ
幸多き年となられますよう

こころからお祈り申し上げます

 DSC_2502.jpg
毎年布製の干支の置物を作っていただいています。
ありがとうございます。
地味な秩父銘仙がこんなにかわいらしく変身してくれました。




 さて、当院は病気予防を中心にした診療を目指しています。いわゆるワクチン接種やフィラリア予防などはいわゆる1次予防になるのですけれど、このほかにも予防獣医療はいろいろあります。乳腺腫瘍や子宮蓄膿症を予防するための女の子の避妊手術、ずっと先になるかもしれないけれど前立腺過形成や会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫の予防を考えて男の子の去勢手術も適正な時期に行なうことも予防です。不妊手術のおすすめはもうかれこれ20年くらい前からお話ししてきました。さらになかなか実践継続が難しいのですが歯周病になる前の歯科ケアも大切なことです。高齢になって重度の歯周病になってからでは全身麻酔下での歯周病治療のハードルはとても高くなってしまうからです。子犬の時から、できれば猫も、おうちでのデンタルケアに関心を持っていただけると嬉しいです。

病気になる前の一次予防も大切ですが、健康診断で目に見えていない病気を見つけ出し早期治療に繋げることも大切です。2次予防です。そのために年に1回の健康診断があります。そうは言ってもなかなか受け入れていただけないだろうと、ワクチンの追加接種をしている犬猫を中心にワクチン時の健康診断をおすすめしてきました。これももう20年近くになります。残念ながらワクチンを定期的に接種しに来てくださっていないと、診察以外の機会に受けていただけることも無く残念な気がします。仕方ないですかね。健康なときに実施してこその健康診断ですからね。

何かの病気になっていて定期的に検診に来ていただいている犬猫さんもいます。見た目は健康です。「来なきゃだめ?」なんて思われることもあるでしょう。これらの犬猫は現状の病気に合併症を作らないこと、今の病状をひどくさせてしまわないことという広い意味の病気予防の来院になっています。これが3次予防です。少しの変化を見逃さないように、1か月に1回程度です。(変化が早いときはもう少し密度を高く診察させてください。)

そしてすべてのウェルネス訪問の中で、待合室の至る所からいろいろな情報を手にしていただけると、また次の病気予防のことを知る機会にもなることでしょう。これも大事なことです。

 DSC_1974.jpg
実はチンチラネズミを飼育しております。
専門外で診察はできないのですが。
チンチラファンの皆さんいらっしゃいますか。
「てやんでぇ!」なんてして見せてくれると
うひょ~、かわええ~ってなりますね。

今年は、これまでお伝えしてこなかったかもしれないのですが、ひとつの病気の進んでしまった先にある「怖い事態」についてお知らせすることを目標にしていこうかなと思います。「肥満は良くないことだよね。でもさぁ~。痩せるって大変。」というときに、「でも何割かの子はこんなことになってしまうことがあるんだよ~」って知ってもらっていたら、もうちょっと努力してもらえたのかなって気がしたからです。一つの病気が連続した「その先」を意識して伝えていこうと思います。合併症とか併発症に当たるかもしれません。

それから、高齢の犬や猫が増えてきまして、飼い主さんからは「病気認定」してもらえていないのですが実は苦しんでいる犬猫がいます。そういう私たちからするとごく当たり前の病気だけれど知ってもらえていないことも、繰り返しお伝えしていきたいです。

というわけで、

今後とも変わらぬお付き合いのほど
よろしくお願いいたします

    

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

改正された動物愛護管理法

 今年は動物愛護管理法改正の年でした。今回の改正で注目されるところは「マイクロチップ装着の義務化」です。内容をご紹介します。なお、公布から施行までには時間差がありますので、今すぐこれが実行されてくるわけではないのでご注意ください。

 

<マイクロチップ>

マイクロチップは飼い主さんの情報を得ることができます。動物の頸背部の皮下に埋め込まれます。これにGPS機能が付くと迷子になったときにどこにいるのかわかって大変都合が良いのですが、今のところ、情報を読み取る機械(リーダー)をかざして得られたバーコードからは「迷子さんはどこの誰のうちの子なのか」だけを知ることができる仕組みです。(マイクロチップを挿入したら、「私のうち」の情報を登録しなければただのバーコードだけで終わってしまうのでご注意ください。)それでも、首輪に連絡先を付けた名札よりはずっと進んだシステムです。何かの拍子に首輪が取れてしまっては何も判断するものはないのですから。

 

<これまでは任意>

これまでマイクロチップの挿入は義務化されていませんでした。ただ、災害に遭ったときに離ればなれになってしまった飼い主さんと再会できるという素晴らしい前例がありました。そして、「不要犬」として捨て去った飼い主(ここには、さん、を付けたくないですね!)を特定するために必要性が高まってきました。

 pet_microchip_dog.png

<今回の義務化>

今回、マイクロチップ装着が義務になったのは「犬猫等販売業者」さんです。犬や猫を取得したときには取得した日から30日以内に(子犬や子猫では生後90日から数えて30日を経過する日までに)マイクロチップを挿入しなければならないことになりました。ですので、4か月齢以上になった幼犬幼猫をショップで購入するときには既にマイクロチップは挿入されていることになります。この義務化が施行されるのは3年後です。が、すでに挿入されている個体も販売されています。今後順次変わっていくと思われます。

ご家庭では、付帯されたバーコード情報を登録する手続きを行なってください。

 

<努力義務>

一般の飼い主さんに対しては、努力義務ということになりました。「できるだけ装着するよう努力してくださいね」というレベルです。とはいえ、これまでは全くの任意で、飼い主さんの中には知らなかった方もいらっしゃるでしょうし、関心のある方だけが実施されていたわけですから、これも進歩です。

何かがあってからでは遅いので、皆さんに挿入を検討していただきたいです。特にするっと外出してしまう恐れのある認知機能低下がありそうな犬や、中外自由に活動している猫では、挿入に向けての第一候補群であることをお伝えしておきます。挿入による害は考えるに何も見当たりません。

 

<チップの挿入と登録>

マイクロチップの挿入は動物病院で行ないます。病院で発行する「マイクロチップ装着証明書」をお渡しします。ここにはバーコードのシールを貼ってあります。飼い主さんは、氏名、住所、電話番号、犬や猫の所在地を申請書に記入し、マイクロチップ挿入証明書と共に環境大臣宛に提出します。宛先の書かれた封筒も一緒にお渡ししますので、困ることはないだろうと思います。登録が完了すると、識別番号が記載された登録証明書が交付されます。もし、この登録証明書を紛失してしまった場合でも、再交付を受けることが可能です。犬猫を飼育できなくなって養子に出すことになったときは、一緒にこの証明書を渡します。新しい飼い主さんは変更登録をする制度ができました。譲り受けてから30日以内に行ないます。

 

<狂犬病のときの登録>

新しくマイクロチップで登録をすると、その情報は市町村にも通知されます。これまでマイクロチップを挿入しても、狂犬病予防法に則った登録が必要でしたが、この法律が施行されるときには、マイクロチップの登録がそのまま市町村から交付された鑑札代わりになります。(狂犬病予防注射は毎年接種が必要です。)

book_law_hou.png 

改定内容をもう少しご紹介しておきます。

 <動物を虐待したときの罪>

数年前に動物に対する残虐な行為の映像をSNS上に流した悪質な犯罪がありました。このときの判決は執行猶予付きでした。この事件を巡ってSNSでは「軽すぎる」という声が多く上がりました。今回の法改正で、殺傷に対する罪は「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」、虐待や遺棄に対する罪は「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」に引き上げられました。動物愛護の気持ちが高い方たちからは「まだ軽い」という声が上がるかもしれませんが、弁護士さんによるとこれまでの刑に比べ2.5倍という急激な厳罰化は過去に例のないことだそうです。

「遺棄」というのは開業当初結構見られました。今なら予防が可能な「フィラリア症」にさせてしまうだけでも避難が飛びそうですが、フィラリア症の認知度が低く予防も苦い裸錠を毎日投与する方法で予防を訴えてもなかなか難しい時代でした。体調不良の原因がフィラリアだとわかると「もう何をやってもだめ」というのがそれまでの診察の主流だったようで、フィラリアのために手術が必要だとなると診察後の帰り道に山に捨てられるということもあったのです。「捨てるなら病院に捨てていってね」「もし元気になったら連絡するからお迎えに来てね」ということもありました。(ボランティア手術です。)これからはこんな理由で犬を山中に捨ててしまうと懲役刑の実刑になることもあり得ます。

「虐待」の中には、からだに外傷が生じるおそれのある暴行、そのような行為をさせること、飼養密度が著しく適正を欠いた状態で愛護動物を飼養したり保管したりすること、それによって動物を衰弱させることなどが盛り込まれています。このような例を挙げてもらうと虐待行為が具体的に想定できます。こころを痛めたあの姿は今回決められた「虐待」の定義に当てはなるかもしれません。

そして「勧告に従わない動物取扱業者の公表制度」というのも改正により実現されます。悪質な業者に関する情報を得ることもできるようになります。

 

「愛犬家」「愛猫家」の方から期待されていた悪質な動物虐待に対する罰則の強化もなされました。そして私たち獣医師は虐待であると判断した場合、「通報の義務」も設けられました。交付が本年618日ですので施行は1年後からということになります。ほんとに少しずつですが動物の愛護に関する法律も進歩しています。まだまだ見るに堪えない現実を目の当たりにすることもあるでしょうが、法改正の年(やその前年あたり)にはパブリックコメントを受け付けている期間もあります。こうした時を利用して私たちの意見をきちんと伝え、次へのステップにつながるようにできるといいと思います。

 今年ものこすところ今日1日となりました。事故なく健やかに新しい年をお迎えください。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

学会のお話

 

「学会のためお休み」というのが多い当院の特別休診日ですが、参加した後のご報告をしていないから、疑われちゃったりしていないかな?
。。。というところで、今回は病気のお話じゃなくて、ちょっと休憩モードで学会のお話です。

 

小動物の動物病院の繁忙期は、狂犬病予防シーズンの4、5、6月。たいていの学会はこの時期を避けて開催されます。つまり、この時期以外ならいつでも、あちらこちらで開かれています。またこのシーズン中でも、勉強会は開催されています。オール全科なのが獣医さんではありますが、どの先生も興味のある分野や強化したい分野があって、卒業して何年か経つとだいたい参加傾向が決まってくるものです。もちろん引っ込み思案で学会は得意じゃ無い、という先生もおられます。ウェブ配信のセミナーも昨今できてきましたので、アクティブな私にとっても出不精モードのときには有り難いことです。


jyu.jpg
新年度の始まりはここからです。
腫瘍学の雑誌の表紙はオシャレです。
  

さて、シーズン始まりは6月半ば、大宮で開催される「獣医麻酔外科学会」です。今年は6月の土曜日に急遽お休みにさせていただいてご迷惑をおかけしました。この学会では「獣医循環器学会」「獣医画像診断学会」「獣医内視鏡外科学会」が同時開催されます。獣医循環器学会はすでにもう100回を超える開催です。普段聴くことができない専門の先生からの教育講演を受講したり、今話題の○○病のことについて日本のトップの先生方が語り合う「僕はこうしていますよ」から「こう感じています」の話は翌日からの診療にすぐに役に立つお話です。そのほか若手の頑張っておられる先生たちが困難極まる病気の犬や猫に対して「こんな風にやってみたらうまくいきました」というような発表も伺うことができます。「それそれ、体験したことがある~、私もそうすれば良かったかもしれない~」の反省もあります。ただ単に、「すごいわぁ~、がんばってるなぁ~」なんてお口ぽかーんとしながら聴き、「いよいよ次はこんなことができるようになるのね」の最新研究情報なども入手することができます。ここは真剣に聴けば聴くほど、脳にしわが増え、重たくなりそうな学会です。


1561286435567[1]
通称「ねこ学会」
かわいい猫たちが迎えてくれます。

   

皆さんには「学会で~」と言っちゃっていますが、実は正式には学会ではなくてお勉強会というのもあります。6月最終週に開催されるのは、私たちは「ねこ学会」と言ってはいますが、「ねこの集会」というのが本当の開催名です。「猫は小さい犬なんかじゃない!」「猫には猫独特の病気がある!」「そもそも猫は猫として生まれ猫として生きているんだから!」というところを基本にして、いわゆる「猫の医学」を学ぶ集まりです。ここでは獣医師も動物看護士も隣同士の席で学びます。国際的にはISFMの組織がありますが、日本でもJSFMの組織が立ち上げられ、今年で開催が5回目になりました。


51159070_246713386217402_7750066339169686115_n.jpg
いつも横浜で開かれる大きな学会です。
新幹線の中で予習と復習をしながら。
  

大きな学会は金曜日から土曜日、日曜日にかけて、会場も広いところででどかん!とまとめて行われるので、聴きたいセミナーが二つ三つかぶってしまうことがあります。テレビみたいに裏で録画できないわけですけれど、開催終了後、すべてのセミナーをまとめたDVDが、これまたどかん!という値段で販売されます。のべ数十時間。買ってもきっと開かなそうな気がするので「今だけ、本番!聞き漏らしませんぞ!」の気持ちで集中して学びます。

DSC_0092[1]
地区ごとに出向いてくれる勉強会。
夜間が多いですが、昼間の開催はウレシイです。

  

それから以前に比べると勉強会を主催している団体も増えていまして、シリーズではありますが、毎日では無く月に1回、夜8時ころから開催されるものもあります。近くでは名古屋で開かれます。翌日が休診日ならまだしも、週半ばで診察日が3日も控えていると終了が11時、帰宅すると午前さまになるセミナーは健康上の理由で不参加になっています。


DSC_0072[1]
ねこ学会のお土産。
診察中にじゃれてくれる猫さんありがとう。


学会でも勉強会でも、企業展示というのがあります。協賛してくださる企業さんのお力で、私たちの参加費も幾分かは助けられています。(それでもおサイフには冷気が吹き抜けていきますが~)休憩時間に企業さんの展示ブースをうろうろするのはお祭りのとき、縁日の屋台をのぞき込みながらそぞろ歩く感じに似ています。たとえば「麻酔外科学会」では主に高価な診断機器や麻酔後のリカバリールームになる犬舎などハイテク揃いのお店が並びます。外科器具は自分の手のひらになじむものを探したいので、直に触れることができる学会はありがたいです。書籍の販売もあります。新刊のあの本、気になっていたあの本、ぱらぱらめくって中身を確かめてから購入できます。購入しそびれてしまったあの雑誌のバックナンバーなんかもお願いすることができます。書籍は後日病院に届けていただくことになっています。重たいですものね。

一方、「猫の集会」などでは企業ブースも趣が違います。最初の休憩時間に駆け込みします。ここでは、普段手に入れることが難しい手作りの「ねこのおもちゃ」が並ぶのです。気に入ったものを選びたい!売り切れになっちゃう前に!の心理です。自分使いのねこグッズもいっしょにゲットです。「学会に行ってそれ?」っていうお土産を持ち帰ります。診察室で得意そうに猫のおもちゃをぴらぴらさせていたり、わんこのおやつが変わっていたりするときが、「アタラシモン」を仕入れてきたときです。そのほか、薬屋さんや検査関係の会社さんも参加されています。中部地区担当だった方が関東の担当になっていて、「お久しぶり~」「元気にしておられました~?」なんていう再会があるのもうれしいことです。新情報をいただいたり、お試しのフードをいただいたり、企業ブースも実りのある場所です。


 

 DSC_0229.jpg 
CATVOCATEの認定証をいただきました。
獣医師会の生涯研修の修了証や認定証と同様、
いただけるものがあると励むタイプです。

今月末も変則のお休みにさせていただいております。
明日の月曜日は診療、火曜日が休診です。すみません。

今回は大阪と東京の2つの会場で、3日連続で開催されるスペシャリストのための国際セミナーです。日程の調整が難しく、火曜日のみ受講することにしました。JAHAのセミナーは中身が濃く、通常は朝から夕方まで、3日間、合計18時間を同じテーマを学びます。90分1コマの大学の講義だと12講座分です。途中、うっぷしてしまわれる先生もちらほら見受けられるほどのハードさです。眠気覚ましの濃いコーヒーと、脳に栄養を与えるチョコレートを机の上に置いて受講です。先に送られてくる資料に目を通すつもりですが、ときには、新幹線の中で読む泥縄式予習になります。スペシャリストの先生はセミナーに関連した質問も、少々逸れているような質問でも丁寧に答えてくださいます。日々の診療で「こうしちゃいけないのかなぁ」など迷ったことをまとめて質問票に書けるように頭でまとめていきます。講師の先生は海外からお招きすることの方が多く、微妙な言い回しのこともありますが、通訳の先生が非常に上手で、わかりやすいのです。そんなこともJAHAのセミナーを気に入ってずーっと参加させてもらっている理由です。


今後ですが、8月のお休みには腎泌尿器学会があります。発足当時は各大学で持ち回り、学内で開催されていました。キリ番になる年はおしゃれな場所で開催されましたが、もっぱら都内の貸し会議室的な場所での開催で、お祭り的要素がみじんも感じられない、堅実な学会です。

8月の最終週は中部地区の学会もあります。北陸3県をふくめた中部地区8県が持ち回りで開催してい

ますが、今年は長野県での開催です。さらに9月には大きな大会、アジア小動物獣医師会連合会FASAVA-TOKYOが開かれることになっています。まとまってお休みをいただくことになると思います。これまで同様ご理解を賜わり、お休み前後の来院にご協力いただけますと幸いです。

 

 


テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード