骨関節症・4

 骨関節症の内科的管理についてのおはなし、続きです。

 

 

<体重管理>

実はこれが一番有効な治療になるのです。肥満または肥満気味にある場合は適正体重までウェイトコントロールしていきます。QOLを維持するためにとても重要なことです。

ご家庭で体重測定をするのが難しい場合は、ボディコンディショニングスコア(BCS)で判断していきます。犬を立たせて真上から見たときに、適度なウエストのくびれがあることや、肋骨や椎骨の突起を触れる要領など、病院で判断する目安をお伝えしますので、それを念頭に置いてもらうと良いと思います。もちろん、定期的に体重測定にご来院くださるともっと良いです。

疼痛がひどい時は少々運動制限を行いますし、痛みを伴ったまま「運動して痩せましょう」というのも良くない方法です。具体的には出ていくカロリーを増やすのではなく、入ってくるカロリー(食事によるもの)を抑えていくのが有効です。

では肥満のときの食事に関するお約束をもう一度おさらいです。

①ヒトの食事は与えません。

②おやつも与えません。

③フードの量は抑えめ、75%程度に絞りましょう。

④食事は決めた時間に与え30分で残っていても取り上げます。

IMGP6692.jpg 

 

<運動量と運動の方法>

ボールを取ってくる遊びやフリスビーなど、ジャンプする遊びは禁止です。関節にとって低刺激な運動が良いのです。平坦なところをゆっくり歩くことから始めます。水中を歩く、または水泳をするのは浮力によって自重が軽くなるため、とても良い運動です。小型犬で家に子供用のプールがあって、夏季でしたら、ぜひともお願いしたいと思います。水中ではありませんが、丈の高い草の間や砂浜などは歩きにくいことも手伝って、慎重に足高に歩くことになるため水中ウォーキングの代用にすることができます。アレルギーの無い犬で、陽気の悪くない時でしたら良いと思います。

屋内でしたら、フローリングなどの床にじゅうたんやカーペットなどを敷いて滑りにくくしてもらうと良いと思います。

 IMGP6699.jpg

 

<理学療法・リハビリテーション>

「歩く」という運動は骨や関節だけでなく筋肉や靱帯によっても支えられています。筋肉が減ってくると関節にかかる負担が増えます。丈夫な筋肉を作ること、筋肉量を増やすこと、筋肉の衰えを最小限に食い止めることは歩行にとって大切なことです。

理学療法は専門的な知識のもとで行われる治療法です。

水中ウォークやバランスボールによる運動、負荷運動としての傾斜や階段での運動があります。

 

 IMGP6693.jpg

<痛みを鎮める薬>

非ステロイド性の消炎鎮痛薬NSAIDsが中心になります。中でもCOX2選択性鎮痛薬は副作用も少なく長期に連用しても安心なお薬です。

しかし目標は、鎮痛薬がなくても大丈夫な生活になります。体重管理や運動療法、構造修飾薬などで管理できるように持っていきたいと思います。

 

 IMGP6698.jpg

<骨関節症の構造変化を修飾する薬>

骨関節症の構造変化を修飾する薬はDMOADsDisease modifying osteoarthritis drugs)といわれているものです。軟骨保護剤として骨関節症の代替的治療、また補助的な治療としてポピュラーです。関節軟骨を保存するまたは回復させる作用を期待して使用しています。軟骨細胞や滑膜細胞の健康と代謝に有益な効果があるとされています。

注射用薬剤としてペントサン多硫酸があります。ヒアルロン酸の合成を増加させる効果、関節軟骨におけるプロテオグリカンの喪失を減少させる効果などが認められています。週に1回、4週ほど連続して使う方法があります。残念なことにNSAIDsとの併用はおすすめではありません。

栄養補助食品としてはグリコサミノグリカン(GAGs)の前駆物質であるグルコサミンと、コンドロイチン硫酸の合剤が主流です。緑イ貝(グリーンリップド・マッセル:GLM)はこれらGAGsのほかにアミノ酸、ω3脂肪酸、各種ビタミン類、ミネラル類を含んでいるものです。緑イ貝は炎症を減少させ、軟骨の破壊を制限し、軟骨の再生を支持して、骨関節症の症状を軽減、改善させるといわれています。そのほか、多くの栄養補助食品をサプリメントとして用いることができます。

また処方食で関節症に特化したものがあります。体重管理のため低カロリーで、関節に効果のある栄養補助食品がすでに添加してあります。

IMGP6700.jpg

 

さて、飼い主さんから聞かれるご質問が二つあります。

<犬は足が痛いフリをするのだろうか>

本当は痛くないけれども足を挙げて気を引こうとしているだけ、と考えておられる飼い主さんがいらっしゃいます。病院に来て緊張のあまり痛みを強く訴えない場合があるとしても、家族の前で「痛いことを装う」ことはないと思います。犬が跛行を示しているのであればおそらく痛みがあるのだろうと思います。

 

<若いからサプリメントは不要だろうか>

遺伝学的な関節の疾患は最終的に骨関節症に発展するものです。遺伝的な関節異常は早期のうちから関節をいたわることが大切です。高齢ではないから関節のためのサプリメントはまだ早すぎる、ということはありません。若いころから投与していくと関節の障害を遅らせることができます。

 

 IMGP6689.jpg

 

<おわりに>

動物のQOLだけでなく、一緒に生活する家族のQOLを高く維持するためにも、年老いた動物が自力歩行し、排泄に介助を必要としないことは大変重要なことです。

手を加える必要はないけれどひとりでできることを監視する「見守り」は、自力の運動を継続することにつながります。あまり早期のうちに「痛そうだから」と歩行させるのをやめて「抱っこの散歩」に切り替えると、残る能力を活用できません。ゆっくりでも散歩をさせてやりましょう。動きやすいように、食事の台を高くしたり生活圏内をバリアフリーにもっていくなどは高齢動物にやさしい配慮です。

また人でいう「要支援」の段階になったころには、さらにもうひと手間の補助が出てきます。散歩の際、腹部を支える補助服を着用させ、背中の上で保持してやると体重の軽減により犬は歩きやすくなります。若いころと同じような運動パターンを課すのは高齢動物にとって苦痛です。距離は短く、歩行はゆっくりと、きつい坂や足元の悪い道を避けるなどのいたわりをお願いしたいと思います。

いよいよ「要介護」になってきますと、食事や排泄に手を貸さねばならず、健康面だけでなく衛生面で相当な労力と時間が必要です。また介護用品等にかかる経済的負担も出てきます。

高齢動物には最後まで自力で歩行してもらえるよう、骨関節症の管理は軽度のうちから対処しておくのが、飼い主さんのQOLの向上にもつながります。

 

今回で骨関節症のお話はおしまいです。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

骨関節症・3

 骨関節症のおはなし・3回目です。

治療についてお話していきます。

 

 

<治療の方針を決めましょう>

犬の骨関節症は何かの原因疾患があって、二次的に起きている場合があるとお伝えしました。原疾患が検査で見つかりこれを手術で治療することができれば、原因が取り除かれるので状態が改善しますから、それが最も良いことです。

しかし、すでに関節炎が進行していて手術をしても症状の緩和が望めないとか、とても高齢であるとか、ご家族の求める機能回復があまり高くないような場合は、臨床症状の緩和を目的とした内科治療を行うのも悪くありません。

 

IMGP6661.jpg
犬の痛みを分かりやすく絵にしたポスターがあります。
 

<手術による治療の具体例>

①離断性骨軟骨炎

はがれている部分を取り除き、ざらざらになっている面を滑らかになるようにする手術があります。

②股関節形成不全

発育に伴い徐々に進行する股関節形成不全の手術はあまり有効ではないようですが、手術法がないわけではありません。恥骨結合の癒合術や三点骨盤骨切り術(TPO)などが知られています。

③肘関節形成不全

鉤状突起が壊れ、破片ができているような場合は除去して滑らかにします。

④前十字靱帯断裂症

2本の下腿骨の骨切りを行ってプレートとスクリューで固定させる方法(TPLO法)は膝関節にやさしい手術として一般的に行われている手術です。縫合糸を用いて固定させる方法もあります。

⑤膝蓋骨脱臼

複数の手術方法があります。いくつかの手技を組み合わせて行うこともあります。

 

IMGP6660.jpg
犬の痛みについて解説しています。
 

<内科的な管理・5大原則>

骨関節症も、猫の特発性膀胱炎と同じように複合的な管理が必要です。集学的治療です。「注射や薬におまかせ」しているだけでは治療効果が不十分です。飼い主さんも積極的に治療に参加してくだるようお願いします。

 

IMGP6659.jpg
チェックリストです。
 

<内科的な管理の目的>

骨関節症は徐々に悪化していく慢性の過程があります。無症候の時期から慢性的に炎症活動をおこしている時期、そして末期へと至ります。

骨関節症の治療目的は3つです。

1、とにもかくにも痛みを抑えること。

 痛みのある活動期にある関節を痛みの無い無症候期に戻しましょう。

2、関節ができるだけ動けるようにし、安定させること。

 病期が進行すると徐々に動きが制限されてくるので、できるだけ進行を食い止めるようにしましょう。

3、関節の機能障害を最小限に抑えること。

 最終的には末期に至る時間軸を遅らせましょう。

ということになります。

 

IMGP6663.jpg
骨関節に関する代表的な病気をまとめた冊子、ご希望の方にお配りしています。

 

<治療の内容>

治療の5大原則は次の通りです。

1、体重管理が1番。

2、正しい運動を的確な量で行いましょう。

3、理学療法・リハビリテーションも有効です。

4、鎮痛薬を使います。

5、構造変化を修飾する薬があります。

 

 

今日のお話はここまでで、個々の管理については次回に回すことにします。

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

骨関節症・2

骨関節症(OsteoarthritisOA)のお話の続きです。変性性関節症、変形性関節症、関節炎などとも呼ばれています。

 

犬でも猫でも一般的にみられる関節疾患です。病態がゆっくりと進行していく変性性の関節疾患です。

 

<発症しやすい犬の傾向があります>

1、年齢

骨関節症を発症する犬の50%以上は高齢で、8歳から13歳の間にあります。8歳をこえるラブラドールレトリバーでは複数の関節(肘、肩、股関節、膝)に骨関節症を生じているのも珍しくありません。

2、性別

人では、女性の有病率は男性の2倍といわれていますが、犬の場合はメスよりもオスの方が多い傾向にあります。

3、サイズ

大型犬の方が小型犬よりも発症が多いです。

4、肥満

太っている犬の方が整形外科疾患に罹りやすい傾向にあります。

5、骨関節部の外傷

成長期の過剰な運動も素因因子として挙げられていますが、関節内のトラブルで関節の手術をしたことがある場合は発症しやすくなっています。

6、遺伝的素因

ラブラドールレトリバーは潜在的な関節疾患があることに加え、関節炎を発症しやすい素因があるようです。

IMGP6649.jpg
股関節の模型です。大腿骨頭がつるっとしてきれいです。


IMGP6650.jpg
骨関節症をおこした股関節です。骨頭部も大腿骨を受けている骨盤骨も表面がガサガサしています。
 




 

 

<原発性の骨関節症・続発性の骨関節症>

原発性骨関節症(一次的骨関節症)は人に多いタイプで、もともとの関節異常はなく、加齢や肥満、過剰な運動、異常な摩耗などを原因として発症するものです。

一方、骨関節症になるもともとの問題がある場合を続発性骨関節症(二次的骨関節症)といいます。犬では何らかの関節異常に伴って発症する続発性の骨関節症が多いです。

 

IMGP6641.jpg
きれいな膝関節の模型です。白いところが軟骨です。右側ラバーは靭帯です。小さな豆のような部分がひざの骨、お皿、と呼ばれている部分です。
 

<もとになる疾患>

原疾患は先天的なもの、機械的な異常によるもの、外傷性の3つに分類されています。

このうち、先天的な疾患は、発育性ともいわれますが、生まれつき関節の問題があるものをいいます。

これには股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、肘関節形成不全、骨軟骨症(発展して、離断性骨軟骨症になります)などがあります。

機械的な異常でもっとも一般的なのは前十字靱帯断裂です。

外傷性の疾患は関節内の骨折や脱臼のことをいいます。落下や交通事故により負傷し発生します。

 

これらの疾患が元にあると、関節の整合性が悪く関節が不安定になっていて、関節を構成する組織を保つことができないので骨関節症になりやすくなります。

IMGP6645.jpg
膝関節の炎症が出てきています。軟骨の損傷があるところは赤く表現してあります。
 

 

<こんな症状がでます>

日常生活の中で、関節を伸ばすときに痛がります。

バランスの整った歩き方でなく、リズムが崩れます。

ぴょこたん、ぴょこたん、というぎこちない動きになります。

ロボットのような硬い動きに見えることがあります。

伏せや座った姿勢から立ちあがるのにゆっくりになります。

どっ・こい・しょ、というかんじ。

起立困難、という言葉で表現しています。

元気がなく、しょんぼりしたかんじに見えます。

触られるのを嫌がったり、急に触れられて怒ったりします。

IMGP6648.jpg
膝関節の骨関節症が進行しています。大腿骨や下腿骨の骨面がでこぼこしています。
 

 

<動物病院では>

歩いたり、早足で駆けてもらったりして、歩き方の検査をします。

跛行(はこう)していることが多いです。

バランスがわるく、こわばった歩き方をするときもあります。

 

それから患肢、健常肢、両方を触らせてもらいます。

片方だけかと思っていた肢も、差こそあれ、両方ともに悪くなっている場合も認められます。

関節が腫れて大きくなっていることがあります。

触診していると痛み反応を見せます。

関節を動かすときに異常な音がすることがあります。

関節を動かしたときに、通常の動きの範囲と違っていることがあります。

筋肉が委縮し、うすぺらくなっていることがあります。

 

X線検査で明らかな異常がみられるのは、すでに骨関節症がだいぶ進行した段階です。初期はX線検査をしても異常点が見つかりません。

痛みのある足が骨腫瘍ではないか、リウマチなどの免疫介在性疾患による関節の破壊からくる関節炎症ではないかなど、他の痛み疾患と鑑別をするために検査をすることがあります。

また、何らかの原疾患(骨関節症を発症するもともとの病気)が疑われる時は、それに標準をあてた検査を行います。




    きょうのおはなしはここまでです。


テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

骨関節症

 骨関節症のおはなし

 

骨関節症(OsteoarthritisOA)は発生率の高い病気です。犬だけにある病気と思われていますが、猫でも発生があります。気づかれないことが多いのです。

症状が徐々に進行していくので、活動性が低下したとしても「こういうもの」と思われてしまうようです。

TVを見ていると人の関節炎のためのサプリメントのCMは毎日といってもいいくらい流れているので、コンドロイチンやグルコサミンは耳に親しいと思います。これだけのCMをするというのは「関節痛」に悩まれている人が多いことの表れでしょう。

 IMGP6453.jpg
今月の掲示板は骨関節症です




このような慢性疼痛を伴う「骨関節症」は「関節炎」と呼ばれることが多いです。とにかく痛いのはつらいので、軽い症状を示しているだけのときから早期治療を始めていきたいと思います。それで、

①この病気を理解していただくこと。

②初期症状を知っていただくこと。

③予防対策をとっていただくこと。

この3つを目的として、お話を進めていきます。

IMGP6454.jpg
まずは痛みについて分かっていただきたいです
 

目標は

①犬や猫に痛みの無い生活を送らせてあげること。

②食事や排泄に介助を必要としない老後を過ごさせてあげること。

2つです。

そう。人と同じです。「要介護」のレベルなら低く、できれば「要支援」や「見守り」を維持できるようにしてあげたいと思います。

IMGP6455.jpg
関節症を発症する原因はいろいろあります
 

 

<骨関節症というのは>

関節軟骨と関節周囲組織が変性していくのに伴って、関節軟骨が壊され、関節の痛みと機能不全がおこってくる病気です。「関節炎」と呼ばれることが多いのですが、「炎症性」ではなくて「変性性」の病気です。「変性性関節症」という呼び名で呼ばれることもあります。

 IMGP6456.jpg
慢性的な痛みを我慢させておくと大変な事態に

 

<関節軟骨が傷むしくみ>

関節軟骨は骨の末端部にあり、関節をなめらかに動かすのを可能にする組織です。特殊な構造をした組織で、実は一旦傷がついてしまうと再生することがありません。関節軟骨は関節にけがをしたり、関節関係の手術をしたりして元の組織が壊されることのほかに、加齢による変化でも「損傷」をおこします。「損傷」ですが、たいていは「軟骨が擦り減ってきます」という表現をとることが多いです。

 

軟骨が壊れて骨が露出すると、骨には神経がたくさん集まっているため、ものすごく痛みが表れます。痛いと動かすのが嫌になるので機能的に十分な動きはとれなくなり、不安定な動きになります。

車ですとホイールの調整に「アライメント」という言葉を使うことがありますね。犬や猫も車同様4本足で歩く動物ですので同じように考えていただくといいかな、と思うのです。どこかひとつの関節に不具合があると他の足、他の関節に無理な力が働いて、なんとか別の部位が調整しようとはしますが、最終的にはどこもみんな悪くなってしまいます。1か所でも不安定なのは良くないですね。

 

軟骨が障害されると、これに続いて滑膜炎(かつまくえん)がおこります。滑膜は関節を内張りしている膜で、この滑膜炎も痛みが出ます。

慢性化した不安定な関節を安定化させようとするため、生体がとる次の反応は、滑膜の外側にある軟部組織の肥厚です。自分の身体でサポーターのようなものを作るわけです。ある程度関節が固定されるので痛みは和らぐのですが、その結果、関節としての自由な動きはできなくなってしまいます。

 

さらに進むと骨の一部がとげのようにとがって出てきます。「骨棘」といいます。レントゲンの検査ではっきり分かるようになるのはこうなってからです。このとげのような出っ張りを「カラスのくちばし」と表現したりします。

 

軟骨が削れ、露出した軟骨下骨に石灰化が始まり、関節の周囲や関節包の付着するところに余分な骨が付き始めると、関節周りはますます硬くなり、関節の動きが悪くなります。

IMGP6457.jpg
痛みを和らげ病気の進行を抑えるには?
 

 

今日のお話はここまでです。

IMGP6458.jpg
骨関節症に良い食事やサプリメントを紹介しています
 

 

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

変形性骨関節症

びっこをひく犬はたくさんいます。高齢になると立ち上がりに時間がかかったり、散歩がとぼとぼ歩きになったり、ジャンプができなくなったり、ロボット歩きやスキップ歩きのような歩き方をしたりなど、「変形性関節症」の症状を出すわんこは大変多いです。

 

 

一般に「関節炎」といわれていますが、関節軟骨がすりへって無くなり、硬い骨と骨がこすれて痛みが出るもので「変形性関節症」というのが専門的な呼び名です。「関節炎」と呼ばれていますが、リウマチのように炎症を起こしているわけではありません。初期のうちはレントゲン検査でも異常は認められません。ある程度進行するとレントゲン検査で関節周辺の骨にカラスのくちばしのようなとげ状の骨が出ているのが認められます。このとげで関節は変形し、腫れて、痛みも出て、犬は歩くことを嫌うようになります。肩、ひじ、手首、股関節、ひざ、かかとなどが変形性関節症をおこしやすい場所です。
 
辻村アレク・関節炎 
↑アレク君。
大型犬で高齢、肥満は関節炎を最も発症しやすい例です。

大型犬で肥満と高齢でなければ大丈夫、と思われているようですが、「二次性変形性関節症」の場合は、もともとの骨関節疾患に併発して起こるため「股関節形成不全症」「レッグペルテス病」「脱臼」「骨折」「前十字靱帯断裂症」「離断性骨軟骨症」などの原発疾患を持っている犬では、みな発症する可能性を持っています。つまりうちのワンがプードルやポメラニアンのような小型の犬であっても、関係ない病気ではないし、むしろもっと若齢のうちから可能性は高くなるので、関心を持っていただきたい病気だと思います。

DSC03158_20110225160757.jpg 
↑ナナちゃんもでっぷり体型。

 

「変形性関節症」の治療ですが、関節内腔の修復をしていくことが大変重要です。週に1回の注射を4回連続する方法がおすすめです。それに平行して鎮痛剤で痛みをとってやります。痛くなければ歩けるので、筋肉の委縮を防ぎます。骨や関節を支える筋肉が弱くなると、さらに歩けなくなるのが加速します。関節といえばCMでおなじみの「コンドロイチン」や「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「グルコサミン」などですが、動物のための専用サプリメントが開発されています。喜んで食べられるように工夫された味とにおいで、長期に与えるのにも苦労がないようになっています。

 

おかしいな、というところですぐに治療を始めることをお勧めします。階段を降りるときの膝の痛みを経験したことのある方ならご存知かと思いますが、我慢してもひどくなることはあっても治ることはありません。老齢になってもいつまでも歩けること、食事や排せつの介助が不要なことは、飼い犬と長く暮らしていく上で大変重要なことだからです。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード