犬の乳腺腫瘍

 犬の乳腺腫瘍についても少しだけ、追加情報を載せておきます。

はじめは以前にもお話していたこと
http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-487.html
http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-489.html
http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-490.html
の繰り返しになりますが。

 ピンクリボン

505050ルール>

犬の乳腺腫瘍は10万頭に162頭から198頭くらいの発生率です。今、ひとの乳がん発生率が14人に1人と言われていますが、それから比べると少ないという印象です。でもメス犬にできる腫瘍の中では一番多い腫瘍です。

犬に発生する腫瘍全体のうち50%が乳腺腫瘍です。そのうちの50%が悪性の乳腺腫瘍で、そのまた50%に転移が起こります。これが505050ルールです。

 

<避妊手術と乳腺腫瘍の発生>

犬の乳腺腫瘍はホルモンの影響を受けるため、若いうちに避妊手術をしておくと発生率が低下します。

未避妊の発生率を1としたときの比較ですが、

初めての発情前なら発症率はわずか0.05%ですし、

1回目と2回めの発情の間でも8%に過ぎません。

2度めの発情以降に手術をした場合でも26%になります。

このような数字から、やはり2回めの発情前(できることなら初めての発情前)までに避妊手術をされることをおすすめしているわけです。

 ブログ用10

ここからは前回お話していなかった内容です。

<乳腺腫瘍のステージ分類>

はじめにできた腫瘍の大きさ、近くのリンパ節への転移の有無、肺など離れたところへの転移の有無から乳腺腫瘍は4つにステージ分類されます。

①直径3cm未満の小さな腫瘍ができているだけをステージ1、

②直径が3~5cmのものをステージ2、

③どんなサイズの腫瘍でもリンパ節転移があればステージ3、

④どんなサイズの腫瘍でも遠く離れたところに転移していればステージ4

としています。

 

<予後を決めるもの>

「予後が良い」というのは無病期間が長く、生存期間も長いです。

予後はいくつかの要因により大きく異なります。先にあげたステージは予後に影響する因子として大きな要因になります。ステージ1であれば、術後の2年生存率は97.9%ですが、ステージ4になると2年生存率はわずか13.6%です。腫瘍の大きさや転移の有無はステージにも反映されていますが、やはり大きな因子です。また腫瘍を覆っている皮膚が破れているかどうかも予後因子として大きく影響するものです。見つけたら小さいうちに手術をうけることが重要になってきます。

手術の範囲(小さく切除したのか広い範囲を切除したのかということ)は生存期間に影響しませんが、組織学的レベルでしっかりと切除できていたかどうかは予後に関係してきます。手術を受けるのであれば、完全に取り切れるような広い範囲での手術を受けることが重要です。

組織学的な腫瘍の分類により、悪性度の高いものは予後が良くないことも分かっています。(炎症性乳がん>肉腫>乳がん>悪性混合腫瘍>→というような順です。)しかしこればかりはどうしようもありません。どのような種類の腫瘍ができてしまうかは対策が立てられませんから。

それから腫瘍の発生した位置や数は関係ありません。同じように妊娠の回数や偽妊娠の発生があったかどうかも予後には無関係です。

ブログ用3 

<同時避妊手術>

乳腺腫瘍の手術を行う時、同時に避妊手術を受けると予後が改善するのかどうかについて、幾つかの研究がなされています。

以前は同時に避妊手術を行っても生存期間には影響しなかったという報告が多く見られました。近頃は予後を良くするという報告も多くあります。

少なくとも悪化させることはありません。ですから、もし年齢や術前検査の検査結果から手術時間に耐えられそうだとか、手術範囲と皮膚形成術の問題も生じないとかであれば、同時手術も考慮してもいいかもしれません。

 

<食餌と乳腺腫瘍>

食餌に赤身肉が多く含まれていると乳腺がんの発生率が高くなるという研究があります。赤身肉に含まれるω6脂肪酸はω3脂肪酸に比べ、がんの発生リスク上昇と腫瘍の成長速度の上昇に関連することが知られています。

また、食餌中の脂肪とタンパク質が乳腺がんの術後の生存期間に影響することを示す研究もあります。低脂肪食の場合はタンパク質の割合が低いと生存期間は短くなります。高脂肪食の場合はタンパク質の摂取量は関係しませんでした。

腫瘍になってしまったときの食事といえば、「高脂質、高タンパク、低炭水化物食で、肉ではなく魚由来の脂質を摂取したい」という基本がありますが、これは乳腺腫瘍においても当てはまるかもしれません。

 ブログ用11
明日はハロゥインですね。
秋の実りに感謝です。


<外科手術>

手術の方法はいくつかあります。①から④までの方法に⑤、⑥を加える(かどうか)が基本手技です。

①腫瘍をくり抜く。(腫瘍の上の皮膚は切り開くだけで切り取りません)

②一つの乳腺を切除する。(腫瘍のある部分の皮膚は切り取りますが、腫瘍のある乳腺だけを取り除きます)

③領域の乳腺を切除する。(リンパ流でつながっている上3つ、または下2つを切り取ります)

④片側の乳腺を全部切除する。(片側の乳腺を上から下まで広範囲に切り取ります)

⑤リンパ節を切除する。

⑥卵巣子宮全摘出術(避妊手術)を行う。(まだ避妊済みでなければ、です)

*手術手技はどの方法を選んでも生存期間に影響することはないのですが、辺縁がしっかり取り切れていなくて、取り残しがあると再発することになります。

*発生している腫瘍がいくつかの乳腺にまたがって複数ある場合は、③または④の広い手術です。

*リンパ節に腫瘍細胞が入り込んでいる場合は、そうでない場合に比べて予後はよくありません。そこでステージ分類をする(予後に関する情報を得る)ためにリンパ節切除を実施しています。リンパ節を切除したことと生存期間の延長には関連はありません。

IMGP9697.jpg
一番下の乳腺に一つだけですが大きくできた乳腺腫瘍です。
屋外飼育の中型犬ではおなかを見せることが少ないし、
だっこすることもないため、気づかれにくいですね。

<内科的な治療>

手術後、いくつかの抗がん剤(とその組み合わせ)療法を行うと、化学療法を行わなかった場合と比較して生存期間が延長したという報告があります。

ハイリスクのものに手術をせずに化学療法だけを行ったという報告もあります。腫瘍が縮小したという結果が得られています。

最近の新しいニュースとしては、手術に際し尿崩症に使われるホルモン剤を使うと、無病期間も生存期間も延長したという報告もあります。

余裕があれば内科療法も併用すると効果が期待できそうです。

 

 

 

今日のお話はここまでです。

犬の乳腺腫瘍には別にお話しておきたいカテゴリーの炎症性乳がんがあります。次回は炎症性乳がんについてお話します。

 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード