キャリー・その4

 キャリーのお話の4回目。

ほんと、いろんなキャリーがあるんですわ。次々話題に事欠きません。

今回のご紹介は布製キャリーです。前回までに紹介させていただいたキャリーはどれも車通院専用のしっかりしたものでした。重たいんですよ。今回紹介させていただくのは布製のもの。電車やバスなど、公共交通機関を利用して、動物を持って歩くのに都合が好さそうなキャリーです。

こちらのものは犬専用です。何故かというと、前面すべてがジッパーで閉じられないのです。袋内部に首輪を止めておける金具が付いていますから、あいてるところがあっても逃げ出せないようになっていますが、やっぱり猫を入れるのには不安があります。わきにはポケットが付いていて、ペットシーツなど入れることができます。この方は使い捨てカイロの予備を入れていらっしゃいましたよ。

DSC01149.jpg 

大学での診療でも、こんなかわいらしいバッグに入って連れてこられたわんこさんに会いました。上はすべてメッシュですが、本体部分はビニールレザー製でしょうか。写真の裏側に当たる部分にポケットも付いていました。ディズニーブランドです。高そうです。

DSC01155.jpg

こちらは猫ちゃんの患者さんが入ってこられました。肩にかけられるようにもなっています。前面メッシュのカバーでおおわれています。広さもそこそこあり、ちょっと大きいめのオス猫さんでも窮屈そうではありませんでした。

DSC01147.jpg     DSC01148.jpg

ショルダータイプはいろいろあります。直方体で大きめのバッグは一回り大きいサイズの犬にも重宝しそうです。

DSC01174.jpg 

まだまだ布製バッグはいろいろなデザインのものがあります。はっと気が付いたら猫さんはこのタイプに入れられて通院している子が多いですね。

DSC01238.jpg    DSC01235.jpg

まとめです。

布製バッグは壊れません。化学繊維の丈夫な布でできています。通気性を考慮して選んでいったら、失敗はないように思われます。たいていは肩かけ式です。中には抱っこ式、おんぶ式のものもあります。車での通院だけでなく、公共交通機関や歩いての通院に便利そうです。デザインもクールなものからかわいらしいものまでいろいろあって、迷ってしまいそうです。普及型のキャリーに比べるとお値段は張るかも知れません。お値引きセールになるまでじっくり待つ、という手を使えばお買い得に求められるでしょうか。

 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード