膀胱結石2

さて、ユウちゃんとブル君のその後です。

 

尿道につかまっている結石はそのままでは動きようがありません。尿道へカテーテルという管を通し、なんとか膀胱の方へ押し戻せないか試してみました。動けば手術は膀胱だけですみます。動かなければ手術は膀胱と尿道の両方を切開しなければいけないのです。けれど、どんなに頑張っても石がきっちり詰まっていて動きません。かくして、「膀胱および尿道切開術」になりました。

 

手術でとれた石は、分析センターに送られ「シュウ酸カルシウム結石」であることがわかりました。
CaOX_20110323230841.jpg

この石がどうしてできるのか、原因は今のところわかっていません。それで予防する手立てもありません。今後は定期的に来院してもらい、小さな石の段階で膀胱洗浄をして、尿道を通過できるくらいの段階で体外に出していくことになりました。

 

一方、ブル君の場合も、同じようにどうにも動かない石でした。またブル君の石は尿道でも先端部、会陰部、前立腺尿道部の3つの場所でつかまっていたため、先のものが押し戻せたとしても、次の場所でまた詰まってしまうことになってしまったのです。そして同じように「膀胱および尿道切開術」になりました。

 

手術でとれた石は「リン酸アンモニウムマグネシウム結石」。「ストルバイト結石」とも呼ばれる石でした。
MAP_20110323230831.jpg

この石は細菌感染が元になってできる石で、細菌感染をコントロールすれば予防することができます。また今回のように尿道にまで落ちてしまうと大変ですが、膀胱内にとどまっている場合は、手術をしなくても特別療法食で石を溶解し、無くすことができます。また一部の犬では内服薬で有効なこともあります。

 

尿道や膀胱に石ができた場合の症状についてまとめておきます。こんなサインが出たら要注意です。迷わず動物病院へお出かけください。

①赤色尿⇒屋外の場合でも白いティッシュやキッチンペーパーを尿の上に乗せるだけで色がわかります。

②何度も排尿姿勢をとる⇒何度もしゃがみこむ。またトイレが近いなどです。

③一回の尿量が減少する⇒貯めることができなくなります。

④排尿時に痛がる⇒苦しそうに排尿したり、声を上げたりします。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード