ワクチンのおはなし・その1

ワクチンのおはなし。1回目。

 

 たいていの犬猫はペットショップから購入され、新しく家族の仲間入りをするわけですが、「ワクチンは済んでいますよ」と言われショップ向けに発行された証明書を渡されます。お店の方は専門家ではありませんし、飼育指導をするだけで相当な時間を割くことになり、ワクチンの説明までは手が回らないのが普通です。この後、動物病院と親しくしていただけると、ワクチンについての説明を受けることになりましょうが、中にはそのままに終わってしまうケースもあるかと思います。

また、外の猫さんが「こんにちは。私を飼ってくださいな」的にちゃっかり上がりこんできたケースや、外で震える子犬や子猫さんを連れ帰ったような場合、「エサだけやってくれたらいいし。お願い。貰って」と懇願されて何も知らないまま飼うことになったような場合は、病気にでもならないと動物病院の存在すら知らないまま成長しますね。えっ、犬や猫にもワクチンがあるの?狂犬病のほかに?とか、驚かれるわけです。

 木枯らしニャンこ - コピー (2)

 

犬猫用のワクチンが開発され市場に出回るようになったのは1950年代からで、まだ歴史は浅く、今日も、この時間も、新しいワクチンの開発に向けて、研究は続けられています。

予想通りともいえますが、適切な予防接種を受けている犬猫の割合は、受けていない動物よりも低いと推定されています。犬猫の怖い伝染性疾患は今後も無くなることはなさそうです。

DSC04343.jpg 

 

予防獣医学が言われ始めてだいぶ経ちます。ワクチン予防。ノミマダニ予防。フィラリア予防。これらは積極的にどこの動物病院でも叫ばれていることだと思いますが、このほかに、正しい栄養を摂ること(食事のこと)、歯科衛生をすること、去勢や避妊手術をすること、定期健診をうけること、など病気を予防するために私たちが犬猫にしてやれることはまだたくさんあります。

予防することが出来る病気にかかって亡くなっていくのは忍びないものがあります。

 

今日からは基本的予防事項であるワクチンについて、お話していくことにします。

あなたの愛犬・愛猫の最終ワクチン接種日はいつだったでしょうか。証明書を今一度確認ください。 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード