FC2ブログ

フィラリア症啓蒙月間

 日差しがまぶしく、吹く風も爽やかに感じられるようになってきました。もう4月も半ばを過ぎてしまいました。新年度、新しい人たちとうまく交流できてきましたでしょうか。

さて、4月はNational Heartworm Awareness Month 、フィラリア症の啓発月間です。The Heartworm SocietyAHS)は、犬糸状虫症(フィラリア症)が犬や猫などのほ乳類にとって危険な病気であることを広く知って貰うことを目的に、蚊の活動が活発になり始める春に合わせて、このような啓発活動を行っています。

IMGP1057.jpg 

 この春、フィラリア予防やフィラリア治療について新しい動きはありませんが、いくつかの注意事項の確認と、AHSの勧めている予防法について、重要だと思うことをお伝えしておきます。

 IMGP1047.jpg
フィラリアについて。



フィラリア症感染の検査

これは毎年受けてください。シーズンはじめに検査を受け、獣医師と投薬プランを確認し、予防を開始してください。年間を通じて投薬している場合でも検査は毎年受けてください。フィラリア症予防に対し、予防薬の投与は非常に有効な方法ですが、万全ではないからです。

 IMGP1056.jpg
投薬を始める前の検査、忘れずに。



②予防薬の投与期間

蚊の活動開始1ヶ月後から蚊の活動停止1ヶ月後までがフィラリア予防薬の投与期間です。しかし近年は屋内で飼育される犬や猫も多く、また室温を快適な温度に設定すると冬でも蚊の活動は止みません。私たちも思いも寄らないシーズンに蚊に刺されることがあります。AHSでも12ヶ月間フルに予防することを推奨しています。もし、もう少しの投薬期間延長に同意していただけるのであれば、年間予防をおすすめします。

IMGP1049.jpg
できれば年間を通しての治療が理想です。
 

③予防方法

各月ごとに予防薬を投与するのでもいいし、12ヶ月間有効な注射方法(1年に1度の注射)も選択肢にあります。もし過去に投与し忘れ、薬の吐き戻し、内服薬嫌い、糞便中に薬がそのまま出てくる、投薬によりお腹を壊すなどを経験されたことがあるのならば、注射という方法はそれらを解消することができます。間違いなく第一選択になります。お薬大好きさんはこれまで通り、おやつ感覚で投与してください。

 IMGP1050.jpg
こんなことはありませんでしたか?



④猫の予防

猫のフィラリア予防率は依然低いままです。しかし猫のフィラリア症は「治療方法がない」といっても過言ではありません。呼吸器系の症状、または知らないうちの突然死というかたちをとることもあります。フィラリア症は「猫には関係の無い病気」ではありません。猫こそ犬より重篤な病気。ぜひぜひ予防をしましょう。なお、猫のフィラリア症予防は犬と異なり、内服薬投与ではなく、スポットタイプ滴下剤の投与です。ノミ予防を兼ねたお薬です。
 
猫のフィラリア
AHSの猫フィラリアポスター。
もしあなたの猫にフィラリアが入ってきたら、治療法がないのです。

 
猫のフィラリア症については前にお話ししました。
http://heartah.blog34.fc2.com/blog-entry-909.html 

今日のお話は以上です。

お天気の良い日は愛犬と静かな公園にでも出かけ、思う存分遊ばせてやりたいですね。今日、予報では外気温は30℃を超えるのではないかということですが、愛犬が飲むための水と、おしっこした場合に流すための水を忘れずにお持ちください。また、くれぐれも車中に犬を置いてお出かけにならないようにお願いします。心臓病の犬には「まだ4月だよ?」なんて思わないで、エアコン付けて涼しくしてあげてください。発症してしまった病気を元に戻すことはできませんけど、ちょっとした心遣いでそこから派生するトラブルを防止することはできます。注意してください。

 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード