がんばったわんこ・チョコちゃんその3

さて。せっかくフィラリアの話題になったので、もうすこしお話しておきます。

 

心臓や血管という循環系は閉鎖された空間ですから、心臓内にいるフィラリア成虫は手術以外には体外に取り出す方法はありません。心臓内でおよそ5年の虫の寿命が来て死んだとしても、この虫体は肺静脈を抜け、肺へ行き、最終は肺胞周囲の細い血管を閉鎖して終わるのです。肺塞栓というこの病態はとても苦しいです。また、詰まって血液が通わなくなった血管は石灰沈着が起こり、カチカチになり、その変化は咳を引き起こします。(咳の原因は他にもあります)強い咳が起こると犬は血を吐くようになります。これが喀血(かっけつ)です。咳とともに泡状の真っ赤な血が出ます。

 

フィラリアの虫はこのように肺に流れるわけですが、心臓内にいても血液の流れを悪くするために肝臓や腎臓などに害をもたらします。また、腹水などをもたらすことにもなります。

 

心臓内に成虫がいること(またはいたこと)によって、右心房と右心室の境目にある三尖弁の動きが悪くうまく閉じなくなり(閉鎖不全症)、千切れてしまう(腱索断裂)ことがあります。弁はパラシュートの形をしています。ふんわり屋根が弁で、それを攣っている紐が腱索です。この紐が切れたらパラシュートの布部分がひらひらして思うように動かないのは想像できますね。

心臓にある弁は各部屋の仕切りであり、血液の流れ出るドアです。血液は心臓でも血管でも一方通行が基本です。ところがこの弁に異変が起こると部屋の戸締りがぴったりいかないため、逆流してしまうのです。こうした血液の動きはエコー検査でわかります。カラードップラーは向かってくるもの、去っていくものを色別表示する仕組みです。さらにこの逆流は渦を巻き、長期に渡るとこの逆圧迫で局所的な拡張が生じます。これはX線で心臓の形が変化するのでわかります。もちろん弁の動きの悪化、逆流は血液循環そのものを悪くします。

 

体循環と肺循環の模式図です。

 

血液の動きの悪い部分があると、その前で血液は滞ります。右心系は全身で使われた血液が帰ってくる場所ですから、右心房に入る手前というのは大静脈です。この部分にとどこおる大量の血液を貯めておく場所といえば肝臓になります。このようにして肝臓に血液がたまり(うっ血肝)、肝臓の機能が弱められます。この肝臓にも血液が入りきらず溢れかえるほどになると、肝臓を通過する手前の門脈に影響が出てきます。入りきらなくなった血液のうち、分子の小さな液体成分が血管からはみ出るのです。これが循環不全性の腹水です。

 

それだけではありません。血液循環が悪いと、常に大量の血液が流れ、その機能を果たしている腎臓に影響が出ます。体内の代謝でできた老廃物がしっかり流れてこなければ、これを尿として排泄することができなくなるからです。腎臓そのものは機能を持っていても、仕事をする元の原料が届かないことによるものです。また、腎臓自身にも供給されるはずの血液の栄養が滞りがちになると、やがて腎臓もその機能をなくすことになるのです。

 

さらに心臓内に親虫がいると常にミクロフィラリアが産生されます。ほんとに小さなサイズですから毛細血管、細血管、いたる所に入り込んでいきます。皮膚炎をおこすこともありますし、アレルギー反応が起こることもあります。

 

つまり、どこもかしこも悪い影響を受けるのです。

 

今回は難しい病態生理のお話が長くなってしまいました。面白くありませんでしたね。でも、怖いんだ、大変なんだ、ということだけで結構ですので頭に入れて置いて下さい。

 

フィラリアはなくなった病気ではありません。今もある病気です。そして、蚊の活動期間プラス1ヶ月の予防薬投与で、あなたは確実に愛犬を守ってやることができます。

もし去年まで、ただなんとなくフィラリア予防をしておられて、時々飲ませ忘れちゃったわ、とか、飲ませたけど吐いていたみたい、とか、めんどくさかったから冬まで薬をやらないで終わっちゃったわ、なんてことがありましたら、ぜひ今年からは「きっちり予防すること」を心がけて下さい。

薬を飲まないのよ、食べないのよ、という犬にも、予防方法を注射にしてしまえば簡単です。半年に1回です。どんな方法でもいいのです。あなたの愛を実行して下さい。

 

これでフィラリアのお話は終わりです。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード