猫の慢性腎臓病

寒い寒いと屋内にいる時間が長く、外の様子を気にすることもなく過ごしておりましたが、自然というのは素晴らしいもので着々と春の準備が整ってきている様子です。小さな春の花が咲き始めていました。

例年、閑散期に当たる1月2月は、ご家族さま向けのパンフレットを新しく作る作業に費やしています。内容が古くなってきたので改訂する必要があるのに日々忙しくて更新できなくて古いままお渡ししていたようなものとか、質問が多いから言葉で話す以外に持ち帰り用冊子を新しく作っておく必要があるものとか、そのようなこといろいろです。

 IMGP0900.jpg
こちらは慢性腎臓病にかかってしまった猫ちゃんの
ご家族さま向けにお渡しする予定の冊子です。

今年は猫の腎臓病のパンフレットを作り替えました。たいていの病気は文字中心の病気説明パンフレットA4用紙1枚でほぼ十分なのですが、慢性腎臓病ってどうしてこんなにお話しすることが多いのでしょう。これまでの説明用紙(A4用紙2枚分)をさらに短くすることはできませんでした。済みません。よ、よ、4枚。。。これはまた折を見て、簡易バージョンを作る必要があるレベルです。(><)
 
それから、このブログでは角度を変えて、こっちからあっちからとお話しする機会が多くて、重なった内容も多いのですが、挿絵も探し出しまして、もっと読みやすいように「猫の腎臓病」ファイルを作りました。待合室読本です。ここには新しい腎臓病パンフレットや、企業さんからいただいている資料なども挟んであります。

IMGP0903.jpg
ファイルです。
気になったらお手にとって開いてくださいね。

IMGP0902.jpg
ブログの文章に加筆、わかりにくいかなというところも
絵やブラフ、図など入れわかりやすくしたつもりです。
 
おりしも、3月は腎臓病月間。腎臓病について知っていただきたい一ヶ月です。それにちょうど春のお彼岸週間は2年に1度あるIRISの学会week。いわば腎臓週間です。

10歳を超えた猫の3頭に1頭は慢性腎臓病という検査結果が出る時代。症状が出るのは病期がそこそこ進んでしまったとき。それまでは症状をあらわさないのが腎臓病です。来月からは犬の検診が増え、猫さんは待合室でもリラックスしにくくなることが予想されます。健康診断はいつでも受けられますが、わんこの来院数が少ない今月中は貓さん向けに特におすすめです。ご来院、お待ちしております。
IMGP0901.jpg
慢性腎臓病にかかってしまったご家族だけでなく、
高齢猫を飼育されていらっしゃる方には、あらかじめ
読んでいただけるとうれしい内容です。

 
3月掲示版用のポスターです。
IMGP0893.jpg
腎臓は背中の方にあります。左右二つです。


IMGP0894.jpg
年をとるだけで腎臓病になる?
そういうこともあります。

IMGP0896.jpg
腎臓病の初期症状は?
実は分からないことが多いのです。

IMGP0895.jpg
腎臓のお仕事は?
いろいろな仕事をしています。

IMGP0897.jpg
愛猫の腎臓は元気でしょうか?
病院でできる検査がいろいろあります。

IMGP0898.jpg
腎臓病の治療といったら?
足し算的に治療は増えていきます。

IMGP0899.jpg
元気に暮らしていけるように、補助します。
腎臓を守り、残る力を生かしていきます。




今シーズンはインフルエンザが大流行していましたね。かくいう私も「鬼のかく乱」とでもいうような状態で、体調を崩してしまいました。たまに体調を崩すと、調子の悪い犬や猫の気持ちが分かります。ウィルス性鼻気管炎でもなかなか食事を始められない猫が居ますが、体温計では測りきらないような微熱のために「お口が苦い」「何を食べてもおいしくない」のかもしれないなぁと改めて思いました。回復期には消化器系に作用する薬で食欲をそそり、食べ始めても胃がつっかえることがないように補助してやることも必要なのかもしれません。まだまだ巷のインフルエンザは収束を見せていないようです。皆さま、どうぞお体には十分ご自愛いただきますように。
 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード