ノミとマダニの予防について

 風薫る5月。さわやかな風が吹き抜け、1年で最も気持ちの良い季節。。。。のはずなのに、日中は真夏のような暑さで熱中症に罹患する犬も来院しています。夜間はまだ涼しく、眠れないような熱帯夜にはなっていませんが、その分、昼と夜の温度差があり、体調を崩しやすくなってます。「夏バテ」の言葉に代表されるように、食欲不振や嘔吐、下痢などの胃腸障害になるのもこの季節変わりの時期に多いことです。
屋外犬舎も屋内のケージも、風通しを考えて冬場とは違うところに設置し、水はいつでも自由に十分飲めるように支度をお願いします。食欲が優れないときには、不安から、いつもと違うものを与えがちですが、嘔吐や下痢を誘発しやすく、食べたことで安心し、動物の観察を怠ってしまったり、動物病院への来院が遅れたりします。いつも通りのものを食べない場合は、体調が優れないものと考え、早めの来院をお願いします。

さて、急に高温になってくると、ありがたくない外部寄生虫の繁殖も盛んになり、ノミやマダニの予防をうっかり忘れていると、すでに身体に付いてしまっていることもあります。ことのほか新しい情報もありませんが、もう一度簡単にお話をしておきます。

 
IMGP7074.jpg
6月の掲示板はノミとマダニ特集です。

<ノミについて知ってください> 

動物の身体に寄生しているノミは成虫です。ノミは蝶々と同じように形を変えて成長していきます。卵を産み、卵が孵化して幼虫になり、さなぎを作ってまゆの中ですごし、その後羽化して成虫になります。卵からさなぎになるまでの間は飼育環境中で過ごし、動物の身体に5匹のノミの成虫がいたと仮定すると、95匹の卵・幼虫・さなぎが環境中に潜んでいるといわれます。ノミが動物に寄生してから吸血、交接し卵を産むまではたったの24時間から48時間で、生まれた卵から成虫になり再び寄生するまでのライフサイクルは気温1315℃で活発になり、真夏では最短で12日~14日でひとまわりするといわれています。その後、成虫のままでも気温さえ条件が整っていれば最長120日も生き続けます。暖かければノミはどんどん増えていくという怖いお話です。

卵や幼虫・さなぎが潜んでいるのは猫や犬がよくいる所です。屋内であれば、ソファやベッドの上、カーペットの上、ペットのベッドの周り、家具の下、部屋の隅、壁際です。寄生を許してしまった場合は、このような場所の掃除をきっちりしておかないと、再感染を繰り返すことになります。念入りに掃除機をかけ、ダストボックスはすぐに廃棄処分しましょう。また屋外では庭先の直射日光の当たらないところで、犬舎の下、縁の下、草むらなどに多くみられます。

IMGP7069.jpg
ノミの生活環について。
  
IMGP7070.jpg
一度ノミの寄生を許してしまうと家じゅうがノミだらけになってしまうわけがわかります。


<マダニについて知ってください> 

一方マダニは卵から孵化しても同じ形のまま吸血と脱皮を繰り返し、3回目で成ダニになり卵を産みます。生まれてすぐは1mmくらいだった体長も成ダニの段階になると未吸血時で4mmくらいですが、目いっぱい吸血すると、ぶどう(デラウェア)サイズにまで大きくなることがあります。マダニは犬の身体でも耳や目の周り、鼻の頭など毛の薄く短いところを中心に寄生することが多いです。

マダニは山の中だけに限らず、河川敷やあぜ道、木の豊かな公園などにも生息しています。ひゅっと伸びた葉の先端部分にいて、近くを動物が通りかかるのを待っています。

 IMGP7071.jpg
マダニは普通のお散歩コースにも潜んでいます。



<ノミとマダニの動物と人への被害について> 

ノミによる犬猫の被害は、寄生されることで痒い(掻痒症)、ノミアレルギー性皮膚炎などの目に見える変化のほか、サナダムシ(うりざね条虫)の寄生など、目に見えないものもあります。また、ノミはジャンプの選手とも言われるほど高く遠く飛ぶことができます。人のひざ丈くらいは簡単に飛び上がりますから、わたしたちも足をかまれるなどの被害をこうむることがあります。また猫の「バルトネラヘンセラ」という病気を持ったノミにかまれると、人は「猫引っ掻き病」になります。リンパ節が大きく腫れあがり、だるいなどの症状が出ます。

 IMGP7072_201505310954498f7.jpg 
ノミやマダニは付いてると気持ちが悪い、だけじゃありません!

マダニによる犬猫の被害は多数寄生による貧血のほか、「ヘモバルトネラ」(「ヘモプラズマ」)という病原体が猫の赤血球に寄生し貧血や黄疸を引き起こしたり、同じく「バベシア」という病原体が犬の赤血球に寄生し貧血や黄疸をおこすことがあります。マダニの人への害として近年注目を集めているのは重症熱性血小板減少症候群(SFTS)です。2013年に日本で初めて死亡例が報告されました。SFTSウィルスによる患者発生地域は関西圏で、愛知県では未確認の段階ですが、ウィルスを保有しているマダニは近隣では静岡県、山梨県で確認されていますし、抗体陽性の野生動物(シカやイノシシ)は長野県で、抗体陽性の猟犬や飼い犬が三重県や長野県で確認されています。油断はできない状況にあります。

IMGP7076.jpgIMGP7077.jpg
SFTSやバベシア症の発生状況です。

 

ノミやマダニといえど、人にも関係する怖い病気をもたらす危険があるので、公衆衛生の意味からも寄生を許す前にしっかり予防しておくと安心です。

IMGP7078.jpg
SFTSはこんな病気。
 

 

<予防について> 

ノミやマダニの予防法はお伝えするまでも無く、動物病院で処方する滴下剤を1カ月に1回使用していただくことです。このほかに経口の予防剤もあります。昨年秋に発売された経口薬は副作用も少なく、犬の予防薬として新たにおすすめしています。


IMGP7073.jpg
ノミやマダニはどのように予防するのが良いのでしょうか。

 

<間違いだらけの予防法>

よくある間違いを挙げておきます。これらの方法は効果が無いだけでなく、場合によっては危険になります。

1、ノミ取り粉

 動物に直接ふりかけるのはやめてください。もし購入してしまった、という場合は、環境中に潜むノミ退治のために掃除の一環として使用してください。ふりかけて掃除機で吸い込む、ということです。その場合もその後しっかり拭き掃除をお願いします。

2、ノミ取り櫛

 「身体に付いたノミが気持ちよいほどよく取れる、取ったら潰すのが楽しみだ」とおっしゃる方もたまにはいらっしゃいますが、こちらは寄生したノミを発見するための道具としてとらえていただきたいです。ノミの成虫を潰すと中から卵が飛び散りますから、結局は新しいサイクルの元を環境中にばらまくことになってしまいます。やめてください。

3、ノミ取り首輪

 手っ取り早くて簡単なのはわかりますが、ホームセンターやショッピングセンター化した薬局などで市販されているものは効果がありません。動物が嫌がるだろうキツいハーブ(?)の臭いをさせているものもありますが身体によくありません。「全体が薬だと思うと、長さに余裕があっても切り取るのがもったいない」というわけで、長い部分をぶらぶらさせたまま巻きつけられている猫を見かけますが、余剰部分を食べてしまい、催吐処置をかけることになったとか、麻酔下で内視鏡を使って胃内から取りだすことになった場合が過去に数例あります。危険で効果の無い首輪をつけるくらいなら、同じお金を可愛らしい首輪を購入する方に使っていただきたいと思います。

4、ノミ取りシャンプー

 特別な薬用のシャンプーならノミが死んでしまうだろうと思われがちですが、せいぜい気絶して動きが鈍くなる程度に過ぎません。また体幹部を湯につけている間にノミは頭頂部に這い上がります。頭まで長時間薬液に浸しておくわけにはいきませんから、やはり取り逃がすことにもなります。ドライヤー乾燥している間に復活したノミは遠くへ飛んでいき、次の感染源を環境中にばらまくことになります。この方法もおすすめではありません。

5、ノミ取りアロマ

 ハーブの香りでノミを寄せ付けない、といいますが、蚊取り線香と蚊の関係でも知られるように、なかなか思うようにはいきません。また猫には特別な代謝経路があり、特にティーツリーオイルが有名ですが、有害なアロマもありますので、使わないようにお願いします。猫と同居しておられる方は日常的にお部屋の香りを楽しむ場合も、猫への禁忌を良く知った上で無害なものを選び、かすかに薫る程度で使用するようにしてください。

6、市販の滴下剤

動物病院で購入するのとあまり大差ない値段なので効くのだろうと思われてしまうようです。びっくりするほどの安価であれば効かないかも、と予防線を張ることにもなるのでしょうが、全く効きません。もったいないだけです。滴下する手間は同じですから、動物病院で処方された効果のあるものを正しくお使いください。

7、海水浴

 海が近いせいか、海で泳がせたらノミも浮かんでくるだろうと思われている飼い主さんがいらっしゃいます。もしアレルギー性皮膚炎にでもなっていたら海水がしみて、荒れた皮膚が痛痒くなることでしょう。絶対におやめください。

 
IMGP7075.jpg
答えはこの中に。
 

さて、明日から6月になりますね。6月の掲示板はノミとマダニについてです。来院されてお時間がありましたらご一読ください。また、疑問に思うことなど、何でも遠慮なくご相談ください。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード