食中毒のこと

生レバーがこの週末で食べ納めになりますね。

さて、レバーというのは肝臓です。

肝臓の仕事を考えてみましょうか。
腸を食べ物が通過していきます。そのとき、大きなスーツケースに納められていた栄養素は、いろいろな消化液の作用を受け、小さな包みに小分けにされます。そうして小さくなった栄養素は小腸に広くめぐらされている血管(やリンパ管)を通ってひとつに集まり、門脈という大きな血管から肝臓に集まります。

この包みには栄養も入っていますが、その他の毒素も一緒にくっついてきてしまうことがあります。
肝臓が「解毒作用」をする臓器であることを聞いたことがあるでしょうか。そうです。ここで処理されるのです。(腸から肝臓までの間にはほかにもリンパ組織などがあるため、すべての仕事を肝臓でこなすわけではありません。)

肝臓の中でそれらが未処理の状態のとき、まだ、肝臓には菌がある、と思ってください。
それをそのまま生で、食するのはどうでしょうか。

周りを焼いて、「たたき」にすれば大丈夫、という問題ではありません。
外側から付着する菌とは違う種類のものだからです。

DSC01576.jpg


食中毒のことを考えると、危険なのは生レバーだけではないことも確かです。
腸管出血型大腸菌による食中毒は生焼けのハンバーグやローストビーフで発生していることもあります。


また食中毒の原因は細菌だけでなく、ウイルスや寄生虫といったものも含まれます。

おいしいもの大好きでグルメなあなたにも危険が忍び寄っています。
充分、ご注意下さい。
なにせ、愛犬・愛猫はあなたに命を預けているのですから。
あなたの健康があってこそ、犬も猫も健康を守っていただけるというものです。
よろしくお願いしますね。



いくつか見るもののなかで、分かりやすいな、と思った花王のHPをご紹介しておきます。
ご参考にしてください。
http://www.kao.co.jp/pro/food_poisoning/basic/
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード