犬の心臓病に関する誤解

先日のことです。ワクチンでお見えになったワンコに心雑音が聞かれたので、オーナーさんに心臓の検査をおすすめしてみました。すると…

「心臓病の治療をするのが怖い」とおっしゃられるのです。さらに尋ねますと「高齢のため外科手術は控えたい」ということでした。

 

はた、と気が付きました。ヒトで心臓病といえば「狭心症」や「心筋梗塞」です。詳しく検査をしましょう、といえば「心電図」「超音波」「レントゲン」を超えて「CT」「MRI」「心臓カテーテル」になるでしょう。そして血管が狭いことが確認されれば「インターベンション」(バルーンとかステントとかDCA、ロタブレイターなどと聞かれるかもしれません)処置に入ることになるのかもしれません。そう、家族にとってはかなりの一大事です。

 

ヒトの心臓病に多い狭心症や心筋梗塞は、心臓の筋肉に栄養を送る冠状血管が狭くなって発生するトラブルです。一方、犬で最も多い心臓病は「僧帽弁閉鎖不全症」。これは心臓内の部屋を分ける弁の異常で起こります。

 

犬のほうは身体検査で「聴診」や「むくみのチェック」などを行ないます。詳しい検査というと「血圧」「血液検査」「尿検査」「レントゲン」「心電図」「超音波」などです。そして治療ですが、外科的処置が介入する場面は余程のことがなければありません。たいていは内服薬の投与です。犬の心臓病に有効なお薬もちゃんとあります。

 

犬の心臓病は内科治療を主にしています。いま、心臓がどんな状態なのか、どのくらいの段階に居るのかをみるために検査を行ないます。グレード分けにより使うべきお薬を選択するので検査が必要なのです。

 

心臓病は慢性疾患です。治ることはありません。そのままにしておくとどんどん進行し悪化してしまうのです。
心臓病の治療の目的は、
①快適な生活を送れるようにすること、
②病期の進行を遅らせること、
③寿命を延ばしてやることです

むやみやたらに、薬を飲ませて、ひどい状態なのに命だけが長くなるような治療ではありません。

 

そんなお話をして、誤解を解いていただきました。

 

さて、何かの診療の折、聴診をして心雑音が聞こえてきた犬のオーナー様には、愛犬の心臓の検査と治療をおすすめしていますが、検査は怖いものではありません。それに犬の心臓病によく効く薬もあります。くれぐれも誤解の無いようにお願いします。

 

10月30日(土曜日)午前10時から、心臓病に関するセミナーを行ないます。どうして心臓病になるのか。心臓病の時の症状はどんなものか。心臓病と分かったらどんな治療ができるのか、などの内容です。心臓病のワンコと暮らしているオーナーさんはもちろん、心臓病の予備軍である高齢のワンコと暮らしているオーナーさん、心疾患になり易いキャバリアをはじめとした小型犬と暮らしているオーナーさん。ぜひご参加ください。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード