変形性骨関節症

びっこをひく犬はたくさんいます。高齢になると立ち上がりに時間がかかったり、散歩がとぼとぼ歩きになったり、ジャンプができなくなったり、ロボット歩きやスキップ歩きのような歩き方をしたりなど、「変形性関節症」の症状を出すわんこは大変多いです。

 

 

一般に「関節炎」といわれていますが、関節軟骨がすりへって無くなり、硬い骨と骨がこすれて痛みが出るもので「変形性関節症」というのが専門的な呼び名です。「関節炎」と呼ばれていますが、リウマチのように炎症を起こしているわけではありません。初期のうちはレントゲン検査でも異常は認められません。ある程度進行するとレントゲン検査で関節周辺の骨にカラスのくちばしのようなとげ状の骨が出ているのが認められます。このとげで関節は変形し、腫れて、痛みも出て、犬は歩くことを嫌うようになります。肩、ひじ、手首、股関節、ひざ、かかとなどが変形性関節症をおこしやすい場所です。
 
辻村アレク・関節炎 
↑アレク君。
大型犬で高齢、肥満は関節炎を最も発症しやすい例です。

大型犬で肥満と高齢でなければ大丈夫、と思われているようですが、「二次性変形性関節症」の場合は、もともとの骨関節疾患に併発して起こるため「股関節形成不全症」「レッグペルテス病」「脱臼」「骨折」「前十字靱帯断裂症」「離断性骨軟骨症」などの原発疾患を持っている犬では、みな発症する可能性を持っています。つまりうちのワンがプードルやポメラニアンのような小型の犬であっても、関係ない病気ではないし、むしろもっと若齢のうちから可能性は高くなるので、関心を持っていただきたい病気だと思います。

DSC03158_20110225160757.jpg 
↑ナナちゃんもでっぷり体型。

 

「変形性関節症」の治療ですが、関節内腔の修復をしていくことが大変重要です。週に1回の注射を4回連続する方法がおすすめです。それに平行して鎮痛剤で痛みをとってやります。痛くなければ歩けるので、筋肉の委縮を防ぎます。骨や関節を支える筋肉が弱くなると、さらに歩けなくなるのが加速します。関節といえばCMでおなじみの「コンドロイチン」や「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「グルコサミン」などですが、動物のための専用サプリメントが開発されています。喜んで食べられるように工夫された味とにおいで、長期に与えるのにも苦労がないようになっています。

 

おかしいな、というところですぐに治療を始めることをお勧めします。階段を降りるときの膝の痛みを経験したことのある方ならご存知かと思いますが、我慢してもひどくなることはあっても治ることはありません。老齢になってもいつまでも歩けること、食事や排せつの介助が不要なことは、飼い犬と長く暮らしていく上で大変重要なことだからです。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード