FC2ブログ

処方食の諸注意

 動物病院から出される食事、特別療法食は、処方食と呼ばれることが多いです。一般のお店で購入できるフードと違って治療を目的として原材料を選び栄養成分をきっちりと調整してあるフードです。栄養組成はその病気に特有の事象を改善できるように作られています。昨今誤った使い方をされている飼い主さんも多いのですが、その使い方により治療目的が果たせないばかりかかえって病気を引き起こしていることさえ認められます。もう一度処方食のことについて知ってくいただきたく、お話をすることにします。
先月のハートニュースと同じ内容ですが、少し内容は濃いです。

7521438212_5f456717b7.jpg

<処方食の特性>

処方食は病気の治療に役立つように設計されています。健康的な動物に必要とされる栄養成分とは組成が大きく異なっています。そのため別の病態の犬や猫に食べさせると良くないことが起こります。診察を受けずにネットや量販店で購入するのは間違っています。本来は販売してはいけないことになっている商品なのですが困ったことに流通しています。また本来的には処方されるもので、飼い主さんが選択して購入するものではありません。あやまった使い方をされると、病気の犬や猫にさらなる被害が生じるということを認識してください。

 

<私たちが危惧していること>

病態が変化しているのに気づかないまま同じ食事を与え続けていて体調を悪くさせてしまった犬や猫を診察した経験は、どこの動物病院の獣医師も持っています。「獣医師の推薦商品」ということに安心しきって同じ処方食を処方なしに動物病院以外で購入し続けている場合が最も多く、「少し違うものも味は変わって嗜好性が高まるかもしれない」と、まるで柔軟剤の香りの種類を変えるくらいの感覚で気安く変更している場合も見受けられます。処方には有効期間があることをご承知いただき、少なくとも2か月に1回のウェルネス来院で食事の再確認をさせてください。食事で病気と向かっていることを忘れないで。何でもいい食事だったらわざわざ処方食を推奨していません。

 0812102425.jpg

<こんなご質問>

良く承るご質問に「同居の別の犬や猫に同じものを与えても良いか」というものがあります。全く同じ病気であれば大丈夫ですが、そういったケースはまれです。食事のときは別の部屋を用意する、ケージに入れるなどして、該当した疾患の動物にだけ与えるようにしてください。病気の犬猫がしっかり食事を食べられないと、病気の悪化を防いだり治したりという処方食本来の目的を果たすことができなくなってしまいます。

<いくつかの病気を持っている>

異なる2つ異常の病気があるとき、いくつかの処方食を混ぜて与えるのは好ましいことではありません。それぞれの食事の特性を壊すことになります。優先されるべき処方食を推薦しています。たとえば膵炎と腎臓病というとき、片方は低脂肪になるように調整され、もう一方は高脂肪になっています。この場合膵臓疾患を優先させた食事を処方しています。「うちの子は腎臓も悪いのに、こっちは放っておいていいの?」と思われるかもしれません。ですが勝手に腎臓のための食事を用意してブレンドしてはいけません。そうすると膵炎を悪化させる食事に変化させてしまうからです。

おやつは少しならいい?>

処方食を食べている間はおやつにも制限があります。処方食中のおやつは別にあります。ご相談ください。おやつを特におすすめする獣医師はいませんから、処方食と一緒におやつを処方することはありません。しかし、疾患によってはきちんと調整されたおやつも存在します。ご希望の場合は「うちの子はおやつが食べられませんか?」というご質問をいただくと「ありますよ」とお答えできる場合があります。お気軽にご相談ください。誤ったものを内緒で与えてもらうのは病気の犬猫に好ましくないので、遠慮なくお申し出ください。

 0812101640.jpg

<処方食が嫌い?>

「処方食を食べてくれない」という困りごとがあります。処方食に切り替えるときには、これまでのフードからいきなり変更するとうまくいかない場合があります。たいていの食事変更は1週間くらいかけて行います。一般的に知られているのは、少しずつ混ぜ、徐々に新しいフードの割合を増やしていくという方法です。このほかにも二皿法というやり方があります。別々の食器に2種類の食事を置いて徐々に用意する食事の割合を処方食に変更していくやり方です。はじめはちょっとした興味をそそるくらいの分量を与えてみる感じです。

<食欲がないときに>

食事は電子レンジで温めてもらうと風味が増し、よく食べる場合があります。温める温度は人肌くらいで、温めすぎで焦げ臭い匂いが発生しないようにご注意ください。この方法は冷蔵庫に保管したウェットフードに限らず、ドライフードでも応用していただけるやり方です。残念ながらキッチンにフードの匂いが立ち上りますが、愛する犬や猫のためですので、このくらいはご容赦ください。

<トッピングしてもいい?>

療法食に好物を混ぜて与えるのは初期のうちは仕方がないと思われるかもしれませんが、好物から抜け出せないと困ります。栄養組成を変えてしまうこともあって、おやつと同じでトッピングもNGです。処方食の中には腸内環境を整えるサプリメントのトッピングを別売しているメーカーもあります。このようなサプリメントの添加であれば(一部原材料にアレルゲンが含まれないことを確認してあれば、アレルギー疾患の場合でも)大丈夫です。

 3384888065_7b40a855b0.jpg

<どれだけやったらいいだろう?>

処方食の給与量はパッケージに記載されています。体重ごとに大まかな目安が出ているので体重欄を見れば良いことが分かります。肥満の場合は理想体重を想定して現体重ではないことにご注意ください。また記載量は1日の目安です。12回食であれば1回量はその半分になりますので分量を間違えないようにお願いします。そして記載された量はあくまでも目安ですので、身体の代謝具合や個々の運動量によって適正量の微調整が必要です。2週間くらいで体重測定をし、体重の変化に気をつけてください。

<水分以外の栄養素が入っている>

フードには水分以外の栄養素がバランス良く、過不足なく含まれています。ドライフードを与えるときは新鮮な水を十分ご用意ください。フードによっては飲水量が増える場合があります。不足しないようにしてください。変化が大きく心配な場合にはご連絡ください。

<開封後の保管>

ウェットフードはパッケージをあけたら、そのまま密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し2日で使いきってください。冷蔵庫から出して与える前には温めてください。

ドライフードはチャック付き袋などに小分けして、冷暗所で保管し、1か月以内に食べきれるようなサイズのものを選ぶようにしてください。ドライフードは基本的にポテトチップスと同じような扱いをしていただけると要領をつかみやすいと思います。

 
<療法食のメーカーさん>
メーカーさんによってはフードによってマイナスな事象が発生したことを受け、ネットからの購入ができないように切り替えたところもあります。これまでの経緯から残さざるを得ないけれど、新商品は購入できないようにするということでラインナップを整えたところもあります。そんな動きによってネットショップでは「在庫がありません」になり、動物病院でお渡しできる値段の倍以上の価格になってしまったものもあるらしいです。正規のルートであればそんなこともないのにと思います。動物病院でも「ネットで出回っているメーカーさんのものは取り扱いをしない」方針のところも多数あるようです。私たちは単に商品を紹介している窓口ではありません。フードも通して犬猫の健康を管理しているつもりでいます。全く知らないところで道を外れてしまっているのは残念です。

0812110532.jpg 
昨年末の流行語大賞に「ワンチーム」が選ばれましたが、病気を治すのもワンチームだと思います。病院での治療、家庭での看護、そして良い薬や療法食を研究し提供してくださるメーカーさん、もちろん治療に協力的になってくれる当の本人(本ワン、本ニャン)たちを含めたワンチームです。スタンドプレーで迷惑を被るのは病気の犬猫たちでしょう。

「今のからだに最適なフード」は診察を通してわかってきます。ネット等で処方食の流通が始まり、これまで動物の健康を増進するための大切な処方食だったのに、ただのドッグフード、キャットフード、デイリー食品並の扱いを受けるようになってしまいました。残念です。処方食には科学的根拠を持って研究し作ってきたメーカーさんたち、そしてその食事の良さを理解しご紹介した獣医師が存在してこそ生かされるものです。今は処方箋がどこかに行ってしまっています。困った事象が発生してからでは遅すぎます。何はともあれ、病院へいらしてください。

スポンサーサイト



テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード