FC2ブログ

猫の喘息(ぜんそく)

ねこの喘息(ぜんそく)

猫が「咳をしている」のか「毛玉を吐きそうにしている」(けれど吐かない)のか、どちらなのか分からないというご相談を受けます。首を伸ばして顎を突き出し、「ひーひー」と息を吐いている、そして毛玉を吐くことがないのであれば、毛球症ではなく「猫の喘息」である可能性が高いです。アレルゲンが増える季節、そして雨がちな日は喘息ねこさんが多く来院されます。

猫の喘息は、猫が咳をする原因のうち一番一般的な病気です。人の喘息に良く似ています。刺激物質やアレルギー反応により、下部気道(気管~気管支~細気管支~肺胞)が腫れ空気の通り道は狭くなり、また過剰な粘液の分泌が起こります。これが苦しい呼吸の原因になります。猫が病気の症状を見せていないときでも、気道はこのような炎症性の変化を起こしています。

DSC_3889.jpg
猫の喘息は息ができなくて苦しくなります。
 
 <喘息の誘因>

いろいろな因子が気道に炎症をおこす引き金になります。

・たばこの煙

・ハウスダスト

・猫砂のほこり

・空気中の花粉

・芳香剤

・香水

・消臭スプレー

・線香

・ストレス

・肥満

・気道の感染症

・気温の変化
DSC_3890.jpg
特徴的な姿勢を取ります。

<喘息の症状>

重症度により症状は異なります。軽い咳だけの猫もいれば、致命的な発作に相当する呼吸困難のこともあります。

・咳(首を伸ばしてひーひーいう)

・呼吸をするときにゼロゼロの音が聞こえる

・口を開けて呼吸する

・息が苦しそう

・歯肉の色が紫色

・うなだれて横になる
DSC_3891.jpg
ゼロゼロする音が聞こえることもあります。

<喘息の診断>

臨床徴候と病歴から判断していきます。年齢的に好発年齢であることも診断ポイントになります。

聴診して胸の音を聴きます。血液検査やX線検査は、同じように猫に呼吸困難を引き起こさせる他の疾患を鑑別し、肺の状態を見るのに有効です。

さらに精度の高い気管支鏡と肺の細胞を取る検査、CTスキャンは、状態が進行しているときに悪化の程度を知るための検査で、全身麻酔が必要です。
DSC_3892.jpg
病院では他の病気がないか、チェックします。

<喘息の治療>

猫の喘息はそのままにしておくと徐々に進行していき、最終的に肺胞が硬く広がらなくなってしまう病気なので、発見したら持続的な治療が必要です。

主な治療はステロイド療法です。気道内膜の炎症を抑え、気道を広げます。気道を広げるには気管支拡張薬を併用することもあります。経口薬を内服させます。治療開始時には注射をすることができます。

長期のコントロールには、できるだけ低用量で炎症を抑えることができる適量を探り出します。ステロイドの副作用にも注意しながら使用していきます。
DSC_3893.jpg
治療しましょう。
薬はステロイド療法が中心です。

<喘息発作の予防>

ひどい発作が起こらないように、ご家族のみなさんに配慮をお願いしたいことがあります。

・定期検診に来てください

・猫の前で喫煙しないでください

・芳香剤や香水、消臭スプレーなど刺激物の使用をやめてください

・ほこりの出ない猫砂を使い、猫トイレも屋根や扉のないタイプを選んでください

・屋外環境のアレルゲンから猫を遠ざけるため屋内飼育にしてください

・定期的に室内やエアコンフィルターを掃除し、空気清浄機を使ってください

・低アレルギー食を与えるようにしてください

・猫を適正体重になるようコントロールしてください

・適度な運動で心肺機能を高めてください

・隠れるスペースや快適な環境、おもちゃなどで猫にストレスのない環境を用意してください

DSC_3894.jpg
アレルゲンを吸入しないようにします。

 DSC_3895.jpg
その他の誘因になる物質を排除します。

<喘息の予後>

喘息の予後は様々です。

重症度、管理や予防ケアがどれだけ実践できるか、年齢、その他併発疾患などに依存します。定期的に来院していただき、最新情報を手に入れてください。おかしいときはすぐに来院ください。

 DSC_3896.jpg
体重のコントロールも予防になります。

スポンサーサイト



テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

猫の喘息

梅雨の季節になりました。当然、雨がちな日が続きます。

低気圧と関連のある病気があります。例えば喘息のある子では発作がひどくおこります。またてんかん発作もおこりやすくなります。

今日は猫の気管支喘息についてお話しましょう。

 

この病気はいろいろな名前を持っています。先生によっては違う名称で「好酸球性気管支炎」「慢性気管支炎」「アレルギー性気管支炎」などと呼ばれることもあるかと思います。

 

猫に多い気管支喘息は「ひーひー」という呼吸が特徴的です。首を伸ばして、一生懸命呼吸しているように見えます。「ひゅーひゅー」と聞こえるかも知れません。「ゲーゲー」と吐いているように感じられるオーナーさんもいらっしゃいます。

 

原因はアレルギーです。アレルゲンとなる物質はどのようなものなのかは、その子、その子で違いますのでなんともいえません。ほこりやダニ、チリ、花粉、カビ、タバコの煙、お線香やアロマディフーザーでもおかしくなることがあります。

 

アレルギー物質を吸い込むと、気管支の表面の細胞がアレルギー反応をおこします。皮膚の表面が赤くなったり、目の結膜が腫れたりするのと同じことが気管支でおこっているわけです。かゆみの物質が細胞から出てきて、気道の筋肉を震わせます。また炎症反応の結果、「たん」が出て、絡んできますから、それを出そうという反射が起こり、咳になるのです。咳が軽いうちは良いのですが、気道表面の細胞の腫れがひどくなると気道の内側は狭くなってしまいます。その狭いところに「たん」が絡んだら、息をするのがつらくなるのがお分かりになるかと思います。

 人で、蕎麦アレルギーにより、急死するのを聞いたことがあるかもしれません。呼吸ができなくなってしまうのです。ほんとうにつらいことです。

 

治療はステロイドを中心としたアレルギー療法です。なんだ、アトピー性皮膚炎のときと同じなのか、といわれるかもしれません。その通りです。でも気管支拡張薬、というのも使います。

 

さて、大変なのは治療ではありません。おうちでのケアです。なにせ、アレルゲンを吸入しないようにしなければいけないのです。猫ちゃんはマスクができません。なんとか避ける方法を考えなければいけないのです。

ここもアトピー性皮膚炎の子達といっしょになります。絨毯をやめる、敷物を考慮する、屋内掃除、エアコンのフィルター交換などまめに行う、空気清浄機を使う、屋外から帰ってきたらからだを軽く拭いてやる、アレルギーに関与した処方食にする、煙の出るものは避ける、などです。また猫ちゃんに独特な配慮もあります。それは粉が舞う固まる猫砂です。これを屋根付きの猫トイレで使用すると、用足し後、熱心に砂を掻き、粉が飛び散り、粉密度の高い空気を猫ちゃんが吸引することになります。これは非常によくないことです。絶対にやめてください。

 

余談です。猫ちゃんのトイレ砂には固まらないパルプ系の砂をお勧めしています。軽いので飛び散りがあるのが欠点です。しかし色が白く尿の色は判断しやすいです。またトイレに流せるので便利です。固まる砂は尿も便も閉じ込めてしまい、せっかくのからだが出している情報も包み込みわからなくしてしまいます。

 

以上でした。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード