嘔吐のおはなし・その10

嘔吐のおはなし10回目です。

 

今日は急性の膵炎についておはなしします。

 

膵臓は膵液を作って十二指腸へ分泌しています。腸管は食べ物の通り道で身体の外に当たりますので、これは外分泌です。膵液はトリプシン、リパーゼ、アミラーゼといった消化酵素を含んでいます。それぞれタンパク質、脂質、炭水化物を消化する酵素です。

膵臓はこのほかに、インシュリンやグルカゴンといった血糖値を調節するホルモンを作って血液中に分泌しています。血管は体の中にあり、外とは通じていません。それで血中に分泌されるのは内分泌です。

DSC05705.jpg 

さて、膵臓から分泌される酵素により自己を消化してしまうことがありあす。消化酵素が十二指腸に届かないうちに活性化してしまうのです。これが短期間で急激に起こるのが「急性膵炎」です。

 

発生リスクとなる因子がいくつか知られています。高脂血症、脂っこい食事、コルチコステロイドなどの薬、それから遺伝的要因(発症しやすい犬種:ミニチュアシュナウザー、ミニチュアプードル、ヨークシャテリアなど)。また甲状腺機能低下症などの内分泌障害や前回お話したGDV(胃拡張捻転症候群)の後などもリスクとしてあげられています。

このリスク因子に引き金となる機序が働いて急性膵炎を発症します。

 

体重過多で、中年齢(5歳以上)の上記のような好発品種の犬が、皮膚炎などでコルチコステロイドを服用していて、無分別な食事を摂取した。というのは、急性膵炎の物語を作るのに必要なプロフィールを整えたことになります。

 DSC05704.jpg

一般的な臨床徴候は嘔吐、下痢、食欲不振、静かにしている、おとなしい、といったことのほか、腹部の疼痛から来る背中を丸めた姿勢、少々お尻を持ち上げるようなお祈りの姿勢をとることもあげられます。疼痛は呼吸数を増加させますし、黄疸があると尿色の黄色が強くオレンジ色に近くなることもあります。

 

身体検査では腹痛が最もよく観察されるのですが、元気消失、脱水、ショックなど、重症になっていることもあります。

 

血液検査では身体の情報がいろいろわかります。また、身体の状態を知るため、また腹痛を示す他の病気との鑑別のために尿検査を実施することもあります。専門的な検査ですが、外注して膵特異的リパーゼ(cPLIfPLI)を調べることもあります。画像診断(レントゲン検査や超音波検査)を行うこともあります。

DSC_3416.jpg 

膵炎の初期治療は膵臓から出る酵素の働きを抑える薬を中心にした点滴治療と、消化管に働きかける薬の注射です。数日~1週間程度の飲食中止(NPO)も治療の一環です。こうして急性期を乗り切ってからは内服薬と、低脂肪食による食事療法です。再発に考慮して、この食事はずっと続けていただきたいと思います。

 

急性膵炎も決してあなどってはいけない病気です。もし、あなたの愛犬が発症リスクの高い犬種であるのならば、高脂肪食をむやみに与えるのは大変危険です。普段のおやつにも注意してください。

 

ちなみに猫にも急性膵炎は発症します。犬と違う症状を出すこともありますが、予後は犬に比べて良くなく、要警戒レベルです。

 

このあたりで嘔吐に関するお話をおしまいにします。

    
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード