腎臓病に関するちょっとしたセミナー

春先の動物病院は忙しい。そのシーズンが終わる6月からはいろいろなセミナー、学会が目白押しです。

 

5月の大阪、行動療法学に続いて6月は名古屋で腎臓病に関する小さな勉強会が開かれました。小さいといえども100人~200人は集まるのがふつうです。でも狭い会場に100人を超す獣医さんがそろっているのはなんとも異様な感じもします。しかもそういう中に自分も入っちゃう、ってことは異様な分子の一つになるわけで、これまたビミョーですね。(ま、今回は院長だけど。ふふふ…。257

 

さて、皆さんもよくご存じの血液検査項目「BUN」と「CRE」をめぐってお話はすすめられました。この二つの検査項目は一言で言うと「腎臓の評価」でも、もっともっと、「深いぃ~」意味があります。

 

両方が低ければ、病気の疑いもなく「安心です」って言えますが、どちらか一方(たいていはBUNの方)だけ高い時にはどう評価するのか、っていうことです。

 

病気の場合もあるし、そうじゃないこともあるし、その前触れってこともあるしというのがその答えです。284(なんだ、全然答えになってないじゃん!って声が聞こえてくるようで申し訳ありません。466

 

そして「こういう結果が出たらどうしますか」ってことですが、いつも皆さんにお願いしているように「これだけではわかりませんから、追加の検査をしていきましょうね」が結論です。(あぁ、もうひとつ、溜息が聞こえました。466

 

まぁ、それだけ腎臓病は奥深いのです。そして何といっても心臓と腎臓は高血圧というバイパスを通じてがっちり結びついているんですね。脳神経内科の分野がもっと発達すると犬でもヒトと同じように高血圧症による血管イベントとしての神経障害がもっと明らかになってくるに違いありません。(腎臓と心臓は血管を通じて脳にもつながっている!)それは私が獣医さんをしている間に分かるのか、あの世に行っちゃってから「まあ、やっぱりね」って先立たれた犬に出会って再確認するのか、どちらになるのでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード