FC2ブログ

猫のストルバイト尿石

 ストルバイト結石・猫の場合

 

<結石形成の原因>

猫ではストルバイト結石形成に細菌感染が関与していることは少なく、食餌由来のことが多いです(無菌性結石)。割合的には少ないですが、犬と同じように尿路の細菌感染によって作られることもあります。「リン酸+アンモニウム+マグネシウム」の組成ですが、リン、マグネシウムが高濃度で、尿の環境がアルカリ性のときにこれらの分子が結合します。

しっかりした石を形成する場合もありますが、ほとんどは細かい砂粒状の結石です。

 IMGP1342.jpg
猫のストルバイト尿石症について
1枚にまとめました。
ぶら下がりの「尿石症」はお手にとってご覧ください。



<猫の下部尿路結石で緊急事態>

結石が尿道に詰まって、尿の排泄を完全に止めてしまうと一大事です(尿道の完全閉塞)。腎臓からは経時的に尿が造られ膀胱に着々と溜まってきますが、排尿しようにもオシッコが出ません。やがて膀胱は最大限まで膨らみ、伸びきった膀胱粘膜から出血を起こします。膀胱圧が高まり、その圧は尿管から腎臓へと逆行し、お腹はとても痛くなります。尿中には体内で不要になった窒素系廃棄物が含まれていますが、それが排泄できないために尿毒症を発症させてしまいます。ぎりぎり状態になった身体は代謝不良から酸性に傾きます(アシドーシス)。こうして発生する高カリウム血症は、心筋の収縮に関わる電解質で、不整脈を起こしたり心停止させたりすることになります。

オシッコが出ない状況は何度もトイレに行く、排泄の格好をする、お腹に触れると痛がるなどの様子が見られるので比較的発見しやすいです。滴々と出る尿が血尿なのも症状発見のポイントです。そわそわして、食事がとれません。やがてぐったりしてきて、ひどい場合にはけいれんをおこしてくることもあります。

オシッコの出が悪そうな様子(排尿障害)が見られたら、すぐに来院してください。尿道を開通させ、排尿させないと命に関わります。猫の様子にもよりますが、鎮静処置(場合によっては麻酔処置)をし、閉塞した尿道に管を通し、石を回収します。同時に血液検査で身体の状態を把握し、点滴も行います。たいていは電解質異常を起こしているため、身体の状態を速く正常に戻す必要があります。また閉塞を治療して再開通させると普段以上にたくさんの尿が作られますので、適切な補液を行なわないと脱水を起こしてしまいます。ひとたび急性の腎障害を起こすと、そのときの処置如何によっては、腎機能の回復に差が出ます。今後の腎臓機能を考えて、しっかり守っていかなくてはいけません。

どうしても、再開通させることが不可能だった場合や、尿道が極端に狭くなっている場合などは、新たな尿の開口部を造設する必要があります。危機的な状態を回避してから、しっかりした麻酔下で尿路変更手術を行なうことになります。

同じような状況は、尿道結石を原因としてではなく、尿路の炎症産物から来る尿道栓子でも発生することがあります。症状は、何度もトイレに行く、しゃがむけれど出ない、出ても滴々で少量、出てきた尿が赤色などほとんど同じです。治療方法もほぼ同じです。

 IMG_1112.jpg
いわゆるFLUTDには尿石症のほかFIC、尿道栓子によるものなどあり、
症状はどれも同じです。



<膀胱炎とは違うの?>

何度もトイレに行く、赤いオシッコが出る、オシッコが出にくいみたい、オシッコするときに痛そうに鳴く、トイレと違うところでオシッコをしてしまうなどの症状は、下部尿路(膀胱と尿道)が調子悪いときに見られる5大徴候です。これらが見られるとき、原因が何であれ、私たちは「下部尿路疾患」(feline lower urinary tract disease:FLUTD)と言っています。割合的に多いのはストレス原性の特発性膀胱炎(feline idiopathic cystitis:FIC)ですが、このほかに、尿石症、尿路感染症、尿路の腫瘍などが下部尿路疾患の仲間です。ですから、尿路疾患の5大徴候でいらした猫たちには「石じゃないかな?」「感染はないかな?」「まさか腫瘍ができていたりしないだろうな」と検査を進めていき、そのどれにも当てはまらないようなときに「特発性膀胱炎」としています。

特発性膀胱炎でも、尿道栓子ができて、尿石症と似た尿道の完全閉塞を起こすことがあります。閉塞させたのは石なのか、炎症性の細胞等なのかによって、同じ病態である尿道閉塞を発生させたとしても、「尿石症」か「特発性膀胱炎」由来なのかという診断名に違いが出ます。尿道栓子に細胞と石の療法が含まれている場合もあります。こうなると、原因は両方でしょう、といわざるを得ないです。

 IMG_1118.jpg
猫の膀胱にできる砂粒状結石。
精製水の中に入れてあります。
試験管を振ると右のように石が浮き上がって
濁りが出ます。


<救急ではない猫たちの治療>

細い尿道を持った猫たちは、石によって閉塞が発生し、救急の事態がおこりますが、閉塞までは行かなかったオス猫も、尿道の太さをそこそこ持つメス猫も、尿石症になりますし、この猫たちの治療もしっかり行なわなければいけません。

症状的には膀胱炎と変わり有りませんから、対症療法として膀胱炎治療が必要です。そして、できてしまった石に対しては、食事による溶解療法が進められます。細かな石であることが多いので、1か月かそこいらで溶解が可能です。できるだけ水分を多く取らせるようにします。猫は自主的に水を飲むことができませんから、ドライフードよりはウェットフードで含まれる水分量を増やすのがおすすめです。

ごくまれに「処方食が嫌いです」と言われ、一般食のまま膀胱の炎症を抑える薬だけで対応しようとする飼い主さんがおられます。炎症の原因になっているのは「石」ですから、これがなくならない限り炎症は治りません。症状がなくなることと、炎症がすっかり消えることは同じではありません。目に見える症状が消えたからといって炎症は鎮まっていないこともあります。長期に渡り炎症が続いた場合、膀胱の粘膜が荒れてきます。膀胱粘膜も皮膚と同じような上皮細胞系です。荒れた手の皮膚に何も施さず、原因となった手荒れの作業を継続することを想像してみてください。手荒れはどんどんひどくなり、動かすたびに痛みが出ます。膀胱の中でも同じようになっています。上皮細胞が厚くバキバキになるのです。これを伸び縮みがスムーズにできる上皮組織に変えるには何ヶ月も要します。その間に人の「過活動膀胱」のような神経過敏性のピリピリ膀胱になってしまいます。しっかり根本原因に目を向けて、食事療法に取り組まない限り石の溶解はできません。「オシッコが出そうな気がする」「なんだかスッキリしない」といった猫のQOL低下もありますが、不適切な排尿の範疇に入る「トイレと違うところで排尿してしまう」ことは一緒に暮らす飼い主さんにとってもQOLは低いです。決められた食事を与えるだけです。ぜひ、しっかり治療に取り組んでください。

 IMG_1116.jpg
猫のストレスは膀胱に現れやすい!
ストレスのない生活を心がけてあげましょう。


<予防ができます>

一般にストルバイト尿石は予防することができます。正しい栄養学的な関与によります。

予防食、または再発防止食と呼ばれる処方食はいろいろなメーカーさんからたくさん出ています。風味違いなど、同じメーカーさんでも異なるシリーズで出されていますので、選びたい放題です。ぜひご相談ください。一つに飽きてきたとしても、別のものを選択できます。ぜひぜひ、あきらめないで、続けてください。

 IMG_1113.jpg
結石形成のためには、
栄養学的なケアと生活などの見直しなどの
総合的な改善が求められます。


<総合的な予防対策>

それから、特発性膀胱炎にしても、尿石症にしても、管理としては多面的環境改善をお願いしたいです。箇条書きします。

室内環境として

・高いところにも上れるように部屋の中を工夫してください。(猫は立体的空間で遊びたいのです)

・ときにベランダに出したりリードを付けて外を散歩したりしてください。(外の空気を吸いたいのです)

・静かな隠れ場所を用意してください。(かくれんぼしてくつろぐのも好きです)

・食事場所は静かなところにしてください。(騒音の中で食べるのはイヤです)

・毎日猫が狩猟ごっこをできるよう、遊んであげてください。(猫はハンターなのです)

②トイレのストレスに対して

・トイレは静かなところに置いてください。(賑やかなところで排泄するのはキライです)

・猫の頭数+1つのトイレを用意してください。(自分で汚したトイレでも汚いのは使いたくありません)

・トイレは毎日キレイにしてください。(できれば排泄のたびにキレイにして欲しいです)

・砂の種類、トイレの種類(大きさなど)も好みのものを用意してください。(清潔でゆったりできるトイレが好きです)

③水分摂取量を増やす工夫を

・ウェットフードを増やす方が安心です。

・循環式給水器も置いてください。

・お風呂場で洗面器に水をためておくのも一つの方法です。

・洗面所やお勝手の蛇口から直接飲むことが好きかもしれません。

 IMGP0893.jpg
そしていつの日か、
膀胱の問題から腎臓の問題に発展する日が来るかも!
ネットで猫の食料品調達、病院とは長い間ご無沙汰、
「うちの猫は病気知らず」だと思っていると、
サイレントに病気が進行しているかもしれません。

<ご注意いただきたいこと>

せっかくの処方食なのに、おやつを与えたりしては、尿の組成が変わってきてしまい、予防にはならなくなってしまいます。

また、市販の食事ではどうしても石ができてしまう猫も一定数います。「同じメーカーのフード」でも、「同じ猫の絵がついている」かもしれませんけれど、「石に対応と書いてある」こともありましょうが、病院食から普通食に変更してしまわれると、再発の可能性は否定できません。

それから、年齢的にストルバイト尿石を発生しやすい年齢がやがて別の病気の発生リスクと取って代わるときが来ます。一度処方されたフードを再診されることなく、ずーっと継続しているのは猫にとって好ましいことではありません。動物病院と密に連携を取って猫の健康のことを考えていただけたら、こうしたことは起こらないだろうと思います。何がなくても年に1回はワクチン接種と一緒に健康診断を受け、一緒にお食事相談もできたら猫の健康に役立ちます。

 

 まだまだ昔の病気にならず、古典的なストルバイト尿石は存在します。内外自由生活から、屋内生活だけの猫の割合が増えてきています。猫の自由は猫の安全と引き換えに減少してしまいました。猫には猫にしかわからないストレスがあることも考えに入れてあげてください。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード