FC2ブログ

犬の病気が人に移りますか?

 今日は感染症のお話をしましょう。

というのも「犬の病気は人に移りますか?」というご質問があるからです。

 

一般にウイルスには宿主特異性という仕組みがあり、ある動物の細胞に入るときには特別な鍵を必要とするのですが、この鍵は決まった動物のかたちになっているため、別の種の動物では鍵穴が合わないために、細胞内に入ることができません。それで、犬から人、または猫から人、もちろん人から犬、猫から犬などの感染は起こらないのです。

 

しかし、ごく稀にピッキングが発生することがあるのです。ウイルスの待っている鍵があれもこれも合う。まるでマスターキーのような鍵をもったウイルスです。

そう。思い出されたかもしれませんね。鳥インフルエンザのようなことです。

でも、共通の鍵によって細胞内に入り込めた(感染を起こした)といってもすぐに病気を発症するわけではありません。ウイルスの遺伝子は、細胞内に入り込んだ後、細胞をハイジャックし、自分を複製、量産しなければいけないからです。そしてその時にも鍵が必要になるのです。

DSC01035.jpg  

ウイルスは常に変化を起こしています。鍵も簡単に造り変えていきます。

 

ところで、あなたの愛犬や愛猫は年に1度のワクチン接種を受けていますか。その混合ワクチンのなかにパルボウイルス感染症があるのはご存知でしょうか。犬や猫のパルボウイルス感染症は「汎白血球減少症」とか「猫ジステンパー」「犬パルボ腸炎」などと呼ばれています。発生は減りましたが、発症すると怖い病気です。パルボウイルスは常に増殖を繰り返している細胞群が大好きですから、腸の粘膜上皮や白血球が被害を被ります。それで粘膜がずるっと剥がれおちて激しい血様の下痢を起こしたり白血球減少を起こし、激しい感染では一両日中に死亡してしまうこともあるくらい怖い病気です。

DSC01060.jpg  

もともと犬にはパルボウイルスの感染症はありませんでした。古くはミンクの腸炎の原因ウイルスでしたが、これがネコ科の動物に感染をもたらしました。そしてさらに犬もパルボウイルスに感染することになりました。ウイルスが突然変異を起こして鍵のかたちが変わったのでしょう。

 

ミンクと猫、猫と犬があまりにも密接な関係を作っているとこのようなことが起こるのかもしれません。人と犬が密接になりすぎるきらいのある現代です。食事、睡眠などある程度距離をおくことも考え、清潔に暮らしたいものです。

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード