輸血

今日は輸血のことについてお話ししようと思います。

 

 

「貧血です。輸血が必要です」というシチュエーションは今日もどこかの動物病院で普通に繰り広げられているだろうと思います。ままあるできごとです。

 

 

<輸血をしなければならないとき>

1、外傷による大量出血があるとき。

 これは誰でもなんとかしなくちゃ!とおもうできごとです。

2、大がかりな手術で失血が予想されるとき。

 事前に準備してから手術に入るわけです。

3、持続的な出血がある場合の手術をするとき。

 たとえば腫瘍があって、いつもじわじわ出血しているようなとき、原因となる出血を抑え込みに行くわけですが、すでに貧血していますから補いながら手術をすることになります。

 

このように外科に関連した輸血は想像しやすいかと思いますが、貧血を引き起こした内科的な病気の治療のために輸血が必要になることがあります。

 

4、全身状態が低下していて食欲も出てこないようなとき。

 慢性的な貧血がいよいよひどくなってしまったような場合です。

5、溶血などにより赤血球の喪失の勢いが甚だしく造血が間に合わないようなとき。

 前回お話しした免疫介在性溶血性貧血(IMHA)などはその典型的な例です。

6、血小板数の低下で血液凝固に異常があり自然出血が止まらないようなとき。

 同じく免疫介在性血小板減少症(IMTP)です。

7、血液以外の薬で補えない物質があるとき。

遺伝疾患であるフォンヴィレブランド病(血友病によく似た病気です)は、フォンヴィレブランド因子を血液から補って出血を止めます。

このようにさまざまな場合がありますが、ひとことでいうと「輸血をしないと命が危ないようなとき」に輸血を行います。成分輸血ができるのはある程度大きな病院で、一般の動物病院では全血輸血になっています。

 IMGP7124.jpg

 

<犬や猫にも血液型があるの?>

輸血、といえば気になるのが血液型です。

犬には9つの血液型があります。その中で重要なのはDEA1.1型とDEA1.2型です。

猫の血液型は3種類。A型、B型、AB型です。

犬も猫も輸血の安全性のために血液型を判定する検査を行います。どちらも簡易キットがあり、院内で検査が可能です。

犬ではDEA1.1(+)、DEA1.1(-)という判定ができます。

猫ではA型、B型の判定ができます。

事前に検査し、輸血による副反応を回避するようにしています。

IMGP7128.jpg 

 

1回目の輸血は反応が起こらない?>

犬の輸血では、不適合輸血であっても最初の輸血であれば強い反応が起こるのはまれです。ラフにできますね。

しかし猫は別です。猫ではB型にA型の血液を輸血した場合は1回目でも危険で、A型にB型の血液を輸血した場合は赤血球の寿命が短く、望む効果が得られません。きちんとマッチした血液型同士の組み合わせで行うのが効果の得られる輸血になります。

 実は猫の血液型に関する問題は輸血に限りません。B型のメス猫にA型のオス猫を交配し、A型またはAB型の子猫が産まれた場合、B型の母猫から初乳を飲んだ血液型の異なる子猫(A型、AB型)は新生子溶血を起こすことが知られています。交配に際してこの予防措置をとることは生まれた子猫を不幸にしないために必要なことかもしれません。B型の多い品種は研究により明らかにされていて、ブリティッシュショートヘアー、バーマン、コーニッシュレックス、デボンレックスあたりが2059%、アビシニアン、ペルシャ、ソマリ、スコティッシュフィールド、スフィンクスあたりで1120%です。

 IMGP7150.jpg

 

<輸血前にもまだ検査>

輸血前までに個体の健康状態を知るため、さまざまな検査が実施されていると思います。それでもまだ検査を行います。

血液型の適合をみる検査のほかに、クロスマッチ試験を行います。これは必ず行います。血液型を知ることができない状況であっても、この検査だけは顕微鏡さえあればできるものです。

ドナー(供給する側)の赤血球とレシピエント(受け取る側)の血漿を合わせる主試験は、輸血した赤血球が体内で壊されないかどうかをみるものです。

ドナー(供給する側)の血漿とレシピエント(受け取る側)の赤血球を合わせる副試験は、輸血した血漿がもともと体にある赤血球を破壊しないかどうかをみるものです。

輸血した血液中の血漿は量的に薄められますから、あまり問題にはなりませんが、クロスマッチ試験では主試験、副試験の両方ともをチェックします。

 IMGP7148.jpg

 

<輸血を始めます>

血液型も適合し、クロスマッチ試験でも適合が確認されたら、輸血量に相当する血液をドナーから採取します。新鮮な血液が一番効果を発揮します。

犬からは20ml/kg、猫では10ml/kgくらいが最大採血量です。1回の採血で2回分使えるくらい(2症例を助けてあげられること)の量を取れるといいよね、というのが理想ですが、ドナーにも無理のないくらい、レシピエントにも効果的な分量というと同じくらいの体重の個体からそのままそっくり1回分ということが多いです。

輸血前に抗ヒスタミン剤やプレドニゾロンなどを注射し、できるだけ副反応が起こらないようにします。

準備が整ったら、一般の輸液から輸血に切り替えます。血液が滴下しはじめたらこまめにレシピエントの様子を観察します。副反応が起こったらすぐに対応ができるようにするためです。麻酔の時のようにこまかにモニタリングすることもあります。

IMGP7151.jpg 

 

<輸血は安全に命を救うものか?>

輸血の効果があると、予定分量の滴下が終了するころには皮膚に赤みがさしてきて、気分さえよくなるのか食事もじきに始められる個体もいますが、すべての個体で劇的な効果が認められるものではありません。中にはひどい副反応を示す場合もあります。

血液型の不適合は事前の検査をしっかり行っていても起こすことがあります。

副反応のうちでは血管内で赤血球が溶血するために起こる反応が最も多く、呼吸、脈ともに速くなります。じんましんやアナフィラキシーショックのようなアレルギー反応に関係する反応では顔が腫れたり、血圧が急に下がったりします。発熱性の反応を示すこともあります。

重篤な症状ではすぐに輸血を中止し処置を施します。軽度で薬剤投与により乗り切れそうであれば、少々の休憩の後、スピードを落として再スタートすることもあります。

命にかかわる状態だったから輸血が適応になったわけですが、輸血による副反応のために命を落とす結果にならないとも限りません。そこまで副反応が強く出ていなくても、個体によっては少しつらい治療の範疇になる場合もあります。輸血をすれば今の状態から回避できて、体調不良が迅速に回復するわけではないことも念頭に入れておいてください。

そのようなわけで、「随分いろいろな検査をするのだな」という思いは「輸血の必要性の確認を丁寧に行っているのだな」という方向に持っていっていただけると大変ありがたいと思います。

 

 

追記

 輸血を受ける際こころの余裕がありましたら、供血犬または供血猫として日々を送り、折りがあると血液供給をしてくれる動物に対して愛情をいただけるとうれしいです。また心を鬼にして採血している私たちの、薄情だなという自問に対しても救われる気持ちがいたします。ありがとうございます。 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード