FC2ブログ

犬コロナウイルス感染症について

 新型コロナウイルス感染症の話題が、毎日続いています。今週はショッキングなことに人から犬への感染が「疑い」から「確定」に変化してしまいました。

犬にもコロナウイルスの感染症があります。現在報じられている人の感染症とは大きく異なります。せっかくなので、犬のコロナウイルス感染症についてお話ししておきます。

 

犬コロナウイルス感染症について

一般的に、犬のコロナウイルスは消化器系に感染する病原体です。犬コロナウイルス(CCoV)感染は1971年にドイツの軍用犬ユニットで急性腸炎の犬から分離され、初めて報告されました。腸粘膜の先端部分の上皮細胞にウイルスは感染します。そして犬の消化と吸収を悪くさせます。子犬から老犬まですべての年齢層で感染はありますが、私たちのイメージでは「1歳未満の子犬の下痢症」の原因になるウイルスです。

 

<病原体は?>

犬コロナウイルス(Canine coronavirusCCoV)は、アルファコロナウイルスに分類されるウイルスです。エンベロープと言われる膜には3種類の蛋白が太陽コロナの炎の構造のように付着しています。この中のS蛋白が犬の細胞表面にある受容体にぴたっとくっついて細胞内に侵入し、膜からウイルスのRNAを出して犬の細胞の中で複製し、ウイルスを増やしていきます。犬の身体から出たウイルスは比較的速く失活(感染性を無くす)します。アルコールや界面活性剤で不活化させることが可能です。

 virus_corona.png

<どのように感染するの?>

感染した犬の排泄物の中のウイルスや、排泄物に汚染された食器やケージの表面などに付着するウイルスが感染源になります。このウイルスが次の犬の口や鼻から身体の中に入り消化管を通り小腸の粘膜に感染します。

繁殖場で生まれた子犬など、多数の犬が暮らす施設では短期間に感染が広がり、ウイルスがそのまま維持されていることが多いため、日本にいる犬の約半分くらいはすでにコロナウイルスに感染したことがあると推定されています。1歳未満の年齢で発症する「子犬の下痢」の半数はコロナウイルスが原因になっているだろうといわれています。小腸だけが感染場所です。呼吸器の感染は起こりません。

 

<どんな症状が出るの?>

潜伏期間は1~5日ですが、突然始まる嘔吐で発症に気づくことになるでしょう。そして水のような下痢便になります。元気や食欲もなくなりますが、発熱することもなく、たいていは軽症で、4~5日から7日もすると回復します。糞便中へのウイルス排泄はその後も続きます。最長4週間です。

他のウイルスや細菌と混合感染すると3か月未満の子犬では症状が重篤化します。

 unchi_character_yawarakai (1)

<感染したのを知る方法は?>

外部の検査機関に依頼するとわかります。たいていは対症療法で治ってしまうため、(高価な検査を実施しようかどうかと判断するまでもなく)検査する機会は無いに等しいです。

同じような症状でも重症で長引く場合は「パルボウイルス性腸炎」のことが多いです。この場合も院内の糞便検査キットや血液検査で白血球数が減少していることなどから診断がつきますので、ウイルスを検出させる外部検査を使うこともないです。パルボウイルス感染症に併発する感染症がないかどうかを確認したいとき、ついでにコロナウイルスの検査も依頼するかもしれません。遺伝子を増幅させるPCR法のほかに、血清学的に抗原を調べるイムノクロマト法、抗体を調べるIFA法などがあります。PCR法に用いる検体は糞便ですが、ウイルス分離はうまくいかないことも多いです。

 

<治療法は?>

このウイルスに対する効果的な治療法はありません。下痢や脱水症に対する対症療法や、支持療法です。補液をしたり、嘔吐があれば制吐剤を使います。食事療法として消化のよい療法食を選び、消化酵素薬や腸内細菌のサプリメントなどで治療をします。

 medical_virus_koutai_202003072100377b4.pngvirus_corona.png

<予後は?>

症状は比較的軽度ですし、予後も良好です。

それでも3か月未満の子犬の感染は、他のウイルスと混合感染があると命に関わることもあるので、注意が必要です。

 

<予防はできるの?>

ワクチンが開発されています。しかし感染防御を目的としたものではなくて、感染しても軽症で済むようにという目的で接種されます。一度感染して得られた免疫も弱く、長続きはしません。繰り返し感染するようです。

 

 

犬のコロナウイルスといえば~、という一般のお話しです。実は呼吸器に感染するコロナウイルスもあります。

次回に回します。

スポンサーサイト



テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード