愛犬の防寒対策

一年でもっとも寒い季節に入りました。

今日は冬の防寒対策についてお話したいと思います。

私たちが一番心配するのは、屋外の犬たちです。

しんしんと冷え込む屋外の犬小屋には、小屋の周りを発砲スチロールで囲んで、さらに古い毛布や布団などで出入り口にも覆いをかけてもらうと、良いと思います。また、犬舎の下にもダンボールや発砲スチロール、布団などを敷くと地面からの冷気にもある程度対応することができます。犬小屋の中に毛布を敷いて下さっているご家庭がほとんどです。しかし、もし愛犬が老齢になってきているのならば、それだけでは不十分かも知れません。湯たんぽを入れてやるのも一案です。

中には、そこまですると暑すぎてしまうのか、わざわざ中に入れてやった敷物を外に出して、寒気吹きすさぶところで丸くなって寝る犬もいます。新しい環境を作ってやった場合は、そぉ~っと夜間に様子を見に行って、設置した防寒対策で大丈夫なのかどうかチェックして下さい

屋内犬のほうが暖かな環境にいるくせに、寒がりです。私たちと同じで年中適温環境に暮らしているため、彼らの換毛もすっかり狂って来ています。冬はアンダーコート(ふわふわの綿毛)が密に生えそろい、春にそうした毛が抜け変わる、と思っていたら大間違い。今や犬の洋服はファッションではなく、私たちと同じヒートテック感覚です。屋内にいてもスウェットやニット素材のセーターが必要という犬はいますし、そういう子たちにはお散歩時に防風素材のジャケットも必要となります。

短毛で、冷え性の犬には腰を暖めるため背中のポケットに小さな使い捨てカイロを入れていただくことさえあります。椎間板ヘルニアの既往歴のある犬には漢方の考え方からもこんな暖め方はお勧めです。

困ってしまうのは、自分たちの起きている時間だけエアコンをつけていて、寝る時になると止めてしまい、犬用の夜間暖房は用意していない、というご家庭です。最も冷え込む夜間に暖房を切られてしまっては、「私たちと一緒」のはずが、実は違っているのです。用の電気マットはダンボールやバスタオルなどと組み合わせると、小さな犬用コタツに代用できます。これさえあれば、昼間お勤めに出て家人が留守の間も、日当たりがない日でも十分暖かく過ごすことができます。

犬は私たちの5~7年分を1年ですごしていきます。去年の寒さは十分耐えられたとしても、それは私たちの5~7年前の若さのときとの比較になります。そして、寒さは持病を悪化させ、発症した病気を治りにくくもさせます。どうか、今一度、我が家の犬の防寒対策について見直してみてください。


こちらもどうぞ。寒い時期の管理について。

http://heartah.blog34.fc2.com/blog-category-59.html


こちらはPDFファイルです。

http://www.heart-ah.com/img/heartnews/heartnews28.pdf

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード