歯科治療と歯科予防・掲示板から

 猫さんのストレスと行動異常のことについてお話を続けていて、あと2回分お話を残していますが、月が変わりましたので、2月のトピックスとして、今回別のお話を挟むことにします。

 IMGP0880.jpg
今月の掲示板は歯周病と歯科ケアについてです。

今月はナショナルペット歯科保健月間です。掲示板の内容は歯周病のこと、歯科衛生のこと、歯みがきに関するQ&Aなどです。自販機前の掲示板の他、(貼りきれないほどのボリュームになってしまったので!)診察室前の掲示板にも貼りました。ご来院の折にぜひご覧ください!

IMGP0878.jpg 
診察室前の掲示板です。
歯みがきに関する疑問にお答えしています。

脅かすようなことになってしまうので、外来では「歯周病を放置してしまうと予後がどんなにひどいことになってしまうのか」というお話は控えるようにしているのですが、ここですと「うちのわんこに直接向けられたお話ではない」ので、心にぐさっと来ないかもしれません。ひどいお話しもしてしまいます。

IMGP0862.jpg
正常な歯。
この状態を維持できるといいですね。

IMGP0863.jpg
軽度の歯周病になってしまった状態。
炎症を抑えてから歯みがきを始めてください。
  
IMGP0864.jpg
さらに進んだ歯周病になっている状態。
歯科治療をしっかりしてからおうちケアを始めましょう。

 IMGP0865.jpg
重度の歯周病。
歯が汚れているを通り越して、全身に影響が及んでしまいます。
すぐに治療が必要です。


歯は歯槽骨に植わっています。歯周病により歯のまわりが菌に冒されると骨を溶かしていきます。そしてもろくなった骨は砕けて折れてしまいます。そうなんです。歯周病は最終的には「額骨の骨折」を引き起こしてしまうのです。

歯周病は、「ぐらつく歯があるために食事がうまく進まないので身体がやせてしまう」くらいに思われているかもしれませんが、歯周病菌が血液に乗って他の臓器にたどり着き、そこで悪さを起こすと、それぞれの器官で不良を起こさせます。「歯が悪い」ということが「ほかの病気」を引き起こすのです。それから、免疫系は絶えずこの菌が体内に入ってくるのを防御しようと頑張るために、ピリピリした状態になっています。免疫に関する病気も誘発することがあります。とにかく「歯」だけに終わらない問題だということを分かってもらえるとうれしいです。

IMGP0866.jpg
歯みがきは思いついたら始めるなんてことできません。
まずは悪いところの治療を行います。
痛いうちは何もできません。
痛みが消えたころから
少しずつならしていきましょう。
 
IMGP0867.jpg
お口を開けても問題が無くなったら
少しずつ指で歯みがきをします。

IMGP0868.jpg
最終目標は歯みがきをできるようにすること。
歯みがきペーストを使うのがコツです。


今月はまだ閑散期で、予約の歯科処置がとりやすい状態になっています。場合によっては平日の午前に朝ごはん抜きでいらしてもらうと、当日、処置ができる日もあるかもしれません。「歯が汚いのは分かっているんだけど、どうしたらいいのか分からない」という患者さん、多いです。もののついででも結構です。ご相談ください。
「歯みがきしていないのが恥ずかしい」ということもありません。忙しくてできない、わんこがすごい勢いで怒るからできない、みなさんいろいろな事情をお持ちです。そして、どういうわけか「うちではどうにもならない!」というわんこが病院だと「歯科処置させてくれるよい子」であることがあります。そんなお話もご遠慮なく診察室でぶつけてくださって結構です。いろいろなお話をお伺いします。

 IMGP0870.jpg
お口を開けるのも難しい!
そうういうわんこのためのファーストステップもご紹介しています。

IMGP0871_201802011614248e7.jpg
口腔内細菌を減らし、歯肉の炎症を抑えていく薬。
歯みがき前の練習にもおすすめしているお薬、
インターベリーの説明もしています。

 

当院は「普段着のままで」「お化粧しなくても」来られる病院を目指しています。イケメン先生はいませんが、ぶっちゃけ話ができるスタッフがそろってお迎えしております。「歯が汚くて恥ずかしい」なんてことは気にしなくてOK。ほかの診察の合間でも、心配な点がありましたら遠慮無くおっしゃってくださいね。

 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

当たり前のことをお尋ねするようでお恥ずかしいのですが、
猫の場合も歯磨きは必要でしょうか。
やりたいのですが、なかなか難しくて、歯磨きスナックを食べさせて誤魔化している状態です。スナックだけでも口臭は取れるみたいです。

Re: No title

kuuさま

お返事が遅くなりました。
ほんとうにその通りで、猫さんの口腔ケアも大切です。
ただ、猫さんの歯みがきは難しいことが多いので、
もし歯石があって歯周に炎症が見られるようですと、
まず歯石をスケーリングして歯肉の状態を整え、
痛みを制御してから少しずつ慣れさせる必要があります。
このあたりは犬以上にセンシティブな猫さん故に
特に大切です。

口腔内環境を整えると、口腔内の細菌叢が変化します。
悪い菌(たいていはバイオフィルムで構築されています。ねばねば菌です)
が減少すると口臭は減るようです。
それを利用して口腔衛生をこれ以上悪化しないようにする方法として
歯みがきスナックは一助になっているかもしれません。
徹底的な歯科衛生を勧める先生にいわせると邪道のようですが。

高齢になると歯科関連の疼痛により食欲が低下することもあります。
できることをできる年代でやっておけるといいですね。
プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード