点眼方法

 眼の病気はいろいろありますが、
どれにも共通して「目薬をさす」という
普段とちがうことをしていただかないといけません。

初めて点眼するのは、大変ですね。
いや、初めてじゃなくても大変です。
投薬する側だけではなく、投薬を受ける側の
動物にも慣れてもらわなければいけません。

例えば、感染を受けた角膜疾患では
2時間おきに点眼する必要があります。
飲み薬は1回飲むと6時間とか8時間とか
それなりに血中濃度を維持することができますが
局所における薬物濃度を維持するには
点眼回数を増やしてもらうしかありません。

とにかくやってもらわないことには治りません。
実践あるのみです。


これは悪い例。動物の顔、真正面から手をかざしています。
大きな手が目の前に来るのは動物にとって怖いものです。
DSC02560.jpg 


動物と対面していても、点眼する手は頭上に持ってきます。
上から点眼液を落下させるように点眼します。
DSC02558.jpg 


同じ動作をしているところです。別の角度から写しています。
DSC02557_20130108160630.jpg 



柴犬のように皮膚にたるみがない犬では
左手で頬の皮膚を口の方に押し下げるようにして
眼を広げ、点眼します。
DSC02550.jpg 


猫の場合も同様です。
目薬を持った手は頭の上におきます。
ぐーに握った小指の部分を少し後頭部に向けると
自然に眼の上の皮膚が後ろに行きますから
眼が開くかたちになります。
無理に左手で頬の皮膚を下げなくても大丈夫です。
DSC02554_20130108160741.jpg 


別の角度から。
DSC02555.jpg 

左手にコットンを持っているのは
流れ出す点眼液を受けるためです。
頬の皮膚が濡れてそのままになると
皮膚炎を起こしてしまいます。
その場で拭いてください。

また、点眼はひとりで行うのは無理な場合が多いです。
ご家族みなさんで協力し合って、
喧嘩なさらないように、行ってください。



では。健闘をお祈りいたします。












スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード