飼い主に向けられた攻撃行動・最終回

飼い主に向けられた攻撃行動・その6回目

予後について

 

90%の犬が、この治療法に基づいて行動療法を実行すると2ヶ月で大きく改善されるようです。また70%の犬で「完全に治った」ととらえることができるまでに改善されるようです。しかし依然として10%の犬は充分な効果が得られないのも現実です。

 

どういった犬がこの、残る10%に入ってしまうのでしょうか。

①治療前の攻撃性が非常に強い場合。これは遺伝的要素が強いかも知れません。このような犬では治療には反応しません。

②幼少時から攻撃性が始まっている場合。生後3~4ヶ月齢で発症しているようでは治癒はかなり難しいです。

③攻撃性の持続期間が長い場合。たくさん我慢してこられた結果がこれでは、飼い主さんにはお気の毒ですが、すでにしっかり身につきすぎています。

④犬が大型である場合。コントロールするのが難しいのです。

⑤攻撃のレベルがひどい場合。噛み方がシビアであると、難しいです。

⑥家族の危険度が高い場合。行動療法を実施するにも家族に危険があるようでは限界があります。

⑦家族の、犬に対する働きかけが充分取れない場合。これも行動療法そのものを実施することが難しいです。

 

 

さて、治療を開始し2ヶ月で成功した70%の犬たちのその後はどうでしょうか。たいてい23ヶ月もするとプログラムを緩めることができるようになっています。しかし、ルールを緩めて攻撃性がまた復活する場合もあります。その場合はまた厳しいルールに戻してやり直しです。中には生涯にわたって厳しいルールを与えていかなければならない場合もあります。

 

そして、飼い主が高齢者である場合や、家族が多い場合、攻撃対象が子供に向けられた場合などは、非常に残念ですが、安楽死に持ち込まれるケースがあります。大変悲しい結末です。2年に1度くらい、このような事例を経験します。

以前はジャーマンシェパードや秋田犬などがしつけの難しい犬種としてあげられていましたが、今はそのような犬たちを一般のご家族が家庭犬として選択することは無くなっているため、これらの犬種での事故は減ってきました。

最も事例の多いのがオスの柴犬で、次にミックス犬です。これらの犬たちは当初の飼育目的を「番犬」と位置づけられていることが多く、「人に慣れてはいけない、敷地内に人が入ってきたら威嚇するくらいがちょうどよい」という概念を持って育てられているケースもあります。攻撃性のある犬になるように育てられた結末として「飼い犬に噛まれる」ようでは本末転倒です。幼児期からの正しいしつけについて、ご相談も受け付けております。犬のいる暮らしが楽しいもの、幸せなもの、とオーナーさま皆さんが感じられますように。今日も願ってやみません。

 

 

家族に対する攻撃性について、今回で終了です。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード