FC2ブログ

保護動物の治療のことなど

 新年おめでとうございます。

新しいカレンダーがずっしりと重く、今年もまた新たな気持ちでがん張っていかねばという新年のきりりっとした気分をもり立てています。今日は日頃思うことをお話しします。

 IMGP0829_20171228183543e9f.jpg
今年も手作りの干支作品を作っていただきました。

<教育支援の放課後学校>

昨年末のことでしたが、SNSに流れてきたニュースに子供の無料学習塾のことがあり、ちょっと目にとまりました。NPO法人で放課後学校のようなことをされている団体さんのことです。少し前に、同じような取り組みをされている別の組織のことをどこかの新聞が報じていたような気がします。そしてその前に読んだ小説にも同じようなことが書かれていました。題名、何だったでしょう?(細かいことが思い出せなくなっております。)

 IMGP0832.jpg
くーちゃんのお母さん、ありがとうございます。

<学習塾と動物病院>

いつからだったか「学習塾と動物病院って似ている!」と思うようになってきました。

学習塾もいろいろありますよね。同様に動物病院も多様化してきました。

例えば塾には補修塾と進学塾がありますが、補修塾は家庭医としてすべての病気の窓口になっている一次病院のようであり、進学塾は一次病院で発見された病気を突き詰めていく専門性の高い二次病院のようです。進学に特化した教育を投入することで難関問題をクリアし進学できることと、動物病院で特殊検査を行い、専門的な治療を施すと難儀な病気も改善させられることは似ていると思います。

それからチェーン展開し同一のテキストで授業ができる塾がありますが、動物病院にも全国にチェーン展開しペットショップに併設されている病院があります。そしてそのような塾では、どの講師が行う授業の内容も均一になるように若手講師たちが教育指導を受けているのだとか。同じようにグループ病院に勤務する獣医師たちは同一のセミナーを受講し、獣医師による診療のばらつきが出ないような仕組みになっています。

個人塾の中には、驚くような進路実績の成果を上げていたり、短期間で偏差値の急上昇をもたらす指導をされていたりする先生がいらっしゃいます。おそらくこういう塾が、家庭医としての役割を果たす動物病院になるのでしょう。生徒の興味や性格、部活動などの生活全般を通して最適な学習方法を指導していく方法は、同じ病気にかかっても病気になった個体の特性に応じて最適な治療を行っていくのに等しいと思います。

 IMGP0836.jpg
紅白の土鈴は青蓮院門跡で。
皆さまのお願い事が叶い、
つつがなき一年を過ごされますように。

<教育支援と保護動物の治療>

さて、NPO法人による無料の学習援助は、勉強したいのだけれど勉強のやり方が分からない、学校の勉強だけでは授業について行けない、けれどさまざまな理由があって塾に行きたいのだけれど塾に行けない子供たちに光を差した取り組みです。このままうまくいって欲しいと願います。

同じように、獣医療を必要としているのに受けられない動物がいます。飼育動物でもそのようなことがあるのは今に始まったことではありませんが、決まった飼育者が居るわけではない地域猫は、獣医療の恩恵に当たることができない動物たちの筆頭にあげられると思います。TNRのニュータード手術を依頼された猫の中に、このままリリースされるにはためらわれるほどの外傷を負った猫がいます。人慣れしていない猫たちにとっては拘束して治療を続けることのストレスもあり、入院加療をさせて貰うのが良いことなのか、慣れた地域の慣れた餌やりさんにご協力願うのが良いのか、そもそも放していつもの餌やり場にまたやって来てくれるのだろうかと今後の治療プランに悩みました。また雄志の方々からの援助で不妊手術を受けることになった猫たちの、プラスアルファの治療費は一体どこから捻出したらよいのでしょうか。たまたま縁のあった個人の方の負担になってしまうのでしょうか。このような動物の治療においても、無料の学習支援塾のような形態の動物病院ができたら良いのにと切に思いました。「動物病院」という名称はあまりふさわしくなく、「保護ケア施設」と言う方がふさわしいかもしれません。

 IMGP0849.jpg
張り子の犬、こちらは真清田神社で。
初宮参りの記念の張り子です。
子供の健やかな成長を祈って作られている物です。

<保護動物の治療と管理ができる施設>

犬猫の「殺処分ゼロ」への取り組みがなされています。「飼育できなくなった犬猫たちの引き取り」を無くし、「尊い命を守る」ことにおいて十分意味のある取り組みです。これさえもまだ十分に機能しているとはいえない段階なのですけれども、さらに次の段階として「身寄りの無い動物たちが病気やけがをしたときに治療と看護をする保護施設」の必要性を感じます。

海外では野生動物を一時的に治療し、準備段階を経て再び野外に送り出す施設があります。負傷の程度により永久に野生化させられない動物もいると聞きました。

既存の「動物保護管理センター」さんに、この機能までをお願いするには仕事量とスタッフ数など問題があり、新たな税金投入をして施設の充実を図るなどしないと難しいでしょう。放課後学校が公的な施設ではなく、NPOさんたちが作る施設であることを考慮すると、負傷動物のための新たな施設を公的に作っていただくのはさらに難題であるかもしれません。

「飼い主のいない動物たち専門のケア病院」が寄付によって各地に生まれ、存続できる日が来ることを願ってやみません。

  IMGP0845.jpg
招福の張り子。
古くは犬張り子は江戸みやげの子供の玩具だったそうです。
うちの犬も花咲かじいさんに登場する犬のように
金運をもたらしてくれるといいですよね。

暖かな部屋のふわふわのお布団で好物も要求し放題、おなかいっぱい食べられている動物がいる一方で、いかに自由を持っていようとも冬空の寒さの中お腹をすかせたままに眠る夜を今夜も迎える動物がいることに心が痛みます。子猫を産んでも、小さなときにカラスにくわえられ連れ去られるとか、さまざまなウィルス疾患に罹患して成長もできないまま亡くなっていく子猫を母猫はどう見ているのでしょうか。

多くの患者さんに支えられ、ハート動物病院は地域の獣医療を継続してやってまいりました。大仰な保護センターの建設や新たな試みをするほどの力量はありませんが、このような獣医療困難動物のためにできる小さなことをこれからもやっていこうと思います。

本年が皆さまにとりましてよき年であり、たくさんの笑顔を拝見できますように。合掌

 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

世界のら猫の日

 今日、1016日はNational Feral Cat Day、世界のら猫の日です。

地域猫のことについてお話しします。

 

*地域猫という存在について*

地域猫は、野良猫とも呼ばれていますが、ペットとして飼育されている猫と同じ猫です。彼らは通常私たちに社会的になじんでいないため、飼育されていません。地域猫は私たちの近くの屋外で生活しています。もともと猫は歴史のほとんどの期間、人と一緒に屋外で生きてきました。今日ではペット猫の多くは屋内で飼育されていますが、屋外にだけ住んでいる所有者のいない猫も多数存在すると推定されます。彼らは餌が十分にある環境下では、コロニ​​ーと呼ばれるグループで住んでいて、そのコロニーのメンバーと強い社会的絆を持っています。餌の量が少ないと1匹で生き延びようとして個別行動をとります。

 DSC_2470.jpg

*地域猫を応援するいろいろな方法があります*

① 猫をレスキューします。

ボランティア施設や保護センターなどに出かけたり、譲渡会や里親募集をしているキャットカフェに行ったりして、おうちを探している猫を譲り受けてきます。

あるいは、めったに無いチャンスかもしれませんが、「ミーミー」か細く鳴く声を頼りに生まれたばかりの子猫、母さん猫と何かの手違いではぐれてしまった赤ちゃんをその場から救出することでも応援できます。

フォスターペアレントですね。

☆里親さん募集広告は当院受付にもございます。時々覗いてみてください。

IMGP9294.jpgIMGP9295.jpg 

② ボランティア団体に参加します。

あなたのお住まいの地域にも野良猫保護のためにボランティア活動を行っている団体があります。いろいろな活動があり、メンバーさんのできることも多岐にわたってあります。

彼らの活動を援助してください。

☆あなたのお力をお借りしたいボランティアさんの情報は当院受付にございます。

 

③ TNR活動を推進します。

TNRはtrap(つかまえて)-neuter(不妊手術を行い)-return(もとのところに戻す)の頭文字をとって名付けられている活動です。これは地域猫の集団を安定化させるための効果的かつ人道的な唯一の方法です。猫は人道的に捕獲され、動物病院で衛生的に不妊手術を実施され(場合によってはワクチン接種や外部寄生虫の駆除をされ)ます。

☆当院でも実施しています。

IMGP9292.jpg

④ ボランティア団体に寄付をします

活動をともに行うことは出来なくても、運転資金の応援をするのも保護活動に参加することになります。全国的な活動を行っている団体もあります。

☆西尾地区のボランティアさんの募金箱は受付にございます。

IMGP9293.jpg 

⑤ 外出自由なおうち猫の不妊手術をします。

外出自由なオス猫は恋の季節が来たときに、お外で野良のメス猫さんと仲良しになってしまうかもしれません。うっかり未婚の母を作ってしまう可能性もあります。好きなときに自由に外出するオス猫を飼っているなら、ぜひ去勢手術をしてください。
メス猫であっても、シーズンが来ると野良猫の男の子を刺激することになります。些細なことで恋を巡って争いごとが発生すると、治療を受けられない野良猫には小さな傷が致命的になったり感染症を伝播することになります。避妊手術をお願いします。

☆避妊手術、去勢手術は予約にて承っております。

 

⑥ 外出自由なおうち猫に首輪をかけます。

自由に外出する猫が間違って捕獲器に入っても、首輪をつけていれば飼い猫の印。TNRプロジェクトに回されることはありません。もし首輪がないと外猫と区別が付きません。既に避妊手術済みかどうかは外貌から判断することができないため、無駄に麻酔をかける結果になってしまうこともあります。外出する猫でしたらぜひ首輪をつけてください。

⑦ 外出自由なおうち猫にきっちりワクチン接種をします。

ワクチン接種率が上がると、ワクチン接種をしていない猫も守ることができます。感染症の発生率が減少するためです。生涯ワクチン接種を受けることなく過ごしていく野良猫にとって、致死率の高い感染症が減少することはたいへん重要なポイントです。


⑧ のら猫応援活動について知らせます。

SNSを通じて、野良猫の日のことや、いろいろな活動があることについてお友達はじめ多くの人に知ってもらうことも立派な広報活動になります。このようなブログを広めてください。

☆ハート動物病院はtwitterでもTNRのことなどをつぶやいています。アカウントは810_heart_810です。よろしかったらこちらからもお願いします。

 

☆もっとたくさんの野良猫支援の方法があるかもしれません。
思いつくことがあったら教えてください。

IMGP9263.jpg
ルドルフの映画を見ると、のら猫の生活の厳しさが伝わってきます。
 

*餌やりは野良猫支援になりますか?*

餌やりはその場に集まる猫の数を増やすだけの活動になってしまいます。

餌が少ないと食餌を巡って猫同士が争いを起こし、猫はけんかによってけがをしたり感染症になったり健康を損ねることになります。また猫が争うときの賑やかな声は近隣の方に迷惑をかけます。

では十分に餌の量があれば大丈夫なのかというとそうでもありません。食べ残しをそのまま放置すると、蟻や蠅などの昆虫が集まってきますし、食べ残しの臭いもご近所迷惑になります。

餌やりには細かなルールがあります。ここでは方法についてお話ししませんが、ただ「おなかが空いているのはかわいそう」「餌をやると猫がうれしそうに寄ってきてくれる」「野良猫と戯れると癒やされる」という個人の勝手だけで、のら猫社会の環境をかき乱すのは好ましいことではありません。

 

*増やさないのも愛*

受付カウンター下に環境省のパンフレットを起きました。ご興味のある方、細かい字がいっぱいですが、ぜひお手にとってご覧ください。

IMGP9296.jpg

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

ちいき猫・そと猫・おうち猫

 今日もまた心臓病のお話を途中休みです。それは地域猫のことをお話したいからです。

 

はじめは猫さんのお話というよりは患者さん自慢かもしれません。先月はたくさんの方に新しい命を救っていただき、それはもう、嬉しく思いました。

猫さん、春の発情で新しい命が誕生したわけですが、地域猫になっている母さん猫が育児に疲れたのか、また運搬途中に非常事態に遭遇したのか、お家で生まれた猫さんが捨てられてしまった!なんて思いたくはありませんが、とにかく母さん猫とはぐれてしまった子猫たちが出現したのです。市内のあちこちで誕生したこのままでは生きていくことができなくなった子猫たちを、ハートの患者さんたちはたくさん保護してくださいました。みなさん異なる地域で子猫の危機に遭遇し、自主的に手を差し伸べてくださった方々です。

飼育犬が散歩途中に発見してくれた前足の麻痺した子猫さん、カラスにつつかれたらしい外傷跡がある子猫さん、まだへそのをがとれたばかりのようなミルク飲みの子猫さん、目ヤニで目がくっついたままになっていた子猫さん、くしゃみ連発の子猫さん、お腹に数種類も寄生虫がいた子猫さん、皮膚病にかかっていた子猫さん、いろいろです。複数まとめて保護してくださった方もいらっしゃいました。保護がなければ治療は始められませんし、治療だけ行ったところで、家庭での看護がなければ治らない病気ばかりです。ウンチやおしっこもまだうまくできない子猫さんもいます。病院で治療するのは1日のうちのほんの数十分に過ぎないところ、ご家庭では残りの23時間数十分という長時間のめんどうみていただかないといけないのです。そして、どの子も途中でリタイアすること無く、そのまま「うちのこ」にして飼育していただけることになりました。みなさんの温かなお気持ちに感謝です。

 

 IMGP4811.jpg

<地域猫・ちいきねこ>

全く人と関わらず外で暮らしている猫さんもいますが、お宿の提供は受けないまでもある程度の距離をもち、少し食事をいただきながら暮らしている猫さんがいます。「地域猫」と呼ばれている猫さんです。環境省の定義している地域猫は、「地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫」です。うまく地域猫活動が進んでいる地域では、飼育管理者さんがはっきりしていて、彼らが飼育する対象の猫をしっかり把握し、食事の管理(与えるだけでなく、食べ残しの片付けなどもできている)だけでなく、排泄物の管理も(きちんと専用のトイレを作り、清潔に保たれている)、不妊や去勢の手術もきちんと実施させていて(一代限りの命を全うしてもらい、数が増えないように管理されている)、周囲の住民の方々(もしかしたら猫さんをあまり好きではない人たちもいらっしゃいます)のご迷惑にならないように飼育されています。こういうの、理想ですね。

 

 IMGP4817.jpg

<外猫・そとねこ>

その一方で同じように猫さんへの愛情から始めた行動が、単なる「外猫」の餌やり活動だけに終わってしまっていることもあります。

「かわいそうだから餌をやった」

「そしたらたくさん集まるようになった」

「猫同士でケンカが始まった」

「知らない間に子供が出来ていた」

「こんなに急に子猫が増えるなんて思いもしなかった」

「近所の方から排泄物のことや食べ残しの餌のことで苦情が来た」

こんなサイクルですと、餌やり活動をある日突然止めざるを得なくなってしまいます。また、それでも餌やり活動を継続できたとしても、ご近所の方からの苦情を回避できていませんから、ご近所さんは行政からの指導をお願いしようとするかもしれません。猫に良かれと思って始めた活動が、猫を窮地に追い込む結果になってしまいます。

 

 

「地域猫活動」と「外猫餌やり活動」では活動した結果がだいぶ違ってくるように思います。

 

IMGP4848.jpg 

TNR活動>

TNRというのをご存知でしょうか。

TTrap「捕まえて」

NNeuter「不妊手術をして」(手術した印として耳先に小さなV字カットをします)

RReturn「もとに返す」

こういう活動です。

 

初めて聞く方には「捕まえる!?」「手術なんてかわいそう!」「耳を切るなんて痛くない?」と思われるかもしれません。けれど、かわいそうな子猫さんを増やさないためにとても有効な方法です。

 

 IMGP4803.jpg

<地域猫の避妊や去勢の手術>

「おうち猫」の避妊や去勢手術の利点については前から触れてきました。ちいき猫でも同じで、個々の身体にとって良いことがあります。性腺ホルモン由来の病気(前立腺や精巣の病気、卵巣や子宮の病気、乳腺の病気など)をなくすことができますし、また行動学見地から、無益な接触が減少するため猫に特有の伝染性ウィルス疾患に罹患すること、ケンカによるけが、飛び出しによる交通事故などのリスクが減少します。おうち猫ならとても気になるマーキングですが、外で自由にしていている猫でも同じことで、去勢手術をするとスプレー行為も格段に減少するので、排泄物のことでご近所迷惑になっていた問題も鎮静化する可能性があります。

手術のときには麻酔がかかるので、それまで遠くの方からしか観察できなかった猫の身体検査が可能になります。ノミや耳ダニなどの外部寄生虫のほか、お腹の寄生虫も発見すれば駆虫できますし、他の外傷や皮膚病の治療も同時治療が可能になります。

また、耳をカットするのは「この子はもう手術済みですよ」という目印。知らないでもう一回手術してしまうのを防止するためです。レーザーメスで切り込みを入れると全く出血もしません。術後は鎮痛処置も行いますからしばらくは痛みからも解放されています。

地域猫を集団としてみる場合も、避妊や去勢の手術は良いことがあります。発情による濃厚な接触がなくなり、伝染病の拡散を防ぐことができます。

 

IMGP4805.jpg 

<外出自由なおうち猫の去勢手術>

地域猫の繁殖をTNR活動で制御していても、外出自由なおうち猫が去勢手術されていなければ、出先で繁殖させてしまうことになります。もし、地域猫に対する問題に関心を示していただけるのならば、ぜひおうち猫の去勢手術を検討していただけるとありがたいと思います。去勢手術の利点は上記のようにたくさんあります。

 

 
<ちいき猫の幸せのために>
外猫さんを可愛いな、何かしてあげたいな、と思うようでしたら、集合体としての猫さんのことを理解していただき、単に「餌やり活動」で終わらないようにしてもらえると、うれしいです。
もちろん、お外遊びをするおうち猫の去勢手術も立派な貢献です!


テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード