ワクチン接種のこと

 76日はルイパスツールが世界ではじめてワクチン接種をした日です。この日は彼の業績にちなんで「ワクチンの日」になり、ワクチンの普及と接種率向上を図る取り組みがあちこちでされています。今日はワクチンのことについてお話しします。「犬や猫にはこんなワクチンがありますよ」的な紹介ではありません。

 

<ワクチン接種には基準となるガイドラインがあります>

わたしたちは、心臓病はACVIMの、腎臓病はIRISのというように、それぞれの専門家が推奨するガイドラインに従って診断や治療を進めています。そして犬と猫にワクチネーションをどのように進めていくと良いのかについても、心臓病や腎臓病と同様のガイドラインがあります。世界小動物獣医師会(World Small Animal Veterinary Association : WSAVA)のワクチネーションガイドライングループ(Vaccination Guidelines Group : VGG)によるガイドラインに沿って、日本の事情や当院のある地域性(感染の発生など)、それぞれの個体のライフスタイルを考慮して、またシェルター飼育される動物ではその環境を考えて、推奨するワクチンのタイプや推奨する時期、追加免疫などを決定しています。

 IMGP0204.jpg
2010年版です。





IMGP0205_20170701151006b91.jpg
このほど2015年版の日本語訳ができました。
感謝です(><)




<ワクチン接種の目的はなんだろう>

個々の動物をそれぞれの病気から守ることはもちろんなのですが、動物たちが集まる社会の中で、ある程度の割合でワクチン接種がなされているとワクチン接種を施されていない動物もその恩恵にあずかれる「集団免疫」が成立します。つまり、ワクチン接種率が高まると感染症の大発生が起こるのを最小限度に食いとどめることができるのです。集団免疫ができあがると、母乳からの免疫を受け取ることができなかった幼い子犬や子猫、ある種の病気のために免疫抑制剤の使用によってワクチン接種ができない動物たち、ワクチン接種でアナフィラキシーショックを起こすため接種することができない動物たちなども間接的に守ることができるわけです。

より多くの動物たちにワクチン接種を受けていただき、接種率を上げたいと思うので、多くの患者さんにワクチン接種をおすすめしています。

 IMGP0206.jpg
こんな風に詳細なガイドラインが出ています。
各国による状況の違いも踏まえた上での
推奨プランになっています。
これをもとに日本の、愛知県の、西尾地区の
各ご家庭の飼育状況などを考えて
各動物のワクチネーションを決めるのが良いわけです。


<ネットでささやかれていること>

インターネット上では不確定な情報が氾濫しています。個人の飼い主さんのブログで最も多いのは、「ワクチン接種は3年に1回でよい」というものです。おそらく「海外ではこうなっている!」というところから出てきている発言なのだろうと思われます。

海外のワクチンメーカーの使用説明書にある記述は「3年ごと(場合により4年)」になっています。このようなワクチンを使用して「毎年ワクチン接種を行う」と適応外使用になってしまいます。これは科学的根拠に基づいて、というよりは法的な問題に基づいた接種規定であるかもしれません。でも、つい最近まで年1回の再接種が推奨されていて、近年同じ製剤で3年(から4年)として承認されたものです。

残念ながら国内で流通しているワクチンには「3年または4年ごとの接種で」という説明事項は見られません。こうなると慣例通り1年ごとの接種を推奨していかないと、もし3年目に入る前に伝染病の感染を発症してしまった場合には、「残念でした」では済まされない状況になってしまいます。

IMGP0207.jpg
主な3つのウィルス疾患についての免疫状況を
インハウスラボで調べられます。

 <本当のところ追加接種間隔はどうなのか>

それにしてもワクチンは「免疫が残っているのに必要以上に接種する必要はないだろう」というのが統一見解です。問題は「前回の接種からどのくらい経過すると免疫の低下が起こるのか」ということです。免疫持続期間(duration of immunity : DOI)はワクチンの種類(メーカーではありません。予防できる疾病とでもいいましょうか。)によっても異なるようです。海外でもコアワクチン(後述します)については3年ごとですが、人獣共通伝染病であるレプトスピラのワクチンについては1年ごとの接種が推奨されています。

 VGGは「抗体検査」を重要視しています。年に1回のヘルスチェックでワクチンを接種するにふさわしい抗体の低下が見られているかどうかを調べたうえで、ワクチン接種をするかどうかを決める、というものです。「年に1回のワクチンを」ではなく、「年に1回の抗体検査を」すすめているのです。そうすると、1年後に接種になる動物もいれば、3年先まで追加接種を受けなくても大丈夫だった動物もいる、ということになるのだろうと思います。

IMGP0210.jpg
何度もワクチンを接種するのは怖いですか?
ワクチンは費用対効果を考えると非常に優秀な予防法です。

 <日本の実情はどうなのか>

日本では犬も猫もワクチン接種率は他の先進国に比べ非常に劣っています。また都会と地方によっても接種率に違いがあるだろうと思われます。国内のワクチンメーカーさんが「伴侶動物ワクチン懇話会」で発行したポスターによると、国内のワクチン接種率は全国を慣らした数字ですが、犬が20数%で猫が10数%です。これは集団免疫の観点から見ると十分とは言えない数値です。もしくは個々の動物の免疫が高まっていれば、「とりあえずうちの子は安心」レベルになるのでしょうか。

一方、病院単位で「抗体の力価を調べる」ことはこの春始まったばかりのことです。これまでは、例えば「ジステンパーが疑われるがワクチンは接種してあるはずだ」というようなとき、外注で検査を実施していました。この春すでに検査を受けられた方もおありかと思いますが、院内で調べるこの検査、フィラリアの検査と違って、結構煩雑な手順で、慣れないVTさんにさせるのはヒューマンエラーのもとになりそうな作業なのです。(泣)また全行程が30分ちょっとかかるため、外来で採血をさせていただいた後、結果は後日報告になりますので、結果抗体の値が低ければ、あらためてワクチン接種にご来院いただく必要があります。さらにこれまでやってこなかった検査ですので、健康診断の価格はこの分が上乗せになってしまうのでごめんなさい、というところです。(さらに、もし春先の狂犬病予防シーズンにワクチン接種の時期が重なっている動物が大勢いると、混雑必至、昼休憩は検査タイムになるだろうと予想されます。午後診察のモチベーションをキープするのが大変だっ!)(←これは私たちの実情で、飼い主さんには関係ないことですけれどね。)こんなことを踏まえた上で「ワクチン前の抗体検査」が飼い主さんたちから受け入れられるとVGG推奨の世界標準のことができると思いますし、そう遠くない将来にもこうしたことが基準になることも願っています。

IMGP0208_20170701151010657.jpg
基本は病気にならないでいて欲しい、それだけなのに
難しい問題はいっぱいありますね。
 

<考えられる理想のかたちはどんなものだろう>

これは考える理想で、飼い主さんが連れてこられる都合のことや、受けられる検査の費用面などは受け入れが可能かどうかはさておき、のものです。

①春はフィラリアと狂犬病予防だけですませる。この時期にノミやマダニの予防をはじめる。

②(初夏から夏になるでしょうけど、)キャンプの前1~2か月くらいのところで健康検査で採血しワクチンの抗体値を調べる。この日にレプトスピラのワクチンを済ませる。猟犬の場合はもう少しずれても。

③結果により他の5種または6種のワクチンを接種する。抗体価があればワクチン接種は不要。

④夏の暑さを乗り越えた秋から冬の始まりに、体重検査程度の軽い健康検査をする。初夏に実施した血液検査で異常値が出たのならば、ここでも血液検査。

1年に1回だけ、全部をこの日に済ませたい、と思われている大きめわんこの飼い主さんからすると、労力が倍増しそうですね。

 IMGP0209.jpg
主流になっているワクチンのすべてが
コアワクチンになっているわけではありません。



<コアワクチンとノンコアワクチン、推奨されていないワクチン>

VGGはワクチンを3つの段階に分けています。

コアワクチンは、すべての犬と猫に接種すべきワクチンで、

犬の場合①犬ジステンパーウィルス(CDV

    ②犬アデノウィルス(CAV

    ③犬パルボウィルス(CPV)から犬を守るワクチンです。

猫の場合①猫汎白血球減少症ウィルス(FPV

    ②猫カリシウィルス(FCV

    ③猫ヘルペスウィルス(FHV)から猫を守るワクチンです。

どちらも結構シンプルです。

IMGP0212_20170701151034889.jpg
猫のワクチンもいろいろありますが。



ノンコアワクチンは地域的な要因や地域環境、ライフスタイルによって特定の感染症のリスクがある動物に必要なワクチンで、重要だと思われているのは人獣共通伝染病であるレプトスピラ症です。世界的にも注目が集まっていて、各国で研究報告が増えているそうです。レプトスピラの接種頻度はこれまで6か月から1年ごとという比較的短期間での追加接種が推奨されてきましたが、VGG2015年改訂版では1年ごとに変更されました。農場、郊外、汚れた水辺などのリスクのある地域に頻繁に行く場合、お散歩コースがこれに相当する犬、キャンプなどのアウトドアライフを飼い主さんと共有する犬、ドッグラン施設で他の動物と交流することが予想される場合も、そしてワイルドな実猟犬ではもちろん接種が必須です。

外出する猫の場合、猫免疫不全ウィルスワクチン(FIV)はノンコアワクチンとしておすすめします。西尾地域では猫免疫不全ウィルスの感染症は比較的発生頻度の高い感染症です。VGGではこれまで非推奨ワクチンに分類していましたが、ワクチンの有効性、リスクのある猫に利益になるという観点から2015年の改訂版ではノンコアワクチンに再分類されました。

猫白血病ウィルス(FeLV)もノンコアワクチンに分類されています。

IMGP0211.jpg
猫免疫不全ウィルス(猫エイズ)のワクチンは
ノンコアワクチンに分類されています。




非推奨ワクチンに分類されているのがコロナウィルスのワクチンです。日本ではコロナウィルス感染症ワクチンが含まれる6種混合ワクチンは普通に流通しています。コロナウィルス感染症が問題にされているのは途上国であるアジアや中南米などの地域に限られているため、非推奨ワクチンに分類されています。個人的には、猫の伝染性腹膜炎の発生原因となるのもコロナウィルスであるし、人で問題になっている新興感染症では従来のウィルスが宿主を越えて感染することから、犬猫同居の場合などは特に、犬にコロナウィルスワクチンを接種しておいたら猫の無症状感染と体内でのウィルス変異を防ぐことができるのではないかと(想像レベルのことでエビデンスはないのですけれども)思っています。(人のSARSの原因になっているのはコロナウィルスです。)

 IMGP0213.jpg
主となるワクチンではないですが、外出する猫には
おすすめしています。



IMGP0214.jpg
感染するととても怖い病気だからです。



<ワンヘルスの概念と狂犬病予防>

新興感染症というのは「新たに出現した人の感染症」のことをいいますが、このほとんどは野生動物や家畜動物の病原体に由来すると提唱されています。これまで人の健康は人の、動物の健康は動物の、という区切りで研究されてきたわけですけれども、野生動物の住む世界と家畜や人が住む世界の境界がはっきりしなくなってきていることなどから互いの感染症が種の垣根を越えて感染してきています。ここは、「人の医療」、「動物の医療」、さらに「環境衛生」に従事する人が連携して「感染症を管理する」ことが合理的で効率の良い結果をもたらすだろうというのが「ワンヘルス」の概念です。「人も動物も環境も健康であること」がひいては私たち人の感染症を減らす(無くす)ことになります。この取り組みの中でも最重要課題になっているのは人獣共通感染症である「狂犬病」です。狂犬病は新興感染症でも、再興感染症でもなく、ずっと世界に広く発生している感染症です。ワンヘルス委員会の取り組みは、日本でその接種が義務づけられている狂犬病予防の取り組みと重なるものです。こちらは抗体云々という考えではなしに、継続して年1回の接種をお願いしたいと思います。

securedownload (2)  



ワクチンについて、疑問に思う点も多数あるかと思います。またの機会にお話しすることができればと思います。今日のお話はここまでです。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

ワクチンのおはなし・その4

 ワクチンのお話。4回目です。

副反応はどうして起こるのでしょうか。

 

「ワクチンに含まれる菌の力が強かったから反応が起こった」と思われている患者さんは多くいらっしゃいます。しかし、そういうことではありません。ワクチンは異種タンパクであるために過敏症反応は起こります。前回ご紹介した反応のうち①から④まではこの種の反応です。

 

ワクチンを作る時には抗原(ウイルス等)のほかに、アジュバント(抗原が免疫細胞に効率よく取り込まれるようにするために加えられるもの。これによって少ない抗原量でも有効なワクチンを作ることができます)や、抗生物質、保存剤、培地由来の成分の残りや添加物が含まれています。これらのすべてのワクチン成分や賦形剤のどれもが過敏症反応を起こす可能性があります。卵タンパク質、ゼラチン(牛または豚の可能性です)、ワクチン容器のゴム栓になっているラテックス、抗生物質(ペニシリンは有名です)などがその例です。

 

大森先生たちが、ワクチン時にアレルギー反応をおこした犬10頭と無症状だった犬50頭を使って、牛胎児血清、ゼラチン、カゼイン、ペプトンに対するアレルギーを調べた研究があります。それによると、アレルギー反応をおこした10頭のうち7頭で、培地成分の牛胎児血清に対するアレルギーが亢進していました。多くのワクチンには高濃度の牛血清アルブミンが含まれていたこともわかっています。このことからも、過敏症反応はウィルスそのものによる反応ではないことが分かっていただけるかと思います。けれど、食物として牛タンパク質を摂取することでこうした反応をおこすようになるのかどうか、は明らかではありません。

 

Moore先生たちが100万頭以上もの犬を対象にして研究され、2005年に発表した結果ですが、過敏症反応は多価ワクチンが単味ワクチンに比べて発生率が高かったという証拠を突き止めることはできませんでした。つまり「多種の混合ワクチンだから危ない、少ない種類のワクチンのほうが安全」と俗にいわれている理論が成立しないことも分かりました。

 

同じ研究から、体重10Kg未満の小型犬での発症は体重10kg以上の犬に比べて2倍の発生率という結果が出ました。アレルギー反応を起こしやすい品種が割り出され、それによると、ダックスフント、パグ、ボストンテリア、ミニシュアピンシャー、チワワは発生リスクが高く、体重10kg以上の犬種ではボクサーが多いのです。日本では小型の犬が多いですし、ダックスやチワワは今、人気犬種として飼育頭数も多いですから、ご心配な方が沢山いらっしゃるのもよくわかります。

DSC_3389.jpg 

 

 「理想的な免疫状態」というのは、「ある感染症を発病しない、それによって死亡しない」、だけではなく、「病原体が感染しない、増えない、広まらない」ことも重要です。有効なワクチンによって狂犬病の発生率が低下し、現在日本では狂犬病クリーンになっています。過去、狂犬病の発生があったころにはできなかった「人と動物の結びつき」が高い密度でできるようになったことの背景でもあります。犬ジステンパーや犬パルボウィルス感染症、犬伝染性肝炎、猫汎白血球減少症、猫ヘルペスウィルス感染症などの感染症もワクチンの普及により減少してきました。今後、その他の人と動物の共通感染症のワクチンが開発され、良好な接種が広まると、さらに安心して動物との絆を深めることができます。幼児の健全なこころの発育のために、多忙で疲弊している働き盛りの方たちの癒しに、中高年の方の血圧の安定化の一助に、高齢者の方の認知症の遅延のために、パートナー動物は様々な力を発揮しています。開発途中のワクチンが完成し、実用化されるようになると、いいなぁと思います。

 

ワクチンのお話は今回でおしまいです。

どんなワクチンがあるのか、どのようなプログラムで接種していくと良いのか、ということは他の先生たちが沢山書いてくださっていますので、それについて述べることは止めました。あまり、知られていないようなことを書いてみました。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

ワクチンのおはなし・その3

 ワクチンのおはなし。3回目。

 

先週もお伝えしましたように、ワクチンというのは「弱まった病原体の情報」を体内に入れて、免疫系に作用させるわけですから、それによって身体に反応が起こります。たいていは無症状ですが、なかには好ましくない症状を示すこともあります。

 

①最も多いのは、軽い発熱と食欲不振です。これは一過性で、1日もするとおさまっています。

 

②アレルギー反応が起こることもあります。眼のふちや口周りが赤く腫れぼったくなります。動物はしきりに痒がり、顔をこすります。ワクチン接種後数時間で発症します。抗アレルギー薬の投与でじきに元に戻ります。投薬しなくても数時間で自然に消失することもあります。

 

③局所的に接種部位の皮膚が赤く腫れることもありますが、まれですし、しばらくすると何もしなくても消失します。動物が掻き壊さないように注意する必要があります。

 

④接種後数分からせいぜい30分以内の反応で、ぐったりして身体に力が入らなくなることがあります。同時に嘔吐することもあります。急激な脱力をもたらすのはアナフィラキシーです。非常にまれですが、命にかかわる、とても危険な状況です。すぐに対応しなければいけません。

 

⑤ワクチン接種部位に「肉腫」ができることがあります。猫で発生のある「ワクチン誘発性肉腫」はアジュバントを加えているワクチンを注射した時に最も多く発生するといわれています。白血病ワクチンがこれに相当します。ワクチン成分が同じ部位で蓄積すると、慢性的な炎症反応が起こることに起因するのではないかといわれています。

DSC04406.jpg 

 

こうした好ましくないワクチン後の反応を抑制するにはどうしたら良いでしょうか。

 

①や③のように、問題がさして大きくないような場合は、特別に対処する必要はありません。また有害反応とワクチンによってもたらされる有益なことを比べてみたら、有益なことの方がはるかに大きいので、接種してかまわないと思います。発熱時には病院に来ていただき、処置をすれば問題は簡単に解決できます。

 

②のようなアレルギー反応は、抗アレルギー薬の投与で発生を防ぐことができます。たいていの患者様には平日の午前中に来院していただき、半日預かりで観察をし、アレルギー反応が出れば直ぐに対応する、という方法をとっています。このやり方で、夕方帰宅後に反応が出ることは、まずありません。

 

④アナフィラキシーを防ぐ方法はありません。ワクチンの効果とこの反応を比較した場合、有害事象のほうが重くなりますので、一度アナフィラキシーを起こした動物へのワクチン追加接種はおすすめしません。ただ、3年に1度くらいは抗体価を検査し、免疫強度をチェックしたほうがいいのではないかと思います。

 

⑤肉腫の予防のために、ワクチン接種部位を頚部ではなく、後肢の皮下にします。ここは万が一腫瘍ができた場合、切除手術を行いやすい部位だからです。また、毎年の接種部位を右に、左に、また少しずつ離れた部位に、とすることでワクチン成分の蓄積をなくすことができます。また、ワクチン接種後3ヶ月くらいは接種部位にしこりができてはいないか観察してください。急に大きくなったとか、3ヶ月してもしこりがなくならない、という場合にはすみやかに来院くださるようお願いします。腫瘤は完全に切除できてしまえば、問題はありません。

DSC04417.jpg 

 
このようにワクチン接種後の好ましくない状況をお伝えすると、ワクチン接種そのものが怖くなるかもしれませんが、こうしたことが起こるのは、日常的にはほとんどありません。むしろ、感染症の動物の診察の方が多いのです。命を落とす危険のある感染症だからこそ、ワクチンが開発されているのです。定期的なワクチン接種で免疫を高めておくことは大切なことだといえます。

 DSC04136.jpg

 

きょうのお話はここまでです。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

ワクチンのおはなし・その2

 ワクチンのおはなし2回目。

 

ワクチンというと「病気にならない注射」と思われているようですが、ワクチン接種を受けたら愛犬愛猫をすべての感染症から守れる、というわけではありません。ワクチンは「病原体がどういうものなのか」という情報を動物の身体の中に注入し、「こういう敵がくる場合がある」ことを提示し、「その敵が侵入してきた場合の武器を備える」よう記憶させるものです。ここでいう「闘い」とは免疫のことです。自身の免疫力(抗体)がなければ相手(抗原)の情報を入れても相手に勝つことができません。

 アデノウイルス 


ワクチンをうったのに病気になるケースとして、「呼吸器感染症」があります。猫のヘルペスウィルス感染症がその例です。免疫が短期間しか得られないのです。病気を完全に予防することは出来なくても、罹患率(病気になる確率)も低下させますし、重症度も下げます。また排出されるウイルス量も減少させるので、ワクチン接種の意義はあります。

 
DSC03987.jpg  

ワクチンの有効性を左右する因子は、そのほとんどが動物側の問題です。年齢、栄養状態、遺伝、ストレス、ほかの感染症があること、妊娠していることなどです。ですから、高齢であるとか、栄養状態が芳しくないとか、ほかの病気にかかっているとか、病気上がりだとか、外科手術後間もないときであるとか、妊娠しているような場合は、改善できることを改善してからワクチン接種をした方が有効です。こうした場合は免疫力も衰えているわけですので、有効性だけでなく安全性を考えた上でも、接種時期について検討するほうが良いのです。

 
DSC03985.jpg 

ワクチンが全く有効に働かない例として、「親譲りの免疫」の存在が上げられます。「移行抗体」とか「母体由来抗体」ともいわれるこの免疫がある状態ではワクチン抗原は中和されてしまい、接種個体の体内で独自の抗体を作り出すことができません。この「親譲りの抗体」は母親がもともと保有していた抗体の値、誕生後に接種した初乳の量などによって大きく変わるため、個体差があります。この免疫が充分に下がって、ワクチンが有効になるぴったりの頃、を見極めるのは難しいことになります。そのために幼少時には有効な免疫を得るために繰り返しワクチン接種をする必要があります。それでも親の免疫は切れたけどワクチン接種による免疫が始まらない、そういう「免疫ギャップ」(無防備な期間)はどうしても存在することになります。そのため、子犬子猫の時期は外部との接触をなるべく避けていただきたいというわけです。

 

 

今日のおはなしはここまでです。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

ワクチンのおはなし・その1

ワクチンのおはなし。1回目。

 

 たいていの犬猫はペットショップから購入され、新しく家族の仲間入りをするわけですが、「ワクチンは済んでいますよ」と言われショップ向けに発行された証明書を渡されます。お店の方は専門家ではありませんし、飼育指導をするだけで相当な時間を割くことになり、ワクチンの説明までは手が回らないのが普通です。この後、動物病院と親しくしていただけると、ワクチンについての説明を受けることになりましょうが、中にはそのままに終わってしまうケースもあるかと思います。

また、外の猫さんが「こんにちは。私を飼ってくださいな」的にちゃっかり上がりこんできたケースや、外で震える子犬や子猫さんを連れ帰ったような場合、「エサだけやってくれたらいいし。お願い。貰って」と懇願されて何も知らないまま飼うことになったような場合は、病気にでもならないと動物病院の存在すら知らないまま成長しますね。えっ、犬や猫にもワクチンがあるの?狂犬病のほかに?とか、驚かれるわけです。

 木枯らしニャンこ - コピー (2)

 

犬猫用のワクチンが開発され市場に出回るようになったのは1950年代からで、まだ歴史は浅く、今日も、この時間も、新しいワクチンの開発に向けて、研究は続けられています。

予想通りともいえますが、適切な予防接種を受けている犬猫の割合は、受けていない動物よりも低いと推定されています。犬猫の怖い伝染性疾患は今後も無くなることはなさそうです。

DSC04343.jpg 

 

予防獣医学が言われ始めてだいぶ経ちます。ワクチン予防。ノミマダニ予防。フィラリア予防。これらは積極的にどこの動物病院でも叫ばれていることだと思いますが、このほかに、正しい栄養を摂ること(食事のこと)、歯科衛生をすること、去勢や避妊手術をすること、定期健診をうけること、など病気を予防するために私たちが犬猫にしてやれることはまだたくさんあります。

予防することが出来る病気にかかって亡くなっていくのは忍びないものがあります。

 

今日からは基本的予防事項であるワクチンについて、お話していくことにします。

あなたの愛犬・愛猫の最終ワクチン接種日はいつだったでしょうか。証明書を今一度確認ください。 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード