麻布の「麻」展

母校で開催されているイベントのご紹介です。
DSC01765.jpg
麻布大学はもともとは、東京の麻布にありました。
今は神奈川県相模原市。
東海道新幹線の新横浜駅から30分ほどの距離にあります。

名前、「麻の布」ですよね。
確かに「麻」というと「麻の紐」とか夏向けの布である「麻」を想像させてくれます。
いわゆる「麻」の「茎」を利用しています。
繊維の部分です。
DSC01784.jpg
DSC01770.jpg

あとは「麻の葉」の模様でしょうか。
DSC01789.jpg
魔よけの意味があるようで、赤ちゃんの産着にはこの麻の葉模様のものを着せます。
若い頃はこんな昔っぽいダサいのを子供に着せるのには抵抗がありました。
どのこも一度は着せましたけれどね。
今は麻の葉模様のハンカチなど積極的に持つようにしているんですから、歳って怖いです。


さて、麻の実はこんなもの。硬い殻を割って中の実を頂きます。
DSC01779.jpg 
DSC01801.jpg
胡桃のような柔らかくて香ばしい味わいなんだそうです。
今、「ヘンプ」は健康食品として人気のようです。
ロハスってやつでしょうかね。

そんな麻の実を使ったお料理の紹介本も展示してありました。
DSC01767.jpg DSC01766.jpg DSC01768.jpg
ほほー。


「麻の実」は消化吸収のよい良質な植物性たんぱく質、必須脂肪酸をバランスよく含み、現代の食生活に不足しがちな必須ミネラル(鉄・銅・亜鉛)が豊富なんだそうです。

いわゆるシリアル。
DSC01802.jpg
それからオイル。
DSC01775.jpg
このあたりはなるほどねー。でした。


さらにコーヒーにも入ってる。
DSC01803.jpg

えっ?国産のビールも、麻から?
DSC01773.jpg

おやまぁチョコレートになっていたりもするんですか。
DSC01774.jpg


驚きの連続です。

「麻」というと想像するのが「大麻」の「麻」であったり、「麻薬」の「麻」であったりするわけですが、なんだか想像とは大きく違うようですね。
「麻」は「茎」は繊維として、「実」は食用として利用されています。そしてこれらは「大麻取締法」とは無関係な部分です。こわいのは「花穂」と「葉」の部分。ですから食べてもオカシクなったりはしないので大丈夫ですよ。

「ポピー」の花が大好きなわたしですが、ヒマラヤには「青いケシの花」があるらしく、いつか、満開のブルーポピーを見てみたいと思っています。

DSC00267.jpg

麻と私たちは古く、縄文時代からの付き合いがあるようです。
DSC01791.jpg
あの、縄目模様は麻からできていたのですね。


もしお時間が取れたら、どうぞ大学へお越し下さい。

http://www.azabu-u.ac.jp/topics/detail2012/hemp.html
スポンサーサイト
プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード