FC2ブログ

外耳炎が治らない

 アトピー性皮膚炎が治らない」のお話をしてきました。今日は「外耳炎が治らない」「外耳炎をすぐに繰り返す」のお話です。

当院で外耳炎は、心臓病や腎臓病、アトピー性皮膚炎と並んで定期的に来院していただいている病気のひとつです。「良くなったね」で、病院と距離が離れてしまうと再発しているのが外耳炎です。

 IMG_8533.jpg
耳を振る、頭を傾ける、後ろ足で首の所を掻くのは
耳が悪くなっているサインです。

<だから、耳は悪くなりやすかった!>

耳は特殊な構造をしていることや、慢性化させる要因があるため、一度外耳炎を起すと治りにくかったり、治ったように見えて(本質的な構造の変化がないので)同じ条件が整ってしまうと再発しやすくなっています。そして悪化した状況を治さないとさらにひどくしてしまうことがあります。

    耳の入り口(耳孔)付近には軟骨のしわしわがあります。そしてそのあたりの皮膚に凹凸ができています。しわの溝には耳垢が入ってとりにくい構造になっています。

    さらに耳の入り口から奥へ向い、耳道は曲がっています。そして耳道は狭いです。

    耳道の奥の皮膚表面からは耳垢が産生されています。耳垢腺は汗の腺と考えてください。この分泌物はじっとり、しっとりしています。あぶら症の犬ではねっとりしていることもあります。奥から外へ耳垢は出てくるような仕組みになっていますが、ときに耳垢の排泄を妨げられていることがあります。

    耳の出口を塞ぐように耳がたれている犬がいます。耳が立っている犬でも、柴犬のように耳孔付近がきゅっと縮まっていて狭くなっている犬もいます。これでは耳垢が排泄されにくいです。

    耳道に毛が生えている犬がいます。実は奥の方を覗くと、奥にも毛が生えています。この耳の毛も耳垢が外に排泄されるのを妨げています。

    耳の中には常在菌がいます。菌は温かく湿った環境が大好きなので、耳の中は繁殖しやすい状況が整っています。

    それから耳の中だけに感染する寄生虫(耳ダニ)が入り込むことがあります。(犬よりは猫の方が耳ダニ汗腺は頻度が高いです。)

    異物が入ってしまうことがあります。散歩中に草の種が入ることはまれではありません。

    アレルギー性の疾患があったり、内分泌系の病気でホルモン異常があっても外耳炎が二次的に発症します。再発を繰り返します。

    高齢の犬では腫瘍ができていることがあります。慢性的な炎症からくる良性の過形成のこともあるし、腺癌のような悪性のこともあります。これだとなかなか治らないと感じると思います。

    特別な構造をしているために皮膚の角化異常を起こしたり、結合組織が過形成をおこして、耳を塞いでしまうことがあります。これはすごーく悪いときです。耳の付け根を触ると耳が硬く大きくなっているように感じるかもしれません。耳の中にサザエを入れてあるかのような感じがします。

IMG_8524.jpg
正常な耳と耳道のモデルです。
 

<悪くさせる要因は何だろう>

上記のような、構造的な問題はどうすることもできないわけですが、耳の毛の問題だったら、こまめなケアで毛の処理をすれば悪くなるのを防ぐことができるかもしれません。

アレルギー性の病気、たとえば食物アレルギーやアトピー性皮膚炎があると、皮膚の状態によって耳も悪化と良化を繰り返すと思います。一緒に診察していく必要があります。

甲状腺機能低下症のような内分泌的な病気があっても、耳垢排泄が滞ります。副腎皮質機能亢進症があると細菌感染を起しやすいため、外耳炎を繰り返す可能性が高いです。こうした内分泌系の病気がないかどうかは耳の診察の他、全身チェックや、血液検査を通して知ることになります。検査後、不足しているホルモンをお薬で補充する必要があります。

耳の中に異物はないか、構造異常が起こっていないかを見るには耳鏡などで耳の中を覗いて見る必要があります。異物は取り除けば済みますが、腫瘍は簡単に取り除くことができません。しっかりした治療計画を立てる必要がありそうです。

細菌やマラセチア(酵母菌)感染は耳垢を染色して顕微鏡で確認します。ひどい細菌感染では耳垢を材料にして細菌培養して、適切な抗菌薬を調べる必要が出てきます。まれにはMRSAなどの治療しにくい菌の感染があり、特殊な抗菌薬を長期間使用しなければならないようなこともあります。

このように発症の要因は何?をみていくには、さまざまな検査が不可欠です。「怪しいな」「調べさせて貰えないかな」というときがありますし、逆のこともあります。「困ったな」「調べたいけど痛みがひどすぎて検査どころじゃないぞ」というときです。まれですが耳の処置に麻酔をかけなければいけない状況もあります。耳処置に麻酔!それでも検査してきっちり調べて、しっかり処置ができれば治癒への道が開けます。

 IMG_8525.jpg
炎症が起こっている耳のモデルです。
赤く腫れ、耳垢が耳介のしわに溜まり、耳道は狭まっています。
耳道奥には耳垢が、鼓膜の先でも漿液が溜まっています。

<外耳炎の治療>

外耳炎の治療の基本は耳道をキレイにすることです。耳垢があるとそこに点耳薬を入れても良くなりません。まずは溜まっている耳垢を取り除くことから始まります。じゃぶじゃぶと洗浄しても大丈夫なわんこと、そんなことはイヤですと言い張るわんこがいます。時間をかけるか麻酔をかけるか、さてどっち?ですが、無理のない方法を選ぶことが大半です。こうして治りが悪いことになります。

耳道をキレイにしたら次は点耳薬です。たいていの外耳炎用の点耳薬は炎症を抑える薬、抗菌薬、抗真菌薬の3つが合わさっています。クリームなのか、油っぽい薬なのか、ゲル状になっている薬かの違いと少しずつのそれぞれの薬の特性の違いです。細菌感染がひどく、耳だれが耳の外まで出てくるほどになっている場合は、水性の抗菌点耳液を使います。点耳液は滴下するというよりも、耳の中に薬を入れてしばらく耳を傾けておき薬が外に出ないように保持します。耳浴といいます。

 IMG_8532.jpg
耳垢を染めて顕微鏡で見ると細菌や酵母菌を発見できます。

<全身療法を併用>

基本は外用だけです。でもそれだけだとちょっと不安というときがあります。細菌感染がひどいときの抗菌薬、マラセチアの増殖がある場合の抗真菌薬が主ですが、アレルギー疾患が関与しているときの抗アレルギー療法も全身療法です。内分泌疾患が隠されていたとわかったら、ホルモン剤も内服になります。

「耳が悪いけど、シャンプーしても大丈夫かなぁ?」というご質問を受けます。耳の中に水が入るのが心配で皆さんシャンプーを控えられるようです。アレルギーの関連した外耳炎では積極的に皮膚のケアを併用して貰った方が良いので、シャンプーOKですとお伝えしています。心配ならシャンプーをした日に診察にいらしてください。

多くの「治らない、再発性の外耳炎」はアレルギー関与のあるものです。スキンケアとお耳ケアはセットと考えて貰ってもいいくらいです。

 1529675156573.jpg

<良くなってもまた悪くなる>

はじめの「耳を振る」「耳の後ろを盛んに掻く」「耳が臭う」などの症状がなくなっても、外耳炎がくすぶっています。治療は続けます。それから耳垢のたまりもなく、すっかりよくなって、「ああ、良かった!」になりますが、それからの過ごし方が大切です。

おうちでお耳ケアができるときは週に1回くらい点耳薬を入れて貰ったり、シャンプー後にお手入れをして貰ったりします。おうちケア無理っ!というときは、来てください。春のお彼岸から秋のお彼岸ころまでの季節、「夕焼け小焼け」の放送が流れるのが6時になっている間は2週間に1回くらい来院していただいてお耳チェックできるといいと思います。そして放送が5時になる秋から冬の間は1か月に1回くらいのペースです。これだと再発があってもごく初期で治療を始められるし、たいていはそこそこ良い状態で維持することができます。


まだしばらく暑い日が続きそうです。外耳炎も悪化しやすいです。
「すっかり良くなった!」その後からの過ごし方で耳の状態は変わります。外耳炎は再発しやすい病気です。だから「悪化しないように良い状態を維持させる」のが大切。ぜひ「良くても再診」をお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

犬の外耳炎

 高温多湿の時期に多くみられるのは外耳炎です。

今日はみんな知ってる外耳炎、ほんとはよく知らなかった外耳炎についてお話しします。

 

<外耳炎って?>

外耳道は耳の入り口から鼓膜までの筒状の組織。外耳道の表面は「皮膚」であることを忘れちゃう人が多いですが、ここも皮膚の一部になります。(表皮組織)

外耳炎はこの外耳道に細菌や真菌が増えて炎症が起こる病気です。

頭を振ったり、耳の後ろをカキカキしているのは耳の病気の可能性があります。

IMGP8723.jpg 

<外耳炎の原因はアレルギー?>

外耳炎の主な原因はアレルギーです。アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどが関与しています。

そのほか、内分泌疾患(ホルモンの病気)のために、皮膚の新陳代謝が異常に亢進し、耳道の皮膚が厚く硬くなることもあります。耳道が狭くなり、奥の耳垢排泄ができなくなります。

耳ダニのような寄生虫が関与することもあります。

植物の種や、お掃除したときに落としてきてしまった綿棒の先端部などの異物が炎症の原因であることもあります。

腫瘍ができていることもあります。

 

外耳道には分泌腺(耳垢腺)があります。耳垢腺は外耳道にアレルギーや炎症があると過剰な分泌をおこします。健康な場合、耳垢は自然に奥から耳の入り口に向けて排除されますが、炎症が起こるとうまく排泄されず、耳の中にとどまります。そしてたまった耳垢は曲がった外耳道の奥で細菌の温床になり、炎症に加担し、アレルギーや炎症を悪化させます。

外耳炎が悪化するとこの耳垢のために耳道がふさがってしまうこともあります。

IMGP8724.jpg 

<外耳炎のサイン>

外耳炎になると特徴的なしぐさを見せますし、耳を触ったり見たりすると特徴的な症状が見られます。

レ 後ろ足で耳を掻く。

レ 壁や床に耳をこすりつける。

レ 頭を振る。

レ 耳の中が汚れている。

レ 耳の中が赤い。

レ 耳がにおう。

レ 耳を触ろうとすると怒る。

以上のような様子が見られたら耳にトラブルを抱えているしるしです。

IMGP8725.jpg 

<外耳炎になりやすい犬>

外耳炎になりやすい犬があります。

    たれ耳の犬

ビーグルやコッカスパニエル、ペキニーズなどの耳が下がっている犬は通気が悪いので外耳炎になりやすい傾向があります。

    外耳道が狭い犬、耳にしわが多い犬

ブルドッグやパグ、プードルは外耳道が狭く、耳のしわも多くて耳垢がたまりやすい構造を持っているため外耳炎になりやすいです。

    フケが出やすい犬

ウェスティ、ダックスフンドは脂漏症といってフケが多く出やすい犬種です。この犬は耳垢の分泌も盛んになることが多く、外耳炎になりやすいです。

    耳の中に毛が生えている犬

コッカスパニエルやマルチーズ、シーズ、プードルなどは耳道に毛が生えているため、お手入れが悪いと通気が悪くなり、外耳炎を起こしやすくなっています。

    アトピー体質の犬

柴犬、シーズ、レトリバー、ウェスティはアレルギー素因のある犬で、皮膚の一部である外耳道も炎症を起こしやすいのです。

    そのほか、どの犬種でも外耳炎はおこりえます。

IMGP8726.jpg 

<外耳炎の診断>

外耳炎の診断はほぼ臨床症状から診断が可能です。

次のような検査を行います。

    耳鏡検査

耳の中の分泌物、異物、腫瘍を観察するほか、耳道の腫れや出血などの炎症を見ます。

    耳垢染色検査

耳垢を取って特殊な染色液につけ顕微鏡で観察します。細菌や酵母菌(マラセチア)が見られることがあります。炎症細胞の中に腫瘍細胞が混じって見られることもあります。

    耳垢の細菌培養と薬剤感受性検査

耳垢の中の細菌の種類を特定し、どの抗菌薬が効率よく作用するのかを調べます。

    アレルギー検査

アレルギーの原因となるアレルゲンを特定させる検査です。食事が関与する場合は適正な食事を特定することができます。

    X線検査

慢性の外耳炎で外耳がごつごつしているときや腫瘍の存在が明らかな場合、鼓室を観察するためにX線を撮って調べます。手術が適応になるのかどうかもこれによって判断します。

IMGP8727.jpg 

<外耳炎の治療>

外耳炎でまず行うのは耳の洗浄です。耳の毛が生えている場合はまず耳毛を抜いてきれいにしてから洗浄します。イヤークリーナーは低刺激性で抗菌作用のある液体です。汚れを落とした後、生理食塩水などで洗い流し、水分をふき取ります。その後外耳炎治療薬を点耳します。外耳炎治療薬は連日点耳する必要のあるものと効果が1週間持続するものがあります。細菌感染が激しい時、抗菌薬で耳浴させることもあります。

外用療法だけでなく、内服で炎症を抑えるためのステロイド薬や抗菌薬、抗真菌薬を使うこともあります。アレルギー関与が強く疑われるとき、抗アレルギー薬を投与したり、総合的な治療として処方食をお願いすることもあります。

外耳炎の治療には根気が必要です。それは原因の大部分がアレルギーであることと関係します。アレルギー体質は根本的に治ることはないからです。指定の再診日にお越しください。

また、腫瘍やひどい肥厚がある場合、外耳道切開や鼓室を含めた外耳道切除などの外科手術が必要なこともあります。

耳介が座布団のように膨らむ耳血腫でもレーザー処置や外科処置が必要になります。

IMGP8728.jpg 

<外耳炎の予防>

 外耳炎の予防には、耳を清潔にして、乾燥状態を保つことが重要です。

 治療し、一度治癒してからも、定期的なおうちケアで外耳炎の再発を防ぐことができます。おうちでのケアが難しい場合は定期的に耳毛を抜いたり耳クリーニングのためにご来院ください。

IMGP8729.jpg 

 

おうちケアのための方法を説明した用紙と耳ケアの洗浄液を準備しています。
んばってみよう、という方はスタッフにお気軽にお声掛けください。

IMGP8730.jpg 

今月の掲示板は耳ケア特集です。ご来院の折にぜひご覧になってください。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

耳血腫

 耳血腫についてお話ししましょう。

 

これは耳がおざぶとんのように膨れてしまう病気です。

耳の激しい痒みから、耳を強く振ったり掻いたりするので耳に通っている血管が切れて血が出て、閉鎖されている部分を腫らします。膨れているところの中身は出血した赤い血、または時間経過していると血の成分が分離した薄いピンク色の血漿です。

 IMGP1470.jpg

耳は断面を作ると<皮膚―組織―耳介軟骨―組織―皮膚>というサンドイッチ構造をしています。商品名を出してしまいますが「ランチパック」のシリーズで板チョコレートが入っているものがありますね、パンの部分が皮膚で、板チョコが耳介軟骨にあたります。ここにホットチョコレートを注入するとどうなるでしょう。注入した分はサンドイッチが膨らみます。また硬かった板チョコも融けて形が無くなってきます。こういうのが耳血腫です。

$RO7ZJGT.jpg 


一般に、耳に激しい痒みをもたらすものとしては、外耳炎(細菌やマラセジアなどの感染やアレルギーなど)、耳ダニなどの寄生虫、外耳道への異物が知られています。

耳を悪くして通院する犬が増えるのはアレルギーの元となる抗原が増える春から、細菌やマラセジアの繁殖が多くなる蒸し暑い夏です。そんな季節でもないのに、激しく耳を掻くことで発症する耳血腫が寒い冬に多発しています。

これは温度変化が原因なのではないかと思いました。

IMGP1941.jpg 

寒冷じんましんや温熱じんましん、というのは動物の世界では聞くことがありませんが、急な温度変化が身体に与える影響は原理的に人も動物も同じです。激しい温度変化は血管の周辺にいる肥満細胞を刺激し、ヒスタミンを放出させるのです。血のめぐりが良くなると血液を介してヒスタミンが集まってきます。ヒスタミンは痒みを発生させる物質です。

冷たくかじかんだ手の指を温度の高い湯につけたときや冷えた足先がこたつで温まりかけたとき、また逆に熱めの風呂から出て温度の低い脱衣所ですねが冷えてきたとき、痒みが走った経験はないでしょうか。

 耳はからだのはしっこにあり、血液の流れが悪くなる部分です。薄っぺらな耳の先端はお散歩などで外出した時に冷気に触れるとすぐに周りの温度に影響され冷たくなります。このとき耳のへりを走る血管は出来るだけ温度が下がらないように血管を細くしています。散歩が始まり十分に運動が足りて身体がほかほかしてくると自然に血流も流れますが、そこまで激しく動くこともなく帰宅して暖かい部屋に入っても血管が太くなり、血液の流れも回復します。急な温度変化を受けやすい部分が耳の先の方、というわけです。

 
耳血腫の治療には外科的な介入が不可欠です。

IMGP2092.jpg 

小さな膨らみでは針で溜まった液体を吸引し包帯を巻くという保存療法をとります。

しかし再び膨らむ場合も多く、何度も繰り返される場合は手術が適応になります。耳血腫の手術は膨らんだ部分の皮膚に2~3の穴を開け、まわりを縫うというものです。

皮膚の組織検査をするときに用いられる穴あけパンチのような道具があるのですが、これで皮膚に大きめな穴を開ける方法をとられる先生もおられます。当院ではレーザーを用いています。レーザーでは周囲の組織が痛むのを最小限に抑えながら皮膚に穴を開けることができます。

術後は定期的に通院していただきますが、耳が落ち葉のようにくしゃくしゃにならないようにするのが目標です。美容上の問題ですね。

 IMGP2337.jpg

外耳炎に併発した耳血腫の場合は、そちらの治療も一緒にしていかなければいけないことを付記しておきます。

 

「耳が痒い」は早く治してあげましょう。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード