FC2ブログ

薬剤耐性菌のおはなし

 11月は薬剤耐性対策推進月間です。世界保健機関(WHO)は1113日からの1週間を「世界抗菌薬啓発週間」として設定しています。薬剤耐性については主に「風邪は抗生物質では治りません」などとして人の方で言われているのを耳にすることが多いかと思われますが、犬や猫にあっても無関係ではありません。細菌と抗菌薬について、そして薬剤耐性についてご理解いただき、処方の抗菌薬を正しく服用することにご協力いただけるとうれしいです。

 securedownload (1)
AMR臨床リファレンスセンターのぽすたーです。



<感染症と細菌>

身体に病気をおこす元になる微生物が侵入して、症状が出た状態を感染症と言います。病原微生物には細菌のほかウィルスや真菌、寄生虫などがあります。病原体が体内に侵入しても免疫力が高くて感染が成立しないときは病気にはなりません。体内に微生物が入りこむルートはいろいろで、空気感染で呼吸器から入ってきたり、食べ物に混じって口から入ってきたり、蚊やマダニなどに刺されて入ってきたりなどです。

細菌は私たちの身体の中にも存在しています。皮膚の表面や腸などがよく知られている場所ですが、常在細菌は菌のいる場所を良い環境に保たせています。環境の中にも病原性を持つ悪い細菌だけでなく、良い仕事をしている細菌があります。醸造に関わっている細菌、ヨーグルトの菌や納豆菌などは良い菌の代表です。

 securedownload (8)
抗菌薬と耐性菌について院内に
資料を掲示しておきます。




<抗菌薬>

抗菌薬は抗生剤とか抗生物質と呼ばれることもあります。抗菌薬は細菌に作用する薬で、細菌の繁殖を抑えるように働いたり、細菌を死滅させるように働いたりします。(ウィルスや真菌などには効果がありません。)増殖を抑える作用は静菌性といわれますが、体内の食細胞などのはたらきによって最終的に殺菌されます。高濃度ならば殺菌的に働くというような抗菌薬もあります。

抗菌薬にはいろいろな種類があります。たいていは化学構造によって分類されて〇〇剤とか〇〇系という風に呼ばれます。開発された年によって第一世代の、とか第二世代のというようなグループ分けをされている薬もあります。抗菌薬はそれぞれの薬に特性があって、こんな細菌に効果が大、あんな細菌に効果が大というように、細菌に対して得意不得意があります。細菌の特性と攻撃の特性によって、効く効かないがあるという方が適切な表現かもしれません。抗菌薬を使用する量、使用期間でも有効性に違いが出ることがあります。

 securedownload (2)
人も動物も。そして環境も。
すべて健康であることが大切です。




<薬剤耐性菌>

細菌に対して効果がある抗菌薬でも、すべての細菌を攻撃しきれなくなることがあります。薬の攻撃を受けても生き残った細菌です。この細菌は抗菌薬のある環境でも増殖することができます。これが薬剤耐性菌です。薬によって死滅した菌が弱い菌だとすると、薬によって死滅することがなかった菌ですので、薬剤耐性菌は「手強い菌」です。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)はよく知られた薬剤耐性菌です。皮膚や軟部組織の感染に見られることが多いです。またバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)も有名です。これは抗MRSA薬に対しても無効な腸球菌です。またペニシリン系だけでなくセフェム系の抗菌薬にも抵抗を示す基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生菌(ESBLs)や、多剤耐性緑膿菌(MDRP)なども出てきています。さらに手強いのは、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)です。悪夢の耐性菌と呼ばれています。カルバペネム系の抗菌薬はある意味最終兵器的存在ですから、これにも抵抗を示す細菌が出現したのは私たちにとって脅威でしかありません。

さらに「スーパーバグ」という悪魔の耐性菌もできています。最近のニュースを添付しておきます。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/09/post-10979_1.php

抗菌薬が効かない状況は、抗菌薬がなかった時代の状況に同じです。医療ドラマ「仁」ではペニシリンのない時代背景で主人公が手作りして患者を救うシーンがありました。効く薬があるのが当たり前の時代に生きていますが、薬の無い時代に逆戻りする恐怖を考えてみてください。

薬剤耐性菌が発生すると、身体を飛び越えて、人から人へ、また人から環境へと拡散していきます。環境の中には動物も関係してきます。薬剤耐性菌はみんなの努力で①作らせない、②感染しない、③広めない、④効く薬を残しておくことが大切です。

 securedownload (3)
ペットを介しての薬剤耐性についても
解説があります。




<医療・獣医療と薬剤耐性菌>

薬剤耐性菌は飛沫感染や接触感染、また血管や尿路に設置したカテーテルからの感染、抵抗力が低下することによる感染など複数のルートで感染が発生します。病院内で感染が起こらないようさまざまな配慮が採られています。

私たち小動物の獣医科病院でも、院内の一般消毒、動物を扱う前後での手指の消毒など対策をとっています。

securedownload (6)
薬剤耐性菌はこんな風にして
できてきます。

 <耐性菌を発生させないために>

人の医療で主に言われているのは、①風邪に抗菌薬は効きません、②ウィルス感染に抗菌薬は意味がありませんだから、③むやみに「抗生物質を処方してください」とお願いするのはいけません、ということです。

動物病院で特にお願いしたいのは「決められたとおりに服用させてください」です。「良くなったから薬はやめた」、「いやがるから半分であきらめた」というのが実はがっかりのナンバーワンです。中には「次に同じようになったときのために、あえて残しておいて、すぐに病院に行けないときのために手元に置いてある」とおっしゃる飼い主さんもいらっしゃいます。そのお気持ちはわからないわけではありませんが、「やってはいけないこと!」です。さらに、「13回は無理だったから2回にした」というのもNGです。1日3回は、「8時間おきに投与する」の意味で、おそらく8時間を超えて12時間目までの4時間は薬効が低くなっています。勝手に中止したり、薬の量を減らしたりすると、血中の抗菌薬濃度が下がり、細菌が抗菌薬のある状況に慣れてしまいます。そうすると確実に殺したかった細菌を生き延びさせることになり、これが耐性菌を作らせてしまうのです。また症状がなくなったことと、体内の細菌が消滅したこととは違います。「良くなったのにまだのませなくちゃならないなんて、飲ませる方もしんどいんだよ」ってお気持ちも、ちゃんとわかっています。そうした努力があってこその今の状態ですから。でもきっちり細菌をやっつけずに過ごしてしまうと、感染症をぶり返してしまうことがあります。感染症の原因となった細菌が体内からいなくなるまできっちりと抗菌薬を飲ませてください。

抗菌薬はどこに発生した感染症なのかによって選択する薬が変わります。「11回なら飲ませられる」「チュアブルなら大丈夫」「甘いのが欲しい」などかなり無茶なご要望をいただくことがありますが、想定される細菌の種類によって、また年齢とか肝臓や腎臓の機能のことを考慮に入れて選んだお薬の中には、どうしても13回になってしまうお薬や、錠剤しかないもの、苦いお薬(!)になってしまうことがあります。ごめんなさい、これはどうにも変更しようがない、というお薬があることをご理解ください。「それじゃ、だめ。のませられないんだもの。無理矢理のませるなんてかわいそうだもん。薬はやらない。」なんてつれないことは言わないで!ご協力お願いします。

それから「お願いする再診日にきて欲しい」というのがあります。お薬の反応を見たいのです。だらだらと同じ薬は使いたくないのです。「その日はこれないから余分にちょうだいな」が耐性菌を発生させやすい環境を作っていることをご理解ください。

 securedownload (7)
薬剤耐性菌が増えるとこんな影響が出ます。
今からできる薬剤耐性予防6つを解説しています。




<どうして耐性菌を作ってしまってはいけないのか>

抗菌薬ができれば、必ず耐性菌ができる、これはペニシリンができたときにフレミングによって、すでに予言されていました。その通りになっています。ですが、今、新たな抗菌薬が作り出されてはいません。一つの薬をつくり出すには膨大は時間と費用がかかるのです。そこまでして創薬に成功しても企業にはあまり利益を生まないという事実もあります。それであんまり開発されなくなっています。けれどそんなことには関わらず耐性菌はできています。将来、耐性菌だらけの環境になってしまうと、抗菌薬はあっても無いに等しい状況になります。免疫力の低い子供や高齢者はその悲劇に最初に遭うことになります。

 securedownload (4)
重度の歯周病のある犬からたくさんの菌が分離されました。
耐性菌の疑いが認められました。




securedownload (5)
各種抗菌薬で菌の感受性をみる検査です。
効果が無いことを示す左の方に多く
*マークが並んでいます。

 <悲劇を作らないようにするために>

薬剤耐性菌を作らないようにすること(正しく薬を使うこと)や、そうした菌に感染しないこと(手洗い消毒はすごくいい予防方法です)、感染したときにまわりに広めないようにすること(これは私たち獣医療を行なう者にとっての戒めでもあります)、耐性菌と戦える抗菌薬を残しておくこと(むやみやたらと新薬の処方はしません)は残念な将来にさせないために大切なことです。ご協力をお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード