FC2ブログ

猫と海産物。食べていい?食べちゃダメ?

 「猫に〇〇を食べさせてはいけない」

この〇〇に入る食品名は?

猫といえば、そうそう、あれあれ。でも、それって与えてもいいもの?いけないもの?

今日は猫が大好きな海産物の「食べても大丈夫」から「絶対だめだめ」のお話をします。というのも、「そっか、やらかしちゃったか」の猫さんを診させていただいたからです。

 food_katsuobushi.png

<食べてもいい?いけない?>

 「猫にかつおぶし」は大好物を目の前に置いたらすぐに食べられてしまうことから生まれた「油断できない状況」とか「危険な状況」を現すことわざです。そのくらい昔から猫はかつおぶし好きで通っています。栄養学的にはリンやマグネシウムなどのミネラル分が豊富なため、摂取しすぎるとストルバイト尿石のリスクが高まり、また慢性腎臓病の猫にとってもリン排泄が滞るため好ましくありません。飽きてきたドライフードに「匂い付け」するために、かつおぶしの入っていたジッパーつき袋と少量のかつおぶしを利用するのはおすすめしていますが、毎度の食事に振りかけるのは量が過ぎます。

 「猫ににぼし」ということわざはありませんが、煮干しはかつおぶしに並んで、猫に食べさせているご家庭が多い食品です。骨ごと食べる煮干しはカルシウムが豊富で骨が丈夫になりそうだと、「食べさせると良い食品」のように思われている節があります。煮干しもかつおぶし同様、リンやマグネシウムが多いので下部尿路疾患のリスクが高まります。また出汁を取る前の煮干しは塩分も強いです。あまりおすすめではありません。かつおぶしと同じように、ドライフードの「匂い付け」に袋を利用するくらいでちょうど良いと思います。下部尿路疾患を繰り返し再発させていた△△ちゃんは、煮干しのおやつをやめてからは尿路疾患になることがなくなりました。

 「マグロの刺身、カツオのたたき」は食卓に上るちょっとリッチなおかずです。これを好物にしている猫も、日常的に与えているご家庭も多いです。うらやましいですね。タンパク質が豊富で生でも食べられる食材はグルメ猫の舌を喜ばせると思います。これらはほんのたまに、少量を(1回の量はお刺身一切れの半分くらい)与えるのはいいですよね。

 「かまぼこ・ちくわ・カニかまぼこ」は加工食品の中で猫に人気ナンバーワンの食品です。けれど加工の段階でいろいろな調味料が加わっているために、猫には塩分が高すぎることが心配されます。もし与えるのなら、たまに、ごく少量(1回量は1本の1/5くらいまで)にしておいてください。やみつきになって、カニカマ以外の食品を食べなくなってしまった偏食の猫ちゃんも過去に診させていただいたことがあります。ごほうびは少量で。

 「しらす」も塩分の強い加工品です。この味は覚えさせない方がいいですね。

 「のり・わかめ」も与えない方がよい食品です。のりせんべいの海苔部分を剥がして猫に与えると大喜びしますよね。ですが、どうしても海産物はミネラル豊富なので、下部尿路疾患と腎臓関連の病気に不安がおこります。気まぐれに与えることはあるかもしれませんが、連日与えることはやめてください。また与えたとしてもほんの少し(海苔巻きあられを剥がす程度)にしてください。

 「生のイカ・タコ・エビ・カニ・貝類」は「だめ。絶対にだめ。」の部類に入ります。これらの食品にふくまれる成分が身体に悪いこと(中毒を起すことがあります)や寄生虫の問題があるためです。昔、おばあちゃんは「猫が酔っ払うからだめだ」と言っていました。これらを与えると猫がよろよろしてしまうことをおばあちゃんは知っていました。明治生まれのおばあちゃん、すごいです。

 kai_hotate.png

<ホタテはだめなの?>

 猫用のウェットフードには貝類であるホタテがよく使われています。ホタテにはタウリンが豊富に含まれています。猫の心筋症はタウリン不足が原因とわかってからキャットフードにはタウリンが添加されるようになっているくらいです。タンパク質も豊富、亜鉛も豊富、葉酸やシアノコバラミンなどのビタミンも豊かです。うま味成分であるアスパラギン酸やグルタミン酸があるので、ホタテを原料にしてフードを作ったら怖いものなしの猫用グルメフードができあがるわけです。

 こんな理想的なホタテですが、生のホタテは「だめ。絶対にだめ。」の部類に入ります。それは生のホタテにはチアミナーゼが多く含まれているからです。チアミナーゼはチアミンを分解する酵素です。

 

 チアミンについてもう少し詳しくお話ししていきます。

 vitamin_eng03_b1.png

<チアミンって何?>

 チアミンはビタミンB11910年、鈴木梅太郎博士が、当時「はやり病」という認識だった「脚気」(かっけ)の治療に米ぬかの中の成分が有効であることを発見し、「オリザニン」と命名したビタミンです。

 哺乳動物はチアミンを体内で合成することができません。食餌からの摂取が必須です。成猫の最小栄養所要量は125/100㎉とされていて、この量は犬よりも多くなっています。チアミンはほとんどの市販のキャットフードには十分含まれているため不足することはありません。(チアミンは化学的には不安定なので、フードに使われるのはチアミン塩酸塩などの合成されたチアミン成分です。)

 pet_cat_hungry.png

<チアミン不足とチアミナーゼ>

 一般的な食餌をしていればチアミン不足になることはまれです。あるとすると、

    食事の質が急に悪くなった。

    必要な摂取量を食べられていない。

    消化吸収能力が低下している。

    利尿薬などの投与により尿中排泄が増加している。。。

というような場合です。まれには

    炭水化物に偏った食事をしている。

ようなこともあるかもしれませんが、そもそも猫なのであまり考えられません。

   しかし、チアミン分解酵素のチアミナーゼを多く含む食品を食べてしまうと、チアミン欠乏を起すことになります。

 cat_fish_run.png

<チアミナーゼを多く含む食品>

 チアミナーゼは、ホタテなどの貝類のほか、不飽和脂肪酸を多く含む青魚、甲殻類にも多く含まれています。(猫は食べないだとろうと思いますが、ゼンマイやワラビなどのシダ類にも含まれています。)

 猫が大好きな魚介類や甲殻類を与える場合は生で与えないことが重要です。必ず加熱調理してから与えてください。チアミナーゼは酵素なので、熱を加えると失活するためチアミン欠乏にはなりません。もちろん、加熱してあるからと言って過剰な摂取はいけません。

 body_brain_nou.png

<チアミンのはたらき>

 チアミンは炭水化物代謝、脂質代謝、アミノ酸代謝に関わっています。からだの中の生化学的な反応(細胞が活動するために必要なエネルギー産生をするTCAサイクルというのがあります)に関与していて、身体に欠かすことができません。脳へのエネルギー供給源は唯一、ブドウ糖だけなので、糖代謝に必須なチアミンは脳機能の改善にも働きかけています。神経伝達物質であるアセチルコリンの合成にも関与していているので、知覚刺激の伝達を助ける作用もあります。

 pet_elizabeth_collar.png

<チアミンの必要量が高まるとき>

 動物はライフステージによりチアミンの要求量が高まります。成長期や繁殖期は動物の組織が増えていくため、大量のビタミンが必要です。この時期はビタミンだけでなく、ミネラルやタンパク質も必要になります。また、加齢に伴い、代謝や生理的な変化があるのでビタミン要求量は高まります。

 そのほか、長期に食欲不振が続くときも相対的に不足しがちなので、ビタミン給与したい時です。糖尿病や慢性腎臓病のような尿量が増える病気の時は水溶性ビタミンであるチアミンは尿中への排泄が増加するため、必要量を補ってやりたいときです。

 さまざまな食品にチアミンは強化されています。またサプリメントにも補充されています。

 cat_roubyou.png

<チアミン欠乏症>

 チアミン欠乏は、数日という短い時期で現れます。

 初期には食欲不振やよだれが多くなるなどの症状があります。もし、成長期であれば成長は悪くなります。

 その後チアミンが補充されず欠乏が継続すると、頭部(頸のところ)が強くお腹側に曲がり混む姿勢をとるようになります。短いけいれん発作を起すこともあります。しっかり立っていることが難しく、運動機能に問題を起します。

 さらに進行していくと、身体の動きを自分でコントロールすることができない麻痺の状態になります。そのまま昏睡状態になり、ついには死に至ることもあります。

 ヒトで認められた「脚気」(かっけ)は主に足におこる「多発性神経炎」です。猫では足は前と後ろにあります。四肢がふにゃらけて歩けない状態がこれに相当します。

 suppliment_vitamin.png

<治療は?>

 チアミナーゼを多く含む食品は即刻中止します。ビタミン剤の注射は速く効きます。通常は24時間以内には効果は現れてきます。ビタミン剤を内服することも可能ですが、お薬のにおいが特殊なためにいやがることが多いです。食欲が出てくれば、病後回復食(処方食です。栄養要求量を満たす食事であれば特にこの限りではありません。)で徐々にビタミン必要量に追いつくことができ、症状はゆっくりと改善されてきます。

 早期にチアミン欠乏に気がついて、症状が進まないうちに治療をはじめるのがいいのですが、最も良いのは、チアミン欠乏にしないことです。

 

 

 今日はねこが大好きな海産物について「食べていい」「食べちゃだめ」のお話をしました。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

水分摂取は大切です

 暑い季節にはやはり「水」のお話しをしておきたくなります。

 

適切な栄養を取ることは健康維持のために大切です。栄養素は命を支えるために必要な食物中の成分で、身体の基本的な機能を維持するのに欠かせません。

3大栄養素とか5大栄養素とか耳にすることがあると思います。3大栄養素は「炭水化物」「タンパク質」「脂質」で、これはエネルギーとして利用される栄養素で、それに「ミネラル」と「ビタミン」を加えたのが5大栄養素です。身体の構成要素になります。身体のほとんど(体重比で60%、詳しくは幼い犬猫や高齢の犬猫で比率が変わってきます。)は水でできていますから、この5大栄養素に「水」を加えた6大栄養素、というのが栄養素の表現としては最も適切なのではないかと思います。そして水は生命維持には絶対に必要な物です。

IMGP9086.jpg 

<水の重要な機能>

1.物質を溶かす。

 体液のもとになる水は、ミネラルをはじめ多くの物質を溶かし、体内を移動するための媒体として働きます。

2.化学反応のもとになる。

 たとえば炭水化物や脂質タンパク質を栄養素として利用するとき、酵素による分解反応の課程では必ず水が必要になります。

3.体温調節を支える。

水の比熱は高いため、体内で熱産生があっても急激な体温上昇は起こりません。また気化熱によりうまく熱を外部に逃すことができるので体温の恒常性を保つことができます。

4.身体の形や弾力性の維持。

 関節の動きをスムーズにするとか、目の動きを円滑にする働きももっています。湿り気があることはなめらかになることです。

 

さらに詳しい物理的な(!)水の働きについてのお話しは熱中症と体液、電解質の時にしました。

http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-861.html

IMGP8920.jpg 

<水の要求量>

犬や猫は食物や飲み物の接種によって水分要求量を満たしています。ドライフードに含まれる水分量は少ないので、より飲水行為をはっきりと認めることになるでしょう。ハウスメイドの食事や缶などのウェットフードを食べている場合は、水分量が多いので、あまり水を飲むように感じられないかもしれません。

犬や猫の1日あたりの水分要求量は㎖/日で表されますが、偶然にもそれは1日あたりのエネルギー要求量(DER)とほぼ同じで、

犬では1.6×安静時エネルギー要求量(RER

猫では1.2×安静時エネルギー要求量(RER)です。

おおよその目安になりますが、

体重5Kgの犬では370㎖、体重10Kgの犬では625㎖で、

体重が4Kgの猫では240㎖、6Kgの猫では330㎖です。

もっと簡単な算定式によると、健康な成熟した犬猫(妊娠していない)が快適な温度環境にいるときの飲水量は、摂取する乾燥食物のおよそ2.5倍になります。

IMGP8916.jpg 

<水分摂取量を左右する因子>

水分要求量に変化を与える因子として

・身体のサイズ(表面積)

・健康状態

・ストレス

・排泄と蒸散による水分の喪失

・個体差

が知られています。

IMGP9088.jpg 

<脱水が心配>

上記の点から考えると、ちょっとしわがれた高齢動物が病的状態になり、不感蒸散の増える夏にストレスが加わると危険ということになります。そして排泄量の増える腎臓病を持っているのは最も心配です。

 IMGP9133.jpg
腎臓病の犬のための水分多め処方食です。

<処方食は水分量が少ない?>

たいていの処方食はドライフードを紹介することが多いのですが、もし動物が嫌うことがなければ、ウェットフードも選択肢になります。腎臓病の動物はできればたくさん水分摂取して欲しいので、それをかなえる意味からもウェットフードはおすすめです。

また食欲に陰りを見せる季節ですから、必要量の栄養を摂取するためウェットフードで嗜好性を高めるのも良い方法だと思います。

100%をウェットから摂取するのではなく、2~3割をウェットから摂取するという方法も良いかと思います。

 IMGP9138.jpg
腎臓病の猫のための水分多め処方食です。

<注意すること>

与えてすぐに食べられないとき、ウェットフードは出したままにすると細菌数が増えやすいので食中毒の心配があります。出したままにしないようにしてください。

1缶の分量を分けて与えるとき、残りは封をして冷蔵庫に保管してください。開けて3日くらいしか持ちませんから気をつけましょう。

冷蔵庫から出して与えるとき、冷たいままだとおなかを冷やしてしまうことがあります。冷たい物を食べると消化酵素の働きが弱まるので下痢をすることがあります。

IMGP9140.jpg
このシリーズの内容はこんな感じ。
食欲をそそるかたちに仕上がっています。

 

<水補給で気をつけていただきたいこと>

サマーシーズン、水食器は一回り大きい物を用意してもらうと安心です。いつの間にか水がなくなっていたという心配がないように、複数の水分ルートを用意してもらうのも良い方法です。特に猫は中の水が動く食器や給水器なども活用してもらうと安心です。

 

今日は水のお話しをしました。

水って大切です。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

ごあいさつ・食事の意味

 

謹んで新年のご祝辞を申し上げます

旧年中は格別のご厚情を賜り

ありがとうございました。

本年もどうぞよろしく

お願い申し上げます。

ご家族皆さまのご健康とご多幸を

心よりお祈りいたします。

 

 IMGP8143.jpg

 

本日は「食べる」ということを少しお話ししようかと思います。

お正月、ご家族揃ってお食事をいただいたことでしょう。もちろんその前は忘年会で、この後、新年の仕事が始まると新年会も予定されているかもしれませんね。

私たちにとって「食べる」ことの目的は3つあると思います。

1、生理学的な意味

 栄養を摂り、健康を維持し、時には疾病を回復させたり、病気を予防したりする意味合いがあります。

 さらに、一定の決まった時間に食事をすることは生活リズムを整えることもできるでしょう。

2、精神的な意味

 おいしいものを食べたり、季節折々のものをそのとき限定でいただけると幸せになります。

話題のお店の話題のスィーツなどは写真を撮ってみんなに紹介したくなります。

食事って、単に栄養を満たすだけでなく、心を豊かにしてくれる力もありますね。

3、社会的な意味

 人間関係をうまくするコミュニケーションの手段のひとつに「会食」があります。

 食事をすることそのものよりも「会話」を楽しみ、相手を知る一面があります。

 ざっくばらんな友人との楽しい会食のほか、行事に伴う食事を家族単位で行ったり(お正月やおひな祭りや誕生日のお祝いなど)、お祭りのときなどは地域単位でしょうし、冠婚葬祭では親戚単位で、季節の区切りごとに会社の関係で食事会ということもあるでしょう。うわっ、面倒くさい!と思っても参加してみると案外悪くはないし、その後の人間関係はスムーズに回るものです。

 

IMGP8160.jpg

 

一方、犬や猫にとっての食事は、1番目の生理的な意味での栄養摂取が主目的になっています。病気の予防や治療、また病気からの回復を良くするための食事は、特に栄養学的な意味合いが深く、特別療法食を正しく効率よく使っていただきたいと思うところです。生活リズムの点からも犬では決めた時間に与えるのが好ましいし、認知症の老犬には特にそう思います。ただ猫の食事の仕方は「狩りをして」⇒「獲物を捕まえたら」⇒「食べる」という一連の行動の連続の結果としてあるため、人と一緒の時間帯に(決めた時間に)食べるというよりは「自由摂食」のパターンをとりますから厳密に時間を決める必要はないと思います。「狩り」をする時間は深夜や早朝の相手が油断をしている時間帯だとすると、夜中に急に走り回る、夜なのに食事を催促するという猫独特の行動が理解することができるでしょう。

 

 

2番目の精神的な意味もきっとあるでしょう。ときに大好きなご家族からおやつをいただくと精神的に幸福になるかもしれません。大好きな人から与えられるごほうびでヒューマンアニマルボンドは強固なものになる可能性があります。「おやつの量」ではなく、「もらえるという行為」とそして「回数」を犬は評価していると理解してください。おいしいものをもらえること、それも何度かもらえることに喜びを感じています。一度に大きな塊を与えるのではなくて、小さなかけらにして与えてください。あくまでも「おやつ」で、主たる食事の妨げにならないように与えるという点に注意してください。

 

さて、3番目の社会的な意味合いはどうでしょうか。これは全くありません。

2頭の犬を飼っているご家庭で、定期健診で体重測定をすると、片方が増え、片方が減っていることがあります。2頭合わせた体重は同じです。このご家庭では食事を並べて一緒に食べさせていましたが、片方の食べるスピードが速く、別の犬の食事を奪って食べていたのでした。すばしっこいわんこと、おっとりさんのわんこではこのようなことが起こります。

また従来はのんびりやさんで、食事時にせっつかなければ食べ続けないほどのろのろ食いだったのに、新入りさんが来てからガツガツ食べるようになり、早食いの後嘔吐をする習慣がついてしまったわんこもいます。

隣で食べる気配があるのは「自分の分が無くなってしまわないように」食事のスピードを急がせてしまうのです。このような食べさせ方だと食事に対する緊迫した状況を作ってしまっています。犬では隣で与えるのは「会話を楽しみながら社会的な意味合いを持った食事」にはなれないのです。

 

これは猫にも同じことが言えます。猫は犬以上に個行動を起こす動物で、相手との距離感(なわばりと言われてきました)に緊張を持っています。安心して「食べる」行為を行えるようにしてやるためには、個々の食器をそれなりの距離をもって、ときには平面ではなく立体的空間をうまく活用して高い位置などに置いてやるのがよいのです。複数の猫を同じ場所で、場合によってはひとつの食器から食べさせる食事方法は、与える側からすると洗う食器の数も少なくて便利なのかもしれませんが、猫のためには好ましくない方法です。

 IMGP8171.jpg

ときどき特別療法食を処方すると「別の同居犬(猫)が食べてもだいじょうぶだろうか」というご質問を受けるのですが、同じ病気であるならまだしも、年齢も体格も異なった健康な動物が食べるのにふさわしい食事であるとは考えられません。腎臓を患っているおじいちゃんと、妊娠中のお嫁さん、成長期のお孫さんが同じ食事内容で良いはずがないのは皆さん分かっていただけれるのですけれどね。

 

そのようなわけで、複数飼育のご家庭では、食器を離して、できれば別室で与えていただき、個々の食事の食べ具合や食べる様子を観察していただきたいと思います。

 

 

 

さぁ、今年も希望に満ちた良い年でありますように。

新しい効果的な治療法が出てきて、苦しんでいる子たちに朗報がありますように。

         合掌 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

新しい処方食のおしらせ

 今日は新しい処方食のご紹介です。

ヒルズから新しい缶詰処方食「シチューシリーズ」が発売になります。

IMGP7478.jpg
Hill’s「シチューシリーズ」パンフレットです。

 

 IMGP7480.jpg
パンフレットをのぞいてみましょう。おいしそうです。

こちらの缶詰フードですが、これまでの均質にこなしてあるペースト的な食事と違い、素材を生かして形がそのまま残っています。そこにお肉やお野菜を煮込んだ汁が一緒になっている食事で、見た目はレトルトの離乳食か介護食のようです。
味気ないと思われている動物病院の処方食ですが、これはそんな思いを払拭させてくれますね。

IMGP7484.jpg
ひとつ開けてみました。素材のかたちが残っています。

 

そもそも、処方食は食事面から病気をサポートしていくものです。病気の進行を抑えたり、病気による悪い影響を体に及ぼさないようにしたり、再発を予防したりする効果があります。これだけで栄養バランスは整っており、さらにそれぞれの病気にとって特に必要な栄養素を高く盛り込んだり、控えなければいけない栄養成分ならば少量にしたり、サプリメントとして添加すべきものをあらかじめ混ぜてあったり、いいところ満載の食事です。

 

ところがある調査によると、病院からの処方食を食べている犬の50%、猫の72%が量販店で購入したウエットフードを食べているそうです。彼らのほとんどは処方食をお薬のように考えていて、「処方食を与えているから別の食事を与えても病気は悪化しないだろう」と考えているらしいです。残念ですね。

IMGP7485.jpg
比較のために。従来の缶詰を開けたものです。
違いは一目瞭然ですね。

 

犬猫の栄養学は歴史もあり、特定の企業が営業を目的とするだけでなく、世界中の獣医師たちがそれぞれの専門分野の病気と照らし合わせながら研究し、莫大な費用を投じて作られた処方食です。このような処方食の特性を存分に生かすために、別の食事やおやつを加えてしまうのはもったいないことだと思います。

IMGP7483.jpg
発売予定の犬用処方食。
このパッケーはアメリカ製品のものです。
お手元にお渡しするのは日本性のパッケージです。
 

「療法食のドライフードはおいしくない、一般食のウエットフードはおいしい」というイメ-ジがあるかもしれません。でも今回の処方食はそんなイメージを一新、おいしそーぅなお食事にできあがりましたね。

さて、今回発売される予定の処方食は主だった疾患に適応した種類だけで、これまでの全シリーズに対応はしていません。けれど今お使いの処方食のバリエーションが広がることと思います。


IMGP7482.jpg
同じく猫用の処方食です


病院でお渡しすることができるのは
9月第3週の半ば過ぎになる見込みです。

 

詳細について、疑問な点などあれば、何なりとスタッフまでお声掛けください。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

食物繊維のおはなし2

今回は、特定保健用食品(トクホ)としてもその機能が認められている「難消化性デキストリン」を例にして、その体内での働きと、どんな病気に向いているのかについてお話ししようと思います。

 

前にも、肥満症や関節症のために体重コントロールを目的とした処方食のご紹介としてこちらにもさらっと書きました。

http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-674.html

IMG_20130411_081007.jpg 

食事から摂取された炭水化物はブドウ糖に分解されて小腸から吸収された後、肝臓へ送られます。難消化性デキストリンは、小腸での糖の吸収スピードを遅くし、食後血糖の急激な上昇を抑えます。この作用は糖尿病の犬や猫に好都合な作用です。

 

それから脂肪の吸収も遅らせることができます。食後の中性脂肪の上昇を緩やかにするのです。これは高脂血症のある犬に好都合です。健康診断でTCHOTGの高い犬は、同時にALTの上昇を伴わないALP上昇や高いGGT、という結果であることが多いのですが、(このあたりの詳しいことは、別のところで書いています。)こうした脂肪吸収を遅らせる効果は、血統的に高脂血症を起こしやすいミニチュアシュナウザーやシェルティーにも向いていると思います。

 

内臓脂肪を低減させる作用は、たくさんの量を摂取しないと得られないかもしれませんが、そうした効果もあるという研究結果が出されています。肥満症の犬猫の脂肪量を減少させるには、難消化性デキストリンを摂取するだけでなく、きっちり計算して総合的な摂取カロリーを減らさなければいけませんが、肥満傾向の犬には耳触りのいい作用ですね。

 

さて、整腸作用です。難消化性デキストリンは水分を含み膨張するため、便の柔らかさを保ち、便量を増やし、排便しやすくする作用があります。もちろん腸内細菌に対して、善玉菌を増やすなど、腸内の環境を改善させる作用もあります。これは便秘がちな巨大結腸症の猫はもちろんですが、高齢で排便サイクルが崩れてきた犬にも、またGALTシステムを活性化させ免疫のバランスを整えたいアトピー疾患の犬猫にも良いと思います。

IMG_20130412_082749.jpg 

かつては「便量を増やすだけ」「粗繊維が多いエサは安物」「消化性に富む良いフードを食べさせるとうんこの量が減る」などと言われていましたが、便量が増えることは悪いことではありません。攻撃の的になっている食物繊維を擁護したところで、お話を終わります。

  

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード