FC2ブログ

エリザベスカラーのこと

今日お話しするのはエリザベスカラーのことです。
エリザベスカラーはどちらかというと嫌われ者です。「つけなきゃだめですよね。そうですよね~。」とがっかり感のにじみ出たお声で同意していただけるのは良い方です。明らかな否定や拒否もあります。日常生活に不自由をもたらすエリザベスカラーですが、どうしてもお願いしなければならない場合があります。ご理解とご協力をお願いします。それは愛犬愛猫のためですから。
1_20190222184012b7a.jpg
今月の掲示板です。

<犬の特性、猫の習性>
犬も猫も、傷があると、どうやら自分の口でそれを確認してみたいようです。ずいぶん前になりますが「動物は傷をなめて治す」なんて言われていたこともあります。小さな傷の中の異物を噛んで唾と一緒に吐き出すのならともかく、推奨される傷の治し方ではありません。これは現在、誰にも認知されている情報だと思います。

犬も猫も、舐めて傷を大きくし、治りにくい状態に変えてしまいます。術後の縫合糸などは囓られると簡単に切れてしまいます。それは非常に深刻な状態を招きます。このようなことが起こってから対処するのではなく、発生しないようにする防護策がエリザベスカラーの装着です。

犬も猫も嫌がることがあります。グルーミングや爪切り、それから歯みがきや耳掃除などもその一つでしょう。しかし、動物が嫌っても、これらのことが必要であるとみなさんご存知なのでなだめて、慣れるように躾けています。エリザベスカラーも同じです。動物の状態を早く回復させるために必要な処置です。動物の動きから不快だろうと察知してカラーを取り外すのではなく、カラーの役割をご理解いただき、治療に参加していただけるとうれしいです。

2-2.jpg
エリカラーにご理解とご協力をお願いします。

<エリザベスカラーの歴史>

私たちが開業した約40年前には、既製のカラーはありませんでした。私たちは患者さんのためにX線フィルムや段ボール紙などに粘着テープで首回りにクッションを巻き付けてカラーを手作りしていました。認知度も低く、飼い主さんたちからは今以上に不評でしたし、当時だれも見たことのないカラーを付けていることに奇異の目で見られることもありました。

 その後犬も猫も家庭における立場が向上してきました。裏庭に繋がれていた犬も表に繋がれることになり、やがて玄関口から屋内に、そして寝るときには飼い主さんの寝室へと移行し始めたときには、ペットの快適さのためにより多くの製品が出回ることになりました。

 カラーが一般的になりつつあるのと同じように、外科的処置も進歩しました。より安全な手術、生体に低侵襲な機械を使っての手術、これまで手を付けられなかった部位にもメスが入れられるようになりました。

創傷に対するケアはペットがより早く治癒するのを助けます。カラーによって、治癒時間が短縮されるのです。このようなことを高く評価してくださった飼い主さんが中心になって、カラーの短期間の不便さを受け入れてくれるようになりました。
3_2019022218401497e.jpg
きらわれもんのエリカラーですが。。。

<エリザベスカラーの特徴>

エリザベスカラーは動物が生活する基本的な部分には邪魔にならないようには設計されています。口が背中やお尻周り、お腹などに届かないように作られています。また、後ろ足で顔周りを掻いても、耳や頬、口周りに足が届かないようになっています。このような場所を守るのに最適な道具です。

身体の保護を目的にしているため、基本的には折れ曲がらない材質、硬くて丈夫なプラスチック製です。しかし、カラーの縁をうまく傷口にあててこすることを覚えてしまう動物もいます。大きさのため、またカラーの不透明性のために物にぶつかったり、物を倒したりすることもあります。器用に使いこなせないと、食器も転がして、フードをばらまいたり、近くを水浸しにしてしまうかもしれません。カラーが飼い主さんに嫌われることの一つはカラーを付けた犬が闘牛のように荒くれ者に変化してしまうことにもあるのかもしれません。

 いつでもファーストチョイスとしてエリザベスカラーを勧めます。エリザベスカラーはしっかり仕事をしてくれると信じているから、そして安価だからです。一時的な使用だと考えられる場合は貸し出し用のカラーも用意してあるからです。でも、「どうしても好きになれない」というとき、代替えの商品もあります。
5_20190222184017d00.jpg
いつものエリカラーじゃないやつもあります。

<エリザベスカラーが必要な場合>

カラーは非常に重要な道具ですが、動物が傷を負うたびに必ず付けなければいけないというようなものでもありません。たいていの犬はカラーが好きではないし、飼い主さんも時と場所を選んで使いたいと思うでしょう。でも次のような場合は、観念してください。「着けなければいけない!」ときです。

1、大きな傷からの回復途中にあるとき

外科的切開(手術)を受けた後、またそれに近い大きな傷を持っているとき。動物が傷を舐めて治癒を長引かせるのを防ぐため、エリザベスカラーは必需品です。避妊手術後、去勢手術後はほぼ装着があると思ってください。

2、同じ場所を絶えず舐め続けているとき

  同じ部位を舐めるまたは噛むという行為を繰り返していると、その場所は炎症を起こします。炎症によって発生するサイトカインや遊走してくる細胞のために肉芽腫を形成するかもしれません。そしてそれがさらに舐める行為を誘発することにつながっていきます。舐めるという行動自体を抑制する治療とともに、局所を保護し二次的な炎症を抑えると痒み物質が出るのも抑えられます。

皮膚炎が先か、問題行動が先か、両方の治療をしていくわけですが、エリザベスカラーはこの治療の補助になってくれます。さらに問題部位が広がるのを防ぐため、また問題の解決を進めるためにエリザベスカラーが必要です。

3、アレルギーなどの皮膚疾患があるとき

エリザベスカラーは、アレルギーをはじめとした痒みの出る皮膚疾患を抱えている動物が、絶えず舐めたり、皮膚を傷つけたりするのを防ぐのに役立ちます。痒みの出る皮膚炎に対して根本的に対処することは重要ですが、痒みの問題解決に取り組んでいる間、エリザベスカラーは補助的に大変役に立ちます。

4、目や耳など頭部に病気があるとき

舐めたり噛んだりするのを防ぐことのほか、頭部を足で掻いて悪化させる心配があるときにもエリザベスカラーは使われます。足の攻撃から病気部位を守ります。
4_20190222184017c4f.jpg
エリカラは働き者なんです。

長くなりました。「必要だからお願いしますっ!」「ご理解よろしくっ!」で済まない問題であることもわかっています。来週はエリザベスカラーに替わるものについてお話しします。 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

猫の健康に関するお願い

 2月22日今年の「猫の日」が終わってしまいましたが、今週火曜日は「ワールドスペイデー」。スペイは避妊手術のことです。今日は外猫の集団管理と家庭猫の個別管理について、思うところをお話しし、沢山の「お願いごと」もこの機会にちゃっかり書いてしまいます!

 そとねこ

<外猫さんの不妊手術>

当院では外猫の集団管理としての繁殖抑制を目的とした「外猫不妊手術」を行なっております。「どうぶつ基金」さんが行なっている「さくらねこ活動」にも協力しています。これは生まれてもすぐに生涯を閉じなければならないような不幸な子猫ができることを無くす一つの手段でもあります。最も正しい方法が何なのかはまだわかりません。外猫の不妊手術は一般の飼育猫が受ける不妊手術と同じですが、依頼される団体さんや個人の方のボランティア活動に敬意を払って、負担が軽くなればとの思いから手術料金を一般の猫よりも低額に設定しております。(どうぶつ基金さんのチケットをお持ちの方はまた違います。)
外を自由に飛び回っている猫たちのことですから、ノミなどの外部寄生虫を持っていることがあり、お預かりしているとき院内でノミを飛ばされては困りますので、外部寄生虫駆除は必ずお願いしていますが、それ以上の猫にとって有益な獣医学的な介入はしていません。(手術にまつわる抗菌薬の投与は、たまたま外傷を伴っていた場合には有効に働くでしょう。)

猫白血病や猫免疫不全ウィルスの感染症検査と、3種混合ワクチン接種は、ご依頼があった場合にお受けしています。ご依頼を受けるのは、今後、飼育ボランティアさんが人慣れさせ、譲渡会を通して家庭猫になる候補生として成長させていく猫なのだろうと思います。

「餌やりさん」とお呼びしていますが、公園などで定期的に食事やトイレなどを管理してくださっているボランティアさんもおられます。一部の猫は手術後同じ場所に戻り、ボランティアさんにより手厚く面倒を見てもらえる猫たちです。しかし外で暮らす猫たちの生涯はあまり長くなく、およそ5年程度と言われています。それはいろいろな感染症にかかってしまうことにも原因はあるかもしれません。この猫たちに集団予防としてのワクチン接種は望ましいことかもしれませんが、それが出来るほど余裕のあるボランティアさんはなかなかおられないだろうと思います。一度でもワクチン接種をしておけば感染の機会が減らせるのかもしれませんが、現実的には難しそうです。

それから、この後会うことはほぼないだろうと思われる猫たちもいます。そんな猫も含めて、このあと元気に生きていけるといいなぁと思ってお別れします。

 そとねこ2

<新しい家族を迎える>

一方、手術をしてお別れするのでなく、外猫を保護して新たに飼育くださる方もいらっしゃいます。たくさんいらっしゃいます。子猫はある程度生育すると、お母さん猫が「もうこれ以上あなたの面倒は見ませんよ、元気に独り立ちしてちょうだいね」ということで居なくなって、はぐれてしまうことがあります。自宅または勤務先近くで出会ったこうした猫を、縁あって家族として迎え入れてくださるケースは、とても有り難いことです。まだ独立するには忍びない月齢の猫もいますから。

中には散歩中の犬が気に入って連れてきたという猫や、散歩に出る先住猫がパートナーを呼んで来たということもあります。彼らの感性に響いた友達だったのでしょう。飼育している家族が気に入って紹介してくれた友達を新しい家族として迎え入れてやらない理由は見当たらないですよね。迎え入れていただけて有り難いこと、この上ありません。そして、友達を連れてきてくれた犬や猫さん、グッジョブ!です。君たちにもありがとう。

そのほか、成猫になってからでも家族にしてもらえることがあります。事故などで公共の場所に伏していた猫を温かく保護してくださり、健康回復後も面倒を見てくださることになったというような場合です。重ね重ね有り難いことです。

虐待を見て、思わず「うちの娘になるんだ!」とばかりにお姫様を奪ってきてくれた方もおられます。

新たなご縁のために譲渡会に出かけてくださる方も、ペットショップで電撃的な出会いを果たした方もいらっしゃいます。

こんな感じで、猫との出会いは非常にバラエティ豊かですが、どの猫たちもすてきなご縁のおかげで「家庭猫」としての地位を得ることができ、この後、「家庭猫」として新たな人生を歩み始めることができます。それは少しばかりの自由と引き換えに、個体としての健康管理を受ける権利を手にしたということにもなると思います。

家庭猫の健康管理についてはいつもお伝えしている通りです。

 うちねこ

<病気の予防は不妊手術代に勝る!>

さて、多くの動物病院と同じように、当院でも個人の方の不妊手術依頼は日常的によくあることです。冒頭にお話ししましたボランティアさんによる不妊手術は100%が外猫になります。が、ときに、個人の方の依頼の中で外猫といいつつも飼育猫であることがあります。「飼っている猫」か「のらの猫」なのかは自己申告です。やけに人になついている外猫さんだと思いながらも申告通りに割引料金で手術をさせていただいております。でも、もし個人飼育の猫であれば、そのままお別れになってしまう猫ではないので。健康管理のために飼育のことや一次予防としてのワクチン接種のお話しなどさせていただき、猫を病気から守ってやりたいです。このあとお別れして、一生会わない猫になるわけではないので。
個人の不妊手術依頼の場合も、できれば「手術だけおねがいします」じゃなく、「猫を健康に飼うためのお話し」なんかをさせてもらえるとうれしいです。「初めて猫を飼うわけじゃない、もう先住猫もいて、長いこと猫を飼っているわよ」なんて場合でも、「あのね、あのね」でもう一度ワクチンなどのお話しをさせてもらえると「えっ!イマドキはそういう風に変わっていたの?」なんてこともあるかもしれないので、情報のアップデートに少しお時間を割いてもらえるとうれしいです。

さて、不妊手術は生涯に一度だけ行なう手術ですからそれは少しでもお安いところで済ませたいと思われるのも間違いありません。けれど、もし、病気予防のことを知らないで、「外猫」「もう会うことのない猫」として来院されてしまいますと、残念な結果になってしまうこともあります。病気予防についてお知らせするチャンスがないからです。不妊手術で割引になる価格は一時的なことにすぎず、ワクチン接種の必要性やそのほかの病気予防措置を知る機会がなく病気になってしまったときに、知っていれば発生しなかった診断や治療の料金が不妊手術の差額を超えて発生してしまう可能性があるからです。これでは猫も残念ですが、ご家族のお財布にも残念な結果になってしまいます。例えば、ワクチン接種をせずに上部気道感染症にかかってしまったときの治療費用は完治するまでの合算で、猫の一生の半分から1/3分のワクチン代になってしまいます。(ワクチンってコストパフォーマンスがものすごくいいのです!)それから下部泌尿器疾患のうち、ストルバイト結石による完全尿道閉塞は食事だけで済む予防法です。これを知らずに内科的な、ときには外科的な治療が必要になるのですが、この場合は一生分のフード代でも足りないだろうと思います。(なんて無駄なことを!そしてなんて悲しいことでしょうか!)
例に挙げた病気は、対岸の火事のように思うかもしれませんが、普通に診察していてよく見られる疾患です。飼育してくださる方が知らないから猫が病気になってしまうという不幸なことは、避けなければいけません。


うちねこ2 

<お願い>

今後出会うことがない猫であれば仕方がありませんが、もし、手術のときは「のらの猫」だったけれど、その後「うちの猫」として迎え入れることにした、ということであれば、前回手術の差額についてお支払いをお願いすることはありませんので、お申し出いただけたらと思います。今度は家庭猫の健康を守ることについて、予防すればかからない病気のことについて、病気になる前にお話しさせていただきたいと思います。

そして病院で手術をされてからも、手術だけでおしまいになる関係にならない、継続して猫の健康のことを気づかう飼い主さんであって欲しいと思います。動物病院ではいろいろなときに猫の健康管理に関する情報を発信しています。今はネットでもそうした情報は受け取れますが、本当に正しいことでしょうか。そして「うちの飼い方」「うちの猫」にフォーカスできる細かくて適切なアドバイスをもらえるのは密な関係を築けた飼い主さんと動物病院の関係があるからです。何か心配していることで来院しても、別件の「これって普通?」が軽く相談できることが大切だと思います。その一つがキャットフードを動物病院で購入することなのかもしれません。ネットで購入するよりも不便と不評ですが、プラスアルファの何かを見つけ出せるのも、飼い主さん次第だと思います。

とにかく、予防できるのに予防してもらえずに病気なってしまう不幸な猫を作らないようにしてほしいです。お願いします。
とらねこ


重ねてお願い。猫の診療は猫のことをわかっていらっしゃる方にご来院いただくか、もし出来ない場合も、メモやお手紙、写真や動画などで心配していることを具体的にお知らせいただける状況でお連れください。(これが主訴や稟告をお伺いするということになります。)出来ればこちらからのご質問にお答えいただけるご準備も取っていただけると診療の大きな手助けとなります。(これが問診にお答えいただくということになります。)また来院されていない猫の診察は出来ません。(これが身体検査に相当します。)この3つの段階があって診察になります。よろしくお願いします。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

おしらせ

 新年になりましたので、待合室の本を整理しました。新しい本も入れました。いくつかご紹介します。

「ごぶごぶ。ごぼごぼ」
赤ちゃんのための読み聞かせ絵本です。マツコさんのTVでも紹介されていました。単純なんだけど「泣いていた子がおとなしくなる」らしいです。絵本になる前、雑誌時代の、古いものです。韻を楽しむのもいいです。
IMGP1312.jpg


「てぶくろ」
イノシシが出てくる絵本、何かなかったかな?と思いついたのがこれ。探してください。出てきます。
IMGP1310.jpg 

「猫のための家づくり」
お金をかけたらこんなすてきな猫との暮らしができるんだ、じゃなくって、工夫次第で、DIYで、と思うとすごくいいヒントがあります。飼育する猫の品種によっても採寸が違ってきます。さすがプロ。売り切れた雑誌が書籍になりました。
IMGP1292.jpg 

「ペットたちは死後も生きている」
わかる人にはわかる内容なんじゃないかと思います。「いつまでも悲しんでないで、お母さん。」と言っているらしいです。
IMGP1289.jpg 

「ペットは生まれ変わって再びあなたのもとにやってくる」
こちらもわかる人にはわかりそう。こちらは日本の方の本です。
IMGP1290.jpg 

「般ニャ心経」「ワン若心経」
薬師寺の執事長になられていました。学生時代に訪ねたときには厳しい方という印象を持ちましたが、それも教育だったのだろうと思います。犬語や猫語でわかりやすく解説してくださっています。心穏やかになれそう。
IMGP1301.jpg 

「俺、つしま」
ぜひ笑って、お帰りになってください。今回ご紹介する中で唯一のコミックです。
IMGP1307.jpg 

「どんな災害でもイヌといっしょ」
「どんな災害でもネコといっしょ」
熊本の地震の時に活躍された徳田先生の著です。いつくるかわからない災害に備えて。さらっと読んでおいて無駄にはなりません。
IMGP1309.jpg IMGP1308.jpg 

「ノーウォー」
著者からの頂き物です。短歌にご興味のおありの方へ。昭和一桁生まれの彼女が、今もなお日常をそのままに綴っている、これも心が静まる一冊です。切れ間になりがちな診療の合間に。
IMGP1300.jpg 

「書店員が本当に売りたかった本」
ハートの患者さんは皆さん、本好き、読書好き。次、何を読もうかなと迷ったときはどうされているのでしょうか。お勧め図書みたいなのからさがしますか?私はこんな本を参考に次の本を見つけたりしています。
IMGP1291.jpg 

「ちひろ・冬の画集」
いわさきちひろさんのほんわりした画集。冬の絵を集めた作品集です。彼女もまたNo Warを訴えた人でもあると思います。
IMGP1311.jpg 

「みさおとふくまる」
こんな飼い方、理想的です。おばあちゃんとねこの写真集。まったりした気持ちになれます。
IMGP1288_201901291655022ce.jpg 

そのほか子供向けの図書を中心に入れ替えしました。
それから猫雑誌をほとんど片付けました。もしバックナンバーで、「あれ、途中まで読んでた。続きも読みたい」などありましたらお分けいたします。たぶん今月中は片付けませんので、お気軽にどうぞ。
高齢犬の介護を中心にした本はそのままです。閲覧できます。お家に帰ってじっくり読みたい、という場合貸し出しもいたします。こちらもどうぞお気軽にお申し付けください。









 


 









  

 























続きを読む

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

建仁寺・禅居庵

新年おめでとうございます。

年の初め感がまだまだ残る本日は、神社、いや、お寺さんのお話です。しばらく神社・お寺巡りのブログをお休みしていました。ずーっと病気の内容ばかりだと、話題が続かないこともあるのですよね。診療の合間にPCに向かうのですが、診療日にPCに向かう時間がとれなかったりして、毎週日曜日の更新を2週毎にしようかとも思っちゃったような次第です。私事ですが、13か月間の鳥居はくぐっちゃだめ期間もありまして、ここ1年ほどは硬いお話しばかりでした。昨年10月で神社参り解禁になったことですし、話題に欠いたときにはまた神社さんお寺さんを入れることにします。

 

さて、猪の神社といえば、京都・護王神社ですが、イノシシでも何でもないときに載せたような。

http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-533.html

 IMGP1245.jpg

ということで、京都のもうひとつのイノシシさん。臨済宗建仁寺派の塔頭寺院、禅居庵です。こちらでは摩利支天さまをお祀りになっています。開運勝利のご利益お願いや、亥歳の守り本尊で、みなさんお参りに行かれるようです。

 

八坂通りから直接入る道もあるようですが、建仁寺さんの駐車場に近い花見小路通りから入ります。上の写真(建仁寺門)とは違う入り口です。祇園の街はいつ行っても混んでいます。近頃はJapaneseの方が少ないの?って思うくらいです。

 IMGP1271.jpg

こちら、入って右手になりますが、この小書院が建仁寺さんおまいりのスタートになります。

 IMGP1264_201812261153395bb.jpg

でもそちらに入らずに左手に進みますと、お庭をぐるりと回ることができます。建仁寺さんの拝観料がかからないで、お庭だけ散策させていただくかたちになりますかね。今日はお茶室や枯山水のお庭を見させていただかなくてもいいかな、というときもありますか?


IMGP1267.jpg 
何回に1回はそんなこともいいかもしれません。(建仁寺さん、すみません。)
そしてまっすぐ行くと突き当たりは勅使門。ここからは出入りができなくなっています。
今回、お写真ありません。


DSC_1228.jpg 
で、ここを右に曲がると、禅居庵さんの入り口、ご門があるので成る程、こちらか、と導かれるように入れます。こけの美しいお庭。庵です。まさしく。そして続く秘密の小道(ほんとうは、ゆずりあいの小道です)を抜けます。

IMGP1251.jpg
と、もう!イノシシさんの世界です。手水舎からして、イノシシ。

 IMGP1253.jpg





IMGP1254.jpg



IMGP1258.jpg

数々の狛犬がイノシシ。光の加減でうまく撮影できなかったので、これだけですけど。もっとあります。

 IMGP1256_201812261154073e6.jpg

猪突猛進のイノシシ。今年は粘って頑張れば道が開けるような気がします。

IMGP1263_20181226115411297.jpg 
なんか、りっぱだわぁ~、とお口を開けたまま見上げます。
ご本尊さまは撮影禁止のため、拝観させていただくだけです。

IMGP1248.jpg 

来た道を戻らず、建仁寺さんの周りをぐるっと回るかたちで大和大路道へぬけます。
建仁寺禅居庵さんでした。


このようなかんじで、本年もゆるーくおつきあいいただけましたら幸いです。来週は病気関連。歯周病に戻ってお話ししようかと思います。
 

続きを読む

テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

ごあいさつ

 つつしんで初春のお慶びを申し上げます

 IMGP1278.jpg

旧年中は当院をご利用いただきまして

大変ありがとうございました。

幼い子犬さん、子猫さんの成長を見られたことは

いつも新鮮で、大変楽しみでした。

いろいろな芸事を披露してくれたわんこさんたち、

とても愉しゅうございました。

ご家族の皆さんが愛犬に大切な時間を費やしてくれた賜です。

壁をよじ登るパフォーマンスもなく、

緊張しながらもコミュニケーションしてくれる猫さんも増えました。

愛され、うまく接してもらっていること、ひしひしと感じます。

そしてご高齢のおじいちゃん、おばあちゃんの犬猫さんを

診させていただくことは、残りが少なくなってくる貴重なお時間を

ご家族の皆さんと共有することでもあります。

お見送りさせていただけたことも光栄に思います。

日常診療の中でのご家族の方々との会話は

とても楽しく、時間を忘れてしまうほどです。

それからあたたかいお心遣いをいただき、

感激することがたくさんありました。

ありがとうございます。

 IMGP1281.jpg

本年もご家族皆さまが健康を得られ

幸多き年となられますよう

心からお祈り申し上げます。

今後とも変わらぬお付き合いのほど、

よろしくお願いいたします。

 

平成31年 元日

続きを読む

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード