ヒナを拾わないで!・その2

鳥の話題、続けます。

手を出す前に、鳥や自然について知ってもらいたいこと

 

<ヒナがすぐに巣立つわけ>

 自然界での命の原則は、他の生物の植物になること。野鳥の世界も毎日命がけですが、わずかでも生きのびれば1年で大人になって子育てを始め、毎年繰り返します。つまり、生き残るほうが少ないので、たくさんの卵を産み、短期間でヒナを巣立たせなければなりません。

 スズメでは5個くらい卵を産み、かえったヒナは約2週間で巣立ち、その後1週間くらいを親子で過ごしてからひとりだちし、親鳥はまた卵を産むというサイクルを、春から夏にかけて繰り返すようです。なお、巣立ちまでの期間は、メジロやヒヨドリでは10日ほどしかなく、シジュウカラ、ツバメ、ムクドリの中には、3週間ほどかかるものもいます。

DSC00609.jpg

 

<ヒナの成長を支える虫>

 鳥も私たち人間と同じで、他の生命を食べなくては生きていけません。特に鳥は、活動的に空を飛ぶために体重を増やせないので、食べてはすぐにフンを出すことを繰り返します。体重15グラムほどのシジュウカラでも、1年間に必要な虫は10万匹を超えるという試算もあるほどです。

 秋冬に虫が少なくなると、木の実などの植物質も食べるようになる小鳥も少なくありません。でも、子育てには高栄養で消化しやすい虫が必要なので、虫が多い春から夏を子育てシーズンとするのが普通です。スズメでさえも、ヒナを巣立たせる2週間に親鳥が虫を運ぶ回数は4千回を超えるといわれています。

DSC00651.jpg

 

<自然の仕組みから学ぼう>

 虫に食べられる植物にとっては、虫を食べる小鳥が必要です。でも、小鳥が虫を食べつくすことはありません。それは、小鳥が増えすぎないからです。毎年子育てを繰り返して、ヒナが無事に巣立ったとしても、自立、移動、越冬などの試練が続くので生きのびるのはわずか。一方で、そうして弱ったり死んだ鳥が食物となって、肉食性や雑食性の鳥などの命をささえているのです。

 命の大切さは、このようにさまざまな生物が共存し、持続する自然のしくみとともに再認識されなくてはなりません。2005年から国連「持続可能な開発のための教育の10年」、2011年からは「生物多様性の10年」が始まりました。さまざまな生物のつながりから学び、持続可能な未来を目指すべき時代になったと言えましょう。

 

 

こうした食物連鎖の頂点に私たちは立っています。弱いものを保護したいという優しい心が備わっていること、大変うれしく思うのですが、自然界に生きる動物というのはもっと大きな仕組みの中で生き、また、他の動物に生かされているようです。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード