愛犬と一緒の初詣

新年になり、愛犬と一緒に初詣に出かける方もいらっしゃるかも知れません。
昨年ご紹介したような、動物OKの神社ならいいけれど、そもそも、神さまのところに動物を連れていくのは?と考える方もいらっしゃいます。神社によっては受け入れNGのところもあるかもしれません。
そこで。
愛犬を連れてのおまいりはどうしたらよいか、考えてみました。

まずは…
1、うちの子が参拝に適している子かどうか考えてみましょう。
 大勢の人を見たり、およその犬に出会った時に、興奮してギャンギャン鳴く子はまわりのご迷惑になってしまいます。また、物静かにしている子でも、とても神経を使っていて、帰って来てからぐったり、というのではいけません。連れて行きたい気持ちもわかりますが、そんな子だったら、お留守番の方がいいですね。

それから…
2、神社に電話して聞いてみましょう。
 もし、初めて行く神社であれば、愛犬を連れてのお参りの受け入れが大丈夫かどうかを、あらかじめ電話で問い合わせてみましょう。場合によっては、ペットの健康祈願を行っている、なんていう情報を得ることができるかもしれません。

いざ、行くとなっても… 
3、混みそうな日、時間帯は避けましょう。
 特に大型犬を連れていくのは静かな日、空いている時間帯にしたいものです。また、人慣れもしているし、他の犬に対しても攻撃的ではないという犬であっても、混んでいるところだと疲れやすいものです。

そして…
3、準備を万端に整えましょう。
 参道を歩く方のご迷惑にならない一つの方法として、もし小型犬であれば、リュックサックや布製のキャリーに入れていくのが良いでしょう。この方法だと逆に、愛犬家仲間からは顔だけ出したあなたの愛犬は人気者になるかもしれません。
 キャリーに入れたからといって、首輪や胴輪、リードもつけ、飛び出しても迷子にならないようにしておきましょう。
 また、いつもの遠出や公園散歩と一般の注意は一緒です。ペットシーツや水筒、給水のできる食器も用意してください。万が一、出先で粗そうした場合はきちんと片づけ、持ち帰られるような支度が必要です。オシッコもペットボトルのお水できちんと洗い流すことを忘れないようにしてください。

お出かけしたら…
4、おやつは我慢しましょう。
 参道には名物のおまんじゅうやそのほか、美味しい匂いが充満しているかもしれません。そうでなくても、気の緩みがちなお正月です。買いたくなります。湯気がほかほか出ていたら、その場で食べたくなります。でも、それを愛犬には与えないでください。がまんですよ。

それから…
5、無理のない行程で帰ってきましょう。
 つい、あれこれ、参道のお店を覗いてみたくもなりますが、愛犬だって疲れます。健康祈願をしてきたのに、戻ってきてぐったり、というのでは意味がありません。時間にゆとりを持って、まだ遊び足りないかな、というくらいで戻ってきてください。

というわけで。事故のないように、お出かけくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード