きょうも頑張るわんこです

がんばるわんちゃん。今日は「リリアンちゃん」のおはなし。

このワンは「免疫介在性血小板減少症」(IMTPという病気にかかってしまったわんこです。

DSC03271.jpg 
 
↑わたしがリリアンです。実はもっと深刻な病気とも戦っているのよ!
 

血液の細胞には白血球と赤血球、血小板という3種類の細胞があります。免疫システムが誤って自分の血液細胞を敵だとみなして攻撃してしまうことがあります。

赤血球の破壊が起こるとこんな病名になります。「免疫介在性溶血性貧血」「自己免疫性溶血性貧血」。短く略してIMHAと呼ぶこともあります。

血小板が壊されると「免疫介在性血小板減少症」。これは短くIMTPと呼ばれています。

気の毒にも、赤血球と血小板のどちらの血球も壊されてしまうこともあります。「エバンス症候群」と言っています。

攻撃を受ける細胞が違うだけで、体の中で起こっている誤爆という免疫異常は同じです。

 

それで、これらの病気に対する治療はほぼ共通です。

 

この病気では免疫システムが異常になっているので、この機構を修復するのが第1です。すぐに効果が現れるのはステロイドホルモンです。アトピーや他の炎症性の病気の時にも使いますが、この病気の時は多めに使います。免疫抑制剤も使われます。

減少している血球を補うために骨髄を刺激する薬を使うこともあります。骨髄は血液細胞がつくられる場所です。骨髄では毎日新しい血液細胞が作られていて、成熟した細胞だけが血液の中に出てきます。骨髄を刺激する薬は、『あともうちょっとで大人になる、でも今でもそこそこ仕事ができる』という準おとな細胞を血中に早めに送り出す働きがあります。

それでも間に合いそうにない場合は、輸血をすることもあります。(もともと自分の身体でさえ攻撃してしまうのに、他の犬の細胞を入れ、それもさらに攻撃対象になるのではないか、という考えから、この治療には慎重になる先生もおられます。)一時的に他の犬から血液細胞をもらうことで攻撃性が制御されていれば、わんこの身体は楽になれます。

 

 さて、リリアンちゃんが体調を崩したのは2年前のお正月。歯茎に斑点があるのにオーナーさんが気づいて連れてこられました。血小板は血を止める働きをする細胞です。血小板が少ないと血管の壁が壊れても修復されることがないためいつまでもじわじわとした出血が続きます。リリアンちゃんは舌の裏側や目の中にも出血のあとが見られました。(一般的にわかりやすいのはおなかや耳の内側。皮下出血の紫の斑が点々と見えるのが特徴です。溶血性疾患ではおしっこの色が赤黒いコーヒーや薄口しょうゆの色になるのでさらにわかりやすいと思います)血液検査をすると、正常ならば3040万個/μℓあるはずの血小板は、初診時1.5万個/μℓしかありませんでした。

早速、上記のような治療を始め6ヶ月。体調もよく、再発兆候も似られなかったため、次の6ヶ月で薬を徐々に減らしていき、はじめの投与から12ヵ月間薬を続けたのち、一度治療を止めてみました。しかしお薬を止めた3ヵ月後には再発してしまい、2度目の発症時には血小板の数は0.4万個/μℓしかありませんでした。再び始まった治療により、今はすっかり安定していますが、今度は減薬や休薬のプランはなし。治療は継続中です。
 

この病気の厄介なところは一度薬にうまく反応しても、その後再発することが多い点です。そして2度目の発症は1度目の時より、また3度目はそれ以上に治療に対する反応が悪く、どうにも助からないことがほとんどなのです。

 そう。2度目の時も、よく頑張ってくれたのでした。


 

しかし振り返るにつけ、頑張ったのはわんこやにゃんだけではなかったと思い出します。飼い主さんの山より高く、谷より深い愛情と努力の現われが今の姿なんですよね。
 みなさん、日々、ありがとうございます。合掌。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

自己免疫介在性血小板減少症の愛犬

こんにちは。我が家の養子?(笑)も自己免疫介在性血小板減少症と診断され、毎日ステロイドや、免疫抑制剤を服用しています。月1の血液検査では2万~4万を行ったり来たりしています。もともとおとなしい犬なので、朝夕2回の散歩以外は家の中でまったりすごすことが多いのですが、時々はスリッパや、音の出るおもちゃを振り回して遊びます。安静にという指示があるので、ほどほどにしていますが。毎日お腹や耳の中のボディーチェックは欠かせません。完治すれば嬉しいのですが、このまま出来るだけ長く傍にいてくれたらと願っています。
雑種 雄 推定4歳 中型犬です。ちなみに脾臓は摘出しています。
ワクチンが接種できないので、なるべく外出は控えています。
リリアンちゃんはその後いかがでしょうか。

Re: 自己免疫介在性血小板減少症の愛犬

里子さん、こんにちは。
返信がすごーく遅くなってしまったこと、お詫びいたします。
その後リリアンちゃんは肥満細胞腫になりました。高齢のため積極的な手術による切除はせず、局所のステロイド注入などで対処し、あとはソフトランディングしました。
いかに別の病気とはいえ、悲しいお知らせをご紹介するのは、とためらわれておりました。
でもね、思い出したのです!クッキーさんのこと。
この子は「エバンス症候群」でした。一時は血小板数が機械で測定できないくらい、つまり測定結果「0」というところまで落ちたこともあります。2009年9月初診で再発2010年1月。最終的に積極的治療により2010年3月で投薬を終えました。その後2013年7月の今日まで毎年定期的に血液検査を繰り返しておりますが35万~40万くらいの間にあります。とっても元気で、当時のことなどウソのよう。
こんな、勇気付けられる子もいます。
今の状況はいかがでしょうか?
初発ももちろんのこと、再発も怖い病気ですが、がんばって病気と闘って勝利を得た子がいたことをお知らせしておきますね。

うちもそうかもしれません。

オスのチワワ二歳なんですが、五日前に大量下血 
慌てて動物病院に行きました。
熱は、39.9度
白血球が少し高いが白血病とかでは、ないらしいです。

血小板が0  毎日測定するも0
今日で五日経つけど、ゼロのままでした。
抗生剤、止血剤をしてます。
今日からステロイドです。

先生が東京の大学で検査してもらえと言うんですが、費用も最初の検査だけで、30万
麻酔して、骨髄穿刺でもするかもと言います。

痛い思いして、ストレス与え完治するなら、いいけど、気の弱い犬です。

今も怯えて威嚇してます。

東京まで140キロ
大学病院も予約制、午前中のみ

入院するかステロイドで行くのか?
退院させて、家で予後を過ごすのか!?

ワンコのために一番良い方法を模索しております(T_T)

猫なのですが・・

以前、猫の膵外分泌不全でコメントをさせて頂きました。
あたたかいお返事をありがとうございました
あの子は今もまだ頑張っています。

ところが今回は別の猫が、血小板減少症になってしまい、数値は0,1や0で、更に貧血(数値は16)です
 
元々は大量嘔吐や腹鳴から始まりアルブミンが1.5まで下がりIBDの疑いでステロイド投与しましたが、血便吐血。

その後スクラルファートなどで消化管出血はひとまずとまりましたが、
血液検査を繰り返すうち、赤血球と血小板の減少に気が付きました

免疫介在性のものであろうという事で
アトピカも3週間程前から始めていますが、未だ効果を得ていません

今は酷い皮下出血、1週間前からは浮腫が酷く800g程体重増加

この病気も猫ではあまり見られないと聞きました。


膵外分泌不全の子の世話もあるし、いつどうなるか分からない状況に心が休まる時間が全くありません。

だけど、やっぱりここで書いていただいていた
「日本のどこかに同じように頑張っている飼い主がいる」という言葉を
励みに、とにかくありったけの愛情をはたいて、良くなる事を信じて頑張ろう!と思います

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード