反応性肝障害・4

第4話:反応性肝障害のお話

 

 聞いたことが無いぞ、という方も結構おられると思うのですが「反応性肝障害」は肝臓以外の臓器が悪いのだけれど肝酵素が上昇してしまうものです。

 

 しかし、どうして肝臓が悪いわけでもないのに肝酵素が上昇してしまうのでしょうか。

 

 肝臓って、レバーのことです。そう。血の滴るような赤い色をしていますよね。皆さんがご存知のように、肝臓は内部にたくさんの血管を抱えています。その血管の結びつきに異常があったり、血圧が高かったり、またそこを通る血液が貧血であったり、酸素の供給が不足していたり、細菌や生体に害のある物質が混じっていたりすると、肝細胞が傷つけられるのです。

 また、肝臓以外のいろいろな代謝性疾患の影響を受けて、肝細胞はその中にいろいろな物質を溜め込んでしまうことがあります。肝細胞がぷくーっと膨れ、膜がはち切れんばかりになると、肝細胞の中の酵素は上昇します。

 さらに肝臓には、身体に良くない毒素などをぱくぱく食べてくれる細胞・クッパー細胞(食ったー細胞じゃないですよ。)も存在していて、この細胞が異常に活躍し疲れてしまったときも調子を崩します。

 

 

 具体的にどのような病気があると肝酵素は上昇するのかといいますと、ですね。
はい。こちらです。

 ①肝外腫瘍

 ②消化器疾患

  ・慢性炎症性腸疾患

  ・急性膵炎

 ③腎疾患

 ④皮膚疾患

 ⑤自己免疫疾患

 ⑥歯科疾患

 ⑦心疾患 

 ⑧感染症

  ・細菌に感染した胆汁のうったい

 ⑨代謝性疾患

  ・副腎皮質機能亢進症

  ・糖尿病

  ・甲状腺機能亢進症

  ・甲状腺機能低下症

  

 

…とまあ、なんとも、たくさんありますでしょう。

 

なので、「肝酵素が高い」といっても、全身の身体検査は必要で、どこか、目立って悪いところがあれば、ちゃんと治療した方が良いのですね。

 

今週はちょっと短めですが、疲れているので、すみません。このへんで。

次週は、「ほんっとによくある反応性肝障害の例」についてお話しますね。

 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード