FC2ブログ

寒さに負けないで

さて。もうちょっと続き。

病後のケアとして、暖かくする、というのはごく当たり前のことです。このとき、すごく心配になるのが、退院後のお部屋です。屋外飼育の犬だろうがなんだろうが、病院の犬舎はほかほか。真夜中のうちのリビングと比べてどうなの?といわれると、むしろ犬舎のほうがよっぽども暖かい。

 

そんな犬舎から、いかに屋内といえども、玄関先の隙間風吹きすさぶところじゃ、あまりに違いすぎる。それで、毛布を敷いてください、湯たんぽ入れてください、などいろいろお願いするのです。

 

病後の犬じゃなくても高齢になってくればお願いしたいことは山ほどあります。

 

屋内飼育の犬であっても、家族のいる時簡には暖房がついて、寝静まる時間や仕事に出かける時間帯は何もなし。これは寒いです。ヒーターを入れるとかじっちゃうから、というのは事実でしょうが、そこをなんとか工夫していただくのが飼い主の愛情、というものです。

 

病院スタッフの頭の中にはこんなふうにしたらいかがでしょうか、というアイデアが満載です。いくつかご紹介しますが、うちの子って、こーなのよー、うまくいかないわーという点がありましたら、どうぞご遠慮なくご相談下さい。

DSC08457.jpg 
ペット用ヒートマットはダンボールで囲い、寝室を作ると小部屋になり暖かさが逃げません。コードをいたずらしてしまいそうな場合は、このダンボールの下にマットを敷くとよいでしょう。

DSC08459.jpg 
じかに乗ると、毛の密度が少ない犬では低温やけどをおこす心配があります。フリース素材の毛布はペット用に小さなサイズのものがあります。
DSC08461.jpg 
夜の間は上から毛布や夏がけ布団などの軽い素材でダンボール全体を包んでやりましょう。出入り口に布が下りてきても、器用に出入りしますからご心配は要りません。

DSC08463.jpg 
マットは、万が一水やオシッコがかかっても大丈夫なものがいいでしょう。ホームセンター等で売られている、表面がふわふわした素材で包まれているものの中には、洗うことが出来ないものもあります。注意して下さい。

DSC08456.jpg 
お出かけ用に暖かなコートもありますね。これは外出着です。帰宅したら脱がせます。
DSC08464.jpg 
腰を暖めると体温が上昇します。背骨近くを大きな血管が走っていて、ここから内蔵へ行く血管が分岐しています。内臓を暖めると体を維持するのに最も効果的です。それで、寒がりさんには洋服に、使い捨てカイロが入れられるようなポケットを縫い付けるとよいでしょう。万が一カイロがポケットから落ちて噛んでしまう、というような事故があってはいけません。ポケットは蓋が出来るようにしてください。マジックテープはとても簡単です。
DSC08465.jpg 
拡大するとこんな感じ。フェルト生地を利用すると、これは布の端を処理する必要もないし、特別にミシンを出すまでもなく、コタツでテレビでも見ながら縫い合わせるだけで出来上がり。とても簡単に出来ます。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード