腫瘍・総合3

さて。腫瘍に関する3かいめ。

 

良性と悪性の見極めは、何でしょうか。

 

一般に、命を脅かす危険性のないものを良性と呼んでいます。増殖のスピードが遅かったり、転移することがなかったりします

 

腫瘍の良性、悪性の判断、「腫瘍の顔」といいますか、これがどのようなものなのか、という見極めは、外から見ただけではわかりません。乳腺腫瘍に限っても数種類あります。どこの組織にできるのかにより、大まかな分類はありますが、それでも思いもかけない細胞からできていることもあります。これを調べてくれるのが「病理」の先生です。病理の先生は、腫瘍組織を固めてスライスして染めて顕微鏡で観察してくれます。それにより腫瘍の種類がわかります。相手を知ると、相手の動き出す特徴がわかるので、それに応じて攻撃のプランを練ることができます。

 

はじめは腫瘍細胞をちょこっとかじって、おおよその見当をつけてもらうこともできます。「細胞診」です。しかし、細胞の配列や周囲の様子を知ることができないし、細胞の数も充分ではなかったりすると、先生の診断もうまくつけることはできずにおわります。ですから、細胞の検査を行ってあっても、手術で取り出した後は、娘細胞の行く末の判断等も含めて、しっかりとした組織検査が必要です。

 

それでも、なんとか切り取る前に分かったりしないものなの?と思いますよね。人情です。はい。なんとなく、なんとなく、の程度でしたら分かります。ただし、なんとなく、です。
イチロー炎症性腸症候群 
イチローちゃん。この子は腫瘍ではありません。

 

腫瘍の硬さ。ぶよぶよしているものはコチコチしているものに比べ良性であることが多いです。

腫瘍の縁。辺縁がつるんとした袋状のものに包まれていると良性のことが多いです。

腫瘍の広がり。ひとつの組織の中だけに納まっていると良性のことが多いです。例えば皮下脂肪の中だけで育っているのはおとなしい腫瘍です。それが他の組織の中へずんずんと広がり、皮膚を通して触ってみると根を持ったように感じられるのは悪性の腫瘍であることが多いです。

 

どうでしょうか。やっぱり分からないでしょう。腫瘍の良し悪しは第六感にたよっていても仕方がないので、専門の先生にゆだねることにしましょう。

 

腫瘍についての総合的なおはなし、今回で終了です。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード