犬の感染症

 犬の感染症についてお話しましょう。

 

世間では「ウエストナイルウィルス感染症」が騒がれていますね。

 このウィルスは蚊によって媒介され、人と動物に病気をおこします。ウエストナイルウィルスの自然の宿主は野鳥、カラス科の野鳥(カラスやアオカケス)と他のスズメ目の鳥(フィンチやウグイス類)で、これらが感染すると感染源の役目を果たします。感染した鳥から吸血した蚊が媒介し、他の動物や人に疾病を伝播するのです。

 犬や猫は感染に抵抗性を示すと考えられています。つまり感染してもウィルス血症を起こすだけで症状を出しません(不顕性感染)。

 単発の犬の感染例が報告されていました。老齢犬です。腎臓と脳、心筋を侵されていました。症状は、腎臓を悪くしたときの症状や脳炎、心臓病の症状を出すということです。そのほかに沈うつ(静かになること)や食欲不振なども見られるようです。

 心配な動物からヒトへの感染ですが、感染源はあくまでも野鳥ですから、家庭飼育動物が感染したとしても人の病気発生には関係しません。

愛犬を連れてダラスへご旅行の計画、ありますか?おうちの方の予防については厚生省の発表している記事をご覧になっていただきましょう。愛犬については蚊に刺されないようにすること、くらいしか防御方法は無いように思います。もちろん、一番安全なのは、ペットホテルに預けてお出かけになることかもしれません。


DSC00673.jpg 

米国ってのはすごい国だと思うのですが、テキサス州では1996年から年に1回、狂犬病生ワクチンを空中散布しているんですよ。ワクチンに魚油をまぶし魚肉に包んで散布するのです。この効果があり、2011年には犬での発生報告は無かったとのこと。野生動物にどのくらい浸透したかはまだ不明なんだそうで、こうしたウィルス保持動物がまだたくさんいるだろうと、今後もこのワクチン空中散布は続けられるそうです。
このニュースがある、ということは身近な国、アメリカでも狂犬病の発生があるということですので、そこのところ、しっかり記憶にとどめておいてください。


ちなみにこんなニュースもあります。こわいですね。
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/techinsight/2012/09/breaking-news4350107.html

DSC_0954.jpg 


ところで、犬の感染症予防、ワクチン接種はお済でしょうか。当院は感染症モニタリングシステムCICADAに参加しています。20124月から7月までの情報がまとまったようですのでお知らせしますね。

ここ愛知県地域において、犬ジステンパーは「疾病発症報告あり」のオレンジサインが出ています。

DSC_4442 (1) 

 またパルボウィルス感染症は「疾病増加傾向」を示すレッドサインが出ています。

 
DSC_4441.jpg 

「犬ジステンパー」は犬ジステンパーウィルスの感染によって発病します。このウィルスは感染犬の鼻水、目やに、尿などに含まれます。症状は発熱、鼻水(鼻汁)、咳などの呼吸器症状または下痢を主とする消化器症状のどちらか、または両方で、元気、食欲がありません。結膜炎にともなう目やにも見られます。さらに進行すると神経症状である腰のふらつきや顔面筋のぴくぴく(チック)、全身性のけいれんがおこります。大変死亡率の高い病気です。

「犬パルボウィルス感染症」は激しい嘔吐と下痢を起こす腸炎を特徴とします。元気も食欲もなく、急激に衰弱していきます。子犬では心筋にウィルスが感染を起こし突然死を起こすこともあります。感染犬の便中に大量のウィルスが排泄され、これが感染源となります。伝染力、死亡率ともに高い伝染病です。

 
DSC00631.jpg 

ワクチン証明書を見直してください。もし、1年以内に接種していないようでしたら、追加接種で免疫を強化しておきましょう。混合ワクチンでは血球検査と6種類の生化学検査(肝臓や腎臓の機能を知ることができます)をサービスさせていただいています。この機会に健康検査もかねて、いかがでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード