災害時に備える

今回の震災は大変なものでした。
動物たちにかかわる災害時の備えについてまとめておきました。


1、ふだんからキャリーやクレート(ケージ)に入れることに慣らしておく。

 いざというときに素手で抱っこしていくわけにはいきません。避難所には動物を自由にさせておくエリアはありません。動物嫌いな方ともご一緒することになります。「来い」ですぐに来て「ハウス」でキャリーに素直に入ってくれるようにしつけておくと素早い行動ができます。また避難所の動物預かり施設も1頭ずつケージに入れることになります。嫌がって鳴いたり、ケージを噛み付いたりすると危険です。普段から慣らしておけばストレスも少ないでしょう。

2、偏食にせずドライペットフードだけで食べられるようにしつけておく。

 病気で食べられないのは別として健康な動物ならば、避難所生活が長引けば持ち出した常食もそこをついてしまいます。そのときに分けてもらえるのはみんなと一緒の一般的なドライフードです。あまりの偏食のためにこれを食べないとすると生きていくことができません。震災で生き残ったのに餓死してしまうのはなんとも残念なことです。

3、リード、カラー、買い置きフード、いつものお薬はまとめてキャリーのそばにおいておく。

 わかりやすいところにまとめておいて置けば、あわてずに忘れ物しないで持ち出すことができるでしょう。また家人のうち、常に世話をしている人だけでなく、家族全員がペット用持ち出し袋を確認できていると、避難所へ着いてから「用意しておいたのに持って来なかった」というトラブルを防ぐことができるでしょう。

4、定期的な予防接種(狂犬病予防、混合ワクチン)をうけておく。

動物を集団で預かる場合、もっとも怖いのは伝染病の発生です。そのため避難所の預かり施設ではワクチンや狂犬病等の予防接種を受けていないと預かってもらえないと考えてください。もちろん接種証明書も必要です。
5、できれば3日分の水と5日分のペットフードを用意しておく。
 はじめのうちは人用にも飲み水が不足するかもしれません。また配られる飲料が水ではないかもしれません。私たちは水分補給のために何でも飲むことができますが、動物にはできません。また動物用に水を確保することも難しいかもしれません。物資の供給がうまくいくまでの間の水を確保してやれると安心です。また動物用の避難所が開設されるまで時間がかかるだろうと思われます。そこまでの食料も各個人が確保しておかなければならないでしょう。


非常時用持ち出し品についてはこちら。
1、ペットの写真 

できれば家族と一緒に撮ったものが数枚あると良いでしょう。
2、ペットの情報を細かく記した手帳

飼育環境、食事、お散歩、好き嫌い、

ワクチン歴、病歴、現在の病気と投薬の内容、かかりつけの動物病院、

飼い主の情報・写真…などについて細かく記載されていると安心です。

いっしょに鑑札や狂犬病予防接種済票、接種証明書、ワクチン接種証明書なども入れておくといいでしょう。
3、常備薬・療法食 

いっしょに病歴を書いたメモなどを入れておけば預けるときにもスムーズです。
4、その他の日常品

もし余裕があれば食器、敷物、ビニール袋、ごみ袋、ペットシーツ、トイレ砂、新聞紙など。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード