シニクロミセス・糞便にみられる酵母状真菌のこと

 慢性下痢、もしくは再発性下痢の犬で糞便検査を行うと、酵母様真菌を発見することがあります。

DSC08160.jpg 
サッカロミセス亜科、シニクロミセス属に属する子嚢菌類で、シニクロミセス・ガッツラタス(
Cyniclomyces guttulatus)というのがこの酵母状真菌の学名です。

 

普通の光学顕微鏡で観察することができる大きさです。酵母様の真菌に特徴的な形態をしています。
DSC08166.jpg 


同じ倍率でみた鞭虫(べんちゅう)の虫卵はこちらの大きさです。だいぶ大きさが違うのがわかります。また、虫卵の周囲にちらちらと見られるのが糞便中の細菌です。これと比べても違いが分かると思います。


DSC08170.jpg 


さて、この酵母様真菌ですが、うさぎでは胃や腸の中の常在菌で、病原性はないと考えられていますが、犬や猫で病原性を疑う報告があります。

  

ある報告によると、下痢をしている犬の便からこの菌が見つけられていますが、その割合は少ないものの、全く問題の無い便を排泄している犬の便からも見つけられています。それで、この菌は犬の消化管の正常な微生物叢の構成要素になっていて、日和見病原体として作用するのではないか、との見方がなされています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22821151

 

また、急性の気腫性胆のう炎で手術された犬で、切除された胆のうの内容物(胆汁)から偶然この菌が分離されたという報告もありました。十二指腸から胆のうへ、総胆管を介して感染が上がったのかもしれません。胆のう炎の原因になる可能性もありそうです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17123257

 

猫の感染の報告もあります。嘔吐や下痢といった消化器症状を起こすようです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19331065

 

 

治療ですが、いわゆる抗真菌薬の内服により、糞便中から無くなります。ただ、また増殖し、下痢を再発した時に検査すると、検出されます。

抗真菌薬ではない処方でも下痢を治めることができます。この治療を行った場合も抗真菌薬で治療した時と同じです。数ヶ月くらいしてまた下痢になったとき検査すると、発見されます。

躍起になってこの酵母状真菌をなくそうと治療するよりは、なにかのバランスの崩れで下痢になるのを念頭に、身体そのものをコントロールをしていく方がよい治療になるのかもしれません。

 

今週はお腹をこわして来院するわんこが多かったのと、たまたまその中でもこのシニクロミセスを検出する検体が複数重なったので、こんなお話を単発でしてみました。

 

 

おまけ

春から夏へ、季節変わりをするときです。体調がすぐれなくなります。晴れた日と雨の日、昼間と夜の気温差が大きいし、暑さそのものに身体が慣れていない時ですので、交感神経系と副交感神経系のアンバランスが起こってきます。第一次の夏バテともいえると思います。

お腹の働きが弱くなります。食欲がおちても当然と考えてください。心配になって無理にいつもと違う栄養価の高い食事(缶詰フードや肉類など)を与えても、その場は目先も変わり喜んで食べるのですが、嘔吐や下痢のきっかけになってしまいます。こんなときはむしろ、いつもの食事を少なめにし、何度かに分けて与えてもらう方が胃腸にやさしい与え方です。

また被毛の生え換わり、冬毛が抜けるときでもあります。念入りにブラッシングしていただき、皮膚の表面の通気性をよくしてやってください。猫さんは自分でグルーミングをしますので、とげとげ、ざらざらの舌に毛がからみ、毛球症を作りやすく、これも嘔吐の原因になります。

嘔吐や下痢は私たちでもつらいことですので、出来ればかわいい愛犬、愛猫の嘔吐や下痢を避けてやりたいと思いますね。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

慢性下痢症・11・サプリメント

 慢性下痢のお話おまけの11回目です。

 

まさかここまで長くなるとは。

今回はご質問のありましたサプリメントについての追加です。9回目のステロイド反応性下痢症の際にも少しお話しましたが、もうすこしお話しします。

 

腸に関するサプリと言えば「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」。あわせて「シンバイオティクス」というお話をしました。
「どうもはっきりしないわ」「何なの?」というご質問も多くたまわります。

 

 まず、「プロバイオティクス」についてですが、
「宿主に有益に働く生きた細菌(有用菌)によって構成される添加物」
と定義されています。つまり、わたしたちの身体に対して効果的に働く細菌そのもの、というところですね。代表的なところでは

①ラクトバチルス属に代表される乳酸菌製剤。

②ビフィドバクテリウム属の細菌(ビフィズス菌)製剤。

③バチルス属の細菌(納豆菌)製剤。

④ヨーグルトなど発酵乳。

がこれに当たります。

 

 それから「プレバイオティクス」は、
「大腸に常在する有用菌を増殖させるかあるいは有害な細菌の増殖を抑制することで宿主に有益な効果をもたらす難消化性食品成分」
です。つまり、菌そのものではないけれど菌の働きを助ける環境をつくるもの、ということになります。ご存知の

①オリゴ糖。

②抵抗性でんぷん。

③食物繊維類。

などがこれに相当します。

 

 菌だけを摂取するよりは菌が効率よく働ける環境因子も同時に摂取した方がよい、とのことから「プロバイオティクス」だけでなく「プレバイオティクス」についても関心が高まっています。

 

 ちなみに、期待する「有益な効果」ですが

①感染防御。

②免疫応答の調整。

③ミネラル類の吸収促進。

④血圧や血糖の調整。

⑤皮膚の健康。

⑥ストレスの緩和。

⑦下痢や便秘など大腸症状の緩和。

これらが主な目的になります。

 

「プロバイオティクス」も「プレバイオティクス」も科学的根拠のある薬ではありません。一部、効果の実証されているものもありますが、これらを科学的に有用であると証明するに足る実験を構成するほうが難儀だろうと思います。その個体により反応は様々だし、自分の身体であれば「なんとなく調子がいいな」という実感も湧きますが、動物を端で見ているだけでは効果があるのかどうかわかりにくいでしょう。

しかし、身体はトータルなもの。腸の表面積の大きさ、GALTシステムの偉大さなどを考えれば、腸の調子を整えることがいかに重要であるのかわかりますから、アトピーやある種の免疫系統の異常がある場合は、これらを摂取するのも悪くはないのではないか、と思います。

 
DSC09592.jpg

さいごに。

 

慢性、というからには、結構だらだらと良くない状態はつづきます。良くなったか、と思うとまた悪くなる。再発、繰り返しもつきものと思います。

この中で大事なのは、食事療法等、治療に対する対応なのではないかと思います。特にひとつの処方食でうまく行かなくても最低2週間は続けてもらうこと、そして、合う食事が見つかるまで、処方食をいくつか「ハシゴ」することも覚悟していただきたいと思います。抗生物質についても同様です。それと、治療中におやつや歯みがきガムなどは与えないでください。あくまでも食事でありながら、これを用いた治療を行っています。

 

また、お薬の投与ですが、習慣になれば飲ませ忘れもなくなると思います。また複数の家族が投薬をする場合は、カレンダーに印を付けてもらうと「家族の誰かが与えたと思う」「だから私はやらなかったけど」「結局誰も薬をのませていなかった」、というすれ違いもなくなると思います。

 

そして、ご面倒ですが、出来れば日記のようなものを付けていただいて、こんなことをしたとき、こんなことがあった日の便の形態はどうだったのか、など記録し、再診日に見せていただくと様子が分かり、ありがたいです。便の写真など撮っていただくのも大変参考になります。

おうちの方のご苦労も大変かとは思いますが、それ以上に慢性の病気と闘っている動物が一番苦しんでいるのだと思います。主役の動物を私たち脇役がうまくサポートしてあげられたら、少しでも良い方向に向かうような気がしてなりません。

 

 

これで慢性下痢症のお話、終了です。お付き合いありがとうございました。

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

慢性下痢症・その10・過敏性腸症候群

 慢性下痢のお話、10回目です。

ながらくつづきましたお話にお付き合いありがとうございました。今回が「慢性下痢症」の最終回です。

今回は 
「過敏性腸症候群」IBSIrritable Bowel Syndrome
「線維反応性大腸性下痢」FRLBDFiber-Responsive Large Bowel Diarrheaについてのおはなし。

 

これまでの治療でもどうにも反応しない疾患があるとすると、残るのはこのあたりに行き着くのかな、と思います。

 

いわゆる大腸性の下痢です。粘液や血が混じるとか、しぶりがある、便の回数が増えているような症状のある下痢です。ストレスに誘発されて腸の運動が亢進するといわれています。まだ本当のところは分かっていません。全身状態は良好なことが多いようです。ひどい体重減少があるわけでもなく、低タンパク血症を引き起こすこともありません。けれど治療に対する反応はあまり良くないかもしれません。

ストレスとして考えられることを避けること、腹痛には鎮痙作用のあるブスコパン、下痢にはロペラミドを使ったりします。

勧められる食事は高線維性の処方食です。

 

で、また笑い話の続きになりますが、「高線維食」で治れば「繊維反応性大腸性下痢症」です。


ここで「線維」についてすこしお話します。

「線維」には「可溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。
このうち「soluble fibers」といわれる「可溶性食物繊維」には「ペクチン」や「グアーガム」などがあります。これには胃内容物をねっとりさせて、胃から腸への排泄を遅らせる働きがあります。だからいつまでも胃の中にモノがあって、お腹が空いたように感じられない、というのでダイエットに重宝されています。また糖尿病のための処方食に高線維のものが使われているのは、このようにゆっくり食事が流れること急な血糖値上昇をおさえることができるからです。
さらに、大腸の細菌によってこの線維は醗酵し「短鎖脂肪酸・short chain fatty acids・SCFAs」に変わます。SCFAsは大腸の上皮に栄養を与え、粘膜の損傷を防ぐ働きをします。また、このSCFAsは大腸のナトリウムや水分の吸収も促進します。
このように「可溶性線維」は大腸性の下痢に貢献しているのです。
実は、大腸からエネルギー源として吸収できることで、大胆な小腸切除が行われた後などの「短腸症候群」という疾患に対してもとてもいいのです。
一方、「不溶性線維」はほとんど消化されずに「便」を形成するのに役立つものです。

 DSC09159.jpg


今年も残すところ、今日明日の2日だけになってしまいました。今頃皆さんは何をしていらっしゃるのでしょうか。お掃除が終わらなくてイラついているかもしれませんし、いくつもの忘年会続きで、それこそお腹の調子を崩していらっしゃるのかもしれませんね。それでも時はまわり、来年がやってきます。

今年も変わらぬお付き合いをどうもありがとうございました。秋から病院の工事に伴いいろいろご迷惑もおかけしました。ここでお礼とお詫びを申し上げ、今年最後のご挨拶にいたします。


どうぞ、よいお年をお迎えください。


テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

慢性下痢症・その9・病理検査を受けるべき場合

 慢性下痢のお話、9回目です。

 

ステロイド療法に入る前にどうしても病理検査を実施すべきだと思われる場合についてお話します。

 

血液検査で低タンパク血症が認められる場合です。血清アルブミン値が低いとき、「タンパク喪失性腸症」になっているかも知れません。組織検査が直ぐに行われるべきです。

 

「タンパク喪失性腸症」について。

 

慢性重症化した「炎症性腸疾患」IBD低タンパク血症と貧血を伴うようになります。治療にはなかなか困難を極めます。元気や食欲といった全身状態がきわめて不安定になり、かなり積極的な治療を行わないと生命に危険があります。

前述のようなプレドニゾロンまたは免疫抑制剤の使用はもちろんですがこのほかにも症状に応じて、それらをフォローする治療が必要です。

貧血は再生性貧血を示すことが多いのですが、これは消化管潰瘍の存在をほのめかすものです。この貧血に対する治療、輸血ですとか鉄剤の投与もあります。

「コバラミン値」のチェックと、もし不足があれば注射による投与も必要です。

低タンパク血症は悪化すると腹水や胸水、むくみをもたらします。コロイドの輸液が必要な場合もあります。

また「食事反応性下痢」や「抗生物質反応性下痢」と「炎症性腸疾患」の厳密な分類も難しかったり、三つが混在していたりするのですが、これらの疾患に低アレルギー性処方食をお試しいただくのに対し、低アルブミン血症を伴うほど重症化した「炎症性腸疾患」では、低脂肪の特別療法食が選択されます。


DSC09491.jpg 

 

リンパ管拡張症」もタンパク喪失性腸症になる病気です。こちらは腸粘膜の異常ではなく、腸柔毛内のリンパ管の異常です。組織検査で特徴的な所見が見られます。

 
DSC09216.jpg

 

もうひとつ、病理検査を急ぐべき病気があります。「消化器型リンパ腫」です。

 

「消化器型リンパ腫」は慢性腸症とは異なるカテゴリーになるのですが、「炎症性腸疾患」との鑑別は、ことに小リンパ球性のリンパ腫においては、難しいものです。内視鏡ではなく開腹手術によって採材し、病理検査を行った方がよいですし、ぜひそうして、確定診断をつけなければなりません。なぜなら治療が大幅に異なるからです。


今日のお話はここまでです。
かなりこわい状況ですね。ここまできたら「お薬を貰って様子を見たい」なんてのんびり構えていてはいけません。えい、やぁ!っと決断していただき、内視鏡または開腹手術と病理の検査を受けていただきたいと思います。

年の瀬も押し迫ってきました。寒くないよう、お風邪など召しませんよう、おからだをご自愛くださいね。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

慢性下痢症・その8・ステロイド反応性下痢

 慢性下痢症のお話。8回目です。

なかなかのロングランです。
今回は「ステロイド反応性下痢」Steroid Responsive diarrhea(SRD)についてお話します。今日はちょっと内容が多いです。

 

 「ステロイド反応性下痢」ですって?えっ!食事で駄目で、抗生物質で駄目で、今度はステロイド投与で治ったから「ステロイド反応性下痢」とかいう内容ですか?まるで「サラダ記念日」みたいですけど。ホントですか?

 

そうですね。実は、その冗談みたいなこと、そのものです。

 

試験的治療をどこまで実施し、内視鏡検査に入るか、というところでもありますが、「寄生虫の駆虫薬も投与してみた」「食事も変更してみた」「抗生物質の投与も行った」それでもやっぱり「下痢」が続く。もしくは良くなったり悪くなったりを繰り返している。そのような場合、本来的には内視鏡検査に進むのが良いと思います。


DSC00211.jpg 

 

ある指標があります。「炎症性腸疾患」の臨床スコアです。次の症状の有無、レベルから0~3の点数をつけ総合点数で評価していくものです。これはご家庭でも判断できるかと思います。

 

1)活動性 :変わりなしを0とし、低下のレベルから1~3

2)食欲  :変わりなしを0とし、低下のレベルから1~3

3)嘔吐  :無し0、週1回程度1、週2~3回2、週に3回以上3

4)便の質 :正常0、やや軟質1、血液・粘液が混じ非常に軟質2、水っぽい3

5)排便頻度:正常0、1日に2~3回1、1日に4~5回2、1日に5回以上3

6)体重減少:なし0、5%未満1、5~10%2、10%以上3

 

この累積から評価しますが、

0~3:臨床的に問題ではない。

4~5:軽度の炎症性腸疾患

6~8:中等度の炎症性腸疾患

8以上:重度の炎症性腸疾患   

ということになります。

 
DSC09500.jpg

 

もし軽度であり、麻酔をかけての検査を希望されないのであれば、先にステロイドによる治療に入っても仕方が無いかな、という気もします。

 

治療は、ステロイド剤、主としてプレドニゾロンを使用しますが、これで反応すれば「ステロイド反応性下痢症」Steroid Responsive diarrhea(SRD)です。



 

さて、内視鏡検査で腸粘膜を採取し病理検査に回すと、たいていの場合、

【「リンパ球」や「形質細胞」が多数見られます】、

という結果が返ってきます。「好酸球」「好中球」「マクロファージ」といった細胞のこともあります。これらの炎症細胞の出現が確認されれば「炎症性腸疾患」IBD (Idiopathic onflammatory bowel disease)になります。この「ステロイド反応性下痢症」を「炎症性腸疾患」とする消化器専門医もいます。

 

ただこれを確認するために病理検査をするのか、とは思わないでください。

以前IBDはその炎症の程度が重要だと思われていたのですが、今は違います。どのような炎症があるのか、すなわち炎症のタイプが重要だといわれています。また、どこに変化があるのか、つまり、粘膜表層だけのものなのかそれともその下の組織にまで波及しているのか、ということも重要なのです。ですから、手っ取り早くステロイド治療をすればいい、ということにはなりません。予後を見る上でも可能な限り内視鏡と病理組織学検査は受けるべきものだと思います。
 

なお、消化器疾患をおこすすべての症例に「下痢」がみられるわけではありません。「下痢」を伴わない消化器疾患もあります。「炎症性腸疾患」では「下痢」がみられないのにこの診断名がつくことがあるかもしれません。


DSC00115.jpg 

 

さて、治療の具体的なお話になりますが、プレドニゾロンは高用量からスタートし、少なくとも1ヶ月ずつでフォローアップ検査のために再診に来ていただきます。反応がよければ少しずつ用量を減らしていきます。反応が芳しくなかったり、副反応が出現する場合、減量で症状が再発する場合は免疫抑制剤を併用します。

また、この病気の場合はGALTシステムが活発になっている状態ですので、食事療法や抗生物質の治療もあわせて行います。

注:GALTシステムについては「慢性下痢症・その5」をご覧ください。



DSC09490.jpg 

 

プロバイオティクスやプレバイオティクスなどのサプリメントを食事に添加することについてすこしお話しておきたいと思います。

いわゆる「善玉菌」、乳酸菌やビフィズス菌ですが、これを経口投与することは腸のバリア機能(GALTシステム)に影響を及ぼし、粘膜免疫反応を調整することが出来る、という実験的な証拠があります。さらに「プレバイオティクス」、フラクトオリゴ糖やイヌリンやチコリなどの発酵物質は善玉菌の栄養となる物質なわけですが、これを添加すると生菌活動が促進する可能性があるということでこれらをあわせて「シンバイオティクス」と言っています。

残念ながら下痢を自然発症した犬(実験により作り出された下痢では無いもの)の治療にこれらが使われ、臨床的に有効であったというデータはありません。それでも私は免疫系に穏やかに働きかけるこれらのサプリメントを加えることは身体にとって悪いことではないように思います。有害な反応が出ないのならば補助療法として役立つのではないかと思っています。

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード