猫の甲状腺機能亢進症・4

猫の甲状腺機能亢進症のお話しの4回目、今日は治療についてお話しします。

 

<治療はいくつかあります>

治療は活動しすぎている甲状腺をとってしまう外科的な方法、ホルモンを作る過程を阻害する薬を投与する内科的な方法、ホルモンの原料となるヨウ素をカットしたフードを与える食事療法があります。放射性ヨウ素の投与は国内では行われていません。

 

どの方法が良いか、というのは個別に異なるので一概に言うことはできません。例えば年齢です。8歳であればこれからの寿命のことを考えた治療を考えなくてはいけないし、すでに18歳ということであれば先が短いので無理な治療を選択するよりは状態維持を優先した治療を考えてやりたいと思います。

手術で大きくなった甲状腺を切除でき、猫の寿命の範囲内で完治が期待できるのであれば、無治療の期間を得られる手術はとても良い選択肢になります。

 

病気の重症度とか、併発疾患の有無やその病気の重症度、費用の問題も出てきます。

オーナーさんの意思や希望も含めて決定すると良いと思います。

 

いきなり手術をすることはありません。外科治療に先駆けて必ず内科治療を行います。甲状腺ホルモンの働きを制御し、猫の一般状態を改善させ、麻酔や手術のリスクを減らす目的です。また甲状腺ホルモンの影響が制御された条件で腎臓の問題が浮上してこないかどうかを確かめることもできます。安定してからそのまま内科治療を継続するのか、外科治療に踏み切ってその後の内服薬投与を不要にするのかという選択をとります。

IMGP6763.jpg 

 

<手術は>

腫れて大きくなった甲状腺を切除します。両方ともに腫れていれば両方を取ることになります。副甲状腺(上皮小体)が甲状腺の中にあって、カルシウム代謝に大きくかかわっています。この組織を一緒に取ってしまうと術後カルシウム欠乏症を併発することがあります。残すように手術をしたり、一旦取り出した後に自家移植したりして対応します。術後も注意深く観察します。

 

 

<抗甲状腺薬というのは>

国内ではチアマゾールという薬があります。海外ではメチマゾールやカルビマゾールといった動物用の薬があるのですが、国内では動物薬がないので人用の薬を用います。糖衣錠になっているお薬を分割してお渡しすることになります。一般に苦い薬は表面を甘くコーティングした糖衣錠で用意されていることが多いようですが、この薬も粉に粉砕すると味が悪いため猫に喜ばれません。猫用のチュアブルタイプのお薬が出てくることが望まれますね。

 

チアマゾールの作用は甲状腺ホルモンの合成を阻害するものです。すでに作られ体内に貯蔵された甲状腺ホルモンが残っているので、薬を投与し始めてもすぐに治療効果は現れません。1週間から3週間ほどで徐々に効果が出てくると思います。体重が増加し始めるのが治療成功のサインになります。

 

副作用は少ないのですが、おとなしくなってあまり動かないとか、食事をしない、おう吐する、顔をかゆそうにするなどのサインが出たらお薬を中止して病院へいらしてください。体内で代謝され、その薬の量が半分になるまでの期間を半減期と呼んでいますが、この薬は半減期が短いので、何か不都合なことが起こってもすぐにその作用は引いていくだろうと予想されます。

 IMGP6767.jpg

 

<併発症をコントロールする治療>

うっ血性心不全では肺水腫や、胸水が貯留していることがあります。必ずその治療が必要です。

また高血圧症ですが、治療前は軽度から中等度であっても治療後には悪化してきます。それは腎臓にも良くないことなので治療が必要です。

 

甲状腺機能亢進症は消耗性の疾患なため、総合ビタミン剤を初期に投与し、弱った全身状態を改善しやすくすることもあります。

IMGP6770.jpg 

そしてとても大切なことです

甲状腺機能亢進症は腎臓の糸球体ろ過率を上昇させ、筋肉量を低下させるために血漿クレアチニン値を下げています。これは腎疾患があったとしてもその存在を隠してしまうことになります。治療後は隠れていた腎疾患を表面化させるため、高窒素血症(血漿BUN値やクレアチニン値が高い)になります。腎機能低下はその後の生存率を大幅に下げることになります。腎機能をフォローするための治療も必要になります。

甲状腺のコントロールをやや高いままで維持し、高窒素血症が現れないようにする治療というのは、最終的には腎臓を悪くしてしまうことになります。甲状腺機能亢進症の治療は始めたら、腎機能の低下がわかっても治療を継続します。そして腎臓に対する保護治療も並行して行います。

 

 IMGP6772.jpg

<食事療法のこと>

ヨウ素の摂取量を制限し甲状腺機能亢進症を治療する(補助になる)処方食があります。缶タイプとドライタイプがあります。ヒルズプリスクリプションダイエット、y/dです。

甲状腺ホルモンの原料となるヨウ素を抑えた食餌です。軽度の甲状腺機能亢進症の猫にはこれだけでT4値がさがったという報告があります。

ただしリスクファクターである問題点も持ち合わせています。このフードには大豆が使用されていること、缶詰はプルトップ缶であることを先にお知らせしておきます。

それでも科学的に効果が証明された食事はほかにはありません。

心臓のためにカルニチンやタウリンが強化されています。

 

 IMGP6765.jpg

<この病気の予後はどんなものなのでしょう>

こんな病気にかかってしまった猫さん、このあと腎臓のデータと食欲と体重などの管理をしながら余生を送ることになります。この病気にかかったら寿命が短くなってしまうのではないか、という心配が出てきます。

この病気にかかる猫たちは高齢のことが多いです。甲状腺の問題だけでなく、その他の併発疾患によって今後のことは大きく左右されます。
残念ながら慢性腎疾患にかかった猫たちの寿命に比べると、甲状腺機能亢進症に慢性腎臓病を併発した猫たちのほうが寿命は短いというデータが出ています。

それでも、この病気を発見することができ治療に至ったのですから、何も知らないで無治療のまま過ごすよりは寿命を延ばすことができています。そして何よりも、治療によって猫さんのこの先の暮らしは快適になっているはずです。病気になっていない場合と比較するのではなくて、治療をすることで猫さんを楽にしてあげられていることを考えていただけるといいな、と思います。

猫の甲状腺機能亢進症のお話は今日でおしまいです。



    
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

猫の甲状腺機能亢進症・3

猫の甲状腺機能亢進症のお話の続きです。

今日は確定診断に至る検査についてお話しします。

 

 <こんな検査をします>

①血液検査

まずは他疾患と同じように血球の検査や血液生化学検査を行います。

甲状腺機能亢進症では様々な血液学的、血液生化学的な変化が起こります。

甲状腺ホルモンは骨髄を刺激するので赤血球が多くなっていることがあります。

白血球の分類を調べるとストレスパターンと私たちが呼んでいる偏りが見られることがあります。

肝細胞や骨代謝に甲状腺ホルモンが関与することから肝酵素や骨代謝に関係する酵素が高くなっていることがあります。

心臓の拍出量に甲状腺ホルモンが影響を与える結果、高窒素血症が見られることもあります。

骨代謝に影響されて血清リンの値が高くなっていることがあります。

ストレスや甲状腺ホルモンからくるインスリン抵抗性が高まった結果から高血糖になっていることもあります。

 IMGP6759.jpg

前回お話ししたように、甲状腺機能亢進症では併発症として高血圧や心臓疾患があります。そこで、

②血圧測定や

③胸部のレントゲン検査、

④心電図検査、

⑤心臓の超音波検査     を行います。

甲状腺ホルモン中毒性の心筋症が発現していないかどうか、またそれによるうっ血性心不全の兆候が出ていないかどうかを確認します。

 

高齢猫で食べているのに痩せてくる、時におう吐や下痢があるという時の鑑別診断として考えられる消化器型リンパ腫や炎症性腸疾患の鑑別のために行う検査もあります。

⑥腹部のレントゲン検査や

⑦腹部の超音波検査を行うこともあります。

 

隠れている腎臓病を見逃さないようにするため、

⑧尿検査も行います。

 IMGP6757.jpg

 

<ホルモン値の検査>

確定診断のために行われるのは血液循環の中の甲状腺ホルモン値の測定です。この検査は外部の検査機関に依頼します。

甲状腺から産生されるホルモンにはT3(トリヨードサイロニン)とT4(サイロキシン)がありますが、血漿蛋白に結合したT4と遊離したFT4を測定します。T4(サイロキシン)は甲状腺でしか作られないホルモンです。

とても信頼性の高い検査です。甲状腺機能亢進症の猫の90%以上でT4の上昇が認められます。甲状腺の機能が正常な猫では高くなることはありません。また他の疾患では健康な時よりもT4は低下してしまいます。甲状腺機能亢進症の時、正常範囲内に入ることはありますがそれでも高いほう半分から上の中に入ります。特異度がとても高い検査です。

FT4の検査はT4よりも感度が高い検査です。甲状腺機能亢進症では初期にT4よりもFT4の値が上昇します。まだT4値が正常範囲内にあるときにFT4はすでに異常を察知して高く出る、ということです。

T4FT4はとてもよい相関関係にあります。

 IMGP6762.jpg

 

もうひとつ、甲状腺機能亢進症の診断に役立つホルモンがあります。甲状腺刺激ホルモン(TSH)です。

FT4が上昇するさらに数年前くらいからTSHが抑制されるといわれています。今はまだ無症状なんだけど、このあと甲状腺機能亢進症の症状が出てくるだろうというのがわかるのです。骨粗しょう症や心臓が不整脈になるのを未然に防ぐことができます。慢性腎臓病が認められたときに、この検査を実施して低ければ甲状腺機能亢進症を併発しているのがわかるということです。

犬用のアッセイを用いて検査をします。

こちらは確定診断のためというよりは早期発見のための検査になると思います。ルーチンの検査項目に入れるといいのかもしれません。

 

 

今日のお話はここまでです。

次回は治療についてお話しします。

 

    

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

猫の甲状腺機能亢進症・2

 猫の甲状腺機能亢進症のおはなし、2回目は症状についてです。

 

<症状は多岐にわたります>

甲状腺ホルモンの作用は、熱を産生すること、炭水化物やタンパク質や脂肪の代謝をすること、交感神経の刺激を受けてホルモンの産生は行われていることなどから、ほとんどすべての臓器に影響が及びますし、いつでも産生があるわけです。

数年という長い期間をかけて病態が作られてきていて、経過によっても、また併発した病気の存在によっても重症度合いが違ってきます。

 

この病気になる猫はたいていが中年から高齢で、平均的にみると12歳から13歳です。

 

飼い主さんに気付かれやすい症状は

①体重減少

②食欲の増加

③飲水量の過多と尿量の増加

④嘔吐や下痢     です。

この中で一番気にされているのは「食べているのに痩せてくる」ことのようです。

一般的には活動性が高まっているのですが、飼い主さんは「元気がよい」ととらえているため、私たちの思う「過活動性」を心配の種に思われることはないようです。

 IMGP6758.jpg

 

<診察室で診察を行うと>

    被毛がマットなかんじで毛玉があることが多いです。

脱毛している部分がまばらにあったりします。

過度のグルーミング行為によるものでしょう。

②爪はもろく、成長が早い感じがします。

爪の破片がキャリーに落ちていたり、爪切りの頻度の割に爪の伸びが早いように思います。

③なんとしても活動的です。

 何か検査でもしようとするときに決して協力的ではありません。

④ちょっとしたことですぐにストレスになるようです。

 不安そうな表情をとることが多いです。

⑤心拍数が高く(脈が早く)心雑音が聴かれます。

⑥呼吸も速めで、ときに口を開けて呼吸をすることがあります。

⑦血圧は高くなっています。

⑧頚部の膨らみに触れることがあります。

 左右両方ともだったり、片方だけだったりします。

 

 IMGP6743.jpg

<これといった特徴がありません>

前回お話ししたチャコさんは全く心臓病の症状で来院したのでした。

おう吐や下痢を主訴にして高齢の猫が来院したときには、慢性の腸炎や、消化器型リンパ腫を疑います。

飲水量や尿量の増加と食べても痩せてくる、というのは糖尿病によくある症状です。

ですから、検査を行ってどんな病気であるのかを確認し、治療を始めなければなりません。

 

 

今日のお話はここまでにします。

次回は診断への道のり(検査のこと)についてお話します。

 

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

猫の甲状腺機能亢進症

内分泌の病気のお話。

今日は猫さんに多い甲状腺機能亢進症についてです。猫の内分泌の病気としては糖尿病の次くらいに多い病気です。

 

<チャコさんのこと>

チャコさんは12歳。「急に様子がおかしくなった」というお電話があったのでお昼休みを返上し到着をお待ちしました。

来院時お話を伺うと「立っていられない。横になって、歩くにも手が前に出ない。」ということです。

いつも元気すぎるチャコさんですが、件の強力パンチも今日は出ません。浅い呼吸で、とてもしんどそうです。聴診すると心雑音が聞こえました。

 

猫さんに多い心臓病は心筋症。そして心筋症と連動して心配されるのは甲状腺機能亢進症。首のところに腫れものはありませんでしたが、チャコさんには甲状腺疾患をにおわすいくつかの所見もみられていました。そこでいろいろ検査を始めました。

 

血圧測定すると高血圧なのが分かりました。

心電図の検査をしました。左心室の肥大がわかる波形がみられました。

レントゲン撮影をすると心臓が大きくなっているのがわかりました。

検査が進む間に血液検査の結果が出てきました。肝酵素が高いです。軽度の高窒素血症もありました。

超音波の検査に進む頃にはいつもの調子に戻ってきましたが、できればここまでチェックしておきたいところ。VTさんのプロ根性でなんとか保定していただき、心臓の様子も確認することができました。

これらの検査の結果から甲状腺中毒からくる心筋障害で調子を壊した可能性がとても濃厚でした。

そして外部の検査機関に依頼した甲状腺ホルモンの値はびっくりするくらい高い数値で、甲状腺機能亢進症の診断がつきました。

IMGP6744.jpg 

 

<猫の甲状腺機能亢進症というのは>

甲状腺機能亢進症という病気は機能異常をおこした甲状腺から産生される過剰なホルモンによって引き起こされる病気です。さまざまな臓器に影響が出ます。

たいていは甲状腺の過形成によるホルモン産生過多です。甲状腺がんの割合はごくわずかです。

甲状腺は頚部気管の左右にある組織ですが、大きくなって周囲組織の深いところに入り込んでいったり、甲状腺組織が規定の場所以外にもある異所性甲状腺組織をもつ場合もあるため、頚部の甲状腺が腫れていなくても甲状腺機能亢進症である可能性があります。

 

IMGP6747.jpg 

<新しい病気>

比較的新しい病気で、最初に確定診断されたのは1970年代後半のことです。

昔からあった病気なのか、認知度が上がってきたために知られるようになった病気なのか、猫の観察をより深くするようになったために目立つようになってきたのか、猫の寿命が延びたために発症することになったのか、純粋に近年増えてきた病気なのか、そのあたりは分かりません。

米国でも欧州でもキャットフードが普及しだして15年から20年経ったころに発症が増え始めました。日本では初め「都会病」と言われていましたが、今は田舎でも都会風の飼育をされている猫も増えていますし、本邦でもキャットフードの普及からすでに20年以上経過していて、珍しい病気でもなくなってきました。

 

 IMGP6748.jpg

<原因と予防>

発症の原因は分かっていないのですが、シャム猫やペルシャ猫に発生が少ないようなので、人と同じように遺伝的な因子があるのかもしれないといわれています。またキャットフードに含まれるヨウ素の量の問題(フードにより推奨量の100倍も含まれているものがあったり、ごく微量であったりとバラバラであること。日常的にはごく少ししか摂取していない状態なのに急に大量のものを摂取すると甲状腺の過形成をおこします。)、また大豆イソフラボンの問題(キャットフードは大豆を原料にしてつくられているものが多いのですが、大豆イソフラボンは甲状腺腫を誘発する因子になっているようです。)、また缶詰フードの問題(内分泌かく乱物質であるビスフェノールAはプルトップ缶の内張りに使われていますが、猫ではグルクロン酸抱合が遅いのでうまく代謝されず体内に残りやすいのです。)、猫砂の成分などの後天的な因子も関与している可能性があるようです。

 

このように猫側の因子と環境側の因子が複雑に絡み合っているため、予防するのは難しいかもしれません。

 

 

今日のお話はここまでです。

次回はどのような症状が出るのか、ということを中心にお話しします。 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

猫の甲状腺機能亢進症についての論文から

 猫の甲状腺機能亢進症について。

 

この病気については以前もお話ししました。

http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-559.html

甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモンがたくさん出すぎてしまう病気です。たいていは良性の過形成で、甲状腺がんなどの悪い腫瘍のことは少ない、とされています。

DSC_0283.jpg 

最近、猫の甲状腺機能亢進症は増えてきているように思います。診断しやすくなってきたのも「増えた」ように感じる要因かもしれません。

原因究明の検査によると、市販の缶詰フードに含まれるヨードやセレン、大豆イソフラボンや、プルトップ缶の表面に塗られている物質、ある種の猫砂などが甲状腺腫を誘発する物質(ゴイトロゲンと呼ばれています)として考えられています。

魚やレバー、鶏モツを原料として作られている缶詰フードを食べている猫では高率に発症していることもわかってきました。食事中のヨードの含有量は発症に大きく影響を与えているようです。

DSC_0285.jpg 

さて、症状や診断方法は今回、特別に申し上げず、はしょって治療についてお話しします。

 良性の過形成といえども、大きくなっているわけですから、他の腫瘍と同じように甲状腺を摘出する手術が考えられます。しかしそのほかに内科的に薬を与える方法もあります。外科による治療は根治療法になるわけですが、内科的な治療法の方が人気があります。発症するのはたいていが高齢の猫さんですので、麻酔をかけることや、周術期の状態を上手にコントロールするのが難しいことなどが不人気の原因でもあると思います。内科的には、甲状腺ホルモンの合成を阻害する薬を与えることです。効果を維持するには毎日投与する必要があります。もし、甲状腺腫ではなく、甲状腺がんであった場合は、人気がなかろうと手術をしなければいけないと考えてください。

DSC_0289.jpg 

ところで投薬ですが、猫さんが病気のために攻撃的な性格になっていると、ちょっと大変になりますね。チアマゾールは人用に出ている抗甲状腺薬ですが、猫さんにもこれを処方しています。猫さんに対して安全性が高く、効果も得られる薬剤です。食欲や臨床症状など猫さんの様子を見ながら、また腎臓、そのほかへの影響なども考慮しつつ(検査が行われます)、少しの用量から始め、甲状腺ホルモン値が一定の範囲内に入るように調整し処方していきます。定期的に血液検査をするのは甲状腺ホルモンの値が安全ラインの中に入っているかどうかを確認するためです。

 

海外では耳の内側に塗るお薬が出ています。メチマゾールです。効果は飲むのと変わりないようです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15515580

12回の経口投与と同様に11回の経皮投与ですみ、しかも効果も同等というのです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22092628

日本でも流通するといいのですが、残念ながら今のところこれが発売されるような動きは出ていません。

DSC_0293.jpg 

この病気の発症原因がヨードの高用量摂取と関連がある、ということで、特別療法食としてヨードの量を低用量におさえた食事が開発されています。Hill’sから発売されているy/dです。食事と病気の関係というと、食事というのは薬を与えたときのようにすぐに顕著な効果が出ることは少なく、「薬を飲まずにどれだけの効果があるのか」なかなか評価が得られないものです。日本では20123月から発売されていますが、米国ではもっと前から出ていて、すでに2年が経過しています。最近の論文で、なかなか好成績が得られていることが分かりました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24232246

これなら、薬の副作用におびえながら投薬をめぐって猫さんと格闘する必要もないわけで、治療の補助としてではなく、一つの治療として独立して選択してみるのも良いのではないのかな、などと思うのでした。

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード