FC2ブログ

猫のシュウ酸カルシウム尿石

 シュウ酸カルシウム結石・猫の場合

 

猫で近年問題になっているのはシュウ酸カルシウム結石です。猫にできた腎結石と尿管結石の90%以上はシュウ酸カルシウム結石です。シュウ酸カルシウム結石は内科的な溶解ができません。好ましいのは結石の形成を予防して、腎機能が元に戻らないほどの救急事態を避けることです。

 IMGP1343.jpg
待合室に掲示しています。

<典型的な例>

    腎臓に石ができることから始まります。けれど石が腎臓にできても症状はありません。腎盂炎があるとか、その石が落ちて尿管を通過する段になるまでは痛くもないからです。

    腎結石が片方だけの時、石が尿管に落ちて、完全な尿管閉塞になり、腎臓が腫れてくると痛みが発生します。このときの痛みを猫が耐えてしまい、数日過ごしてしまえば、病気の検出は困難です。「なんか調子が悪い日があったかな」で終わってしまいます。これが最初の尿管閉塞ですが、結石がないもう一方の腎臓は健全なので、血液検査を行っても腎機能をみる項目には変化はありません。そのまま診断につながらず、閉塞を起こした方の腎臓は緩やかに機能を喪失していき、徐々に委縮して、のちに「小さな腎臓」と言われることになります。残された腎臓は2つ分の働きを余儀なくされるために頑張って働きます。代償性肥大をおこし、のちに「大きな腎臓」と言われることになります。落ちた石は尿管にとどまることもあるし、膀胱まで落下することもあります。

    実質一つで頑張っている腎臓に結石ができ、この石が尿管に落下し排尿困難になった時、2回目の尿管閉塞になるわけですが、このときは1回目の落下時とはだいぶ状況が違ってきます。腎臓が腫れて痛みが出るほか、急な腎機能の低下によって「おう吐」や「だるそう」などの尿毒症症状を出します。これは危機的な状況です。腎機能の障害は全部の機能の2/3から3/4が失われるまで血液検査上では明らかにはならないので、残る機能はわずかになっています。また、いわゆる猫の慢性腎臓病に見られる状態と、こうした救急時に見られる急性の腎障害とでは、同じ検査項目を見ても身体の状態を推し量るのに大きな違いがあるのです。レントゲン検査では大きさの異なる二つの腎臓を確認することができます。これは「大きい腎臓、小さい腎臓症候群」と呼ばれてきました。そして小さな石が尿管で立ち往生していることもわかります。エコー検査でも腎臓の大きさの違いは判りますし、もっと有効なことは腎臓の尿が集まる部分(腎盂)が広く拡張していて、それに続く尿管も太くうねっていることで、腎臓からの尿の流れが悪いことが判明します。痛みのある猫が詳細なエコー検査をするのに耐えてくれるようであれば、尿管内に詰まった石の存在も確認することができます。

このようなストーリーで経過するのが典型的な例ですが、たいていは③の時点で病院に連れてこられることがほとんどです。こうした経過ではない猫もいます。

 sick-cat.png
急にぐったりして発見されることが多いです。

<緊急事態にどう対応するか>

猫の場合、尿管閉塞の80~90%は部分閉塞で、腎臓で作られた尿は少しずつ膀胱へと流れると考えられています。しかし内科的に尿管の緊張を解き、点滴によって尿管の石を膀胱に導くことをトライするのもせいぜい24時間から72時間程度です。治療をしていても尿がしっかり作られないとか、高窒素血症が進行するとか、そのほかの問題が浮き彫りにされてくるときは緊急の手術を行わなければいけません。この時間は尿管結石が通過することを期待する時間というよりは、むしろ腎臓や尿管の手術に対して熟練した外科系の専門医と連携をとるのに必要になる時間と考えた方がよさそうです。とりあえずの内科療法はまず奏功しないだろうけれど、次の手立てのためのつなぎ治療ということです。代謝性アシドーシスを抑え、命に危険のある高カリウム血症をコントロールします。十分な排尿がない場合は、水分過多になってしまうこともあるためしっかり観察を行う必要があり、入院管理以外は対応不能です。(通院で様子を見ることは危険な状況です。)

家庭ですでにこうした時間を経過してしまった場合、治療に対する効果が芳しくないことが多いです。

運良く、尿管閉塞の事態を内科的に切り抜けることができる(内科治療が有効であった)割合は813%だけだったという報告があります。

cat-throwing-up.png
高窒素血症があると激しい嘔吐が続きます。
 

<専門医がやってくれること>

二次病院では、腎臓の圧を回避させ、緊急的に尿を腎臓から排除する処置をしてくれます。そのまま内科的な加療を続け、腎機能の回復を待って(1週間かそこいらです)、本格的な尿管の手術に入ります。尿管に残された機能を推測するために、レントゲンの造影検査を必要とするかもしれません。尿管の機能が残っていれば切開と石の切除を行ないます。尿管の機能が怪しいと、石を取り除いても尿の流れを期待することはできないため、新しく尿路を作る必要があるでしょう。これらの生体に頼る手術をあきらめて、別の装置を体につける(皮下尿管バイパス手術)を行うことになるかもしれません。尿管ステントによる手術は再発率が高いという報告があります。

さらに術後も、腎機能の回復を促すための密度の濃い内科療法が継続的に行われます。

ひとたび急性の腎障害を起こすと、腎臓に対しては機能障害を残しての回復が最良の予後になるかと思います。慢性の腎臓病へと移行することがほとんどで、腎機能を悪化させてこの救急事態の間に死亡してしまうことさえもあるくらいです。全く腎機能を落とさない結果に終わることは期待が薄いです。残念ながら生存率は平均して30%程度と言われています。

この事態を切り抜けるためのキーポイントは熟練した経験豊富な獣医外科医と、腎臓内科に卓越した獣医腎臓内科医の連携といっても過言ではないでしょう。

退院までに1か月近くを要することになるだろうこと(場合によってはそれ以上)、そしてその後もずっと慢性腎臓病の管理が続くことは覚悟してください。

 sad-cat.png
生死の分かれ道になります。

<偶然見つかった石をどうするか>

石があっても症状はなく、たまたま別件で検査をしているときに発見することがあります。この場合は定期的に結石の動きを観察することになります。残存する腎臓の機能も検査しながら観察していきます。経過観察は何もしないのではなく、しっかり観察をしながら定期検診を受けていただき、その時々に必要と考えられる検査、血圧測定、血液検査、尿検査、エコー検査、レントゲン検査などを定期的に行うことです。

 

<結石形成のリスク因子>

猫においてもシュウ酸カルシウム結石の形成原因は不明です。

石を形成しやすいリスク因子はいくつか知られています。

・中年齢から高年齢の室内単頭飼育猫で、肥満傾向にある猫

・高ナトリウム、高カルシウム、高シュウ酸食を食べている。

 (もしかしておやつ摂取が多い?)

・水分摂取が少ない。

・酸性尿。

・血液検査で高カルシウム血症のことがある。

個人的には、アメリカンショートヘアーに多いイメージを持っています。

 cat02.png
回復しても腎臓を見守ります。
偶然の石の発見でも定期検診で見守りです。

<結石形成を抑える>

緊急事態を回避できても、次にまた石が形成されてしまうと、同じことが起こりえます。再発を防止するため、また石の形成を抑制するために、できることがあります。

シュウ酸カルシウム結石の再発を最小限に抑えるのは、尿中のシュウ酸カルシウム濃度を下げること、尿の酸性化を避けること、そして過剰なタンパク質含有量の食事を避けることが3本柱です。

シュウ酸カルシウム結石が診断された猫は、高カルシウム血症関連の検査を進めていく必要があるかもしれません。原因として考えられることがわかったら、これを排除するようにします。

再発防止食(病院食)を与えます。再発防止食はタンパク質、カルシウム、ビタミンDが過剰にならないようにそして適度なナトリウムとリンの含有量で、可溶性繊維を含むように設計されています。再発防止食は尿中のシュウ酸カルシウム濃度を下げるのを目的として特別に研究し作られているフードです。

もちろんのこと、水分摂取を増やすようにします。処方食にはドライフードとウェットフードが有りますが、ウェットフードの方が適しています。猫ではシュウ酸カルシウム管理に理想とされる尿比重は1.030以下です。(犬よりは濃いめです)

一般食の中にはストルバイト結石に対応することを目的に、尿を酸性化させるように作られたフードや、マグネシウムを極端に抑えられたフードも有りますが、それらのフードを安易に与えることは危険です。

もちろん、むやみにおやつを与えることも避けるべきです。

それらをもってしても、続けて酸性尿を出す猫には尿をアルカリ化させる薬や、利尿薬などの服用が進められます。

 

<高ナトリウム食はだめ>

犬のシュウ酸カルシウム結石のときと同じで、高ナトリウム食はおすすめしていません。塩分摂取を増やして水をたくさん飲ませようとする方法なのですが、確かに尿中の水分排泄が増えますが、短期間です。食餌中の水分を増やして、尿の濃さを薄めるのとは同じになりません。

 

<おわりに>

猫のシュウ酸カルシウム結石症が、命に関わるほどの怖い病気で、致死率も高いし、回復してからも腎機能に影響を与えることはおわかりいただけたでしょうか。

猫は「本来」肉食だから、とタンパク質含有量の多いフードを選んだり、肉食に偏ったおやつを与え続けることは危険です。「本来」は肉食で有ったかもしれませんが、今は屋内で過ごしており、猫の「本来」の生活はできていません。自由に遊べるエリアが狭められ、ハンティングするという猫の活動は抑えられています。そこに「本来」の理論を持ってきても役に立とうはずがありません。高タンパクフードが美味しければ、肥満を加速させる結果にもなるでしょう。

結石形成の危険はどの猫にもあります。今の食生活を見直していただき、定期検診に画像検査項目を選んでいただけるといいなぁと思います。

スポンサーサイト



テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード