猫の皮膚糸状菌症

人と動物に共通の感染症というと、どこか遠い話のような、「うちの子はきっと大丈夫だろうと思うよ」みたいなニュアンスで取られることが多いような気がします。ここのところ続けてズーノーシスのお話をしてきたことだし、この機会にもうひとつ、ふたつお話ししておこうと思います。

 

今日のお話、皮膚糸状菌症です。

たぶん、人と動物の共通感染症としては診察する機会が一番多い病気。だけど「皮膚病」として認識さ れていて、人にも感染する「共通感染症」としては、皮膚病を経験したことのある人にしか知られていないと思います。「人にうつる可能性がある猫や犬の皮膚病」があること、記憶にとどめておいてください。

 

<皮膚糸状菌というのは?>

皮膚糸状菌というのは「カビ」の仲間です。「真菌症」とも呼ばれています。身近な動物、犬や猫、ウサギやハムスターなどの齧歯類、鳥類やは虫類でも問題になっています。

「カビ」というと、お正月のお餅、鏡開きまで取っておこうと思ったら緑や黒やピンクのふわふわができていたとか、お風呂場のタイルの間が黒ずんでいるとか、いわゆる「目に見えるカビ」なのですが、犬や猫の皮膚にできた「皮膚糸状菌」は肉眼では確認することができません。

原因になる真菌は「マイクロスポーラム・キャニス」を中心として「アスペルギルス」や「トリコフィートン」などいろいろな種類があります。これらは環境中に見られることも多いです。

感染しているのだけれど普段は分からないような「不顕性感染」(ふけんせいかんせん、といいます)や、何らかの病気にかかったり、生活上のイベントが発生したりして免疫力が低下したときに発生する「日和見感染」(ひよりみかんせん、といいます)をとることも珍しくはありません。

普通は飼育している(または保護した)猫からの感染が最も問題になると思われますので、猫の皮膚糸状菌症を中心にお話しすることにします。

IMGP1000.jpg 

<感染しやすいのは?>

次にあげるのは感染の機会が多い猫たちです。

  妊娠・出産・授乳で体力の低下した野良のお母さん猫

  幼弱な猫(そんなお母さん猫から生まれた子猫ちゃんたち、たいていは離乳から少し経ったころに)、

  毛足の長い品種の猫(ペルシャ系の)、

  栄養状況の悪い野良猫、

  猫白血病ウィルスや猫免疫不全ウィルスに感染していて免疫の状態が良くない猫、

  狭いところで過密に飼育されている猫

 

<どんな皮膚病なの?>

皮膚に感染した「真菌」は皮膚の下で増殖し「菌糸」を伸ばしていきます。皮膚はほぼ円形に炎症を起こし、周囲が赤い輪っか(円形から環状)になった脱毛になります。フケを伴って周囲に、または身体の離れた場所に広がっていきます。毛の抜けた部分の周囲はがさがさっとフケが出ていたりします。このあたりの毛を引っ張ると簡単に毛が抜けていきます。輪郭のしっかりした脱毛です。治ってくると悪かった部分の皮膚が薄黒く色素沈着してきます。

このような特徴はありますが、一般的ではない皮膚の様相(アレルギー性皮膚炎などに似た病変)を見せることもあります。

 IMGP1014.jpg

<猫の皮膚真菌症の診断は?>

病変部から材料を取って顕微鏡の検査を行います。さらに培養検査です。

ウッド灯検査で反応が出るのは「マイクロスポーラム・キャニス」という真菌の中でも約50%の菌株で、反応の出ない菌種もあります。これはこの検査を信頼していると偽陰性になってしまうことを意味します。さらに皮膚に付いた石けんの一部や他の細菌に反応して光ることもあります。こちらは偽陽性になってしまいます。それで、顕微鏡検査と培養検査が重要になります。

顕微鏡検査は、脱毛周囲の毛を取って、角質を溶かす薬を着けてしばらくしてから観察します。院内で行います。

培養検査は、皮膚の一部を取って、真菌が増えやすい培地にそれを置き、温度や湿度を育ちやすい環境に設定して育つ様子を確認する検査です。発育していくのに2週間くらい時間がかかります。院内のラボで培養することもありますが、外注機関に依頼すると間違いがありません。

 

<猫の皮膚糸状菌症の治療は?>

培養検査の結果を待ってから治療するのでは、皮膚病が広がってしまいますから、特徴的な皮膚病変を観察したり、顕微鏡検査で確認した結果をもとに治療を始めます。

治療の大筋は2つあります。

    内服療法

全身性に抗真菌薬を内服してもらいます。真菌が確実に消失する前に皮膚の症状は消えてしまうので、「もうここいらで大丈夫だろう」と治療を中断してしまうと、またどこかしらに脱毛を見つけることもあります。それで、皮膚病変がなくなってからもしばらくは投薬を続けてもらいます。具体的には8週から12週です。教科書的には培養検査が2回続けて陰性結果に出るまで、というところです。

    外用療法

病変部の皮膚を薬用シャンプーで洗ったり、局所外用薬を塗ったりするのが外用療法です。

この治療に対する意見は獣医師により分かれています。積極的に病変部を治療し、感染源を鎮める方向へと持って行こうとするのが外用療法推進派の先生の意見です。しかし治療のやり方によっては感染を広めてしまう可能性があるとか、環境を汚染する可能性があるという理由でこの治療法に消極的な先生もいらっしゃいます。

*当院は外用治療をお勧めしています。感染の広がりによっては(全身麻酔をかけて)被毛をバリカンで刈り取り、全身薬浴や局所の外用薬塗布をしやすくするのが最良の方法だと思います。はじめは感染を広げないようにするため、明らかな皮膚病変のある部位を適切に処置し、落ち着いてから全身薬浴に入るようにしています。まずは病院で処置の方法を見て、やり方を覚えていただき、それからご家庭に帰ってからもしっかり継続していただく方法を採択しています。初期は短い間隔で再診に来ていただき、処置方法について困ったことなどをお伺いする方法をとっています。

IMGP0974.jpg 

<人はどんな風に感染してしまうの?>

動物が皮膚糸状菌に感染していることを知らないで動物に触れているうちに感染してしまうケース(直接的な菌の付着による)と、動物をグルーミングするときに使用したコームやブラシ、人が使用している敷物を動物が共有していているケース(菌が付着して間接的に感染する)があります。

 

<人の皮膚真菌症の特徴は?>

人は首や腕などの肌が露出しているところに発生することが多いです。赤みの強い円形の病変、少しでこぼこしたような病変です。境目ははっきりしています。はじめは一つかもしれませんが、赤い円が広がったり、別の所にもできます。また次々に家族の別の人に発生することもあります。痒みのあるただれや水ぶくれができることもあるようです。

猫に皮膚糸状菌症が認められた場合、疑いがもたれる場合は、皮膚科で診察を受けてください。

 

<環境に対する配慮について(人への感染を防ぐために)>

カビの胞子が飛んで、二次的に感染源になる可能性があります。環境中で「カビ」は長期に渡って生存できます。猫自身への再感染を防いだり、同居猫や人への感染を防ぐ意味でも環境をキレイにすることは大切です。

感染猫が、人が使うソファやベッドなどを共有することがないようにしましょう。できればケージ内で飼育すると安心です。外用療法を行う場合は、局所の洗浄や薬浴などで使ったタオルはしっかり分け、人の物とは分けて洗濯をします。これは猫が普段使っている敷物に対しても同様です。

皮膚糸状菌症なってしまった猫と接するとき、肌の露出がないものを着用し、頬ずりなどはしないようにしてください。猫を薬浴するときに、人の入浴と同時に行うのはいけません。猫の外用治療を済ませた後はしっかり手を洗ってください。あまり広範囲に広がっているのでなければ、ドライヤーは使わず、タオルドライを中心に乾燥させるようにし、環境中に菌が広がらないように配慮してください。

また、猫は家具や壁などに身体をすり寄せます。猫がよくスリスリする場所は、次亜塩素酸ナトリウムの0.05%0.5%に薄めた液で清拭してください。

一般に猫が治癒しても環境中には4ヶ月くらい菌が残る可能性があるといわれています。この期間を目安に消毒液を使って掃除してもらうと良いと思います。

真菌に汚染されたタオルや衣類などの洗濯について研究された論文の要約については過去にお話ししました。
http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-967.html


 IMGP1028.jpg




<必ず治る病気です!>

猫の皮膚病が人にうつるものであると分かると、猫に対する熱が冷めてしまわれる飼い主さんがいらっしゃるかもしれません。でも皮膚糸状菌症は必ず治る病気ですし、毛の抜けたところも時間経過により、発毛がはじまします。根気よく治療を続けましょう。

毎日の処置を猫がいやがったり、投薬にも苦労するかもしれません。病院ではたまの再診のときにしか猫を診ることもなく、ただ「がんばって!」しか言わないみたいで心苦しいです。もし「ちょっと、お手上げ!疲れちゃったよー!」という状況であれば、そんな飼い主さんに替わって頑張ります。投げ出したくなる前に、ぶちまけてください。

 

今日のお話はここまででおしまいです。季節の変わり目で、すっかり春になったかと思いきや風の冷たい日もあります。ここ2週間くらい、お腹を壊して来院するわんこが多かったです。どうぞお気を付けてお過ごしください。

 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード