Q熱

 インフルエンザに感染し、そのだるさから抜けきるまで結構かかりました。そのとき、ふと頭をよぎったのは「Q熱」です。Q熱はコクシエラ・バーネッティーを原因とする細菌感染症。人の感染症では初期インフルエンザに似た症状(発熱し、上部気道炎、気管支炎などの呼吸器症状)を出しますが、急性期を過ごした後に、post Q fever fatigue syndorome QFS)と呼ばれる慢性疲労症候群をもたらすことがあります。

今日も公衆衛生的な話題になりますが、人獣共通感染症であるQ熱についてお話しします。

 IMGP0974.jpg

<Q熱とその原因菌>

Q熱とは、なんて奇怪な病名なのでしょう。まずこの病気のいわれについてご紹介したいと思います。

1935年、オーストラリア、クィーンズランド州ブリスベンで原因不明の熱病の集団発生が報告されました。原因不明だったことから、Q熱(Query fever : Q fever)と名付けられました。「Query」は疑問の意味です。後日、原因病原体は分離されました。同じ年、アメリカ、モンタナ州ハミルトンでダニから新しい病原微生物が分離されました。そしてのちにこの二つは同じものであることが分かり、二人の研究者、Cox博士とBurnet博士の名前からCoxiella burnetti コクシエラ・バーネッティーと命名されました。

非常に小さい小型の細菌だったことから発見当時はリケッチアの仲間かと思われていましたが、現在はレジオネラ目の細菌に分類されています。

コクシエラ・バーネッティーは熱、消毒剤、乾燥に強く汚染された環境の中で長期間生存し、感染源になります。

 IMGP0978.jpg

<感染源と感染経路>

コクシエラ・バーネッティーは自然界で多様な動物と環境に広く存在します。そして感染性がとても高くて、少量の細菌であっても感染するようです。人への感染は野鳥を含む野生動物、家畜とその製品、環境からと考えられていましたが、近年は犬や猫からの感染の報告が増えつつあるそうです。感染経路は菌を吸入すること(経気道感染)、菌に汚染されたものを口から入れてしまうこと(=意図せず食べてしまうことも含まれます:経口感染)、節足動物に咬まれて皮膚から菌が入ること(経皮感染)があります。

もう少し詳しい話になります。

最も多い感染経路は細菌を吸入する感染経路で、この場合感染源を特定することは困難だそうです。吸入感染は粉じん(飛び散っている細菌が風に運ばれてきたもの)がもとになるもの、野鳥由来、小型の野生動物由来があり、ここには伴侶動物由来も含まれてきます。コクシエラ・バーネッティーは妊娠動物の胎盤で増え、出産のときに排出されます。また乳汁や便や尿からも菌が排出されます。こうした感染動物の分泌物、排泄物から飛び散った細菌を人が吸入し、感染してしまうことになります。例えば牛などの家畜でいうと敷き藁などです。

過去の感染例から、汚染食品からの感染も強く疑われています。これは経口感染というルートです。海外(スペインやフランス)でのQ熱は肝炎型が多いそうです。牛、山羊、羊などの家畜と、彼らに由来する乳製品も(食品媒介性感染症になりますので)人への感染源として大変重要です。日本では「乳および乳製品の成分規格等に関する省令」にもとづいた加熱条件で生乳を殺菌したものが市場に出ていますが、加熱温度や加熱時間がこの菌をもとに作り出されたと知ると、コクシエラ・バーネッティーはそれほどに注意しなければならない細菌であることが分かると思います。

それから菌を保有しているマダニに咬まれて感染する経皮感染があります。日本に生息するいくつかのマダニ種からコクシエラ・バーネッティーは分離されています。やはりここでも伴侶動物のマダニ予防は重要であることが示唆されます。

 IMGP0989.jpg

<日本での発生状況>

1980年代まで日本にはないといわれていました。しかしその後の調査で、感染を起こす菌が人(病気になった患者さん)、牛の生乳、流産を起こした牛の胎児、マダニ、犬、猫から分離されています。実際には報告されていない数が相当数あるのではないかと言われています。また近年の発生は増加傾向にあり伴侶動物との関係も心配されています。

過去、感染を起こしていたかもしれないことをあらわす「抗体」を持っているかどうかを調査した報告によると、獣医師で22%、獣医学生で35%、健康な成人で22%、呼吸器疾患を患った成人で15%、インフルエンザ様の病気になった小児で32%、定型的ではない肺炎になった小児で35%の抗体保有率であることがわかっています。

心配になる猫の方も調査をした報告がいくつかあります。それによると抗体を保有している猫の割合は、6%程度のものから14%、15%、16%、18%位で野良猫だけを対象にした調査では41%です。

抗体陽性率としては海外の調査と同程度ですが病気の発生は少ないというのが現状です。なぜ病気の発生が少ないのかは不明です。診断方法が普及していないから(発生しているけれど見つからない?)なのか、日本で分離された菌株の特殊性から(感染しても発症することが少ない?)なのか分かっていません。

 IMGP0994.jpg

<人の症状・病気の型>

コクシエラ・バーネッティーに感染すると、半分の人は急性に発症し、半分の人は無症状にすごし、ごく一部の人は慢性経過をとるそうです。急性型は肺炎タイプが多く、発熱、頭痛、悪寒、倦怠感、筋肉痛など、インフルエンザや風邪に似た症状が出ます。

慢性型では心内膜炎が圧倒的に多く、あとは脈管炎、肝炎などです。症状は特異的ではないために診断に遅れが生じ、重症化する場合も多いそうです。

Post Q fever syndromeQFS)は慢性疲労症候群の症状を出します。QFSは慢性型Q熱の新しい病型で、QFSから慢性疲労症候群になった症例もあるそうです。急性のQ熱発症に続いて、慢性的な疲労、微熱、頭痛、関節痛などが数ヶ月続き、睡眠障害や集中力の欠如などの精神的な症状を伴って数年間継続します。「だるい」感じは本人にしか分からないため、客観的な判別ができません。周囲からの理解を得られず、「怠け者」や「ずる休み」といった評価を受け、「うつ病」や「適応障害」とみなされてしまうようです。こうして不登校になったり「詐欺」を疑われたりすることが過去に発生しました。

 IMGP1008.jpg

<動物の症状>

動物では感染しても微熱が出るとか無症状のことが多く、こうしたことを「不顕性感染」と呼んでいます。(しかし尿中に菌は約70日間排泄されているということですから、知らないうちに感染してしまうのです。)

注目されている猫の感染例ですが、実験的に感染させた場合、発熱や食欲不振、元気がなくなるなどの症状が出るようです。また妊娠猫では流産が起こるようです。

 

<人の診断>

動物との接触頻度が高く、上記の症状が当てはまる方は、感染症の専門医を受診してください。細菌学的な検査や、抗体価の測定、遺伝子学的検査など診断に有効な検査があります。

 

<猫の診断>

私たちは動物では「Q熱」ではなく「コクシエラ症」として勉強してきました。病名が異なるだけで同じ細菌からの感染症です。一般的には猫で風邪様の症状が出たときでもコクシエラ症を疑うことはありません。Q熱の診断が可能な検査機関は限られているため、動物の診断は整っていないのが現状ですが、血清の抗体価測定や特異的遺伝子検査(血液その他の材料から検査をします)による診断が有用です。院内の検査では判断できません。

 IMGP0987.jpg

<人の治療>

専門の機関で診断を受けたのち、治療も同じ病院で受けます。抗菌薬の内服のようですが、ことに慢性化した場合は長期間継続して抗菌薬療法を受けることが推奨されています。

 

<猫の治療>

猫の場合、確定診断もままならないのに、どのような治療ができるのか、というところではありますが、日常的に使用する抗菌薬がコクシエラ・バーネッティーに有効です。気道感染症のときによく処方しています。

 

<予防のこと>

積極的に予防する手立てはありません。ワクチンができると良いのですが、副作用の問題などがあり、実現されていません。(すでに免疫を持っている場合にワクチン接種すると重大な副作用が発生する危険があるそうです。)

動物を飼育するときの衛生管理は大切です。もし飼育動物が感染していても症状は見られないことを念頭に置いてください。また、もし飼育している、またはお外猫を面倒見ている方で、たまたま出産に立ち会うことになったとか、流産に気づいて動物病院へ連れて行くことになったときに、必ず手袋やマスクをして動物に触れることにし、悪露等の汚れた排泄物は丁寧に拭き取り、処分物はしっかり封をして捨てるようにしてください。(雑巾を洗ってまた使う、ということがないようにお願いします。)

またジビエはしっかり加工したものをいただくとか、生乳を食さないとか基本的なことも守ってください。

IMGP0993.jpg 

 

<おわりに>

人と動物に共通する感染症は重要なのに注目されるのはたまのことです。感染症の先生方は動物に関連した感染症が徐々に増えてきていることを憂慮していることと思います。私たち獣医師にできることは、こうした感染症を忘れないでいること、また何かの機会に動物を飼育するご家族の方に知ってもらえるようにご紹介していくことだろうと思います。今日もどこかで感染症の調査や研究をしてくださっている先生方がおられることには、ほんと、感謝です。

 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード