きょうも頑張るわんこさん

まだまだ頑張るわんこ、続きます。

 

「シェル君」は名古屋から引越ししてきたわんこです。
DSC02845.jpg 
↑ちょっとシャイなシェル君はカメラ目線になってくれません(><)

ホームドクターだった名古屋の先生が、シェル君の足の病気を診ていました。レントゲン検査、血液検査、関節液の検査から「免疫介在性関節炎」という診断がついていました。

 

「特発性免疫介在性多発性関節炎IMPA「びらん性関節炎」「多発性関節炎」とも言われ、一般には「関節リウマチ」というのがなじみのある名前になっています。リウマチ性関節炎の原因は免疫に関係すると考えられています。手首、足首、指の関節、ひざ関節などに、4歳から6歳くらいの比較的若い年齢で発症します。熱が出たり、食欲が無くなったり、寝ていることが多くなったり、という全身症状が出る子もいますが、最も多いのはビッコです。「右前足かと思ったら左前足みたい」「確かこの前はうしろ脚だったんだけど、今日見たら前だった」「どの足が悪かったのかわからなくなった」など、よく観察されている飼い主さんでも奇妙に感じるほど日によってかばう足が違ってくるのが特徴です。関節が壊れてくると足が極端に曲がってきます。地にパットを着けて立つはずの足は、まるでオットセイのように曲がり足首までぺったりと着けて歩くようになります。そしてしまいにはおなかを地に着け歩けなくなってしまうこともあります。
DSC02843.jpg 
↑指の関節が壊れかかっています
DSC02725.jpg 
↑ベタっと足首までついてしまいました。
ユウくんです 。
DSC02729.jpg 
↑横から見るとこんな様子。


DSC02909.jpg 
↑関節が壊れると関節液が出てくることもあります。 
ノアちゃんです。
 
DSC02832.jpg 
↑足が曲がり身体を支えることが出来なくなってしまいました。
立てないため寝たきりになってしまったヌーボちゃんです。(/_<)

神谷ラン・リウマチ 
↑ランちゃんはまだしっかり歩けまーす♪

 

さて、「シェル君」が引っ越しして来た時には、かかとの関節が壊れ、皮膚から関節液がもれ出ている状態でした。毎日の包帯交換と免疫抑制剤などの服用は、おうちの方にも大変負担があったと思います。けれどそうした努力が功を奏して、1か月もすると皮膚の穴もふさがりきれいになりました。

 

関節リウマチは関節周囲の筋肉、骨、腱(スジ)など、さまざまな運動器の慢性的な痛みを伴う進行性の病気です。これらの症状が長引いて全身状態が低下して全身の免疫システムが異常になって皮膚病や感染症を併発することもあるので、足をかばって歩くとか、足の形がおかしくなっているなど、初期のわずかな異常を見過ごさないようにすることがとても大切です。

 

次回は同じ関節炎でも、「変形性骨関節症」のわんこ達をご紹介する予定です。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード