犬と猫の肥満について

「うちのこ、太りすぎでしょうか」「体重オーバーじゃないですか」など、犬猫の太り具合に関心を持たれるオーナーさんが増えていてうれしい限りです。さて、今回は肥満についてのお話です。

1、肥満かどうかは体重で知るのですか?
さて、肥満かどうかのサインは体重だけでは決まりません。愛犬の雑誌や犬種図鑑などで標準体重が記されていますが、うちの子のサイズと今の体重がぴったりであれば標準から外れていても一概に肥満であるとか痩せすぎであるということにはなりません。
肥満かどうかをチェックするのは肋骨や背骨、腰の骨を触って簡単に触れることができるかどうかでみる方法が最も一般的です。分かりにくい場合はスタッフにお尋ねください。まず手で触って、覚えてもらうのが一番です。

2、肥満ではいけませんか?
さて、もし、肥満だと分かった場合、それはいけないことなのでしょうか。犬も猫もころころして太っていたほうがかわいらしいです。(確かに。私もそう言っていただけるとウレシイのですが、メタボであります。)
しかし肥満は様々な病気を悪化させる因子となります。つまり、肥満の子でも肥満でない子でも病気になるのですが、肥満の子であれば病状をもっと悪くさせてしまう。また、もしかしたら未病の状態でいられたものを肥満があることでそれを顕在化させ、病気を発症させてしまう。そういったことを肥満はもたらすのです。
年齢から関節に問題が起こってきたとしましょう。痩せていれば関節に負担はかかりませんが、太っているとその体重を支えなくてはならないため、同じ年齢の子に比べると症状も重度で、また痩せている子に比べると早いスピードで関節炎は進行していくということです。

3、肥満がもたらす病気にはどんなものがありますか?
ずばり、心臓は疲れます。全身に血液を送り出す働きをするのが心臓。肥満になるとめぐらせなければならない血液量が増えますから心臓には負担がかかってきます。
そして呼吸器。体の容積が増したことで酸素要求量も増えますから、普通の子より呼吸活動もたくさん行うよう強いられます。夏に、太った犬が苦しそうにハアハア、ゼイゼイしているのはよく見かける光景です。
さらに骨格系。先程お話した関節炎のほか筋肉と骨を結ぶ腱(けん)や靭帯(じんたい)も切れやすくなります。
消化器系では便秘も増えます。また食事との関連で膵炎なども起こしやすくなります。余剰な脂肪は肝臓にたまりますので肝臓にも問題が生じます。
皮膚にも影響は出てきます。免疫のバランスがくずれ、皮膚炎をおこしやすいくなります。皮膚のしわやたるみがあると、しわとしわの間の皮膚炎ができやすくなります。
陰部のしわは泌尿器感染症に結び付きやすくなります。犬では細菌尿から膀胱結石(ストルバイト尿石)が発生します。
ホルモンバランスも悪くなります。これは肥満を助長させたり、感染症を招きやすくさせたりします。
みなさんが心配なさる糖尿病のリスクももちろんあがります。
このように、ほぼすべてのエリアの病気と肥満は関係があります。

4、でも、痩せさせるいい方法がわかりません
人では「肥満→ダイエット→運動するまたは食べない」というのがよくあるパターンです。しかし、太った犬猫を無理に運動させようとしても思うように動いてはくれません。散歩の途中で動かなくなっても抱いて帰ることができない大型犬ではこちらが立ち往生。これではどうにもなりません。
一般に犬猫の肥満対策としては低カロリー食を適正量与え、体が軽くなってきて、動物が動きやすくなったころから運動量を徐々に増やし、減量を加速させる、という方法が取られています。
まずは食事を選び、量を選び、投与方法を見直すことからです。そして大事なのは、家族の同意と、それを維持する強い気持ち。

動物病院では食事選び、適正投与量、投与方法をご指導いたします。その後は定期的に体重測定にいらしていただき、オーナー様の努力をサポートいたします。失敗しても大丈夫。また始めればいいのですから。山あり谷あり。順調に減ったかのように見えて次は増えていたり、平行線だったり。そうした時に「こんな方法で」「あんな方法で」のアドバイスをしていきます。

もし、減量作戦に参加してみよう、と思っていただけたら、私たちの活動の始まりです。
私たちは犬猫の病気予防のために頑張る家族の応援団です。
4月24日(土)10時より肥満を克服するためのセミナーを開催予定です。5月、6月にもそれぞれ1回ずつ予定しています。
ハート動物病院に初めて診察に来られる方でも、一度もご来院なさったことのない方でも聴講はご自由です。
お友達で肥満を気になさっていらっしゃる方があれば、誘ってあげてください。
皆様のご来院をお待ちしています。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード