糖尿病のこと

糖尿病のこと

 

糖尿病は知名度が高い病気です。「太っているから心配だわ」という声も聞かれます。でも、糖尿病の本当のつらさについてはほとんど知られていません。病気が発症して病院に連れてこられるまで、病態はすでに進行していることの方が多いようです。そして、糖尿病が診断され、治療が軌道に乗るまでには困難な道のりが待ち構えています。慢性疾患ですから、治療にはご家族皆さんのご理解とご協力が不可欠になっており、これはなかなか厄介な日常生活になります。そして、いつまでも安定した治療が続くとはかぎらず、やがては苦しい合併症や併発症を起こすことになります。糖尿病の犬猫と暮らすご家族の努力は並大抵のものではありません。

今回から数回にわたり、この、知っているようで知られていない糖尿病についておはなししていきたいと思います。

1、糖尿病はどのように発症し、病状をあらわしていくのか。病態整理についてです。

2、糖尿病の出すサイン。症状と診断、検査についてです。

3、糖尿病の初期治療。コントロール治療。家庭治療。発見されてから始められる治療とその後の維持治療についてです。

4、糖尿病の食事療法。関心の持たれる食事管理についてです。

5、「インシュリンが効いていないみたい」というとき。

を、予定しています。
有福サブ・糖尿病 
サブちゃんです。もうインシュリン暦はかなり長いことになりました。まだまだ元気ですよ~。

 
というわけで、1回め。糖尿病の発症にまつわるお話。

 

糖尿病の発症

 

犬と猫とでは、糖尿病の発症の仕組みが異なります。

では、多くが免疫介在性疾患といわれています。またクッシング症候群に併発して発症したり、未避妊メスで発情周期に関連したホルモンの大量分泌によるインシュリン不足で発生することもあります。

一方では、一般に知られているような肥満や感染症、膵炎やストレスに起因して発生します。人の2型糖尿病に類似しているといわれています。

食べすぎで肥満になり、そのまま糖尿病になる、というのはよく言われることですが、すべての肥満猫や肥満犬が糖尿病になるわけではありません。むしろ少ないかもしれません。

 

インシュリンの働き

インシュリンは膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌されます。食事をすると栄養が腸から吸収され、血中のブドウ糖濃度(血糖値)が上昇します。すると、からだがそれを察知し、膵臓からのインシュリン分泌を促します。インシュリンが細胞膜上にあるインシュリン受容体にくっつくと、細胞内にブドウ糖が入り、からだが栄養を利用できるようになります。インシュリン受容体は細胞という部屋の鍵穴に、インシュリンはそのドアを開ける鍵に例えられています。細胞膜上にあるブドウ糖が入っていくドアは、普通閉まっています。インシュリン(鍵)がインシュリン受容体(鍵穴)とくっついたときに、ドアが開いて、ブドウ糖が細胞内に入っていくことができます。

インシュリンが不足すると

インシュリンが足りないと、ブドウ糖は細胞の中に入っていくことができません。鍵がないと部屋の扉を開けることができないからです。こうなると血中のブドウ糖値(血糖値)は上昇するばかりです。しかし細胞の方は栄養が入ってこないので盛んに「足りない」ことを訴えます。普段血糖値が高まりこれ以上細胞で使われることがない場合、余剰のブドウ糖は肝臓や筋肉に脂肪のかたちで貯めることになっています。細胞が「不足」を訴えると、この貯めてあった肝臓や筋肉内の脂肪が分解され、これも血中にブドウ糖として出てきます。こうして、ますます血糖値は高まることになります。

 

インシュリン抵抗性ということ

 

本来、インシュリンとインシュリン受容体は引き寄せあうようになっていますが、インシュリンに元気がなかったり、インシュリン受容体に元気がないとインシュリンをひきつける力が無くなってしまいます。こうした状態を「インシュリン抵抗性」と呼んでいます。鍵穴が壊れていても、鍵の形が崩れていても、鍵穴に鍵が入りません。こういう状態がインシュリン抵抗性です。こちらも細胞はブドウ糖を有効に活用することができません。

 

糖尿

 

血中のブドウ糖濃度が高くなると、血中の余分な糖は尿中に漏れ出ていきます。血中のブドウ糖濃度は健康であれば空腹時で80mg/dl、食後で130mg/dlですが、糖尿病になると空腹時でも130mg/dlを超えており、未治療の場合200300mg/dlを超えることもあります。血液が腎臓を通過し、尿が作られるわけですが、このときの値が犬で180230mg/dl、猫で280330mg/dlを超えると漏れて出てきます。

注)腎臓尿細管の再吸収機能に問題があるとき、糖尿病とは関係なく尿糖が出現することがあります。

 

多飲多尿

 

尿から糖が出て行くとき、この糖を運び出すために一緒に水も出て行きます。尿量が増えます。多尿です。また血糖値が高いと血はどろどろになります。また尿から水も奪われているので、からだも乾いています。そこで自分自身のからだを何とかしようと、のどが渇き、水をたくさん飲むようになります。多飲です。

 

「血糖値が急上昇」するのはインシュリンにいきなりハードな仕事をさせるというもの。「おなかがすいた。→即甘いおやつ。」という習慣はおうちの方にも、一緒にお付き合いしてくれる愛犬にも好ましくないことなんです。愛犬・愛猫をみてくださる飼い主さんの健康なくしては犬猫の健康維持はありえません。グルメなあなたも健康でいてほしいと思います。

次回は糖尿病の診断について、お話します。

 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード